ブログblog

ゴミ屋敷ではどうやって生活している? ゴミ屋敷での暮らしとは


断捨離やミニマリストがブームになる一方で、モノやゴミの中に埋もれて暮らしている人たちがいます。
テレビ番組などでよく見かける「ゴミ屋敷」。
室内どころか、家の外にまでもゴミがうず高く積まれ、ものすごい状態になっています。
でも、この中で生活をしている人がいるのです。
ゴミ屋敷で生活している人は、どんな人なのでしょうか。
また、ゴミ屋敷での生活や暮らしは、一体どのようなものになるのでしょうか。

ゴミ屋敷でどうやって生活する

ゴミ屋敷住人の生活ぶりとは?

ゴミ屋敷で生活するどうする?

まず最初に、ゴミ屋敷で暮らしている人に多い生活ぶりを見ていきましょう。

生活するスペースだけはある

多いのが、1部屋、または住居の一角など、生活できるスペースだけは残し、そこ以外は入れない状態のゴミ屋敷です。

こういった場合、居住スペースは比較的片付いているのが特徴です。
テレビなども置いてあり、トイレや玄関から近い居住スペース周辺で、大体の生活ができるようになっていることが多いようです。
ゴミというよりは、とにかく物が多いパターンです。
必要以上に物が多いためにこれらが増えて居住スペースが圧迫されていき、最後に最小限の居住スペースが残るというわけです。

ゴミの中で暮らしている

さらに物やゴミが増え、堆積したゴミや不用品の上で生活を送っているパターンもあります。
これが、一般的に「ゴミ屋敷」といって思い浮かべる状態ではないでしょうか。
堆積したゴミの量は人それぞれで、50センチほどの家もあれば、天井まで積み上がっている家もあります。

普通の家で生活している人には理解できませんが、実は、ゴミ屋敷の住人本人は、その状況に慣れてしまい、特に不自由とも思わずに、ゴミの上を普通に歩いたり、ひどい時は這ったりして移動し、生活しているパターンが多いようです。
1メートル以上もゴミが積まれていても、普通にその上で生活している人もたくさんいます。
このような場合、本人はゴミを「ゴミではない」と認識していることも多く、ますます蓄積されていくのです。

ゴミ屋敷で暮らす人の生活とは?

どうやってゴミ屋敷で生活する

では、実際にゴミ屋敷で暮らしていた人たちの実例を見ていきましょう。

60代男性

60代後半の独身男性が住む、都内高級住宅地の一軒家。
玄関周辺には膝の高さまで、チラシや郵便などの紙ゴミが積もっていました。
かと思えば、なぜかゴミの中から20台ほどの電動草刈り機や40本近くの傘が出てきました。

トイレにはゴミが散乱して使うことができず、尿の入った灯油缶やペットボトルが・・・。
浴室の浴槽もゴミで埋まり、とても使える状態ではありません。
キッチンも同様で、シンクは使用済みのお皿だけでなく、食べかけのインスタントラーメンや飲みかけのペットボトル、空き缶・空き瓶があふれていました。

ゴミで埋まっているのは一階だけではありませんでした。
男性は主に二階で生活していましたが、室内には、もはやいくつあるかわからないペットボトル飲料や食品の山が・・・。
さらに、室内の半分はゴミで埋まり、異様な臭気の中、この男性はその上に布団を敷き、寝起きしていました。

70代女性

この女性のお宅には、とにかくたくさんのゴミ袋が積まれていました。
キッチンも6畳の部屋も、床は見えません。
ゴミがむき出しで置いてあるわけではないのですが、あらゆる物がゴミ袋に入れられ、ゴミ袋の上にしか立てないような状態になっていました。

トイレやバスルームは、ゴミ袋が積み上げられているためにドアを開けることができず、使えなくなっていました。

ゴミ袋の中身は、普通のゴミだけでなく、普段から使っているバッグなども入っており、ゴミ袋に物を入れることが、この女性なりの「片付け」だったのかもしれません。
しかし、このような「片付け」で家がきれいになるはずもなく、ゴミ袋を動かすと、ゴキブリがサーッと出てきます。

空気が通りにくいため、ゴミ袋に入っている荷物にはカビが生えてしまっています。
そして、トイレが使えないために、便を詰めた袋も大量に出てきたそうです。
この家では、水道だけでなく電気も止まり、2年以上も水と電気が使えない状態で生活していました。

60代女性

玄関を開けると、すぐ目の前に人が横になっていました。
住人は、どんどん増えていく不用品の山に押し出されて、玄関の1畳ほどのスペースしか生活空間がなくなってしまったのです。
女性の後ろは不用品の山が天井まで積もり、それ以上、中に入ることはできません。
見かねた近所の人が遠方へ嫁いだお子さんに連絡し、ゴミ屋敷状態が発覚したそうです。

80代男性

住人は、ある大企業に勤め上げ、リタイアされた人だそうです。
この男性は、会社で部署異動や役職が変わるたび、新しい名刺に年度を記入した付箋をつけ、きれいにファイリングしていました。

名刺のファイリングだけなら珍しいことではないかもしれません。
しかし、この男性は、ネクタイや替えボタン、果ては会食で利用した飲食店の箸袋まで整理していたのです。
空箱を利用して、付箋に品目を書き、年代によって番号までつけられ、きれいに並べられていました。
さらに台所には、空いた豆腐のパックがきれいに洗われ、何十個と積み重ねてありました。
空き瓶や空いたペットボトルは洗い、透明なケースに収納されていました。
洗われているため、害虫などの発生はありませんでしたが、とにかく物が多く、異様な雰囲気だったようです。

20代女子大学生

ゴミ屋敷の住人は、高齢者だけではありません。
小さな学生アパートに住んでいる20代の女子学生の家は、ドアを開けると、1メートル以上積もったゴミが目に飛び込んできました。
ゴミは玄関から部屋の奥まで埋めつくし、電気もガスも使えない状態に。
住人は、異臭の漂う部屋で懐中電灯を頼りに暮らしていたそうです。

これではいけないと一念発起した住人は、片付け業者に依頼することにしました。
しかし、あまりのゴミ屋敷っぷりに、その作業代は高額に・・・。
親からの仕送りで暮らす学生のため、手持ちの金はわずかしかなく、業者に問い合わせても何軒も断られてしまいました。
「今度断られたら、もう死ぬしかない」とまで思いつめましたが、なんとか業者を見つけ、ゴミ屋敷から脱出したそうです。

ゴミ屋敷のリスクとは?

どうやってゴミ屋敷で生活するのか

ゴミ屋敷は、非常な悪環境です。
ゴミ屋敷に住むことにはどんなリスクがあるのか、まとめてみました。

病気・ケガ

ゴミが大量に溜まることで、ゴキブリなどの害虫、ネズミなどの害獣は病原菌を持っており、感染症など身体に悪影響を与えます。
また、風通しが悪く、掃除もしないため、室内にはホコリがたまり、カビが生えます。
このような中で生活していると、呼吸器や内臓の疾患、皮膚病や眼病などを発症する恐れがあります。
また、キッチンもゴミで埋まって満足な調理ができなくなると、栄養が偏り、成人病にかかるリスクも高まります。

また、高く積まれたゴミの山は、非常に不安定です。
地震が起きた時や、ちょっとしたバランスを崩した時、積み上げられたゴミが倒れるとかなりの重量になるため、居住スペースの少ないゴミ屋敷で生活している住人は下敷きになるリスクが非常に高いと考えられます。
不要な家電などが溜め込まれている場合は、さらに命の危険が高まるでしょう。
そこまでのケースではなくても、移動するスペースがないため、ものにつまづいて転び、ケガを負うことも考えられます。

家屋の腐食・損傷

掃除が行き届かず、風通しも悪い家は、どんどん傷みます。
カビが生え、シロアリなどが発生することで、傷んでいくのです。
このような状態になると、地震などに非常に弱い建物となってしまいます。

また、もし大きな地震が発生した場合、積み上げられたゴミの重量に耐え切れず、家屋そのものが倒壊するケースも考えられます。
この場合、隣の家屋にも被害を与えることになりかねません。

火災発生

ゴミの腐敗、ゴミの中の化学物質の反応による自然発火などにより、火災が発生する危険性があります。
また、コンセントにホコリや湿気が溜まったり、ネズミが電気コードをかじったりすることで電気がショートし、火災が発生することもあります。
ゴミ屋敷には、家中に可燃物が堆積しているようなもの。
ちょっとした火でもあっという間に広がり、大火災につながる危険性が非常に高いと言えるでしょう。

また、ゴミ屋敷は、放火による火災発生のリスクも高まります。
特に、家の外までゴミが積まれているような家は、放火犯の格好の獲物になるでしょう。

近隣への悪影響

害虫や害獣の発生、また、ゴミから放たれる悪臭が、近隣へ悪影響を与えます。
また、家屋の倒壊や火災の発生は、近隣に多大な迷惑をかけることになってしまいます。

まとめ

ゴミ屋敷でどう生活することができる?

ゴミ屋敷にはデメリットしかありません。
ゴミ屋敷に住む人には、それぞれの理由があり、そこに至る経緯もあります。
だからと言ってそのまま放置していれば、ゴミは増える一方ですし、年々、命の危険が高まることになるのです。
誰しも、片付けは面倒なものです。
でも、もし「最近、掃除してないな・・・」と感じたら、少しずつでもいいので、片付けを始めましょう。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=