ゴミ屋敷になる女性の特徴とは?女性の方がゴミ屋敷になりやすい理由

ゴミ屋敷清掃の依頼主は案外、女性が多いと言われています。
一般的に、こまめに掃除をして部屋をキレイにしているイメージの女性がなぜ、ゴミ屋敷に?と考える人も多いのではないでしょうか。

記事内では、ゴミ屋敷になりやすい女性の特徴や生活をくわしく紹介しています。
ゴミ屋敷になりやすい女性の特徴に当てはまる女性は、注意が必要です。
気になる女性は、セルフチェックも兼ねて、記事内容をご確認ください。

ゴミ屋敷になる女性の特徴とは?女性の方がゴミ屋敷になりやすい理由

女性の部屋はゴミ屋敷になりやすい?特徴や職種の違いを紹介

女性の部屋はゴミ屋敷になりやすい?特徴や職種の違いを紹介

ゴミ屋敷にしてしまうのは男性に多く、女性はこまめに掃除をしていてキレイにしている、というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。
性別ごとにこうあるべき、という考え方が強い日本では、イメージの固定化が進んでいるため、余計に女性の部屋でゴミ屋敷はないだろうと考える人が多いでしょう。

しかし、実際にゴミ屋敷に住んでいる人は女性のほうが多く、全体の6割にものぼると言われています。
女性のゴミ屋敷化で考えられる可能性は以下、3点です。

  1. 物への執着心が強いかもしれない
  2. 執着心などに起因する買い物依存症
  3. ゴミ屋敷化が進んでも恥ずかしくて助けを求めにくい

これらの要因に加えて、日々の仕事の忙しさやストレスなど様々な要因が絡み合いつつ、ゴミ屋敷が形成されていきます。
そして、女性は部屋をキレイにしている、という一般的な固定概念も、片付けられない女性をさらに苦しめます。

ゴミ屋敷になりやすい女性の過ごし方や性格

ゴミ屋敷になりやすい女性の過ごし方や性格

ゴミ屋敷になってしまう要因の一つが、物への執着です。
執着心が強すぎると物が捨てられずに片付けが捗りません。
ゴミ屋敷化が進みやすい女性の過ごし方や特徴を、以下に6つピックアップしました。

  1. 片付けや掃除が苦手
  2. 物への執着心が強い
  3. 買い物依存症
  4. いつも強いストレスにさらされている
  5. 孤独感を感じている
  6. 他人の目を意識しない

片付けや掃除が苦手な女性

こまめに掃除や片付けができない女性の部屋は、ゴミ屋敷になりやすいです。
片付けや掃除ができない原因は、物品の整理が苦手という他に、捨てられない気持ちも大きく影響しています。

また、目に入るところにゴミを放置していても気にならない性格の女性は、よりゴミ屋敷を形成しやすい傾向があります。

例えば、お菓子の袋やちり紙が床やテーブルに落ちていても、後で片付けるからとそのままにしてしまい、知らない間に細かいゴミが積み重なっていくパターンです。
積み重ねられたゴミは、片付けが後回しになり、積み重ねられたゴミが当たり前の光景となっていきます。

物への執着心が強い女性

物への執着は女性の方が強いと言われています。
執着心とは、何かを失うことを恐れ、しがみつきたい気持ちをいいます。
執着心に捕らわれて物品を捨てられない女性は、失うことへの恐怖が人よりも強いのかもしれません。

極端に強い執着心を持つ女性は、ゴミ屋敷を解消しても、またゴミ屋敷化する可能性が高いです。
執着心を無くすためには、段階的なカウンセリングが必要です。

どうしても物への執着が断ち切れず、整理できない女性は、メンタルクリニックで相談する方法も有効な手段です。

買い物依存症の女性

買い物依存症とは、買い物をすると気分が高まり、一時的に嫌なことを忘れられるため繰り返し買い物を続けてしまう行為です。
欲しい物を買うためでなく、買い物自体が目的となるため、女性の衝動がコントロールできなくなります。

買い物依存に陥ると買った商品はそのままにして、次々に買い続けるため、あっという間に物があふれる部屋が出来上がります。
ゴミ屋敷になりやすい女性に買い物依存症の兆候が見られるのは納得の理由です。

いつも強いストレスにさらされている女性

部屋の状態はその女性の心を映しているとも言われます。
仕事が忙しく、業務や人間関係などで強いストレスにさらされている女性は、部屋が荒れがちです。
心配事と忙しさが重なってしまうと、片付けしようという気持ちにならず、日毎にゴミが積み上げられていきます。

なんとかしないと、と思い始めたころには、かなりの量のゴミになってしまい、手つかずのままさらにゴミが増えていく悪循環を招きます。
適度なストレスの発散は、女性が生きていく上でとても重要なことです。

孤独感を感じている女性

孤独感を感じている女性も、ゴミ屋敷になりやすい傾向があります。
時折ニュースで報道されるゴミ屋敷の住人は、多くの場合単身者です。
元々は家族で暮らしていた女性の割合が多く、単身になったことがきっかけで、ゴミが片付けられなくなったとも。

部屋の散らかり方は人の心の写し鏡といいますが、ゴミ屋敷化の背景には、社会構造の変化など、いくつもの課題が折り重なって現れているようにも見えます。

他人の目を意識しない女性

女性は本来、他人からどう見られているか、という点を強く意識するものですが、何かのきっかけで他人の目を意識しなくなると、一気にだらしなくなる女性の傾向があります。

ゴミ屋敷化もその一例かもしれません。
人と会う機会が少ない女性ほどゴミ屋敷になるリスクが高まります。
定期的に人と合う習慣を心がけるようにしましょう。

ゴミ屋敷と関連が高い女性の買い物依存症

ゴミ屋敷と関連が高い女性の買い物依存症

女性のゴミ屋敷問題と関連性の高い買い物依存症について、詳しい内容を以下、2つのポイントにて紹介します。

  1. 買い物依存症とは?なりやすい女性の特徴
  2. 買い物依存症の原因

買い物依存症とは?なりやすい女性の特徴

買い物依存症になりやすい女性には、以下の特徴が挙げられます。

● 生真面目な性格
● 虚栄心が強い
● 自分に自信がない

ストレスを溜めやすい生真面目な女性のストレス解消法として、買い物は最適です。虚栄心が強い女性の、承認欲求を満たすことにもつながります。
虚栄心の強さは、自分への自信のなさでもあります。
自分に自信が持てない女性も、買い物依存症に陥りがちです。

依存症について 厚生労働省WEBサイト

買い物依存症の原因

買い物依存症にまで発展してしまう根本的な原因は、幼少期の過ごし方など、個々の要因が考えられます。
しかし、便利になりつつもストレスを抱えやすい世の中の環境も要因の一つです。
考えられる要因を以下3点ピックアップしました。

  1. ストレスを溜めやすい社会
  2. クレジットカードやスマホ決済、簡単なキャッシング
  3. ネットショッピングの利便性向上

3つの要因は全て関連性があります。
日々の生活で溜まったストレスは、自宅にいながらにして利用できるネットショッピングで発散できます。
年々簡単になる決済方法によって、買い物依存症に陥ってしまうことも。

以前は買い物するために、わざわざ店舗に出向く必要がありました。
今では、物を買うまでの手順が大幅に簡略化されており、買い物依存症に陥る可能性も高くなっているのです。

忙しい仕事に就いている女性はゴミ屋敷になりやすい?

忙しい仕事に就いている女性はゴミ屋敷になりやすい?

ゴミ屋敷にしてしまう女性に多い職業は、看護師と言われています。
忙しく、生活リズムが不安定なことから女性のストレスも溜まりやすい仕事です。
忙しい仕事とストレスはセットになっていることが多くあります。

毎日忙しく働く女性は、1日の時間の中で部屋を片付ける時間を確保したほうがいいでしょう。
ほんの数十分でも、片付けの時間を確保するだけで、女性の極端なゴミ屋敷化を免れることができます。

ゴミ屋敷にしないために

ゴミ屋敷にしないために

ゴミ屋敷化を防ぐには日頃の心がけが重要です。
女性が日常生活を送る上での注意ポイントを4つピックアップしました。

  1. 生活習慣を改める
  2. 生活必需品以外の買い物を見直す
  3. ストレスの発散とメンタルケア
  4. 他人を自宅に招く

生活習慣を改める

忙しくて片付けの時間が取れない、片付けがおっくうでつい後回しにしてしまうという女性は、先に生活習慣の改善に取り組みましょう。
残業が多い場合減らす努力をする、無理な場合は転職を考える、シェアハウスや実家住まいを検討するなど、自分の行動をあらためるよりも、環境を変えるほうが効果が出やすいです。

ポイントは今の生活環境から脱却を図ること。
ちょっとした事がきっかけで、ゴミ屋敷化を防ぐことができるかもしれません。

生活必需品以外の買い物を見直す

つい余計なものまで買ってしまい、部屋が物で溢れてしまう場合、買い物の仕方を見直してみるのも効果的です。
生活に必要な物と、そうでない物の切り分けを行い、どうしても必要でない商品は、購入を再検討してみましょう。

本当に欲しい物や必要なものだけを買っていれば、深刻なゴミ屋敷化は避けられるはずです。
ひと月あたりの買い物の回数や、ルール決めは買いすぎ予防に効果的です。

ストレスの発散とメンタルケア

ゴミを捨てる気力もないくらいに気が滅入っているなど、メンタルが弱っているせいでゴミ屋敷化しているのであれば、まずは小さなことから状況を変えていきましょう。
毎朝カーテンを開けて陽の光を取り込む、外の空気を吸う、外にでて軽い運動をするなど少しの行動が、メンタル改善に役立つかもしれません。

どうしても気が晴れない場合、病気の可能性もあります。
病院での診療も重要な転換点です。
カウンセリングを受けるだけでも、気分が軽くなることも十分に考えられます。

メンタルヘルスについて 厚生労働省WEBサイト

他人を自宅に招く

自宅を完全なプライベートスペースにしてしまうと、ゴミが散乱しがちです。
できれば数ヶ月に1回でも良いので、他人を家に招く習慣をつけるとよいでしょう。

誰かが家にくるとなると、少なからず片付けの意識が芽生えるはずです。
些細な意識の変化は案外大事なもので、人を招く習慣をきっかけにゴミ屋敷化が止まった、という事例もあります。
どうしても他人を自宅に招きたくない、という人でなければ挑戦してみる価値はあります。

ゴミ屋敷の片付け方法は?基本は自力か業者依頼

ゴミ屋敷の片付け方法は?基本は自力か業者依頼

女性のゴミ屋敷のリスクを回避するためには、いち早く片付けてしまうのが一番です。
とはいえ、どうにかしたいと思いつつも、どこから手をつけたらいいのかわからない、ということもあるでしょう。
女性のゴミ屋敷の片付け方法について、以下3つの方法を紹介します。

  1. 自分で対応できるかの判断を行う
  2. 家族や友人に手助けを求める
  3. 内緒に対応したい場合は業者へ

自分で対応できるかの判断を行う

女性のゴミ屋敷化している範囲が自分の部屋だけや、ワンルームマンションの一室など、対応エリアが狭い場合は、自分で対応できないか検討してみましょう。
ゴミ屋敷が複数の部屋にまたがっている場合、狭いエリアを一つづつ片付けて達成感を得るように自分で仕向けていくことがポイントです。

大掃除をする前の日に、噴霧タイプの殺虫剤を撒いて害虫を退治したあと、片付けに移行しましょう。
捨てることに慣れるため、明らかに入らないものを片っ端から片付けていきます。
迷うものを残すと、そもそもの量が減りません。
迷ったら捨てる程度の心がけがちょうど良いかもしれません。

家族や友人に手助けを求める

自分一人での片付けが難しい場合、友人や家族に手伝ってもらいます。
一人でできない片付けも誰かの手助けがあればすんなり進むこともあります。
ゴミ屋敷の片付けは大仕事なので、友人や家族であってもいくらかの謝礼はするようにしましょう。

内緒に対応したい場合は業者へ

自分一人で片付けるのは到底無理だけど、友人や家族にはゴミ屋敷化したことを知られたくない、という場合、清掃業者へ依頼する手段もあります。

女性のゴミの範囲が広い、家の外にまでゴミがあふれている、もはや水回りが使えない、という場合は、清掃業者へ依頼したほうが良いでしょう。
男性のスタッフに抵抗がある場合、女性スタッフを指名できる業者を選ぶこともできます。
同性のスタッフが対応してくれれば安心感を得られるでしょう。

まとめ

ゴミ屋敷にしてしまう人の割合は、案外女性の比率が多め

ゴミ屋敷にしてしまう人の割合は、案外女性の比率が多めです。
ゴミ屋敷化の背景には、ストレスが溜まりやすい社会、ネットショッピングや電子決済の普及により買い物が簡単にできるようになった、などの理由が挙げられます。

ゴミ屋敷は社会問題の一つでもあります。
誰にでもありうることとして考えておく必要があります。
ゴミ屋敷化のきっかけは多くの場合、環境の変化によるものです。
メンタルへ及ぼす心身的なダメージは、無気力化を招きます。
メンタルの調子が悪いと感じたら、自発的な調整も忘れずに行うことが重要です。

あなたにおすすめの新着記事