ブログblog

一人暮らしで汚部屋を片付けられない理由と片付けるための方法


あなたは、「汚部屋」という言葉をご存知でしょうか?

汚部屋とはその名のとおり、ゴミの溜まった、汚い部屋のことです。

最近では、この汚部屋に住む一人暮らしの方が増えています。

汚部屋になってしまう原因は、そこに住む一人暮らしの人がゴミを片付けられないことにあります。

汚部屋に住む一人暮らしの人たちは、なぜ汚部屋を片付けられないのでしょうか?

また一人暮らしの人が汚部屋を片付けるためには、どうすればいいのでしょうか?

今回はこのような疑問を持っている方のために、一人暮らしの人が汚部屋を片付けられない理由や、片付けるための方法について説明していきます。

一人暮らしで片付けられない汚部屋とは

一人暮らしをしている人が汚部屋になりやすい理由

一人暮らしをしている人の部屋が汚部屋になりやすい理由は、部屋を片付けるのも片付けないのも、そこに住んでいる人の自由だからという点が大きいでしょう。

家族と同居している場合、部屋を片付けられなくて汚ければ、注意してもらえます。

あまりの汚さに見かねて、本人の代わりに部屋を掃除してくれる人もいるでしょう。

しかし一人暮らしの場合、汚部屋を注意してくれる人も、代わりに片付けてくれる人もいません。

そこに住んでいる本人が片付けをしなければ、当然汚部屋になってしまうのです。

汚部屋で一人暮らしする人が片付け・掃除をできない理由

汚部屋で一人暮らしをしている人は、なぜ片付けや掃除ができないことあるのでしょうか。

ここでは汚部屋で一人暮らしをしている人に多い、片付けや掃除ができない理由について説明していきます。

一人暮らしで汚部屋片付けられない理由

汚部屋を片付ける余裕や気力がない

汚部屋で一人暮らしをしている人が部屋を片付けられない理由の一つとして、仕事が忙しく、片付けをする時間的な余裕や気力がないというものです。

仕事が忙しい人たちのなかには、自炊する時間もなく、夕食はコンビニ弁当かカップラーメンで済ますという人もたくさんいます。

さらにゴミ出しをする余裕もなければ、部屋にはコンビニ弁当やカップラーメンのゴミなどがどんどん溜まっていきます。

休日は時間があっても、片付けをする気力がないため、一日中寝ているという人も多いようです。

汚部屋の環境に慣れてしまっている

きれいな部屋に住んでいる人は、汚部屋に住んでいる人に対して、なぜあんなに汚い部屋に住めるのかと疑問に思うかもしれません。

その理由は、汚部屋に住んでいる人が、その環境に慣れてしまっているからです。

特に一人暮らしの場合はその傾向にあるようです。

汚部屋はゴミが散乱しているため、場合によってはひどい悪臭がすることがありますが、そこに住んでいる一人暮らしの本人は臭いが気にならないということも多くなっています。

汚部屋に住むことに慣れてしまった本人からすれば、汚部屋に住むことの不便さを感じないため、片付けをしようとせず、どんどん片付けられないようになってしまうようです。

一人で片付けや掃除をすることが難しい

汚部屋を片付けようと決心しても、途中で挫折してしまう人はたくさんいます。

一人暮らしの場合、部屋中に積もるほど溜まってしまったゴミを一人で片付けるのは、並大抵のことではありません。

一人で汚部屋を一日や二日で片付けるのは、なかなか難しいのが実情です。

そのため、一人暮らしの場合、汚部屋を片付けようと手をつけ始めても、あまりの大変さに途中でやめてしまう人も多いのです。

汚部屋の片付けをしたいと思うためには?

汚部屋に住んでいる一人暮らしの人のなかには、片付けをしなければとは思うものの、なかなかやる気が起きないという人もいるのではないでしょうか。

そこでここでは、一人暮らしで片付けをするモチベーションを上げるための方法について説明していきます。

一人暮らしで汚部屋片付けられない対策

汚部屋に住むことのリスクを考える

汚部屋には、不衛生、悪臭がする、害虫がわくなどのデメリットがあります。

こうしたデメリットは、汚部屋に住むことに慣れている人たちにとっては大きな問題ではないかもしれません。

しかし汚部屋の一番のデメリットは、健康を損ねたり、最悪の場合、命を落とす危険もあるということです。

不衛生な環境で暮らしていれば、それが原因で病気になるリスクがあります。

またゴミが倒壊して自分に降りかかり、けがをする危険もあるでしょう。

さらに火の不始末や、コンセントとプラグの間にほこりが溜まって発火する「トラッキング現象」が原因で、火事になることもあり得ます。

汚部屋はゴミが積もっているぶん、火が付けばあっという間に燃え広がってしまいます。

こうしたリスクを考えれば、汚部屋を片付けることの必要性が理解できるのではないでしょうか。

一人暮らしで汚部屋片付けられないリスク

汚部屋を片付けることのメリットを考える

片付けをするモチベーションがわかないという人は、汚部屋に住んでいる現状と比較して、きれいな部屋に住むことで得られるメリットについても考えてみましょう。

きれいな部屋に住むことのメリットには、以下のようなものがあります。

  • 清潔で快適な暮らしを送れるようになる
  • 使いたい物がすぐに見つかる
  • 部屋のなかを楽に移動できるようになる
  • 友人や恋人を部屋に招くことができる

きれいな部屋に住んでいれば、悪臭もしませんし、害虫が大量にわくこともありません。

そのため、清潔で快適な一人暮らしを送れるようになります。

汚部屋に住んでいると、使いたい物があっても、どこにあるか分からず、探すのに時間がかかります。

一方で物が少なければ、使いたい物をすぐに探し出すことができるでしょう。

汚部屋は部屋中がゴミで埋もれているため、移動するのも大変ですが、きれいな部屋ならすいすい移動できます。

部屋がきれいなら、それまで呼べなかった友人や恋人を招くことだってできます。

このように部屋がきれいになった後のことを想像してみれば、汚部屋を片付けるモチベーションも上がるのではないでしょうか。

汚部屋を片付けるための方法について詳しくは「汚部屋から脱出したい方必見!プロが伝える片付けと収納術」をご覧ください。

汚部屋の片付け・掃除方法

先ほども説明したとおり、一人暮らしで汚部屋を片付けようと思っても、途中で挫折してしまうかもしれません。

一人で片付けるのは無理だと思った場合は、ゴミ屋敷の掃除業者に依頼するのも一つです。

ゴミ屋敷の掃除業者に依頼すれば、一日で汚部屋にあるゴミや不用品を全て回収してもらえます。

費用はかかりますが、自分で片付ける手間がかかりませんし、何より断然部屋がきれいになります。

とはいえ汚部屋の場合、ゴミを片付けても、床や壁などは相当汚れているはずです。

ゴミ屋敷の掃除業者のなかには、オプションでハウスクリーニングをしてくれるところもあるので、そうした業者に依頼するとなお良いでしょう。

まとめ

一人暮らしをしていると、注意してくれる人がいないぶん、部屋を汚部屋にしてしまいがちです。

汚部屋での一人暮らしのに慣れてしまうと、そこに住むことに抵抗を感じなくなってしまいます。

こうなると、病気になったり、けがをしたり、火事にあうなどのリスクが常につきまといます。

そうならないためにも、汚部屋に一人暮らしで住んでいる人はすぐに部屋を片付けたほうが賢明です。

汚部屋を片付ければ、安全で快適な暮らしが待っているでしょう。

とはいえ、汚部屋を一人で片付けるのは並大抵のことではありません。

自分で片付けるのが難しいと思ったら、ゴミ屋敷の掃除業者に依頼することを検討してみてはいかがしょうか。

一人暮らしで汚部屋片付けられないとき

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=