急遽ゴミ屋敷から引越しに‼引越しまでの流れや対応できる業者とは

「今すぐにでもゴミ屋敷の暮らしから脱出したい」

「ゴミに囲まれた生活をどうにかしたい」

そう思っていても、ゴミ屋敷からの引越しは、通常の引越しのように事が進みません。

大量にあふれた生活ゴミや不用品の分別、処分と引越し作業の他にもやるべきことが山積みです。

ゴミ屋敷からの引越しは、どのような手順で行えばよいのでしょうか。

この記事では、ゴミ屋敷から引越しする流れや、対応できる引越し業者について詳しく解説します。

急遽ゴミ屋敷から引越しに‼引越しまでの流れや対応できる業者とは

ゴミ屋敷からの引越しは特殊

ゴミ屋敷からの引越しは特殊

そもそも、ゴミ屋敷からの引越しは、通常の引越しと同じように行えるのでしょうか。

結論から言うと、答えはNOです。

冒頭でも少しお伝えしましたが、ゴミや不用品が大量にあるゴミ屋敷の引越しは、見積もりの時点で作業を断られることが多いです。

引越し業者から複数見積もりをとっても、「引き受けてくれる業者が見つからない」といったこともあります。

ゴミ屋敷からの引越しを受け入れる業者が少ない理由は、主に次の3つが考えられます。

引越し作業に時間がかかる

大手の引越し業者になればなるほど、1日の中で数々の引越し作業を行っています。

そのため、作業はかなりスピーディーで、いかに効率良く進めていくかが重要です。

もしその内の1件がゴミ屋敷だった場合、作業にかかる時間が長く、次の引越し作業に間に合わなくなってしまうリスクもあります。

大量にゴミや不用品の片付け作業に時間を割くのは、引越し業者としても非効率的と言えるでしょう。

こういった、引越し作業に時間を要することから、「ゴミ屋敷」と聞いただけで見積もり査定をお断りする業者は少なくありません。

ゴミや不用品を片付ける必要がある

引越し業者によっては、運搬だけでなく荷造りもおまかせできるプランがあります。

自分で荷物をダンボールに入れる必要がないため、楽に引越しができる便利なサービスです。

しかしゴミ屋敷となれば話は別で、大量のゴミや不用品の片付け・処分は、引越し業者が行うサービスの範囲を超えています。

引越し業者は、引越し先へ荷物を運搬するために利用するものであって、ゴミの処分や片付けは行っていません。

業者によっては、「不用品回収サービス」のある会社もありますが、これはあくまでも家具や家電を対象としたサービスです。

廃棄物処理法においても、廃棄物処理免許を持っていない引越し業者では、特定家電以外の不用品を勝手に廃棄できないと定められています。

つまり、一見ゴミにしか見えないものであっても、引越し業者はゴミを処分することでができないのです。

そのため、ゴミ屋敷から引越し行うには、まず大量のゴミと不用品をどうにかして処分する必要があります。

ゴミ屋敷は見積もりを出すのが難しい

大量に蓄積したゴミは、作業する以前に見積もりを出すことも困難を極めます。

引越し業者が見積もり作成時に注目するのは、「運搬する荷物量はどのくらいあるのか」という点です。

そのため、荷物量の推測が難しいゴミ屋敷では、正確な見積もりを出すのが困難になります。

さらに、依頼者が新居に持っていきたい物と処分したい物を分別できていない場合や、そもそも分別すらままならないレベルのゴミ屋敷である場合、見積もり作成は不可能に近いです。

ゴミ屋敷は不用品が多いため、引越し作業当日までに荷物の整理が完了していない場合がほとんどです。

見積もりの時点で、引越し荷物の量が把握できないゴミ屋敷の依頼は、引越し業者も依頼を断らざるを得ません。

このように、ゴミ屋敷からの引越しは、通常の引越しのように作業が行えないことから、依頼を断られることが大半です。

ゴミ屋敷状態を隠して依頼しても、当日になって引越し業者から依頼をキャンセルされることもあるため、依頼時は重々注意しておきましょう。

ゴミ屋敷から引越す3つの方法

ゴミ屋敷から引越す3つの方法

通常の引越しよりもハードルが高い、ゴミ屋敷からの引越しは、しっかり手順を踏み準備を進めていく必要があります。

ゴミ屋敷から引越しを行う方法は、次の3パターンです。

1.ゴミを自分で片付ける→引越し業者へ依頼
2.ゴミ屋敷清掃業者に利用→引越し業者へ依頼
3.ゴミ屋敷清掃業者に片付けから引越しまで依頼する

ゴミ屋敷から引越しを行うには、まず部屋にあふれたゴミと不用品の山をどうにかしなくてはなりません。

自力で処分できるのか、自分の力だけでは難しいのか、ゴミ屋敷のレベルによって、最適な手順が異なります。

まずは、ゴミ屋敷の引越しを行う3つの方法について、それぞれ紹介しましょう。

1.ゴミを自分で片付ける→引越し業者へ依頼

ゴミ屋敷から引越しを行うには、まず家中のゴミや不用品を処分する必要があります。

自分で片付け作業を行えば、ゴミ処理にかかる費用はかなり抑えられるので経済的です。

しかし、大量のゴミと不用品を処分するのは、想像以上に困難を極めます。

「自分で片付けよう」と決める前に、まずは自力での作業が現実的に可能かどうか、以下5つの項目から判断しましょう。

〈セルフ片付けを判断するポイント〉

  • 家の広さ、部屋の数
  • 水まわりの状態
  • 生活スペースの有無
  • 害虫の発生
  • 悪臭の発生

ワンルームや1DKくらいのコンパクトな住まいであれば、自力でもゴミを片付けられるかもしれません。

それほどゴミの量も多くなく、自分で片付けや処分できそうな場合は、セルフで部屋の片付けを行った後に引越し業者へ依頼すればよいでしょう。

ちなみに、引越し業者の作業は、ほとんどが荷物の運搬のみです。

そのため、引越し作業を進める前に、物の分別や不用品の処分など、自分で行える範囲は全て終わらせておくのが理想的です。

新居に持っていく物と、処分する不用品を分別し、引越し作業がサクサク進むよう準備を整えておきましょう。

2.ゴミ屋敷清掃業者に利用→引越し業者へ依頼

一戸建てや部屋数が多い場合、ゴミの量も多いため、1人での作業は難しいでしょう。

また家の広さだけでなく、水まわりが機能しているかどうかも重要です。

キッチンやお風呂場までゴミがあふれていると、詰め込んだゴミによって水道管が目詰まりし、その後の暮らしにも影響します。

害虫や悪臭が発生しているとなれば、もはや自分ひとりの力ではどうにもならないほど、劣悪な環境と言えるでしょう。

このように、自力での片付け作業が難しいと判断できる状態の場合は、片付けも専門業者に依頼することを検討しましょう。

ゴミ屋敷バスター七福神のゴミ屋敷清掃サービスのご紹介→

3.ゴミ屋敷清掃業者に片付けから引越しまで依頼する

なかには、ゴミの回収と引越しの両方に対応しているゴミ屋敷清掃業者もあります。

両方対応できるゴミ屋敷清掃業者なら、片付け業者と引越し業者それぞれに依頼する手間が省けます。

費用はかかりますが、「急遽、ゴミ屋敷から引越しをする」そんな状況で頼りになるのは、プロのゴミ屋敷清掃業者です。

ゴミ屋敷清掃業者のメリット

ゴミ屋敷清掃業者のメリット

ものにあふれたゴミ屋敷の片付け・清掃に特化している、ゴミ屋敷のプロを利用することには、以下3つのメリットがあります。

短時間で部屋がキレイになる

すぐにでもゴミ屋敷から引越しを行いたい場合は、大量のゴミを自分だけでまとめて処分するのは非常に困難です。

ゴミにあふれた部屋をキレイにするには、「仕分け→片付け→清掃」といった3ステップが必要になるため、想像以上に時間を要します。

部屋が散らかった程度ではなく、ものが積み重なったゴミ屋敷であればなおのことです。

そんな、自力では片付けが困難なゴミ屋敷でも、プロの手にかかれば一気に片付きます。

ゴミの量や家の大きさにもよりますが、早ければ数時間で終わることもあります。

経験とプロの技を駆使して、スピーディーに片付け・清掃が終わる点は、ゴミ屋敷清掃業者ならでは利点です。

ゴミの処分方法に悩まない

ゴミ屋敷の片付けは大変ですが、特に処分が進まないのが、家電や家具の不用品です。

既定サイズを超える不用品は、家庭ごみとして処分できません。

もっとも処分費用が安い「粗大ごみ」の場合、事前に申し込みが必要です。

混みあっている場合は、指定の収集日まで先になることもあります。

また、冷蔵庫・テレビ・エアコン・洗濯機の「特定家電4品目」は、ゴミに出すことができないため、家電量販店へ持ち込むなど適切な方法で処分する必要があるのです。

手間がかかることはもちろんですが、処分するまで時間がかかるため、急遽ゴミ屋敷から引越したい場合、時間が間に合いません。

その点、ゴミ屋敷清掃業者なら、すべてのゴミと不用品をまとめて回収してくれます。

不用品の品目ごとに正しい処分方法を調べる必要がなく、手続きも不要なので、時間と労力がかかりません。

ゴミの処分方法に悩む必要がなく、日にちを気にすることもなく、手間もかけずに不用品を処分できます。

不用品の買い取りサービスがある

ゴミ屋敷清掃業者のなかには、片付け作業中に見つかった不用品の買い取りを行っているところもあります。

ブランド品や新しい家電などは、ゴミとして処分せずに買い取ってもらえるのです。

買い取りサービスがある業者なら、作業料金が抑えられるだけでなく、不用品の処分料金もかからず一石二鳥です。

冷蔵庫・テレビ・エアコン・洗濯機の家電4品目は、買い取りによって3,000~6,000円の処分費用に別途運搬費も浮きます。

片付けと引越しは別に依頼すべき? 

片付けと引越しは別に依頼すべき? 

繰り返しになりますが、引越し業者の多くはゴミ屋敷の清掃を引き受けていないので、ゴミ屋敷清掃業者に依頼しゴミを片付けた後に、引越し業者に荷物運搬などを依頼するのがスタンダードな手順と言えます。

ただし、「ゴミ屋敷から引っ越す3つの方法」の項目でも記載した通り、ゴミ屋敷清掃業者のなかには、清掃だけでなく引越し作業もセットで請け負ってくれる業者もあります。

一括で依頼した方が手間なく安い

引越しまで引き受け可能なゴミ屋敷清掃業者を利用すれば、まとめて依頼できるため、片付けと引越しそれぞれの業者を探す必要がありません。

さらに費用でも、片付け業者と引越し業者を分けずに一括で依頼した方が割安です。

作業効率が良いため、人件費がかなり抑えられます。

業者によっては、セット割りのような特典も利用できるため、トータル費用で見ると一括で依頼する方が割安です。

支払いも一度で済むため、片付けと引越しにかかった合計費用も明確で把握しやすいメリットもあります。

ただし、ゴミ屋敷の片付け・清掃と引越しをセットで対応している業者は、それほど多くありません。

ゴミ屋敷清掃業者によって、対応エリアが異なるため、利用したくても依頼できる業者がない場合もあります。

まずは、お住まいの地域で利用できるゴミ屋敷清掃業者を検索して、引越しまで一括で依頼できるかを確認してみましょう。

ゴミ屋敷から引っ越す具体的なフローチャート解説

ゴミ屋敷から引っ越す具体的なフローチャート解説

ここからは、ゴミ屋敷から引っ越す具体的なフローチャートについて解説していきます。

ゴミ屋敷からの引越しを考えている方は、下記の手順で進めていきましょう。

1.ゴミ屋敷清掃業者に依頼する
2.部屋を簡単に片付ける
3.ゴミ屋敷清掃を行う
4.引越し業者に依頼する
5.引越し作業に移る

今回のフローチャートは、ゴミ屋敷清掃と引越しを別で依頼する方法を解説しています。

もし同時に行ってくれる引越し業者に依頼する場合は、不用品回収と引越しを依頼するだけで問題ありません。

それでは、ゴミ屋敷から引越しを行う手順を、ひとつずつ解説していきます。

1.ゴミ屋敷清掃業者に依頼する

公式サイトや口コミなどを参考にしながら、作業料金が安くてサービスの質が良い、ゴミ屋敷清掃業者を探します。

依頼する前に一度ゴミ屋敷を下見してもらい、実際にかかる費用の見積もりを出してもらいましょう。

余裕があれば、複数社から見積もりを取り、費用や作業内容を比較すると良いです。

2.部屋を簡単に片付ける

ゴミ屋敷清掃業者が決まったら、ある程度「残すもの」と「処分するもの」を仕分けておくと、作業がよりスピーディーに進みます。

作業中は、軍手やマスクなどがあると、より安全かつ衛生的に作業を進められます。

新居でも必要なものや、絶対に捨てたくない思い出の品などを、処分する不用品を次々と分別していきましょう。

3.ゴミ屋敷清掃を行う

事前準備が整ったら、ゴミ屋敷清掃業者と日程や流れの調整を行い清掃作業に入ります。

当日の主な流れとしては下記の通りです。

  1. 害虫の駆除
  2. ゴミの分別
  3. ゴミの処分
  4. 荷物の運搬
  5. ハウスクリーニング
  6. 簡易清掃
  7. 清掃中に見つけた貴重品の確認

工程が多いように思えますが、すべてゴミ屋敷清掃業者のスタッフが行います。

そのため、依頼者が片付けや清掃作業を行うことはなく、作業当日は現場に立ち合い見守るだけでOKです。

4.引越し業者に依頼する

部屋がキレイに片付いたら、無事にゴミ屋敷からは卒業です。

現時点で必要な家財道具だけを残して、引越し業者に依頼します。

部屋が片付いた状態であれば、大手の引越し業者に依頼しても断られる心配はありません。

この場合もゴミ屋敷清掃業者と同じく、複数の引越し業者に見積もりを出してもらい、費用の比較を行いましょう。

5.引越し作業に移る

引越し当日までに荷造りを進めていきましょう。

引越し当日は慌ただしいくなるので、近隣住民へのあいさつは事前に済ませておきましょう。

新居をゴミ屋敷にしないために

新居をゴミ屋敷にしないために

ゴミ屋敷から引越し、快適な新居を手に入れても、生活そのものが変わらなければ、すぐにゴミ屋敷へ元通りとなってしまいます。

せっかく脱却したゴミ屋敷での暮らしに戻ることのないよう、下記を心がけましょう。

  • ゴミを収集日に出す
  • 床にものを置かない
  • ものをむやみに増やさない
  • ストレスはこまめに解消する
  • 定期的に人を招く

上記の5つの項目は、ゴミ屋敷になりやすい人にあてはまる特徴です。

ゴミを放置せず、必要以上にものを増やさない生活を心がけ、ゴミ屋敷化の防止に繋げて下さい。

まとめ

ゴミ屋敷からの引越しは、まずは、部屋にあふれた大量のゴミや不用品を処分することが第一段階です。

片付けを終えを終えれば、引越し業者に進めてもらうのが一般的です。

中には、片付け~引越しまで一括で依頼できるゴミ屋敷清掃業者もありますが、数が少ないため、対応エリアには限りがあります。

このように、ゴミ屋敷からの引越しは、手間と時間、そしてお金も必要です。

二度とゴミ屋敷に戻ることがないよう、生活習慣の乱れやストレスの蓄積にも気を付けながら暮らしていくことが大切です。

本記事が、ゴミ屋敷から引越しをする際にお役に立つことができれば幸いです。

よくあるご質問

ゴミ屋敷から引っ越すにはどんな方法がありますか?
ゴミ屋敷から引っ越すには大きく3つの方法があります。

  1. ゴミを自分で片付ける→引越し業者へ依頼

  2. ゴミ屋敷清掃業者に利用→引越し業者へ依頼

  3. ゴミ屋敷清掃業者に片付けから引越しまで依頼する

最も早く確実にゴミ屋敷から引っ越すまでの流れと方法について教えてください。
最短かつ確実にゴミ屋敷や汚部屋から引っ越すには以下の流れで進めていきます。

  1. ゴミ屋敷清掃業者に依頼する

  2. 部屋を簡単に片付ける

  3. ゴミ屋敷清掃を行う

  4. 引越し業者に依頼する

  5. 引越し作業に移る

ゴミ屋敷ってどんな状態ですか?
ゴミ集積所ではない建物で、ゴミが積み重ねられており放置された状態のことをいます。

【合わせて読みたい記事】
「ゴミ屋敷」の定義とは? リスクについても解説

【参考】
いわゆる「ごみ屋敷」の実態とその背景に潜むもの

あなたにおすすめの新着記事

片付け どこ スタート ブログ01