遺品整理業

遺品整理はどこまで自分でやるべき?専門業者に任せていいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もし、遺品整理を実際に行うとなったら、何をどこまでしたらいいのか困ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで、強力な助っ人となるのが遺品整理の専門業者です。

とはいえ、すべてを業者に任せるべきなのか、自分で片付けた方がいいのかは、状況によって変わってきます。

たとえば、費用を抑えたいなら事前に自分で不用品を処分しておいたり、とにかく急ぐなら全てを任せるなど、どこまで業者に任せるかは状況によって変わってきます。

今回は、遺品整理は、どのような時にどこまで自分でやるべきなのか、どこまで任せてよいものなのかについて見ていきましょう。

遺品整理は、どのような時にどこまで自分でやるべきなのか、どこまで任せてよいものなのか

遺品整理とは?

遺品整理とは?

そもそも、遺品整理とは何なのでしょうか。

遺品整理とは、亡くなった人が残した持ち物=遺品を整理し、ゴミや不用品を捨てて部屋や家をきれいにすることです。

しかし、ただ単にものを仕分けするだけではありません。

遺品を仕分けし、片付けていく過程を経て、遺族が心の整理をしていくのもまた遺品整理の大きな意味であると言えるでしょう。

遺品整理で行う「ものの仕分け」とは?

遺品整理は、文字通り遺品を整理することです。

これは、捨てるものと捨てないものを分けるだけという単純なものではありません。

たとえば、人が亡くなった後には遺産相続が発生します。

遺産相続をきちんと行うためには、故人がどのくらい相続の対象となるものを持っていたかを明確にする必要があります。

そのため、相続に関係する書類(通帳、キャッシュカード、土地の登記書など)を探し出したり、市場価値のある趣味の品や貴金属などをよけておかなくてはなりません。

また、遺産相続は遺言書が大きく左右しますので、遺言書があるかどうかも必ず探す必要があります。

そのほか、残しておきたいものや親族や知人へ差し上げる形見の品、供養してから処分したい品なども仕分けます。

これらのものを仕分けてから、残った不用品を処分します。

遺品整理は誰がやるの?

遺品整理は、一般的には遺族が行います。

遺言書がない場合は、民法に定められた「法定相続人」が揃って行うのがベストでしょう。

どんな財産があるのかを明確にできますし、のちにトラブルが起きるリスクを減らすことができます。

遺言書がある場合は、相続人として指定されている人が行いましょう。

相続に関するもの以外に関しては、どこまで残してどこまで捨てるのかは、相続人以外の家族にも相談しながら行いましょう。

遺品整理業者とは?

遺品整理業者とは?

近年、遺品整理業者という職業が広く知られるようになってきました。

遺品整理業者は、遺族に代わって遺品整理を行う業者です。

遺品の仕分けはもちろん、貴重品を探したり、ゴミ・不用品の運搬と処分、簡単はハウスクリーニングを行います。

また、オプションサービスを行う業者も増えています。

業者によってサービスは異なるので、どこまで何をやってくれるのか、事前にチェックしましょう。

また、自分が何をどこまで仕分けしてほしいのかを、あらかじめ整理しておくとよいでしょう。

遺品整理業者に依頼するメリットとは?

業者に遺品整理を依頼するメリットとは何でしょうか。

時間がかからない

遺品整理は、さまざまなものを仕分けなくてはならないため、非常に時間がかかります。

また、仕事があったり、遠方に住んでいるなどの理由から、なかなか片付かないことも多いものです。

しかし、業者に依頼すれば短時間で片付けることができます。

特に、故人の部屋が賃貸で早く明け渡したい場合などは便利です。

労力がかからない

遺品整理の場合、家具や家電なども片付けなくてはならないケースが少なくありません。

また、大量の不用品やゴミは運び出すだけでも一苦労です。

しかし、業者に依頼すれば重いもの・大きなものを自分で運び出す必要がなく、ゴミを自分で出す必要もなくなります。

技術に長けている

遺言書をはじめとする書類や貴金属などは、素人にはなかなか見つけにくいものです。

経験豊富な業者が、意外なところから意外なものを見つけてくれることも多いようです。

探しているものがある場合は、あらかじめ依頼しておきましょう。

また、遺品整理業者は、不用品であっても、故人の遺品として大切に扱ってくれるので安心です。

オプションサービスが豊富

遺品整理業者には、さまざまなサービスがあります。

遺品の供養や形見分けの発送、まだ使える不用品の買い取りなどを行う業者が増えています。

近年では、家の原状回復や家の解体、相続の相談まで、さまざまなサービスも行う業者も増えているので、依頼の際に、どこまでどのようなことができるのか確認しておくとよいでしょう。

遺品整理業者に依頼するデメリットとは?

では、業者に依頼するデメリットも見てみましょう。

費用がかかる

これは、業者を使う以上仕方のないことですが、費用がかかります。

遺品整理の費用は部屋の広さや間取り、ものの量によって決まります。

自分で遺品整理をする場合もゴミの処分などに費用がかかることがありますが、業者に依頼する場合は自分で行うより費用が高くなってしまう傾向があります。

気持ちの整理をつけにくい

業者に遺品整理を依頼するメリットはスピードが早いことですが、その分、遺族が気持ちの整理をつける時間が取れなくなります。

遺品整理を急いでおらず、自宅でゆっくりお別れをしたい人には向いていないと言えるでしょう。

トラブルがゼロとは言えない

見解の相違から必要なものが処分されてしまった、探したいものが見つからなかったケースは、残念ですがゼロとは言えません。

そのため、見積りに同席してどこまで作業をしてもらうかしっかり打ち合わせましょう。

また、実際の作業にも立ち会うのがおすすめです。

遺品整理どこまでやる?どこまで任せる?

遺品整理どこまでやる?どこまで任せる?

遺品整理を行う機会は、人生の中でもそう何回もあるものではありません。

そのため、業者に任せた方がいいか、自分で行うのがいいのか迷ってしまいますね。

業者に依頼する場合、どこまで何を行うのか、また、どのように依頼すればよいかを見ていきましょう。

費用を抑えたい

業者に作業を依頼する場合、どうしても費用がかかってしまいます。

この費用を抑えるには、どうすればよいのでしょうか。

できるだけ自分で片付ける

費用を抑える方法の1つは、できるだけ自分で片付けることです。

どこまで自分で片付けるかは、大きさ・重さで決めるとよいでしょう。

大きなものや重い家具などはお願いするとして、自分で集めて捨てられるゴミなどは遺品整理を依頼する前に捨てておきましょう。

運搬するゴミや不用品の量が少ないと、費用も抑えることができます。

使える不用品を買い取ってもらう

遺品の中にまだ使える不用品があれば、買い取ってもらいましょう。

買い取ってもらえれば、その分だけ遺品整理費用が浮くことになります。

ただし、遺産相続に支障がないものを買い取ってもらいましょう。

市場価値が高いものは相続財産となるため、どこまで買い取りがOKなのか業者と相談しながら売却しましょう。

買い取ってもらえれば、その場で引き取ってもらえます。

自分で売却する場合のように、梱包したり発送したりという手間もかかりません。

早く片付けたい

とにかく早く片付けたい場合は、自分で遺品整理を行うより、業者に依頼した方がよいでしょう。

この場合は、どこまで自分でやるか、どこまでお願いするかということより、スピードを重視しましょう。

この場合、作業に立ち会うのがおすすめです。

立ち会えば、他人には判断が難しいものも自分で判断することができます。

ほしいサービスで決める

依頼の際に、その業者がどのようなサービスをどこまで行っているのか確認しましょう。

インターネットで検索するとさまざまな業者が出てくるので、サービス内容をチェックします。

同じサービスでも業者によってプランに含まれている場合や、オプションサービスとして別料金がかかる場合があり「どこまで」が異なります。

また、オプションサービスもさまざまで内容にも料金にも違いがあります。

つまり、業者によってどこまでが基本サービスで、どこまで何をやってくれるかが違うので、ほしいサービスを含んでいるかで選ぶとよいでしょう。

まとめ

遺品整理は、業者によってプランやサービス内容が違います

遺品整理は、業者によってプランやサービス内容が違います。

そのため、自分自身でどこまで整理ができるか、予算、片付けたい期日、業者に依頼するメリット・デメリットなどを考え合わせて選ぶのがおすすめです。

「どこまで?」が判断できない、どうしても気が重い、体力・時間がないなどの場合は、無理をせず、業者への依頼を選択肢に入れ上手に使いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不用品回収や遺品整理のことならゴミ屋敷バスター七福神

不用品回収や遺品整理のことならゴミ屋敷バスター七福神


HOME

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


七福神の遺品整理サービス