ブログblog

土ってどうやって処分するの?NGな捨て方も


コロナ渦で在宅時間が増えたことにより「家庭菜園」を始める人が増えています。

自宅の庭はもちろん、マンションやアパートでもプランターを使って手軽に楽しめる家庭菜園は、おうち時間を充実させるひとつの方法です。

しかし植物を育てるには、定期的な土の入れ替えが必須です。

古い土は適切な方法で処分することも忘れてはいけません。

そこで今回は、家庭菜園や庭の整理で出た土を正しく捨てる方法について詳しく解説いたします。

土を「家庭ゴミ」に出すのはNG

土 処分 ブログ 01

普段の生活で出たゴミは、可燃ゴミや不燃ゴミとして出すのが一般的です。

しかし、土の場合は、ゴミとして回収を行っていない自治体がほとんどです。

一部の地域では、“少々ずつ可燃ゴミに出す“など制限付きでOKとしているところもあります。

ただし、全国的にみるとかなり少数派です。

そのため、基本的には土を家庭ゴミとして出すことはNGです。

なぜ、土をゴミとして捨てることができないのでしょうか。

それは、土は自然物のため、ゴミに該当しないと考えられているからです。

また、土は焼却処分ができないため、ゴミとして回収できないという背景もあります。

土は思っている以上に、処分に手間がかかるものなのです。

土を公園や街路樹、山に捨てても問題ない?

公園や街路樹は、国あるいは自治体が所有している公共のものです。

そのため、許可なく勝手に土を捨てたり、持ち帰ったりしてはいけません。

山や畑も自分が所有しているものでない限り、土を捨てるのは禁止です。

もし勝手に処分した場合、不法投棄とみなされ罰則を受ける可能性もあります。

土を処分する6つの方法

家庭ゴミとして出せない土は、適切な方法での処分が必須です。

土の処分方法①庭に埋める、まく

土 処分 ブログ 02一番手っ取り早いのが、自宅の庭に埋める、まくといった方法です。

土を家庭ゴミとして処分できない以上、自分でどこかへ持ち込んだり引き取ってもらったりする必要があります。

外部の回収サービスを利用するのは手間がかかりますし、場合によっては費用がかかることも。

庭で処分してしまえば、自宅内で解決できるので手間や時間もそれほどかかりません。

ただし、園芸やガーデニング用の土は色味や質にも特徴があるので、庭の見た目が悪くなる場合があります。

一か所にまとめてまかない、山にならないよう均等にならすなどの工夫が必要です。

土の処分方法②購入店舗に回収してもらう

土 処分 ブログ 03園芸店やホームセンターでは、不要になった土の引き取りに対応している場合もあります。

店で回収してもらえば持ち込むだけで処分できるので手軽です。

ただし、土の回収を行っている販売店はそれほど多くありません。

販売店へ持ち込む前に、不要になった土の回収が可能か確認しておきましょう。

土の処分方法③新しい土を購入した店舗で引き取ってもらう

土 処分 ブログ 04販売店によっては、“新しい土を購入した人のみ”という条件付きで土の回収を行っている場合もあります。

そのため、植え替え用の土を購入する際は、こういった回収サービスを利用するのもひとつです。

土の購入と処分を一緒にできるので、時間も手間もかかりません。

購入してからでは遅いので、新たな土を買う際は、古い土の回収可能かも確認しておくとよいでしょう。

土の処分方法④土の回収を行う専門業者に依頼する

土 処分 ブログ 05大量の土を処分したい場合は、自宅の庭で処分するのも困難です。

販売店でも引き取り可能な土の量を制限していることが多く、土をたくさん処分する方法としては向きません。

土は少量でも重たいので、大量にあるとなれば自力で運搬するのも困難です。

このように運び出すのが大変な場合は、土の回収を行う専門業者への依頼を検討してみましょう。

専門業者を利用すれば、自宅まで土を引き取りにきてもらえるので処分が楽です。

大量の土もまとめて引き取りに対応しているため、処分したい土が多いときも役立ちます。

ただし、運搬から処分まで一括で依頼できる分、それなりの費用が必要です。

土の処分料に加えて、出張料などの人件費もかかります。

ただし、サービス内容や料金は業者によって大きく違いがあります。

自宅まで引き取りにくるところもあれば、郵送で送る、指定場所まで持ち込むなど、回収方法もさまざまで、料金はサービスが手厚いほど高めです。

当然、土の処分にかかる費用も異なるので、予算と相談しつつ、いろいろな業者を比較検討してみましょう。

土の処分方法⑤不用品回収業者に依頼する

土 処分 ブログ 06土のほかには不要なものがある場合は、不用品回収業者に依頼する方法もあります。

不用品回収業者では、土のほかにも家具家電やおもちゃ、衣類など、家庭のいらないものをまとめて回収してもらえます。

もちろん自宅まで引き取りに来てもらえるので、労力は一切かかりません。

利用料は割高ですが、土だけでなく家中の不用品を捨てたいときに役立ちます。

土の処分方法⑥リサイクルする

土 処分 ブログ 07養分が乏しくゴミやウイルスが潜む古い土は、そのまま使うと植物を枯らす可能性があります。

不要になった土はリサイクルすることも可能です。

使い終わった土を再利用する方法

  1. 土に紛れ込んだゴミや雑草、虫などを取り除きます。ふるいにかけるとスムーズです。
  2. 晴れた日に土を日の光にあてて、殺菌します。
  3. 腐葉土や土壌改良剤を混ぜて、不足した養分を補います。

この3つを行うだけで、古い土が再び使えるようになります。

使い終わった土を再び植え替えに利用すれば、土を処分必要がないうえに、新たな土を購入するよりも割安です。

「捨てられる土」に買い替えも

園芸用の土は家庭ゴミとして処分できない悩みがつきものです。

しかし最近では、燃えるゴミとして捨てられる土を利用する人も増えてきました。

捨てられる土は植物を原料として作られているので、環境にやさしいメリットもあります。

もちろん捨てるときは、自治体が回収する可燃ゴミとして出せるので、処分方法に困ることもありません。

捨てられる土は、通常の園芸用の土と比べて軽くて持ち運びも楽です。

土の処分はもちろん入れ替えもしやすく、ベランダ菜園にも向いています。

まとめ

土 処分 ブログ 08家庭から出る土は、自治体ゴミに該当しないため、処分方法が少ないです。

ただし地域によっては条件付きで可燃ゴミに出せる場合もあります。

まずは自治体のゴミ出しルールを確認し、自分に合う処分方法を調べてみましょう。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=