遺品整理業

タンスの処分費用はどれくらい?リサイクルも検討してみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

遺品整理ではさまざまなものが不用品として出ます。
近年は生前整理を始める人も増えているので、不用品の処分に悩んでいる人も多いかもしれません。
特に、タンスのように大きな家具は、どうやって処分したらいいのか困ってしまいますね。
昔は、結婚するとき、タンスは嫁入り道具のひとつとして購入したものでした。
でも、現在では、洋風の家屋の増加でクローゼットが備え付けてあったり、生活スタイルの変化から大きなタンスを置かず、小さめの洋服タンスや整理タンスを購入するなど、昔ながらの大きなタンスが購入されることは少なくなりました。
今回は、タンスの処分の方法や費用、リサイクルできるのかどうかについて見ていきましょう。

タンスの処分と費用

自治体の回収に出す

タンスの処分と費用

ものを処分したいとき、まず考えるのが自治体のゴミ回収でしょう。
タンスを出したい場合、どのゴミに分類されるのでしょうか。

粗大ゴミとして出す

タンスなど家具の処分の方法は、各自治体によって異なります。
ですが、基本的には「粗大ゴミ」と考えればよいでしょう。

タンスを自治体で処分する場合は、粗大ゴミセンターに連絡して回収日時を予約します。
その時に料金を教えてもらえるので、その料金分の粗大ゴミ処理券を郵便局やコンビニなどで購入しましょう。
料金はタンスの大きさで決まります。
自治体によってルールは違いますが、ほとんどの家具は「幅・高さ・奥行き」や「長い2辺の合計」で料金が決められており、1000円〜2000円ほどが目安です。

回収日時当日、出したいタンスに処理券を添付し、収集所に持って行きます。
しかし、タンスのような大きなものを運ぶのは大変ですね。
自治体によっては、運搬が困難なときに回収してくれることもあるので、回収を申し込む際に確認するとよいでしょう。
ただし、運搬料として別途料金がかかるので注意が必要です。

可燃ゴミとして出す

タンスは基本的に粗大ゴミとして処分しますが、料金もかかるし、運ぶのも大変・・・という場合は、可燃ゴミとして出すこともできます。
ただし、その場合は、タンスを解体して小さくしなくてはなりません。
また、解体したものは量が多く、自治体によっては一度に全部を回収してもらえません。何度かに分けて出しましょう。

タンスを解体する際には、以下の道具を用意します。

  • 軍手・・・滑り止めのため、必ず着用しましょう
  • 石頭のカナヅチ・・・ダボなどを外します
  • バール・・・クギを引き抜く際に使います
  • ドライバー・・・蝶番や取っ手などの小さなクギを取るのに使用します
  • ノコギリ・・・可燃ゴミに出すためには、50cm以内の大きさにする必要があります。力がいらない電動ノコギリがおすすめですが、音が大きいため、近所の迷惑にならない時間帯を選んで使用しましょう

手順1:タンスの構造を把握

効率よくタンスを解体していくために、最初にタンスの構造を確認しましょう。
タンスは主に3種類の板で分けられ、一番上の天板、床となる底板、それ以外を中板といいます。
接合部分はクギによるものと、穴に差し込まれ接着剤で固定されているダボの2種類となっています。

手順2:クギやダボを外す

クギはドライバー、ダボは内側から金づちで叩いて外します。

天順3:戸を外す

ガラス戸などがある場合は最初に分解しておきましょう。
戸の蝶番のクギを必ず外しておきます。

手順4:板をはずす

箱状になったタンスの天板をカナヅチで叩いて外します。
天板→中板→底板と上から順番に外すのがコツです。
ダボの場合、ダボで接合されている部分が隅にしかないものが多いので、隅を叩くようにしましょう。

手順5:切断する

板が全て取り外せたら、一辺が50cmほどの小さいサイズに切断します。
板や金具などは自治体のルールに従って分別し、それぞれ回収に出します。

売却する

タンスの売却と費用

処分するのに費用をかけたくない。売れるものなら売りたい。
という人は、タンスを売る方法を考えてみましょう。

リサイクルショップで売る

さまざまなものを売っているリサイクルショップ。
買ってもらえれば、運搬もしてもらえるので一石二鳥ですね。
しかし、実はタンスはほぼ売れないと思った方が賢明です。
現在は着物を着る人が少なくなり、またクローゼットがついている洋風の部屋が増えたことで、タンスを買う人がとても少なくなってしまいました。
そのため、現在では、リサイクルショップでタンスを引き取ってもらうのは無料でも難しくなっています。

しかし、

  • 有名家具ブランド
  • 希少なアンティーク
  • 伝統工芸品
  • 高級素材

などのタンスであれば、買い取ってもらえる可能性があります。
まずは、リサイクルショップに問い合わせてみましょう。

ネットで売る

近年、ネットオークションやフリマアプリを利用して、多くの人がものを売買しています。
簡単に出品できるネットですが、出品物が大きなタンスとなると、梱包や発送などにかなりの手間がかかることになります。
また、タンス自体の需要が少ないため、タンスを売る方法としてはあまりおすすめできません。

業者を利用する

業者によるタンスの処分と費用

自分でタンスを売るのはなかなか大変そうです。
業者を通じて処分する方法を見てみましょう。

引っ越し業者

引っ越しのためにタンスを処分したい場合は、引っ越し業者に引き取ってもらうことができます。
全ての業者行っているサービスではありませんが、大手の業者では依頼できるようです。
無料で引き取ってくれる業者もあり、中には買い取りまでしてもらえる場合あるので、引っ越しの予定があるならおすすめです。
業者によっては、引き取りには「購入から6年以下のもの」などの条件があったり、地域によっては引き取りをしていない場合もあります。
事前に、利用する予定に引っ越し業者に問い合わせましょう。
ただ、引っ越しの予定がないと利用できないので注意が必要です。

不用品回収業者

不用品回収業者にタンスの処分を依頼するメリットは、ほとんど手間がかからないことです。
時間を指定でき、夜間でも対応してくれ、タイミングが合えば即日回収も可能なので、急いでいる場合は便利です。
また、ほかに処分したい家具や不用品がある場合はまとめて回収してもらえるのも便利です。
もちろん、自分で搬出・運搬する必要もありません。
タンスの場合、料金は4000円〜8000円ほどが目安となります。
ただ、窓からクレーン車で出す必要があったり、エレベーターのない建物の上層階から運ぶ必要があったりなど、搬出に手間がかかる場合は、別途、料金が加算されます。

家具専門業者

家具専門の買取業者にタンスを売った場合も、搬出作業も任せることができます。
特に、売りたいタンスがブランドものやアンティークであれば、家具専門店の利用がおすすめです。
家具の知識が豊富なスタッフが査定をしてくれるので、その商品の価値や希少性を正当に判断してもらえます。
また、タンスの他にも不要な家具があれば、まとめて査定してもらえます。
ただし、一般的な量販店で販売されていたタンスの場合、買い取ってもらえないことがあるので注意が必要です。

また、各家具メーカーが、自社製品限定で買い取りサービスを行っていることがあります。
家具専門業者で買い取ってもらえなかった場合、問い合わせてみるとよいでしょう。

遺品整理業者

もし、遺品整理で不要なタンスが出たのであれば、遺品整理業者に回収してもらうことができます。
この場合、遺品整理サービスの一環としての回収となるため、タンス単体での料金は発生せず、遺品整理の料金の中に含まれます。
もちろん、搬出や運搬もやってもらえるので、手間も労力もいりません。
当然、タンス以外のものも、不用品は全て処分してもらえるので一気に片付けることができます。

また、ほとんどの遺品整理業者では、まだ使えるものの買い取りも行っています。
もしタンスが買い取ってもらえれば、そのぶん遺品整理料金が安く上がることになります。
つくりのしっかりした日本製品は海外で喜ばれるため、最近はリサイクルに力を入れている遺品整理業者が増えており、買い取ったものは海外でのリユースに役立てられています。
不用品であっても、まだ使えるものであれば、処分してしまうのはもったいないこと。
海外で誰かの役に立てば、故人も喜んでくれるのではないでしょうか。

このほか、遺品整理業者では、遺品の供養なども行っています。
ただ捨ててしまうことに抵抗がある人は、遺品整理を依頼する際に相談してみるとよいでしょう。

まとめ

遺品のタンスの処分方法

大きくて重いタンスは、近年、需要が減っています。
アンテイークや民芸品、高級家具など希少なものでない限り、リサイクルショップやネットでもなかなか売れないと考えたほうがよいでしょう。
処分費用を抑えたいのであれば、自治体の回収を利用するのがよいでしょう。
引っ越しや遺品整理などをする場合は、利用する業者に処分や買い取りを行っているか問い合わせてみるのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


七福神の遺品整理サービスはこちら