ブログblog

捨て方がわからない食器や陶器の処分方法を徹底解説


家の中を片付ける際、処分の方法に困るのが食器や陶器です。

陶器はもちろん、食器のなかにも割れ物があるため、捨て方がよく分からないという方もたくさんいるはずです。

 

そこで今回はそんな方のために、食器の種類とそれぞれの捨て方について説明していきます。

また捨てるのがもったいないという方のために、ごみに出す以外の食器や陶器の処分方法についても、併せて説明していきましょう。

食器 陶器 処分 ブログ01

食器は何ごみ?食器の種類とそれぞれの処分方法

 

食器の捨て方は、素材によって異なります。

食器に使われてる素材は、おもに以下の5種類です。

 

  • ガラス製
  • 陶器製
  • 金属製
  • 木製
  • プラスチック製

 

ここでは、それぞれの食器が何ごみになるのかについて説明していきます。

 

ガラス製や陶器製の食器は燃えないごみ

 

ガラス製の食器と陶器製の食器は、基本的に「燃えないごみ」になります。

また自治体によっては、ガラス製や陶器製の食器をごみに出す際、新聞紙や厚紙などにくるんだうえで、「ガラス」「陶器」などと書いて出さなければいけません。

 

そのためガラス製や陶器製の食器をごみに出す場合は、自分が住んでいる地区の自治体のルールをよく確認しておきましょう。

 

もちろん食器以外の陶器も、これと同じ捨て方になります。

 

金属製の食器は金属ごみ

 

金属製の食器は、「金属ごみ」になります。

ただしナイフやフォークは、そのまま出すとごみの収集員が手をけがするおそれがあるため、ガラスや陶器の食器同様、新聞紙などで包み、品名を書いたうえでごみに出すようにしましょう。

食器 陶器 処分 ブログ02

木製の食器は燃えるごみ

 

木製のごみは、「燃えるごみ」になります。

木製の食器については、ガラス製や陶器製、金属製のごみを出す時のような注意点はありません。

 

プラスチック製の食器は、燃えないごみかプラスチックごみ

 

プラスチック製のごみは、「燃えないごみ」か「プラスチックごみ」のどちらかになります。

どちらになるかは自治体によって違うので、自分の住んでいる地区の自治体のルールを確認しておきましょう。

 

大きな食器や陶器は粗大ごみになる

 

ここまで素材ごとの食器の捨て方について説明してきましたが、一定の大きさを超えた食器や陶器に関しては、いずれも粗大ごみになります。

粗大ごみの基準は、自治体によって異なります。

 

東京23区の場合、一辺の長さが30cm以上ある物が粗大ごみになりますが、他の自治体では独自の基準を設けているところも多いのです。

大きな食器や陶器をごみに出す場合は、自分の住んでいる地区のホームページをチェックして、粗大ごみになるかどうかを確認しておきましょう。

食器 陶器 処分 ブログ03

粗大ごみだった場合の処分方法は、以下のとおりです。

 

  1. 住んでいる地区の「粗大ごみ受付センター」に申し込みをする
  2. 回収日時と手数料を教えてもらう
  3. 手数料分の処理券を購入し、粗大ごみに貼る
  4. 回収日の指定の時間までに、自宅の前に出しておく

 

粗大ごみを出す場合、手数料を支払わなければなりません。

この手数料分の処理券は、コンビニエンスストアなどで購入できます。

 

粗大ごみに処理券を貼ったら、指定の日時に自宅の前に出すことで回収してもらえます。

 

粗大ごみを自治体か業者で考えている方こちらをご覧ください。

自治体と業者での粗大ごみやゴミの処分方法の違い

 

ごみに出すこと以外の食器や陶器の処分方法

 

ここまで食器や陶器の捨て方について説明してきましたが、なかには食器を素材ごとに分別するのが面倒だったり、なんとなくごみに出すのは抵抗があるという人もいるかもしれません。

そんな人には、ゴミに出す以外の処分方法がおすすめです。

 

食器はごみに出す以外にも、おもに以下の方法で処分することもできるのです。

 

  • 売る
  • 寄付する
  • 回収してもらう

 

ここでは、それぞれの処分方法について紹介していきます。

食器 陶器 処分 ブログ04

食器や陶器を売る

 

ブランド物の食器や陶器であれば、高値で売ることができるかもしれません。

食器を売る方法は、おもに以下3種類です。

 

  • リサイクルショップで売る
  • ネットオークションに出品する
  • フリーマーケットで売る

 

リサイクルショップに売る場合、店舗に持ち込むほかに、ネットで買取りを申し込む方法もあります。

ネット買取を申し込めば、段ボールに食器を詰めて送るだけで、食器を査定してもらえ、買取額に納得すれば、お金を振り込んでもらえます。

 

「Yahoo!オークション」などのネットオークションでは、中古の食器も出品可能です。

ただし入札者がいなければ、一円にもなりません。

 

また、処分したい食器や陶器が大量にあったり、他に売れる物があるなら、フリーマーケットに出すという方法もあります。

ただしフリーマーケットで売る場合は、出店料を支払わなければならず、結果的に赤字になる可能性もあるため注意しましょう。

 

食器や陶器を寄付する

 

日本には、中古の食器や陶器の寄付を募っている団体もたくさんあります。

こうした団体では、食器や陶器などを途上国に送る支援活動をしています。

処分するのではなく、団体に寄付をして社会貢献するのも良いかもしれません。

 

寄付の方法は、段ボールに食器を詰めて送るだけです、

ただし送料を支払う必要はあります。

食器 陶器 処分 ブログ05

食器や陶器を回収してもらう

 

食器以外に、大型の家具や家電製品など、他にも処分したい物があるという場合は、不用品回収業者に回収してもらうのも一つの方法です。

不用品回収業者では、自宅のごみや不用品をまとめて回収してくれます。

 

買取りをしている業者もあるため、ブランド物の食器は買い取ってもらえる可能性もあります。

ただし料金もかかるので、不用品回収業者に依頼するのは、食器以外の不用品が複数ある場合のほうがいいでしょう。

 

まとめ

 

食器が何ごみになるのかは、以下のように素材によって異なります。

 

  • ガラス製・陶器製→燃えないごみ
  • 金属製→金属ごみ
  • 木製→燃えるごみ
  • プラスチック製→燃えないごみか、プラスチックごみ

 

また素材に関係なく、サイズの大きい食器や陶器は粗大ごみになります。

そのような食器や陶器を処分する場合は、自治体の粗大ごみ受付センターに申し込んで、回収してもらいましょう。

食器 陶器 処分 ブログ06

また食器や陶器は捨てる以外にも、以下の処分方法があります。

 

  • 売る
  • 寄付する
  • 回収してもらう

 

ブランド物の食器や陶器なら、リサイクルショップに買い取ってもらえます。

ノンブランドの食器や陶器は、買い取ってもらうことは難しいですが、寄付することは可能です。

食器や陶器の他に処分してもらいたいものがあるなら、不用品回収業者に回収してもらうのも一つの方法です。

 

食器や陶器を処分したいという方は、ぜひこの記事を参考にして、自分に合った処分方法を考えてみてはどうでしょうか。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF