遺品整理業

財布の捨て方、正しく知って新しい財布にもパワーを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

古くなったお財布、どうしていますか?
捨てたいけれど、そのままゴミ箱に入れるのは何となく憚られるような気がすることも。
また、プレゼントされたものや、思い出のあるお財布は捨てにくいという人もいるかもしれません。
そのままタンスや引き出しの奥にしまったままになりがちな古いお財布に、正しい処分の仕方はあるのでしょうか。
今回は、古いお財布の捨て方について見ていきましょう。

財布の捨て方

古いお財布を持っているのは良くない?

古い財布の捨て方

お財布は、肌身離さず持ち歩くものだけに、他のゴミと一緒に捨ててしまうのは申し訳ない、心苦しいと感じる人も多いでしょう。
だからといって、もう使わないとわかっているお財布をそのまま持っているのは、良いことなのでしょうか。

金運が下がる?

占いの世界では、お財布は金運アップのキーアイテムだそうです。
そのため、古いお財布が手元にあると、新しいお財布の金運パワーが発揮しにくくなるといいます。
せっかく奮発して新しいお財布を買っても、これでは元も子もありません。
もう役目を終えたお財布をいつまでも手元に残していると、逆に金運に悪い影響を与えてしまうと言われています。

風水では・・・

風水では「古くなったものや汚れたものは運気を下げる」と考えられています。
そのため、もう使わない古いお財布をいつまでも残しておくのはNGです。
風水の開運の基本は、無駄なものをなくすこと。
古いお財布は処分して、晴れ晴れした気持ちで過ごしましょう。

お財布の処分方法いろいろ〜自分で捨てる

財布を捨てる

では、お財布の処分方法について見ていきましょう。

自治体のゴミ収集に出す

お財布は、そのままゴミとして自治体の回収に出すことができます。
金具などは外した方が良いですが、たいていは分解することは難しいので、そのまま捨てて大丈夫です。

とはいえ、そのまま捨てることに抵抗がある人は、簡単に清めてから捨てると良いでしょう。
お財布のお札入れやカード入れ、小銭入れなどの底に、指でひとつまみ分の塩を入れます。
次に、お財布を手に持ち「ありがとうごさいました」と感謝の言葉をかけます。
このように、塩で清めることによって、古いお財布が浄化されます。
すると、新しいお財布の金運が動き出すと言われています。
そのあと、ゴミ箱に捨てます。
お財布はそのまま捨ててOKですが、気になる場合は布や半紙に包んでおきましょう。

そのあとは自治体のゴミ収集に出せばOKです。
ほとんどの自治体では可燃ゴミとして出すことができますが、名古屋市のように資源ゴミに分類される自治体もあります。
ゴミに出す前に、居住自治体のルールを確認しておきましょう。

風水で捨てる

同じゴミ収集に出すにしても、感謝の気持ちを表したい人は、風水で良いとされるやり方で捨てるのもよいでしょう。
まず、きれいな白い紙か布にお財布を包みます。
風水では、「白」はリセットを表し、悪い気を浄化する色と考えられています。
そのため、白い紙や布で包むことによって、使わなくなった古いお財布の下がった運気をリセットするというわけです。
そして、感謝の気持ちを込めてゴミ収集に出しましょう。

もし、悪い運気やしがらみを断ち切りたいと思っているのなら、お財布を塩で清めたのち、ハサミで細かく切り刻んでから処分するという方法もあります。

捨てる日はいつでも良いのですが、おすすめは雨の日です。
風水では、「金」の気は「水」の気で増えるといわれています。
そこで、「水」である雨の日に古いお財布を捨てることで、金運がアップすると考えられています。
ゴミの日とタイミングが合えば、雨の日に捨ててみてはいかがでしょうか。
また、捨てる場所は水場の近くが良いとされています。
川や湖などの近くに行くことがあれば、その時に捨てても良いでしょう。
ただし、海は「金」と相性の悪い「火」の気に分類されますので、海の近くには捨てないようにしましょう。

こだわる人は、風水で良いとされる方角「西・北西」または「北・北東」にお財布を捨てましょう。
西・北西はお金の巡りを良くしたいなら「西・北西」、お金を貯めたいなら「北・北東」が良いと言われています。
もし、どちらかの方角に行くことがあれば、そのついでに捨てると良いでしょう。

このように丁寧に処分することで、お財布を捨てるという罪悪感も少し軽くなるかもしれませんね。

お財布の処分方法いろいろ〜供養する

財布を供養して捨てる

日本では、古くから「ものには魂が宿る」という考えがあります。
お財布の魂に感謝し、しっかり供養したい人は、供養サービスを利用しましょう。

お寺や神社などで供養する

お財布は、神社やお寺で供養してもらうことができます。
財布供養を行っている寺社に直接持ち込むほか、郵送による受付をしている寺社もあります。遠方に住んでいる人は利用するとよいでしょう。
財布供養の供養料は、千円〜3千円ほどが相場です。
寺社によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。

お焚き上げサービスで供養する

寺社まで足を運ぶことができない人は、郵送のお焚き上げサービスを利用するとよいでしょう。

申し込みはパソコンやスマホから簡単に行えて、郵送や宅配で送るだけなので手軽です。

こういったサービスでは、お財布だけでなく、身の回りのいろいろなものも供養してもらえるところもあります。
お財布と一緒に人形やお守り、写真など、ほかにも供養したいものがあれば、まとめて送るのがお得です。

遺品整理業者に供養を依頼する

もしも、処分したいお財布が遺品である場合、遺品整理業者に供養を依頼することができます。
遺品整理業者はオプションとして、寺社と提携し、さまざまな遺品を供養するサービスを行っているところがあります。
寺社へ運び、他の人の遺品と一緒に供養してもらう方法や、故人の部屋に僧侶を招き、お経をあげて供養してもらう方法があります。
遺品整理であれば、他の遺品と一緒に供養してもらったり、運んでもらったりすることができるので、手間がかかりません。
供養後、供養証明書を出してくれるところもあるので、確認してみるとよいでしょう。

お店で処分する

古くなったお財布を処分するサービスを行っているお店があります。
お財布を処分するだけでなく、お財布のまだ使える部分の革を使い、ステッカーを作ってもらえるというサービスもあるので、全てを捨ててしまうのではなく、思い出を残すこともできます。
店頭への持ち込み、郵送での受付を行っています。
ただし、そのお店の商品に限りますので、注意が必要です。

お財布の処分方法いろいろ〜売却する

財布を売却する

まだ使えるものやブランドものなどであれば、売却することができるかもしれません。

買取専門店で売る

ブランドもののお財布であれば、買取専門店で査定してもらいましょう。
買取価格はお財布のコンディションや購入年、市場の相場、色や素材などにより変動しますが、もしも貴重なモデルなら思わぬ高値がつくかもしれません。
特にルイ・ヴィトン、シャネル、エルメスなどのハイブランドは、新品で数十万円を超える高価なものが多く、限定品や購入時期を逃してしまったシリーズのものを中古市場で探す人も多いため、買い取ってもらえる可能性が高くなります。
ブランドものに関しては、豊富な知識を持った専門店で売るのがおすすめです。
郵送での査定やネットでの査定もできるので、申し込んでみましょう。

ネットオークションやフリマアプリで売る

自分でネットオークションやフリマアプリに出して売る方法もあります。
ネットオークションは、自分で価格をつけることはできませんが、もしも人気のお財布であれば、たくさんの人が入札して思わぬ高値になるかもしれません。
ただし、実際に売れるまでには時間がかかる場合もあります。

時間をかけずに売りたい場合は、フリマアプリがおすすめです。
複数の入札を待つ時間がないため、売れるまでの時間が短い傾向にあります。
また、フリマアプリの場合は、自分で売りたい値段をつけて出品することができるのも良いところです。

オークションもフリマアプリも、梱包や発送の手間はかかりますが、スマホで写真を撮ってすぐに出品できる手軽さが特徴です。

写真を撮る前に、きれいに拭いたり、皮革製品は革専用クリームなどでお手入れをしておきましょう。
また、ギャランティーカードや保存袋、購入時に入っていた箱がある方が買い手がつきやすく、また高く売りやすくなります。

まとめ

さまざまなお財布の処分方法をご紹介しましたが、どの方法でも大切なのは、これまで役立ってくれたお財布に感謝する気持ちです。
お財布は、ボロボロになるまで使い続けると金運が下がるといわれています。
お財布の買い替えは2~3年くらいが目安です。
意外と短いですが、お財布に感謝を込めて手放すことで、新しいお財布のパワーと金運を上げましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


七福神の遺品整理サービスはこちら