ブログblog

ゴミ屋敷清掃の見積もり額を決める基準や安く抑える方法


ついつい溜め込んでしまったゴミ袋の数々…。

キレイに一掃して、住みやすい生活を取り戻したいですよね。

 

自身の手を煩わさずに、すぐにゴミを片付けてもらってキレイな部屋を取り戻すにはゴミ屋敷清掃業者に依頼をするのが1番です。

 

しかし、1つ気になるのがゴミ屋敷清掃業者に依頼した時にいくら料金がかかるかです。

予想していたよりも余りに高額だと支払いができないことも考えられます。

そういった事態を防ぐためにも、まずは依頼を検討する業者に見積もりを出してもらいましょう。

 

当然ながら、実際に支払う金額が見積もりよりも安くなることはそうはありません。

つまり、見積もりをどこまで下げられるかが最終的に支払う金額に影響してくるのです。

 

そこで、今回は、

  • ゴミ屋敷清掃の見積もり額を決める基準
  • 見積もりを安くするために取り組める方法

をお伝えしていきます。

 

少しでも支払う金額を押さえたいという方は是非参考にしてみてくださいね。

ゴミ屋敷清掃 見積額 ブログ01

ゴミ屋敷清掃の見積もりの種類

 

まずはゴミ屋敷を清掃する際にどのようにして見積もりを算出しているのかを見ていきましょう。

 

ゴミ屋敷清掃の見積もりには、

  • 概算見積もり
  • 現地見積もり

といった2種類があります。

 

それぞれどう違うのか、見積もりの種類について説明していきます。

 

概算見積もり

 

「概算見積もり」とは、大まかに計算した見積もりのことです。

ゴミ屋敷の状況が分かる写真を見ることで、大体の額を算出することなどを指します。

 

ゴミ屋敷清掃業者の中には、この「概算見積もり」に対応をしていて、ゴミ屋敷の各部屋の写真を撮って、メールやLINEなどに添付して送ることで簡易的な見積もりをしてくれるところもあります。

 

「概算見積もり」をしてくれるところを探し、数社に事前に概算見積もりをしてもらえば数あるゴミ屋敷清掃業者の中から依頼する業者の候補を絞ることができます。

 

現地見積もり

 

「現地見積もり」は、スタッフが現地に赴き、実際に現場を見て出す見積もりのことです。

基本的には、現地見積もりは無料でしてもらえます。

しかし、依頼するゴミ屋敷清掃業者が悪徳業者の場合、見積もり費や出張費などを請求される場合があるので、「現地見積もり」を依頼する場合は事前に費用が発生しないかどうかを確認しておくと安心でしょう。

 

見積もりを出してもらっても、料金に納得できなかった場合は、もちろんキャンセルも可能です。

そのため、気になるゴミ屋敷清掃業者を見つけたら、気軽に現地見積もりを依頼し、信頼できそうなところを探してみることをおすすめします。

 

ゴミ屋敷清掃の見積もり額の基準とは?

ゴミ屋敷清掃 見積額 ブログ02

ゴミ屋敷清掃の見積もり額は、どのようにして決められるのでしょうか。

ここでは、ゴミ屋敷清掃の見積もり額を決める基準について説明していきます。

部屋の間取りや広さ

 

ゴミ屋敷清掃にかかる費用は部屋の広さなどによって異なります。

部屋が広ければ広いほど、溜まっているゴミの量も多いことが想定されるからです。

 

以下は例として、ゴミ屋敷清掃業者である弊社「ゴミ屋敷バスター七福神」の片付けをするゴミ屋敷の間取りごとの料金表です。

 

1R/1K

30,000円~

1DK

50,000円~

1LDK

80,000円~

2DK

110,000円~

2LDK

140,000円~

3DK

170,000円~

3LDK

190,000円~

4DK

220,000円~

4LDK

240,000円~

 

上記の金額はあくまで目安ですが、このように間取りが広ければ広いほど、料金も高くなっていきます。

このように、ゴミ屋敷清掃はまず1つに「部屋の間取り」によっておおよその料金が出てきます。

 

しかし、ゴミ屋敷といっても、その状況はそれぞれ異なります。

足の踏み場に困る程度なのか、部屋の天井までゴミが積み上げられているような状況なのかなど、

状況によっても価格が異なるので、そのためにも「現地見積もり」は大切となってきます。

必要な作業人員

ゴミ屋敷清掃 見積額 ブログ 1

なぜ間取りが広くなるほど料金も高くなるのかというと、その理由は部屋の広さに付随するゴミの量だけではありません。

部屋が広くなるほど、作業人員が必要になるので、それに伴い料金も高くなっていきます。

 

目安としてはスタッフ1名あたり1万円~1.5万円とされています。

依頼する業者によってこの辺りの料金は異なってきますが、作業人員が増える程、その分の人件費がかかるということは知っておいた方がいいでしょう。

回収するゴミや不用品の量

 

同じ間取りでも、回収するゴミや不用品の量が多ければ、見積もり額は高くなります。

部屋の間取りや広さではなく、ゴミを回収するトラックの量で金額を出す業者もあります。

 

よくあるトラックのサイズによる片付け費用の目安が、

 

軽トラック1台あたり

30,000〜40,000円

2トントラック1台あたり

50,000〜80,000円

 

となります。

部屋が狭くてもゴミの量が多ければ費用は高くなってしまうこととなります。

建物の条件によって高くなることも

 

ゴミ屋敷清掃の見積もり額は、建物の条件によっても変わることがあります。

具体的には、

  • 高い階層に住んでいる
  • エレベーターのないところに住んでいる
  • 部屋から駐車場まで距離がある

上記の条件に当てはまる住宅は、見積もり額が高くなる傾向にあります。

 

ゴミ屋敷清掃業者は作業をする際、住宅の前にトラックなどの回収用の車を停めます。

そして、スタッフはこの車へとゴミや不用品を運搬することとなります。

 

つまり、作業する場所が一軒家であれば、住宅の前にトラックを停められれば、ゴミや不要品の運搬にそれほど手間はかかりません。

しかし、エレベーターのない団地の5階などに住んでいた場合や、駐車場が離れた場所にある場合、そこまでゴミや不要品を運んでいく必要が出てくるのでスタッフの手間は一気に増えてしまいます。

 

その分、作業時間や作業工程が増えることとなるので、上記に挙げたような条件の住宅に住んでいる場合は、見積もり額も高くなってしまうでしょう。

 

ゴミ屋敷清掃の見積もり額を安くする3つの方法

ゴミ屋敷清掃 見積額 ブログ04

ここまでのご説明で、ゴミ屋敷清掃の見積もり額を決定する大まかな基準がお分かり頂けたのではないでしょうか。

 

ここからは、ゴミ屋敷清掃の見積もり額を少しでも安くするためのコツを3つ説明していきます。

1つずつ解説をしていくので、取り入れられそうなところは是非取り入れてみてくださいね。

相見積もりをとる

ゴミ屋敷清掃 見積額 ブログ 2

業者に何かを依頼する際は、1箇所だけで依頼する業者を決めず、複数の業者の間で「相見積もり」を取るのが鉄則です。

「相見積もり」を取ることで、それぞれの業者の見積もり額が分かるので、作業料金の安い業者を選べます。場合によっては他の業者に出てきた他社の見積もり表を見せて、値段交渉をすることも可能です。

 

ただし、「安い」と思ってすぐに飛びつくのは危険です。

しっかりと見積もり表を見て、作業内容がどこまで含まれているかを確かめましう。

見落としていた作業工程があり、追加していくうちに、思っていた以上の金額となってしまうことも珍しくありません。

 

中にはこういった見落としを狙って、わざと安い見積もり表を作り、後から追加請求をしてくる悪徳業者もいます。

こういった被害に遭わないためにも、最低3社からは見積もりをもらい、よく見比べてどこがお得なのかなどをしっかりと確認していきましょう。

買取りをしている業者に依頼する

ゴミ屋敷清掃 見積額 ブログ 3

部屋を見回してみると、まだ使えそうなものが見つかることもあると思います。

特に場所を取るような大きなものでまだ使えそうなものはないかよく確かめてみてください。

まだ使えそうなものや高く売れそうなものは、ネットオークションやフリマアプリで買い取りに出すと、ゴミの回収料金削減にも繋がっていきます。

 

また、ゴミ屋敷清掃業者の中には、買取り可能な家具や家電を買い取ってくれるところもあります。

買い取ってもらった家具や家電の料金は、作業料金から引いてもらえるため、最終的な料金が安くなることがあります。

 

料金が少しでも安くなる可能性があるので、買い取りサービスも行っている業者に依頼をするのがおすすめです。

省けるという点でもおすすめです。

自分でも片付けをしてから依頼する

ゴミ屋敷清掃 見積額 ブログ 4

ゴミや不要品の量が多ければ多いほど、回収費用がかさんできます。

従って、料金を抑えるためには、ゴミ屋敷清掃業者に依頼する前に、可能な限り自分でもゴミや不要品を処分しておくといいでしょう。

 

所属している自治体のゴミの回収日を確認して出せるものはなるべく出しておきましょう。

面倒だと感じるかもしれませんが、少しでも減らしておくと、費用面での負担を押さえることに繋がります。

 

業者に頼むメリット・デメリット

ゴミ屋敷清掃 見積額 ブログ 5

自分で少しずつでもゴミを出せるなら業者に頼まなくてもキレイに片付けられるかもと考える方もいるかもしれません。

もちろんそれができたら1番いい解決法だと思います。

 

しかし、長年の習慣で作り出してしまったゴミ屋敷を自力で解決しようとするのは相当な覚悟がないと難しいことだと考えられます。

 

ここではゴミや不要品の回収をゴミ屋敷清掃業者に依頼することで出てくるメリットとデメリットをまとめていきます。

 

業者に頼むメリット

ゴミ屋敷清掃 見積額 ブログ 6

まずは業者に頼むメリットから見ていきます。

 

短時間でキレイにしてもらえる

 

片付けに来てくれるゴミ屋敷清掃業者は、たくさんの同じような現場をキレイにしてきた経験を持つプロの方たちばかりです。

現場の状況を見極めて、効率的に数時間で部屋の中のゴミを片付けていってくれます。

 

部屋の掃除をしていると「これは何ゴミだろう?」と迷う場面も多いかとは思いますが、そういったゴミの分別も全て業者にお任せできるので、何の準備もしなくても部屋をキレイにしてもらえます。

 

部屋の清掃や消毒もしてもらえる

 

これは依頼する業者にもよりますが、多くの場合ゴミの片付けと一緒に部屋の掃除も行ってもらえます。

ヘドロだらけの水回りや害虫の死体などもキレイに片付けて、必要であれば消毒などもしてもらえます。

 

せっかく部屋のゴミがなくなっても、水回りや床が汚いままだとゴミがない状態を保とうという意欲も起こりにくくなるでしょう。

しかし、入居したてのようなピカピカの状態に復元してもらえたら、気持ちを入れ替えて部屋をキレイに使っていこうという意欲も生まれやすくなります。

 

これは業者に依頼したならではのメリットなので、非常に大きい付加価値だと思います。

 

業者に頼むデメリット

 

続いて業者に頼むデメリットも見ていきましょう。

 

費用がかかる

 

業者に依頼をするのであれば、当然費用がかかってしまいます。

ここまでにまとめてきたように、片付けを行う部屋数や出たゴミの量によって料金は変わりますが、作業範囲が一軒分と想定すると、30万円程度の費用は少なくてもみておく必要があります。

 

ゴミの量によって値段が前後することは考えられますが、それでも約30万円程度はかかることが想定されるので、金銭的に余裕が求められることとなります。

 

業者に依頼する際の注意点

ゴミ屋敷清掃 見積額 ブログ 7

ゴミ屋敷清掃業者は全国に数百社あるといわれており、残念ながらその全てが優良業者とはいえない現状があります。

回収した不用品やゴミを山林などに不法投棄する悪徳業者がいると、その責任は荷物の所有者であった依頼者に問われてしまうため、お金を払ってゴミ屋敷を解決してもらったはずが、思わぬトラブルに巻き込まれてしまったという被害が多発しているのです。

 

そんな悪徳業者に引っ掛からないためにも、優良業者かどうかを見分けるためのポイントを3つ紹介していきます。

訪問見積もりに応じてくれる

 

訪問見積もり、つまり「現地見積もり」に応じてくれるかどうかをまず確かめます。

依頼したい部屋の状況を正確に把握してもらうためにも「現地見積もり」は欠かせません。

訪問見積もりを嫌がったり、応じてくれない業者は、当日作業を行う際に想定外の費用を請求してくる場合もあります。

 

まずは見積もりを出してくれるところを、そして見積もりの内容に漏れがないかどうかも確認するようにしていきましょう。

ホームページに明確な料金体系がある

 

作業費用がいくらなのか概算でもホームページに掲載されているかを確認します。

大体の業者は間取り別の料金を掲載していますが、中には掲載されておらず、料金体制のイメージが掴めないところもあります。

 

そういった業者は不当に高額な価格を請求してくることがあるので、気を付けてください。

複数の業者と相見積もりを取って、信頼できる業者を見つけましょう。

 

まとめ

ゴミ屋敷清掃 見積額 ブログ 8

家がゴミ屋敷となってしまった際に、ゴミ屋敷清掃業者を利用すればあっという間にキレイな状態へと戻してもらえます。

しかし、業者に頼むということは当然ながら費用が発生してきます。

回収してもらうゴミや不要品の量が多ければ多いほど、金額は高くなるので、回収してもらう量をどれだけ抑えられるかがポイントとなるでしょう。

 

今回ご紹介したように、

  • 複数の業者間で相見積もりをとって、安いところに依頼する
  • 家具や家電などの買取りをしている業者に依頼する
  • 自分でも片付けをしてから依頼する

など、工夫をして、少しでも費用が安くなるよう実践してみてくださいね。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=