遺品整理業

故人が残した車の名義変更の流れについて解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

遺品として、故人の愛車が残されることがあります。
自動車は不動産や預貯金などと同じく、相続の対象となります。
故人が所有していた自動車を相続するためには、名義の変更が必要です。
今回は、故人の自動車の名義変更の手続きや、必要な書類などについて見ていきましょう。

故人の残した自動車の名義変更方法

なぜ自動車の名義変更が必要なの?

なぜ自動車の名義変更が必要なの

自動車は、所有者が死亡した時点で家族など相続人全員の共有財産となります。
そのため、自動車の状態などにかかわらず、名義変更などの相続手続きが必要です。
車検証上の所有者が亡くなった場合、相続人の名義に変更しないと、売却することもできません。

廃車についても同様です。
もともとの名義人が亡くなってしまった場合、相続人の名義に書き換えないと廃車にさえできません。

法律的に見た場合も、相続手続きを行う義務はあるのでしょうか。
「道路運送車両法」を見ると、以下のように定められています。

第十三条 新規登録を受けた自動車(以下「登録自動車」という。)について所有者の変更があつたときは、新所有者は、その事由があつた日から十五日以内に、国土交通大臣の行う移転登録の申請をしなければならない

しかし、車両の相続手続きを怠ったとしても、結果として罰されることは現状はあまりないようです。
しかし、このような規定があることは頭の片隅に置いておくとよいでしょう。

自動車の持ち主が死亡した場合に注意すべきポイントは?

自動車の持ち主が死亡した場合に注意すべきポイント

最初に、自動車を所有していた人が亡くなった場合、必ず確認しておきたいポイントがあります。
まず、自動車の持ち主を車検証で確認しましょう。
残された自動車が、故人が使っていたものだとしても、所有者は別の人かもしれません。
もしかしたら、誰かに借りていたり、リース会社から借りていたかもしれないからです。

自動車を持っている人が亡くなったら、まず車検証で車の所有者を確認しましょう。
車検証の「所有者」の欄に、正式な所有者の名前が記載されています。
もし、その自動車が以下のような所有形態になっている場合は、それぞれの会社に連絡して契約者が亡くなったことを知らせましょう。

  • リース会社の所有物件になっている
  • ローンの残額があってローン会社やクレジット会社の所有になっている

自動車がローンの途中でまだ支払いが残っている場合、相続人による一括返済を求められるのが一般的です。
そのまま契約を引き継げるケースもあります。
しかし、その場合でも審査をした上、再契約する形が一般的でしょう。

一括返済が財政的に難しく、契約を引き継ぐ意思がない、車も不要というケースもあるでしょう。
その場合は、車をローン会社など名義人に返却して、残りの負債額と相殺することになります。

故人が残した自動車の名義変更に必要な書類は?

故人が残した自動車の名義変更に必要な書類

自動車の名義変更は、車の使用の本拠地(自宅など)を管轄する運輸支局や自動車検査登録事務所で行います。

自動車の名義変更には、多くの書類が必要です。
以下に応じて必要書類が異なってくるので、それぞれの場合について見ていきましょう。

  • 共同で相続するか、1人で相続するか
  • 査定額が100万円を超えるか、100万円以下か

共同相続の場合

共同相続とは、遺産が分割されることなく、複数の相続人によって共同で相続されることです。
現金や預貯金と違い、自動車は売却して換金しない限り分割して相続することができません。
そのため、相続人が複数人いて自動車を相続する人が一人に絞れない場合は、相続人全員で共同所有することになります。

査定額が100万円を超える普通自動車を共同相続する場合の必要書類は以下の通りです。

  • 自動車検査証(有効期限内のもの)
  • 故人の死亡が確認できる戸籍謄本または除籍謄本など
  • 共同相続者の記載がある戸籍謄本または戸籍の全部事項証明書
  • 共同相続者全員の実印
  • 共同相続者全員の印鑑証明(発行後3ヵ月以内のもの)
  • 車庫証明書(保管場所が変わらない場合は不要になる場合あり)
  • ナンバープレート(管轄の運輸局が変わる場合のみ)

自動車の査定額が100万円以下の場合は、以下の書類を用意しましょう。

  • 自動車検査証(有効期限内のもの)
  • 故人の死亡が確認できる戸籍謄本または除籍謄本など
  • 遺産分割協議成立申立書(新しい所有者の実印があるもの)
  • 査定額が100万円以下であることを証明する書類(業者作成の査定書など)
  • 車庫証明書(保管場所が変わらない場合は不要になる場合あり)
  • ナンバープレート(管轄の運輸局が変わる場合のみ)

査定額が100万円を超える場合と比べて、遺産分割協議書と相続人全員の記載がある戸籍謄本が不要となる分だけ簡素です。

単独相続の場合

査定額が100万円を超える自動車を1人で相続する場合、必要となる書類は以下です。

  • 自動車検査証(有効期限内のもの)
  • 故人の死亡が確認できる戸籍謄本または除籍謄本など
  • 遺産分割協議書(相続人全員の署名と捺印のあるもの)
  • 相続人全員の記載がある戸籍謄本または戸籍の全部事項証明書
  • 新所有者以外の相続人全員の譲渡証明書(実印を押印したもの)
  • 新所有者の実印
  • 新所有者の印鑑証明書(発行後3ヵ月以内のもの)
  • 車庫証明書(40日以内のもの、保管場所が変わらない場合は不要になる場合あり)
  • ナンバープレート(管轄の運輸局が変わる場合のみ)
  • 新所有者の実印を押印した委任状(名義変更手続きをディーラーなど第三者に代行してもらう場合)

現在の所有者、または新所有者が未成年者の場合、法定代理人(親権者または後見人)が同意をするか、代わって手続きを行う必要があります。
また、相続人に未成年が含まれている場合は、特別代理人の選任手続きなどが必要となります。

自動車の査定額が100万円以下の場合は、以下の書類を用意しましょう。

  • 自動車検査証(有効期限内のもの)
  • 故人の死亡が確認できる戸籍謄本または除籍謄本など
  • 新所有者が相続人であることを証明できる戸籍謄本
  • 遺産分割協議成立申立書(新しい所有者の実印があるもの)
  • 査定額が100万円以下であることを証明する書類(業者作成の査定書など)
  • 新所有者の実印
  • 新所有者の印鑑証明書(発行後3ヵ月以内のもの)
  • 車庫証明書(40日以内のもの、保管場所が変わらない場合は不要になる場合あり)
  • ナンバープレート(管轄の運輸局が変わる場合のみ)
  • 新所有者の実印を押印した委任状(名義変更手続きをディーラーなど第三者に代行してもらう場合)

査定額が100万円を超える場合と比べて、遺産分割協議書ではなく、より簡易な遺産分割協成立申立書でよくなります。
また、相続人全員の記載がある戸籍謄本が不要となる分だけ簡素です。

第三者に自動車を譲渡する場合

査定額が100万円以上の自動車を第三者に譲渡する場合、必要となる書類は以下です。

  • 自動車検査証(有効期限内のもの)
  • 故人の死亡が確認できる戸籍謄本または除籍謄本など
  • 遺産分割協議書(相続人全員の署名と捺印のあるもの)
  • 相続人全員の記載がある戸籍謄本または戸籍の全部事項証明書
  • 相続人全員の譲渡証明書(実印を押印したもの)
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • ナンバープレート(管轄の運輸局が変わる場合のみ)

また、譲渡される新所有者に、以下を準備してもらいましょう。

  • 印鑑証明書
  • 実印または委任状
  • 車庫証明書

自動車の名義変更にかかる日数と費用は?

自動車の名義変更にかかる日数と費用

では、自動車の名義変更にはどのくらいの日数と費用がかかるのでしょうか。

書類を揃えるのにかかる日数

上記に挙げたすべての書類を1日で揃えるのは大変です。
まず、相続人全員の書類を揃えるのが大変です。
また、どのように相続するか、話し合いも行わなくてはなりません。
旧所有者や新所有者の押印が必要な書類は、離れて暮らしているとそのやり取りだけでも時間や日数がかかります。

また、車庫証明は、申請から発行までに3日~1週間ほどかかります。
自動車の名義変更に必要な書類をすべて揃えるには、最速でも1週間〜10日ほどはかかります。
書類の数も多いので、不備かないよう確実に揃えましょう。

実際の申請作業にかかる時間

申請を行う運輸支局や軽自動車検査協会は、登録の受付時間が午前と午後に分かれています。
午前は8時45分~11時45分、午後は13時~16時までです。
土日祝、年末年始はお休みとなります。

窓口の混み具合や、書類の不備の有無によって名義変更にかかる時間大きく変わります。
それでも、少なくとも半日は要すると思って時間の余裕を持って見ておく方が良いでしょう。

また、ナンバープレートを変更する場合は、運輸支局に車を持ち込み、自分で着脱作業をしなくてはなりません。

この作業は、慣れていないと外すのに1時間、着けるのに1時間ほどかかることもあるようです。

どうしても時間がない人は、インターネットで申請できる「自動車保有関係手続のワンストップサービス」も利用できます。

ほとんどの都道府県で採用されているようです。
外出が難しいときや、仕事が忙しい人は利用するとよいでしょう。
また、ディーラーなどに依頼するのも1つの方法です。

名義変更にかかる費用

名義変更の手続きにかかる費用は、どのくらいなのでしょうか。

必ずかかる費用

  • 車の名義変更に必要な「移転登録手数料」 500円
  • 住民票の写しや印鑑証明書の発行手数料 1通200円~300円ほど
  • 自動車保管場所証明書(車庫証明)の取得費用 2,500円~3,000円ほど
    都道府県によって異なります

状況によって発生する費用

  • 希望ナンバー・図柄ナンバーなどに変更する「ナンバー変更費用」 1,500円ほど
    中には8,000円ほどするものもあります。
  • ディーラーや代行業者に名義変更を依頼する「代行手数料」
    代行してくれる業者に問い合わせましょう。

まとめ

故人の自動車の名義変更は運輸支局や車検事務所で

故人が自動車を持っていた場合、必ず名義変更を行いましょう。
名義変更を行わないと、廃車にすることもできません。
まず、自動車の持ち主を確認してから必要書類を揃えましょう。
そして、車の使用の本拠地(自宅など)を管轄する運輸支局や自動車検査登録事務所で変更手続きを行います。
窓口の受付時間は短いので、インターネットで手続きしたり、代行業者に依頼するのも良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不用品回収や遺品整理のことならゴミ屋敷バスター七福神

不用品回収や遺品整理のことならゴミ屋敷バスター七福神


HOME

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


七福神の遺品整理サービス