ブログblog

遺品整理の相場とは?失敗しない業者選びの方法


大切な家族が亡くなると、お葬式や火葬の準備に追われ、悲しむ時間もないくらいやることがたくさんあります。

なかでも、故人の遺品を仕分けや片付けを行う「遺品整理」に苦労する遺族は少なくありません。

近年核家族化が進み、親とは別居する世帯が多いことから、故人が残した遺品をどう扱えばよいか分からない人多く、家族だけで行うのは難しいケースが多いのです。

遺品整理でつまづいたときは、遺品整理業者の手を借りることで、遺族の負担を減らすことができます。

しかし、遺品整理を行っている業者は数が膨大にあるため、どこに依頼すればよいか悩みがちです。

また、業界の中には悪徳な遺品整理業者も存在します。

そこで今回は、遺品整理業者選びに失敗しないコツを、遺品整理の相場とあわせてまとめました。

家族の死はいつ訪れるか予想がつきませんから、この機会に知識を身につけておきましょう。

遺品整理 相場 業者 ブログ01

遺品整理とはどんなもの?

 

遺品整理は、故人が生前使っていたものや大事にしていた“遺品”を片付け、または処分をして、部屋をキレイにします。

遺品をすべて処分するという意味合いではなく、写真や仏壇、故人の思い入れが強い品などを、必要に応じて供養します。

遺品整理は、1つ1つの遺品を丁寧に、そして正しく仕分けて処分をしていく大切なものなのです。

 

遺品整理を個人で行うことは可能?

 

業者へ依頼せず、家族や親族だけで遺品整理を行うことももちろん可能です。

しかし、遺品のなかには預金通帳や現金のほか、価値のある骨とう品がある場合も少なくありません。

こういった遺品の価値を見定めるのは素人には非常に困難です。

なかには、ゴミとして処分してしまう場合もあります。

また、家のなかに残っている大型家具や家電などを遺族だけで処分するのも、そう簡単ではありません。

プロにお任せすれば、こういった遺品の仕分けから処分までをすべてお願いできます。

費用はかかりますが、時間や体力を使わずに遺産整理が進められるため、近年は業者への依頼が増えています。

 

プロへ依頼する方法は「遺品整理業者」と「不用品回収業者」の2通りある

 

遺品整理は、「遺品整理業者」と「不用品回収業者」どちらにも仕事を依頼できます。

一見どちらも同じように思えますが、実際にはサービス内容が大きく異なる点があるのです。

遺品整理 相場 業者 ブログ02

遺品整理業者と不用品回収業者の違い

 

遺品整理業者は、その名の通り、「遺品の整理・片付けを専門的に行っている業者」です。

そのため、処分対象に思えるゴミであっても、遺品として丁寧に扱います。

遺品と不用品との仕分けのほか、価値のある骨董品や通帳、印鑑、現金なども捜索します。

遺品整理業者によってサービス内容は異なりますが、バイクや車などの価値ある遺産の買取や、買取業者の紹介まで対応可能です。

そして、不用品回収業者と決定的に違う点は、「遺品の供養ができる」という点になります。

 

一方不用品回収業者は、処分することが作業目的です。

そのため、遺品を仕分けや、骨とう品など価値ある遺品を捜索は基本的に行いません。

しかし、なかには遺品の整理や買取、供養まで行っている業者もあります。

不用品回収と遺品整理をまとめてやってほしいと思っている方は、遺品整理も行っている不用品回収業者を探してみてはいかがでしょうか。

 

遺品整理業者のメリット

 

遺品整理業者のメリットは、遺品の整理や供養といった流れを、依頼できるという点です。

遺族では整理が難しい骨とう品や、通帳や印鑑、現金、土地建物に関する重要な書類の探索まで対応してもらえるのは助かります。

また、幼少期の手紙や絵など想い出の品を残しておいてもらえるのも、遺品整理業者の良さと言えるでしょう。

遺品整理 相場 業者 ブログ03

不用品回収業者のメリット

 

不用品回収業者のメリットは、作業スピードが早く、短時間で遺産整理が終わるという点です。

遺品の仕分けなどはあらかじめ自分たちで行っておく必要がありますが、遺品の仕分けや買取、供養などにも対応している業者を選べば手間が省けます。

また、遺品整理業者では軽い掃除しか対応していない場合が多いですが、不用品回収業者ならハウスクリーニングに対応している業者も多いので、まとめて掃除も依頼することが可能です。

 

まずは、遺品整理の相場を知ることが大事

 

業者選びに失敗しないためには、まず遺品整理に費用相場を把握しておくことが大切です。

 

間取り

遺品整理業者

不用品回収業者

1R/1K

3~8万円

3万円~

1DK

5~12万円

5万円~

1LDK

8~20万円

8万円~

2DK

10~25万円

11万円~

2LDK

13~30万円

14万円~

3DK

16~40万円

17万円~

3LDK

18~50万円

19万円~

4LDK以上

22~60万円

24万円~

 

遺品整理業者と不用品回収業者の費用相場に、そこまで大きな差はありません。

業者はもちろん、間取りや広さのほか、遺品の量や種類によって費用が変動します。

 

業者選びに失敗しないためのコツ

 

訪問見積もりを依頼する

 

見積もりを依頼する際は、訪問見積もりに対応してくれるか確認しましょう。

現場を見た上で見積もりを出してもらった方が確実な費用が分かるので、訪問見積もりはしてもらえる業者を選びましょう。

万が一、訪問見積もりを嫌がるような対応があれば、作業後に高額な費用を請求してくる悪徳業者の可能性があります。

 

複数の業者へ見積もりを依頼し、比較する

 

依頼をする業者ははじめから1社に絞らず、複数社へ見積もりを依頼しましょう。

少なくとも、2~3社から見積もりを取っておくのが望ましいです。

複数の業者へ見積もりを依頼するのは少々手間ではありますが、見積書を比較することで費用が高すぎないかどうかが確認できます。

また、サービス内容も業者によって異なりますので、一番合うプランを提示してくれる業者を選べるメリットもあるのです。

 

まとめ

 

遺品整理は、遺品整理業者と不用品回収業者、どちらでも依頼することができます。

遺品整理業者の一般的な料金相場をご紹介しましたので、失敗しない業者選びのご参考にしてください。

業者によって料金やサービス内容が異なりますので、費用を抑えて悪徳業者にひっかからないためにも、慎重に業者選びを行いましょう。

遺品整理 相場 業者 ブログ04

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF LINEで気軽に相談