大量のペットボトルの処分方法まとめ|次からため込まない為のポイントも解説

ペットボトルは、アルミ缶のように一度に飲み干す必要がありません。
保管もでき、持ち運びも簡単です。
残しておくことができので、気軽に購入してしまう人も多いのではないでしょうか。

その結果、家に大量の空ペットボトルが増え、処分に困っている人もいるようです。
ペットボトルを処分する方法や、ペットボトルを溜め込まないためのポイントについて解説していきます。

ペットボトルを処分する方法や、ペットボトルを溜め込まないためのポイント

ペットボトルの処分方法

ペットボトルの処分方法

ゴミの捨て方のルールは、自治体によって異なります。
細分化されていることから、ゴミの処分が面倒・億劫に感じている人もいるかもしれません。
ペットボトルの場合、基本的には資源ごみとなります。

PET1マークがついているかを確認する

ペットボトルも様々な種類が登場しています。
ペットボトルの定義としては、「PET1」マークが付いた容器となります。
ペットボトルを処分する場合には、まずはPET1マークが貼られているかを確認しましょう。

ペットボトルだと思っていも、PET1マークが見つからない場合もあります。
その場合、似ているとしてもペットボトルではありません。
ですので、処分方法は異なります。

蓋やキャップと本体は別

ペットボトルは、ペットボトル本体だけではなく、蓋・キャップがあります。
蓋やキャップはプラスチックですが、別で回収している自治体が多いです。
蓋・キャップは、一般的なプラスチックゴミ、あるいは燃えないゴミとして処分します。

ペットボトル本体はペットボトルとして回収を行っている自治体が多いです。
お住まいの自治体のゴミ出しのルールを確認しておきましょう。

中を洗浄してラベルを剥がす

ペットボトルだけを別で回収しているのは、再利用を視野に入れているからです。
そのため、ペットボトルの中を洗浄したり、ラベルを剥がしておくと再利用の際の作業工程が軽減されます。

ただし、自治体によってルールが異なります。
ラベル剥がしや容器の洗浄を規定している自治体もあれば、何も定めていない自治体もあります。
まずは自治体のルールを確認しておきましょう。

大量に溜まったペットボトルの処分方法

大量に溜まったペットボトルの処分方法

ペットボトルを一本処分するだけであれば、大した手間ではありません。
しかし何十本、何百本と処分するとなれば話は別です。
大きな手間がかかりますので、処分がより億劫になってしまうこともあるでしょう。
そこで、大量のペットボトルで悩んでいる方の処分方法をいくつかご紹介します。

清掃業者に依頼する

大量のペットボトルが部屋に散乱している状態であれば、清掃業者に依頼し処分してもらうのも手です。
ただ、清掃業者の本分はあくまでも掃除です。
処分業務は別になります。

あくまでも部屋を掃除するだけの清掃業者が多いです。
ペットボトルの処分には対応していない、あるいは別途費用がかかるケースがあります。
特に、運搬業務まで行っていない清掃業者の場合、ペットボトルの処分のために運送業者等を依頼することになります。
ですので、正規料金よりも費用が高くなる可能性が高いです。

便利屋に依頼する

便利屋であればどのような依頼にも応えてくれます。
ですが、便利屋の専門分野とは「どんな要望も聞くことと」であって、掃除の専門業者ではありません。
そのため、部屋のペットボトルの掃除は対応していても、ペットボトルの処分まで対応していない便利屋も多いです。

また、運搬・処分は別の業者に依頼することになるでしょう。
結局は、費用が別途かかるケースもあります。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者であれば、大量のペットボトルの処分を任せることができます。
ですが、不用品回収業者は業者によってそれぞれ特徴が異なります。
例えば、あくまでも不用品を回収・運搬するだけの業者もあれば、清掃まで行う業者もあります。

大量のペットボトルの処分を依頼する場合、掃除も対応している不用品回収業者を選ぶことが好ましいでしょう。

大量のペットボトルを抱えないためのポイント

大量のペットボトルを抱えないためのポイント

大量のペットボトルの処分は、業者に依頼しなければ難しいでしょう。
しかし、ペットボトルは日常的に使用するものです。

一度、大量のペットボトルを処分したとしても、再度ペットボトルを溜め込んでしまう人もいます。
そこで、ペットボトルを溜め込まないための工夫をいくつかご紹介します。

マイボトルを用意する

ペットボトルは、次のようにどこででも購入できます。

  • 自動販売機
  • コンビニ
  • スーパー
  • ドラッグストア

このように、ペットボトルは気軽さや保管できる利便性が特徴です。
だからこそ、ついつい購入してしまい、大量のペットボトルを抱えてしまいます。

そこで、「マイボトル」を購入し、ペットボトルからマイボトルに移し替えて使うように心がけてみましょう。
移し替えたペットボトルはゴミになりますので、その場ですぐに処分できます。
「まだ残っているから」と処分に迷うこともなくなります。
ですので、大量のペットボトルを抱えるリスクが軽減します。

ペットボトルの中身には鮮度があると知る

アルミ缶の場合、一度開栓したら閉じることができないので、短時間で飲み干さなければなりません。
ペットボトルの場合、蓋・キャップを締めることができます。
蓋を閉じることで、いつまでも保管できると考えてしまいがちです。

確かに、アルミ缶と比較すれば保管できる時間は長いです。
ですが、一度開封した以上、未開封ではありません。
時間が経過すれば鮮度も落ち、環境によっては菌が混入することもあります。

ペットボトルの「中身」は時間と共に劣化していきます。
このことを覚えておけば、自然と「長く保管する」習性がなくなります。

中身を捨てる習慣をつける

ペットボトルの中身は、いつまでも清潔ではありません。
夜寝る前など、期限を定めて中身を捨てましょう。
次々と新しいペットボトルを購入すると、ペットボトルが増えていきます。

その都度中身を捨てれば、ペットボトルを残しておく理由もなくなります。
大量のペットボトルに囲まれることもなくなるはずです。

再利用して捨てる癖をつける

家の中に大量のペットボトルがある場合、そのペットボトルを再利用し、捨てるのも良いでしょう。
例えば、会社に行く際に、使用済みの部屋にあるペットボトルに水分を入れて持って行き、会社で飲み終えて捨てることができます。
水であれば飲み終えることなく捨てても、もったいなく思いません。

ペットボトルを捨てる場所も、会社内にあるはずです。
こういったことを実践していくことで、一日一本のペースでペットボトルが減っていくでしょう。

大量のペットボトルの処分方法についてのまとめ

大量のペットボトルの処分方法についてのまとめ

ペットボトルを処分する時は、自治体のルールに従って処分する必要があります。
しかし、大量のペットボトルを処分する場合、自分だけでは難しいのも事実です。
その場合、清掃業者や便利屋、不用品回収業者等、いくつかの選択肢があります。

しかし、それぞれ得意分野が異なります。
処分するペットボトルの量や費用、業者の特性を踏まえて、依頼する業者を選びましょう。
ペットボトルを処分した後は、マイボトルを使用したり、捨てる癖をつけます。
そのようにして、再度ペットボトルを大量に抱えることの無いよう気を付けましょう。

あなたにおすすめの新着記事

前へ
次へ

人気タグ

ゴミ屋敷バスター 七福神 何でもご相談ください!
ゴミ屋敷バスター 七福神 何でもご相談ください!
見積無料! WEB限定割引!! 最安19,800円〜 女性も安心!!閉じる×