ブログblog

鉢植えの捨て方とは~植木鉢や土の処分方法についても解説~


鉢植えやプランターは生活に緑を与えることで癒しをもたらしてくれるのですが、処分する際の捨て方で迷っている人も多いのではないでしょうか。
また、鉢植えに興味があるものの、捨て方が分からないので鉢植えの購入を躊躇している人もいるようです。
そこで鉢植えの捨て方をみてみましょう。

鉢植えの捨て方

鉢植えの捨て方

鉢植えはどう捨てる

結論から言うと、鉢植えの捨て方は状態によって異なります。
例えば鉢植えだけなのか、あるいはそこに土があるのか、観葉植物が生成しているのか等によって捨て方が変わります。
また、ゴミの捨て方は自治体によって細かいルールが異なりますので、ここではある程度の共通ルールをいくつかご紹介します。

鉢やプランターだけの捨て方

鉢やプランターだけ、つまり土や観葉植物がない場合には、大きさによって異なります。
縦横高さいずれもが30cm以内のサイズの鉢は不燃ゴミとして、縦横高さのどれかが30cmを超える大きさの鉢の場合は粗大ゴミに出すケースが一般的です。
但しこれはあくまでも目安です。
「29cmだから不燃ゴミだ」「高さが31cmだから粗大ゴミだ」ということではなく、大まかな目安であって、少々個性的な形をしている鉢などの場合は上記の限りではありません。
さらには鉢の材質によっても異なります。
以下で、鉢の材質による捨て方の違いをご紹介しますが、あくまでも大まかな例です。
正しい鉢やプランターの捨て方で悩んでいる場合、自治体に確認・相談してみるとよいでしょう。

可燃ゴミとして捨てることができる鉢やプランター

木製やプラスチック製の鉢であれば、可燃ゴミとして捨てられます。
縦横高さいずれもが30cm以内であれば、他の家庭用ゴミと同じ区分になりますので、木製、あるいはプラスチック製であれば可燃ゴミとして捨てることが可能です。

不燃ゴミとして捨てる鉢やプランター

縦横高さいずれもが30cm未満の金属製や陶器製の鉢やプランターは、不燃ゴミとなります。
他の家庭ごみの金属や陶器同様、不燃ゴミとして捨てることになります。

30cmを超える大きな鉢やプランターの捨て方

縦横高さいずれかが330cmを超える場合、粗大ゴミとして捨てます。
粗大ゴミの捨て方は自治体によって異なります。
大まかには電話やネットで粗大ゴミ受付センターに連絡した後、手数料納付シールを指定店舗で購入します。
納付シールに名前、受付番号を記入して捨てる鉢に貼ります。
そして、指定された収集日の時間・場所にゴミとして出すと、業者が回収してくれます。
手続きとしては面倒ではありますが、あくまでも粗大ごみの一般的な捨て方で、鉢だから特別に複雑ということはありません。

鉢植えに土や観葉植物が含まれる場合の捨て方

鉢植えに土や観葉植物がある場合の捨て方

鉢だけではなく、土や観葉植物も含まれる場合、自治体でのゴミとして捨てるのは難しいです。
また、鉢植えの数が多い場合も同様です。
一つ、あるいは少数であればゴミとして自治体も回収してくれるかもしれません。
しかし、あまりにも鉢植えの数が多い場合、自治体としては回収できないケースもあります。
また、多くの自治体で土は回収してくれません。
鉢だけであれば捨て方はさほど難しくはないのですが、土、あるいは観葉植物が含まれると、捨て方の難易度が高くなります。
処分の方法としては下記が挙げられます。

鉢植えに興味のある人に譲る

鉢植えを処分するのではなく、興味のある友人や知人に譲るという方法もあります。
この場合、ゴミとして捨てるのではなく、鉢植えとしてそのまま活用できますので、有効活用という点では効果的です。
しかし、鉢植えに興味のある友人や知人を見つけなければなりません。
もしも見つけられない場合には、自らの処分となります。

フリマアプリやネットオークションで売却する

フリマアプリやネットオークションにて鉢植えを売却するという手法もありますが、値段に関しては期待できません。
なぜなら、フリマアプリやネットオークション市場では鉢植えはあまり人気がありません。
鉢植えのデザインが個性的だったり、あるいは観葉植物が他にはない芸術性を持つものであれば売れる可能性もありますが、基本的に需要は低いです。
処分方法の一つとして覚えておいて損はありませんが、鉢植えが買値より高く売れる可能性は低いです。

リサイクルショップで買い取ってもらう

リサイクルショップでの買取も方法としては可能ですが、まとまったお金になる可能性は低いです。
鉢だけであればまだしも、土、観葉植物が入っている場合、買取ってもらえない可能性もあります。
リサイクルショップにおける購買需要があまりありませんので、高額で買い取ってもらえる可能性は低いです。

不用品回収業者に任せる

買取ではありませんが、回収してもらうという観点であれば不用品回収業者という選択肢もあります。
不用品回収業者であれば土の入った鉢植えの引取も可能です。
鉢植えの数、土の有無を問わずに回収してもらえるので、捨て方に悩まされるくらいであれば、初めから不用品回収業者を呼んだ方が手間がかかりません。

土の捨て方で気を付けるポイント

鉢植えの土の捨て方

土を捨てる際に気を付けるのが法律です。
大げさだと思う人もいるかもしれませんが、土を捨てる場所によっては不法投棄になりかねません。
例えば他人所有の山、あるいは公園に捨てた場合は不法投棄に問われる可能性もあります。
土のある所に土を捨てるので、環境に影響もなく、自然な形での捨て方だと思うかもしれません。
しかし、自分の土地でない場所に土を捨てるのは不法投棄です。
自宅の庭に捨てるのは問題ありません。
自宅の庭の土の部分に捨てておけば、目立つこともなく、やがては土として一体になることでしょう。
しかし、自宅の庭、あるいはベランダで他の鉢植えに土を移す以外の捨て方は不法投棄に問われ以下の罰則に問われかねませんので控えましょう。

不法投棄の罰則

土の不法投棄は5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、またはその両方に処されてしまいます。
もちろん鉢植えの土であっても不法投棄であれば罰則が適用されます。
土は様々な場所にありますので、ゴミだと認識していない人も多いようです。
また、同じ土のある場所に「戻しただけ」という感覚の人もいるのですが、自己所有地以外の場所に土を捨てたら不法投棄です。
土の捨て方に悩むのであれば、土の入った鉢植えも一緒に処分が可能な不用品回収業者に任せた方が良いでしょう。

鉢植えの捨て方は難しい

鉢植えの捨て方は難しい

鉢植えの捨て方は他のゴミと比較しても少々面倒です。
特に土は面倒です。
我々にとって土は身近なものではありますが、捨てるとなれば面倒なものです。
ましてや土だからと、同じ土のある部分に捨ててしまった場合は不法投棄になります。
犯罪行為になると知らなかったでは済まされません。
ゴミの問題はまずは各自治体に問い合わせて確認・相談ですが、先に紹介した方法を参考にしつつ、どのような方法が良いのか考えてみるとよいでしょう。
調べれば調べるほど、土の捨て方はとても難しく、かつ選択肢が少ないことに気付かされます。
時間と手間が惜しいのであれば不用品回収業者に相談してみるのも良い一手です。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=