終活についてアドバイスしてくれる「終活カウンセラー」とは?

終活カウンセラーは、初めての終活に取り組む人を物理的心理的にサポートする職業です。

高齢化社会と核家族化の進行に伴い、今後ますます需要が増えることが予測される終活カウンセラーについて、以下の視点から詳しく解説していきます。

  • 終活カウンセラーの仕事とは?
  • 終活カウンセラーに向いているのはこんな人
  • 終活カウンセラーのなりかた
  • 終活カウンセラーの難しさとやりがい

終活カウンセラーに興味のある方は必見です。

終活カウンセラーはシニア世代の心理的サポーター

就活カウンセラー ブログ 01

終活カウンセラーは、一般社団法人終活カウンセラー協会が設けた民間資格です。一般社団法人終活カウンセラー協会による資格試験に合格した人が名乗れます。

(参考URL:https://www.shukatsu-csl.jp/

なお終活カウンセラーと似た名称で、就活アドバイザーという資格もあります。こちらは就活アドバイザー協会が儲けた民間資格です。

終活では生前整理を行います。

自分らしい最期を迎えるため、また逝去した後に親族にかかる負担を軽減する目的で、生前から身辺整理するのが終活です。

加速する高齢化社会と核家族化を受けて、人生の集大成としての就活に取り組む人も増えています。

しかし終活は、誰もが人生で一度きり体験するものです。そのため具体的にどのように進めていけばよいか迷うことも多いもの。さらに終活することは、自らの死を意識することでもあります。終活をする過程で、気持ちが塞ぎ込む人も少なくありません。

こういった終活に伴う物理的、心理的負担を軽減するべくサポートするのが、終活カウンセラーの重要な役割です。終活カウンセラーには、1人で抱えるには荷が重い終活をサポートする職業として、大いに期待が寄せられています。

終活カウンセラーの仕事内容

終活カウンセラーには、主に以下の5つの業務があります。

  • エンディングノートの作成補助
  • 終活したい人の相談に乗る
  • 相談者の悩みに応じた専門家を紹介する
  • 役所における手続きのサポート
  • 就活に関するセミナーや相談会

エンディングノートの作成補助

エンディングノートとは、終活ノートとも呼ばれます。元気なうちに自分に関する情報を記録して親族に意志を伝えるためのものです。

エンディングノートを作成することは、自分が何を大切にしているのか、価値観を見直すきっかけになります。残りの人生の生き方を見直し、悔いのない時間を過ごせすたに有効な手段として、エンディングノートは有用です。

しかし自分1人で自分の内面に向き合うのは、苦しく感じてしまうこともあるでしょう。そういった時にサポートするのが終活カウンセラーの役割です。

終活相談を受ける

終活カウンセラーにとって最も大きなウェイトを占めるのが、終活にまつわる相談を受ける業務です。

今すでに終活している人の相談にのるほか、これから終活を行う人の相談を受けたり。今は終活していない人に向けたセミナーや相談会で質疑応答に対応したりすることもあります。

相談に基づいて必要な専門家を紹介する

終活には、金銭に関わるものなど、専門家によるアドバイスやサポートが必要な分野も多くあります。

そういった悩みを解消するために適切なアドバイスができる専門家を紹介したり、打ち合わせの席に同席して相談者をサポートしたりするのも、終活カウンセラーの重要な業務の一つです。

役所の手続きをサポートする

終活を進める過程で、役所の手続きが必要なケースも出てきます。その際には終活カウンセラーが相談者に同行し、煩雑な役所の手続きをサポートすることも可能です。

終活に関する知識啓蒙

終活という概念は徐々に浸透しつつありますが、まだ自分には関係ないと思っている人も少なくありません。またどうやって終活を始めれば良いかわからず何もしていない人や、漠然と終活にネガティブな思いを持っている人もいるでしょう。

こうした人たちに正しい終活の知識を伝え、終活は安心して人生を歩むために大切なものであること、さらに終活カウンセラーなどのサポートを受けられるので、決して孤独な作業はないことを知らしめることを知らしめること。1人でも多くの人が、安心して終活を始めるよう促すことも、終活カウンセラーの大切な仕事です。

終活カウンセラーに必要なスキル

終活カウンセラーに必要なスキルは、3つです。

  • 終活に関する知識
  • 傾聴力
  • 行動力

エンディングノートの書き方など終活に関する知識については、座学で基本的事項を学び、それ以降は経験を重ねながら身につけられます。

知識よりももっと大切なのは、相談者の方の言葉にしっかり耳を傾けて話を聞く力である傾聴力。そして、相談者の方に必要なサポートを実行に移す行動力です。

終活カウンセラーは、相談者の方の相談役です。

自分の人生が残り短いことを自覚し、クロージング作業するのは、決して心躍る作業ではありません。人によっては暗い気持ちになり、塞ぎ込んでしまうケースもあります。

そんな相談者の不安に寄り添い、声に耳を傾けながら、残りの時間をよりよく過ごすためにどうしたら良いかを一緒に考える終活カウンセラーは、ある人の人生を大きく左右するほど大きな存在であり、やりがいのある仕事と言えるでしょう

終活カウンセラーになる方法

就活カウンセラー ブログ 02

終活カウンセラーには1級と2級があり、さらに終活式コーディネーターや認定協会の終活講師になれるといった上級資格もあります。

終活カウンセラー2級

終活カウンセラー2級は、終活の基本的知識を習得する講座と検定試験がセットになっています。

6時間に及ぶ講座の中で、相続・遺言・保険・介護・年金・葬儀・供養の6科目を学び、エンディングノードが自分で書けるようになることがゴールです。

講義を受けたあと検定試験を受験します。合格率98%というデータもあり、参入ハードルは低い資格と言えます。

受験料はテキストや講義代込みで15,000円(税込)であり、年会費5,000円が必要です。

終活カウンセラー1級

終活カウンセラー2級を取得している人であり、さらに終活カウンセラー1級の勉強会に1回以上参加すると受験資格を得られます。

終活カウンセラー1級にはレポートの提出が義務付けられており、難易度は終活カウンセラー2級と比べると格段に高いのが特徴です。

レポート提出費用が3,000円(税込)。会場で受験する場合の受験料は45,000円(税込)、オンライン受験の場合は50,000円(税込)ですから、費用の面でも2級に比べると高くなっています。

その分、終活カウンセラーに対する強い信念や熱意、使命感を持った人が集まる傾向があるでしょう。終活カウンセラーを生業にしたい人の登竜門とも言える資格です。

終活カウンセラーを仕事にする方法

就活カウンセラー ブログ 03

終活カウンセラーの資格取得がすぐに仕事に繋がるか。

資格取得を目指すなら、ぜひ知っておきたい答えでしょう。

結論から言うと、資格取得が即就業や開業に繋がる可能性はかなり低いと考えてよいでしょう。

検定試験を主催する一般社団法人終活カウンセラー協会は、民間団体です。就職の斡旋も行っていません。そのため終活カウンセラー資格を活かせる就業先は、自分自身で見つける必要があります。

また終活カウンセラーとして開業する場合は、セミナーを開催したり、コンサルティング業務を中心に活動するようになるでしょう。そのため、集客する方法を見出す必要があります。

終活カウンセラー専業よりは、例えば、終活カウンセラー×ファイナンシャルプランナーや終活カウンセラー×介護福祉士などのように、他の職種や業務を掛け合わせた働き方をすると、終活カウンセラーで得た知識や経験を存分に活用できるでしょう。

終活カウンセラーに向いている人8選

就活カウンセラー ブログ 04

終活カウンセラーに向いているのはこんな人です。

  • 高齢のご家族がいる
  • 自分自身の終活を考えている
  • 人の役に立つ仕事をしたい
  • 将来的に可能性の広がる仕事をしたい
  • シニア世代に関わる仕事をしている
  • セミナーや講師などで活躍したい
  • 話を聞くのが得意もしくは好き
  • 会話の中から話の本質を見極めるのが上手

誰にも終活カウンセラーの知識が必要

誰にも必ず訪れる人生の終わりの時。終活カウンセラーの知識は職業として活用しなくても、自分自身や身の回りの家族のために活用できます。

そのため、誰もが学んで損のない資格の一つが、終活カウンセラーの仕事です。

人生いつ何が起こるとも知れません。若いうちから自分の終わりの時について考えておけば、悔いのない生き方のヒントを得られます。

また年を重ねていく親や親族の終活に対する悩みや不安に、最も身近なアドバイザーとして関われるようになりますから、家族との絆を深めることも可能です。

高齢世代に関わる仕事をしている

今すでに保険やファイナンシャルプランナーのような財産管理に関わる仕事をしている人や、葬儀業などに携わっている人にとって、終活カウンセラーは本業に役立つ資格の一つです。

本業と終活カウンセラーの仕事を掛け合わせることで、相乗効果でより一層相談者の力になるアドバイスができるでしょう。

自分自身の引き出しを増やし、本業をより一層パワーアップさせる意味でも、終活カウンセラー資格取得は有益です。

セミナー講師やコンサルタントで自営したい

終活カウンセラーとして集客する方法を見いだせれば、終活のセミナー講師やカウンセラーとして自営業を営むこともできます。

人に物を教えることが好き。

人助けがしたい。

自分の特性を活かしながら、自由な働き方も実現できます。

聞き上手・話させ上手

終活カウンセラーにとっては、相手の話を聞くことが仕事の肝です。

相談者の話を親身になって聞くこと。そして相談者の話の中から、悩みの本質を見極め、それに対する適切な回答を導き出す必要があります。

そのためには、どれだけ相談者に話をさせて、情報を引き出すかが大切です。

相談者の中には、自分が何に悩んでいるのか把握できていない人もいるでしょう。混沌の中にいる相談者に対して進むべき方向を照らし、残りの人生を充実したものにする一助となるのが終活カウンセラーです。

まずは相談者の話を聞く。ひたすらに話を聞き、相談者にできるだけたくさん話してもらい、情報を収集。精査して整える力が必要です。

まとめ

就活カウンセラー ブログ 07

終活カウンセラーはまだ比較的新しい資格ですが、高齢化社会の進行に伴い、より一層需要が高まることが予測されています。

終活カウンセラーの勉強は人の役に立てられるのみならず、自分自身の生き方を見つめるヒントにもなる、有益なものです。

資格取得にあたって特に用件がなく、誰もが学び取得できる終活カウンセラー。習得して損のない資格の一つと言えるでしょう。

この記事の監修をしたゴミ屋敷の専門家

氏名:新家 喜夫

年間2,500件以上のゴミ屋敷を片付け実績を持つ「ゴミ屋敷バスター七福神」を全国で展開する株式会社テンシュカクの代表取締役。ゴミ屋敷清掃士認定協会理事長。



\ SNSでシェアする /

関連記事

実家の片付けが大変な方へ!業者に頼む場合の費用相場や買取についてご紹介
様々な理由から、実家の片付けをしなければならなかったり、「実家の片付けをしてあげた方が…
遺品整理、捨ててはいけないもの!衣類や書類は捨てられない?それとも処分できる?
家族や大切な人が亡くなられたとき、その遺品を整理するのは心情的につらいものです。しかし…
家族の遺品整理の際に出てくる大量の写真やアルバム。 「整理したいけど、どのようにすれば…
デジタル遺品 処分 ブログ02
1人1台以上スマートフォンを持つことが当たり前となった今、「デジタル遺品」というワード…
エンディングノート ブログ01
エンディングノートという言葉を聞いたことがある方はいらっしゃいますか? 近年話題となり…
遺品整理 時計 ブログ01
大切な人とのお別れをした後は、「遺品整理」をして、故人の財産を整理しなければなりません…
遺品整理 本 ブログ01
遺品整理をしたら本が大量に出てきた、そんなケースは珍しくありません。 数冊程度なら処分…
遺品整理 手順 ブログ01
初めての遺品整理で親族だけで片付けや仕分けをしたいけど、どうすれば良いか分からない人も…
親などが亡くなって、遺品を整理する際、仏壇や故人の大切にしていた遺品をふつうに処分して…
終活 ブログ01
近年「終活」という言葉をよく耳にするようになりましたね。 生前に自分の身の回りのものを…
ペット 遺品 供養 ブログ01
近年では「ペットロス」という言葉がよく聞かれるように、ペットも大切な家族の一員で、亡く…
遺品整理 時期 ブログ01
大切な家族や親族が亡くなって、葬儀を終えて少し落ち着いた頃。 故人が生前使っていたさま…
遺品整理 不要 家具 処分 ブログ01
遺品整理で処分する物は、故人が生前着用していた衣類や、使用していた食器・小物などの細か…
遺品整理 服 ブログ01
家族が亡くなったら、気持ちの整理をする暇もなく「遺品整理」をしなければなりません。 遺…
生前整理 老前整理 ブログ01
少子高齢化が進む日本では、生前整理や老前整理という言葉が知られるようになりました。 ど…
遺品整理 見積り ポイント ブログ01
大切な人が亡くなった後にやらないといけない事の中の一つに、遺産整理があります。 遺産整…
孤独死 対策 サービス ブログ01
孤独死対策のサービスがあることはご存知でしょうか。 高齢化が進み、日本の人口の27.7…
遺品整理 業者 ブログ01
親が亡くなってしばらく経ち、そろそろ遺品整理を始めようかと考えているものの、どうやって…
遺品整理 相場 業者 ブログ01
大切な家族が亡くなると、お葬式や火葬の準備に追われ、悲しむ時間もないくらいやることがた…
ミニチュア 再現 孤独死 ブログ01
2019年9月14日に発売された、朝日新聞出版が出版する人気雑誌「AERA(アエラ)」…
認知症でなぜゴミ屋敷化するのか
認知症を発症したことにより、高齢者の住宅がゴミ屋敷化するケースが増えています。 厚生労…
両親 家 ゴミ屋敷 ブログ01
近年、高齢者だけの世帯が増えていて、その影響で高齢者のゴミ屋敷化が進んでいます。 ある…
近年、孤独死が増加中!
「ゴミ屋敷」と高齢者の「孤独死」は、どちらも社会問題になっています。 さらに近年では、…
ゴミ屋敷 終活 ブログ01
単身高齢世帯は増加に伴い、高齢者宅のゴミ屋敷問題も表面化してきました。 住宅をゴミ屋敷…
高齢者 ゴミ屋敷 ブログ03
ニュースなどで見かけるゴミ屋敷の衝撃的な映像は、決して他人ごとではありません。 いつあ…
ゴミ屋敷状態の実家を片付けや遺品整理してくれる業者
身内を亡くすというのは、非常に辛いことです。 「生きていれば、いつかお別れがくるもの」…
近年、地域包括支援センターやケアマネージャーなどが対応に悩むケースの一つとして高齢者の…
今回はこちらの事例を元に説明していきたいと思います。 目次愛知県の遺品整理事例作業環境…
生前整理という言葉はご存知でしょうか?生前整理とは「生きているうちに身の回りの物を整理…
遺品整理
突然起こる身内の不幸ごと。また、心の準備が出来ていても家族を亡くした時の悲しみは計りし…
生前整理
今回は皆さんのご両親のことについて少しお話させていただきます。 表題にもあるように皆さ…
実家がゴミ屋敷化
本日は、皆さん過ごした実家がテーマです。 離れて暮す高齢のお父様お母様のお住まいがゴミ…

もっと見る▼

人気記事ランキング

ゴミ屋敷バスター七福神へ何でもご相談を
ゴミ屋敷バスター七福神へ何でもご相談を

※WEB限定割引はパッケージプランは対象外となります。
※お見積り金額からのお値引きとなります。

見積無料! WEB限定割引!! 最安19,800円〜 女性も安心!!閉じる×