ブログblog

段ボールの捨て方、ガムテープで纏めたり、つけたままはNG?


段ボールは引っ越しだけではなく、通販の荷物のパッケージとして送られてくるなど、日常生活の中で身近なものですが、捨て方に関して迷っている人も多いのではないでしょうか。
段ボールそのものはもちろんですが、段ボールに付着しているガムテープと合わせて、捨て方で悩んでいるとの声が多々寄せられています。
そこで段ボール、そして段ボールに付着していたガムテープの捨て方についてを解説していきます。

段ボールの捨て方、ガムテープで纏めたり、つけたままはNG?

段ボールの捨て方について

段ボールの捨て方について

まずは段ボールの捨て方ですが、他のゴミ同様、自治体によって異なるルールが設定されており、全国的に見ると基本的には資源ゴミとして分別されるケースが多いです。
資源ゴミとは、その後資源に再利用できるゴミを指すのですが、段ボールに関しては少々注意が必要です。

段ボールの捨て方の注意点

段ボールは基本的に資源ゴミなのですが、段ボールを資源として再利用するためには、状態の良さが求められます。
例えば水に濡れてしまっている、汚れている、破れてしまった。
このような段ボールは、残念ながら資源として再利用することが難しいです。
悪天候時には段ボールの回収を行わない自治体、あるいは袋に入れて濡れないようにしてゴミとして出すよう指示している自治体があるのはそのためです。
これらの点を踏まえると、状態の良い段ボールであれば資源ゴミとして、状態の悪い段ボールに関しては燃えるゴミとして出すのですが、自治体によって異なりますので、段ボールの正しい捨て方を自治体に確認しておきましょう。

段ボールの種類によっても捨て方が異なる

段ボールの進化は目覚ましく、一口に「段ボール」と言っても様々な種類が登場しています。
そのため、段ボールの種類によってもまた、捨て方が異なります。
例えば防水加工されている段ボールなど、リサイクルが難しい段ボールに関しては燃えるゴミとして出すよう指示している自治体が多いです。
断面の間に波状の紙がある、一般的な段ボールであれば資源ゴミとして出すよう指示している自治体が多いです。
また、段ボールの大きさによっても捨て方が変わります。
サイズを指定している自治体もあります。
こちらも捨てる前に、正しい捨て方を自治体に問い合わせておきましょう。

段ボールの捨て方の基本的な考え方は再利用できるか

段ボールの捨て方は自治体によって異なりますが、基本的な考え方として、再利用できる段ボールなのかという点です。
段ボールを資源ごみとして回収するのは、資源としての再利用を期待しているからです。
状態の良い段ボールであれば再利用が可能です。
つまり、再利用が難しい、状態の悪い段ボールに関しては資源ゴミではなく、燃えるゴミと考えると分かりやすいです。

同じ段ボールでも状態によって捨て方が変わる

例えば引っ越しが雨の日で、段ボールが濡れてしまった場合、あるいはベランダに段ボールをまとめ、捨てる日を待っていたら悪天候にさらされて段ボールの状態が悪化してしまった場合は、資源としての再利用が難しくなりますので、資源ゴミではなく、燃えるゴミになるという考え方です。
いずれも自身の判断では難しい部分もあるかもしれませんが、「再利用できるのか」という観点を持い、自治体のルールに照らし合わせることで、段ボールの捨て方も見えてくることでしょう。
それでもどちらにすべきなのか分からない段ボールが山積みになって迷っているようであれば、不用品回収業者に相談してみるのも手です。

段ボールにガムテープがついている場合の捨て方

段ボールにガムテープがついている場合の捨て方

基本的に、段ボールにはガムテープが付着しているものです。
ガムテープを剥がして開封しますが、全てのガムテームを剥がすのではなく、開封に必要な部分のみ剥がす人も多いのではないでしょうか。
ガムテープ単体であれば燃えるゴミですが、では段ボールにガムテープが付着している場合はどうなるのか解説します。

ガムテープが付着した段ボールの捨て方は自治体によって異なる

結論から言うと、ガムテープが付着している段ボールの捨て方は自治体によって異なります。
ガムテープをすべて段ボールから剥がして捨てるよう指定している自治体もあれば、ある程度は仕方ないと容認している自治体もあります。
そのため、ガムテープが付着している段ボールの捨て方も、お住まいの自治体に確認してみましょう。

ガムテープでまとめる捨て方は×

既に段ボールに付着しているガムテープに関しては自治体次第なのですが、段ボールを捨てるためにガムテープでまとめるのは、多くの自治体で禁止しています。
段ボールの捨て方としては、ガムテープではなくヒモでまとめるルールを制定している自治体が多いです。
ガムテープそのものが不燃ゴミである点に加え、ガムテープとヒモでは強度が異なるので、ガムテープが破れ、ダンボールが崩れてしまうリスクを懸念し、ヒモでお願いしている自治体が多いようです。

アクシデントの可能性がある

もしもですが、回収車の荷台で段ボールが崩れてしまった場合、後続車に被害を及ぼす可能性や、道路に落としてしまい、交通状況の悪化を招く可能性があります。
つまり、あくまでも運搬時の効率を求めたものです。
ガムテープをどうするのかという視点よりも、回収車、作業員が如何に効率よく段ボールを回収し、かつ後続車や道路環境に迷惑を与えないのかを踏まえたルールとなっているようです。

ガムテープ以外にも剥がしてもらいたいものがある

段ボールにはガムテープだけではなく、他にも以下のように様々なものが付着しています。

  • 商品伝票、宅配伝票等
  • ラップによる梱包
  • 強度のための金具

これらの捨て方も自治体によって異なります。
付着物はできる限りすべて剥がして捨てるよう指示している自治体もあれば、外せないようであればそのままでもよいとする自治体、紙以外のものはすべて剥がすよう指示している自治体など様々です。
そのため、これらに関しても正しい捨て方は自治体によって異なりますので、自治体に問い合わせておきましょう。

段ボールに付着した伝票や商品はルール云々ではなく剥がすべき

商品・配達伝票が段ボールに付着している場合もあります。
この場合の捨て方は自治体によって異なりますが、自治体が指定するルール云々抜きに、これらは段ボールから剥がして捨てた方が良いものです。
なぜなら、商品・配達伝票には自身の住所や電話番号等の個人情報が記載されています。
段ボールに付着したまま捨てた場合、何らかのトラブルやアクシデントに見舞われる可能性もゼロではありません。
自治体のルールを守るのは大前提ですが、仮にそれらを剥がさなくとも良いルールだとしても、自分自身の身を守るために、段ボールから剥がしておきましょう。

ガムテープの付いた段ボールの捨て方は自治体に問い合わせよう

ガムテープの付いた段ボールの捨て方は自治体に問い合わせよう

ガムテープの付いた段ボールの捨て方は、自治体によって異なります。
基本的に、段ボールは再利用が期待できるものですが、ガムテープは再利用が難しい素材です。
そのため、再利用を考えてガムテープを剥がした方が良いのですが、剥がすのが困難な段ボールがあるのも事実です。
しかしそれらの判断は個人ではなく、自治体が決めるものなので、自治体のルールを確認すし、分からないものがある場合には遠慮なく問い合わせましょう。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=