ブログblog

ゴミ屋敷が火事になりやすい3つの原因!実際のケースや対処法も


ゴミ屋敷に住むことは、常に危険と隣合わせだということをご存知でしょうか?

ゴミ屋敷は、一般住宅と比べて火事が起きやすいため、住人はそこに住み続けることで、命を落としてしまう危険すらあります。

 

今ゴミ屋敷に住んでいる方の場合、火事が起きるリスクを考えて、解決に向けて動き出す要因の一つになれれば幸いです。

今回は、ゴミ屋敷で火事が起きやすい理由や原因、実例から、火事が起きた場合のリスクや対処法についてまで、説明していきます。

 

ゴミ屋敷で火事が起きやすい理由

ゴミ屋敷 火事 ブログ 01

通常の住宅と比べて、ゴミ屋敷で火事が起きやすい理由は、主に以下2点です。

 

  • 可燃物が多いため、火が燃え広がりやすい
  • 放火のターゲットにされやすい

 

宅内にゴミが大量にあるということは、可燃物もたくさんあるということです。

 

ゴミや物が少なければ、仮に火が出ても、燃え広がる前に消し止められるかもしれません。

しかし、ゴミ屋敷では、1つのゴミに火が付けば、周りのゴミに燃え移っていき、あっという間に、住宅全体に燃え広がってしまいます。

 

結果的に、一般的な住宅なら、ぼやで済むようなケースでも、ゴミ屋敷では、大規模な火災に発展する危険があるのです。

 

もう1つ、ゴミ屋敷は、放火のターゲットにされる危険も高くなります。

可燃物が多く、それだけ燃えやすいゴミ屋敷は、放火犯にとって、格好のターゲットになる可能性があります。

 

ゴミ屋敷で火事を引き起こす3つの原因

ゴミ屋敷 火事 ブログ 02

ゴミ屋敷で火事の原因になるものは、主に以下の3つです。

 

  • たばこやこんろの火の不始末
  • 放火によるもの
  • トラッキング現象によるもの

 

ここでは、それぞれの原因について、説明していきます。

 

ゴミ屋敷が火事になる原因①たばこやこんろの火の不始末

ゴミ屋敷 火事 ブログ 03

火災の出火原因で特に多いのが「たばこ」、建物火災で特に多いのが「こんろ」です。

 

画像出典:消防庁「令和2年(1~12月)における火災の概要(概数)

 

消防庁のデータによれば、令和2年に発生した火災のうち、建物以外も含む全火災ではたばこが、建物火災ではこんろが、最も多い出火原因になっています。

 

たばこを吸う人は、住宅内でのたばこの火の不始末に気をつけたいところですが、ゴミ屋敷に住んでいる場合、自分が気をつけるだけでは済まないケースもあります。

 

例えば、ゴミが住宅内に収まりきらず、屋外にまではみ出しているケースがあります。

この場合、通行人が火のついたタバコをポイ捨てすることで、ゴミに引火して、火事になるリスクがあります。

 

ゴミ屋敷が火事になる原因②放火によるもの

ゴミ屋敷 火事 ブログ 04

先ほど説明したとおり、ゴミ屋敷は放火犯に狙われやすくなっています。

放火にあうなんて考えられないと思う方も多いかもしれませんが、火事の原因が放火であるケースは決して少なくありません。

 

画像出典:消防庁「令和2年(1~12月)における火災の概要(概数)

 

消防庁のデータによれば、令和2年に発生した建物火災での放火の件数は1,121件、放火の疑いの件数は587件です。

これらの件数を合計すれば、放火が原因の火災は、こんろとたばこに次いで多くなっています。

 

ゴミ屋敷が火事になる原因③トラッキング現象によるもの

 

通常の住宅であれば、それほど発生リスクは高くないものの、ゴミ屋敷の場合、「トラッキング現象」による火災のリスクも見過ごせません。

トラッキング現象とは、コンセントと電源プラグの間にほこりが溜まり、ほこりが湿気を吸収することで漏電し、発火する現象です。

 

ゴミ屋敷では、コンセント内にほこりが溜まりやすく、ゴミに埋もれて湿気も発生しやすくなるため、通常の住宅に比べて、トラッキング現象が起きやすいと言えます。

 

ゴミ屋敷で火事が発生した実例

ゴミ屋敷 火事 ブログ 05

過去には、ゴミ屋敷で、複数の建物が全焼したり、人が死亡したりするなどの大規模な火災が発生したこともあります。

ここでは、ゴミ屋敷で起きた火災の実例について、紹介していきましょう。

 

神奈川県平塚市のゴミ屋敷火災で計7棟が被害

 

2020年12月3日、神奈川県平塚市にある木造2階建てのゴミ屋敷で、火災が発生しました。

住人である70歳(当時)の男性が、ライターでガスコンロに火を付けようとして、近くのビニール袋に引火したのが、出火の原因です。

 

ゴミ屋敷に住んでいた男性のほか、その隣に住む80代の女性が、消防隊によって救出されました。

火事を起こした男性は、顔にやけどを負ったようです。

 

消火活動時、火災が起きた地域では強風注意報が発令されており、鎮火までに11時間かかるほど、消化活動は難航しました。

 

火は強風によって燃え広がり、周囲の建物6棟に延焼しました。

ゴミ屋敷を含め、計7棟が焼け、うち3棟は全焼しています。

 

福島県郡山市のゴミ屋敷火災で住人が死亡

 

2016年10月11日、福島県郡山市にある木造平屋建てのゴミ屋敷が全焼する火災が発生しました。

焼け跡からは、ゴミ屋敷の住人と見られる74歳(当時)の男性の遺体が発見されています。

 

出火の原因は、明らかになっていません。

 

火災を起こした住宅は、以前からゴミ屋敷として有名だったようで、郡山市には苦情が寄せられていました。

これを受けて、郡山市によって「行政代執行(行政による強制的なゴミの撤去)」が実施され、大量のゴミが回収されました。

 

しかし、住人男性は、強制撤去後も再びゴミを集めるようになり、ゴミ屋敷に逆戻りしました。

その結果、火災が起き、命を失うという最悪のケースを招いてしまいました。

 

ゴミ屋敷で火事を起こした場合の4つのリスク

ゴミ屋敷 火事 ブログ 06

ゴミ屋敷に住んでいて、火事を起こしてしまえば、住人には以下4つの重大なリスクがあります。

 

  • 逃げ遅れて命を落とすリスク
  • 住居や家財を失うリスク
  • 延焼により近隣住民に被害を及ぼすリスク
  • 賠償責任を負うリスク

 

ここでは、それぞれのリスクについて、説明していきましょう。

 

逃げ遅れて命を落とすリスク

 

1つ目は、在宅中に火事が起きたとき、逃げ遅れて命を落としてしまうリスクです。

 

出火原因が放火やトラッキング現象によるものであれば、寝ている間に火事が起きる危険があります。

寝ている間に火事が起きれば、目を覚ましたときには、火が燃え広がっていて、逃げられないという事態も十分考えられるでしょう。

 

起きているときに火事が起きても、ゴミ屋敷は、ゴミや不用品が障害物となって、外まで逃げるための導線がふさがっています。

 

つまり、ゴミ屋敷には、火事が起きやすいだけでなく、火事が起きたとき、逃げるのが難しいという弊害もあるのです。

運良く逃げられたとしても、やけどや大けがを負うリスクは高いと言えるでしょう。

 

住居や家財を失うリスク

 

火事が留守中に起きたり、在宅中でも外まで逃げたりできれば、命を落とさずに済むかもしれません。

しかし、この場合も別の大きなリスクが立ちふさがります。

 

それは、住居や家財を失うリスクです。

火災保険に入っていない状態で、火事を起こせば、失った住宅や家財を補填するための補償が受けられません。

 

火事が起きても、損失を受けないために、火災保険に加入するのは重要です。

しかし、命を落とす危険もあるので、まずはゴミ屋敷を解消するのが先決だと言えるでしょう。

 

延焼により近隣住民に被害を及ぼすリスク

ゴミ屋敷 火事 ブログ 07

火事が起きたとき、被害を受けるリスクがあるのは、ゴミ屋敷の住人だけではありません。

ゴミ屋敷の近くに住む人たちも、延焼によって、被害を受けるリスクがあるのです。

 

実際に、神奈川県平塚市のゴミ屋敷で起きた火事では、周囲の建物6棟が巻き添えになっています。

 

近隣住宅にも被害が及んだ場合、他人の住居や家財を燃やしてしまうだけでなく、最悪の場合、命まで奪ってしまう危険があります。

自分がゴミ屋敷に住んでいることが原因で、関係のない、他の人の命を奪うことは、あってはなりません。

 

賠償責任を負うリスク

 

火事の延焼によって、近隣住宅に被害が及んだ場合でも、重大な過失がなければ、火事を起こした当人に責任は発生しません。

しかし、例えば寝たばこをしていたなど、重過失が認められれば、損害賠償の支払いを命じられる可能性もあります。

 

さらに、火事によって人の命を奪えば、失火罪や過失致死罪に問われる可能性もあるのです。

 

ゴミ屋敷で火事を防ぐための対処法

ゴミ屋敷 火事 ブログ 08

現在、ゴミ屋敷に住んでいる人が、火事を起こさないようにするためには、以下4つの対処法があります。

 

  • 火を極力使用しないようにする
  • コンセントの近くに可燃物を置かない
  • 家の外にあるゴミや不用品を片付ける
  • 宅内のゴミや不用品を片付ける

 

ここでは、各対処法について、説明していきます。

 

ゴミ屋敷で家事を防ぐ方法①火を極力使用しないようにする

ゴミ屋敷 火事 ブログ 09

火事を起こさないためには、宅内で極力火を使わないようにするのが有効です。

少なくとも、火の不始末が原因の火事は、火を使わないことで防げます。

 

出火原因で特に多い、たばこやこんろには、火を使わないタイプもあります。

 

たばこなら、紙巻きではなく、電子たばこを吸うようにする。

こんろなら、ガスをIHに変えることで、火の使用を防げます。

 

ゴミ屋敷で家事を防ぐ方法②コンセントの近くに可燃物を置かない

ゴミ屋敷 火事 ブログ 10

トラッキング現象が原因の火事を防ぐためには、コンセントの近くに物、特に可燃物を置かないようにするのが効果的です。

 

トラッキング現象が起きたとき、近くに可燃物があれば、火が燃え移ってしまいます。

そうならないためにも、まずはコンセント周りの物だけでも、片付けるようにしましょう。

 

あわせて、ほこりがコンセントの中に入らないよう、コンセントの周辺を掃除しておくとベターです。

 

ゴミ屋敷で家事を防ぐ方法③家の外にあるゴミや不用品を片付ける

ゴミ屋敷 火事 ブログ 12

ゴミや不用品が住宅内に収まりきらず、屋外にまではみ出している状態のゴミ屋敷は、特に危険です。

庭や敷地外の道路にはみ出したゴミに引火すれば、そこから住宅までのゴミが導火線となり、家が火事になってしまいます。

 

放火犯からすれば、火を放つうえで、住宅まで近づく必要がないため、犯行も容易になるかもしれません。

 

ゴミ屋敷に住んでいて、家の外にまでゴミがはみ出している状態の人は、火事を防ぐためにも、屋外のゴミを優先的に片付けるようにしましょう。

 

ゴミ屋敷で家事を防ぐ方法④宅内のゴミや不用品を片付ける

ゴミ屋敷 火事 ブログ 11

ゴミ屋敷に住んでいる人が火事を起こさないために、一番有効なのは、ゴミ屋敷を解消することにほかなりません。

 

ゴミ屋敷さえ解消すれば、火の不始末があっても、燃え広がる前に消化しやすくなります。

もし、燃え広がってしまっても、玄関までの導線をふさぐ障害物がないぶん、外に逃げられる確率も高くなります。

 

また、ゴミ屋敷を解消すれば、通常の住宅に比べて、放火犯に狙われる確率も低くできるでしょう。

そのため、火事の発生を防ぎたいなら、ゴミや不用品を片付けて、ゴミ屋敷を解消することが重要です。

 

火事を防ぐために!ゴミ屋敷を解消する方法

ゴミ屋敷 火事 ブログ 13

ゴミ屋敷を解消するには、以下2つの方法があります。

 

  • 自分でゴミ屋敷を片付ける
  • ゴミ屋敷清掃業者に依頼して片付けてもらう

 

ただし、一軒家や、間取りの広い集合住宅に住んでいて、ゴミの量が多い場合は、自力で片付けるのは現実的ではありません。

また、ゴミの量にかかわらず、高齢の場合は、ゴミ屋敷の片付けは難しいでしょう。

 

このような場合、ゴミ屋敷清掃業者に依頼することを検討してみましょう。

ゴミ屋敷清掃業者に依頼すれば、スタッフが自宅まで来て、宅内にあるゴミや不用品を、すべて回収していってくれます。

 

火事のリスクを考えた場合、ゴミ屋敷清掃業者に依頼する1番のメリットは、時間がかからないということです。

自分でゴミ屋敷の片付けをする場合、膨大な時間がかかり、ゴミの量が少なくなるまでは、火事が発生するリスクをなかなか減らせません。

 

その点、ゴミ屋敷清掃業者では、多くの場合、1日のうちに片付けを済ませてくれます。

つまり、ゴミ屋敷の住人は、たった1日で、火事の発生リスクをグッと低くできるのです。

 

まとめ

ゴミ屋敷 火事 ブログ 14

ゴミ屋敷に住むことには様々なリスクがありますが、なかでも重大なのが、火事を起こすリスクです。

通常の住宅に比べて、ゴミ屋敷は物が多いぶん、火が燃え広がりやすいうえ、逃げ遅れてしまう危険も高くなります。

 

最悪の場合、命を落としてしまう事態も十分考えられます。

そうならないためにも、今ゴミ屋敷に住んでいるという方は、早急にゴミや不用品を片付け、ゴミ屋敷を解消するように動き出しましょう。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=