ブログblog

女性のゴミ屋敷住人が急増中!その背景や解決方法とは


女性のゴミ屋敷が増加傾向にあるとされています。
一般的に、男性の方が大雑把、がさつ、適当といったイメージを持たれやすいことから、ゴミ屋敷は男性が多いと思われているかもしれません。
しかし、気付けばゴミ屋敷となってしまっていたという女性が増えていることから、ゴミ屋敷は決して男性だけの問題ではありません。

女性のゴミ屋敷住人が急増中!その背景や解決方法とは

女性がゴミ屋敷としてしまう理由

女性がゴミ屋敷としてしまう理由

女性は男性よりも清潔感や美意識が高い傾向にあるとされているものの、ゴミ屋敷となってしまうケースがあります。
その理由としては主に以下が考えられます。

メリハリをつけるからこそ油断してゴミ屋敷になる

メイクや身だしなみ、ファッションコーディネート等、女性にとって外に出ることは気を使うことを意味します。
だからこそ、家にいるときくらいは気を使わず、ゆったりしたいと考える女性は珍しくありません。
外で気を使えば使うほど、家の中では気を使いたくなくなり、多少のゴミや部屋の散乱等、家の中のことにはあまり気を使わなくなる女性もいます。

部屋が汚くなることに対して無頓着だったり、いつか掃除をと思っても後回しになってしまい、気付けばゴミ屋敷になってしまうケースがあります。

女性の社会進出が当たり前の時代だからこそ

かつて女性といえば、結婚して家を守ることが常識とされていました。
しかし時代も代わり、女性が正社員として働くことも珍しくありません。
多くの部下を従え、責任のある仕事に取り組んでいる女性もいるなど、女性の社会進出が当たり前となれば、女性としても家での時間が短くなります。

それこそ帰宅しても寝るだけという女性も少なくないでしょう。
つまり、仕事に没頭するあまり、家の状況にまで気が回らなかったり、あるいは家の状況よりも仕事を優先し続ける結果、ゴミ屋敷に発展させてしまうケースがあります。

女性の方が消費意欲が高いから

美容やグルメ等、一般的に女性の方が男性よりも消費意欲が高いとされています。
つまり、女性の方が物が多いことを意味しています。
物を購入すれば、物が増えます。
物は必要な時には大切なものでも、不要になればゴミになってしまいます。
そして物が多ければ多いほど、整理整頓の労力も大きくなります。
収納スペースが足りずに部屋の中に適当に置いていたら、いつしかさらにその上に荷物が乗せられ、いつしか部屋が散乱してゴミ屋敷になってしまうこともあります。

ゴミ屋敷にしないために女性が心掛けるべきこと

ゴミ屋敷にしないために女性が心掛けるべきこと

美容意識の高さによる気持ちの切り替えや消費意欲の高さが女性のゴミ屋敷問題の根底にあると考えられます。
しかし、ゴミ屋敷は様々な問題をはらんでいます。

自宅だけではなく、周辺地域にも迷惑をかけることになりますので、場合によっては地域社会問題にまで発展しかねません。
そこで女性がゴミ屋敷にしないために、常日頃から心掛けるべきことをご紹介します。

不要なものは処分する

ゴミ屋敷になる理由は、物が多いからです。
収納はおろか、部屋、家よりも物が多ければ、物が溢れ、掃除を怠ることでゴミ屋敷へと近づいてしまいます。
そこで、不要なものは捨てるよう心がけましょう。

「いつか使うかもしれない」という心理はよく分かりますが、その「いつか」は来ない可能性が高いです。
特に新しいものを購入する頻度が高い女性の場合、二度と使わない可能性も高いので、使っていないものは処分しましょう。

まとめてではなくコツコツと掃除を

フルタイムで働いている女性の場合、部屋が汚くても週末等、空いた時間にまとめて掃除をと考えがちです。
帰宅しても疲労や次の日の準備など、掃除に割く時間・労力がない女性も多いかと思います。
しかし、まとめて掃除をするよりも、コツコツ掃除をした方がゴミ屋敷リスクは低下します。

それこそ一日数分程度でも良いでしょう。
気になったものを捨てる、あるいは片付ける。仮に1日数分、週に5日行えば一週間でおよそ20分程度は掃除をしている計算になります。

掃除の量が多いと掃除のモチベーションも低下する

むしろ不要なものが増えてしまうと、掃除のモチベーションが低下してしまいます。
週末や休日にまとめて掃除をと思っていたものの、不用品の多さで掃除をする気持ちが低下してしまうこともあります。
結果、物がさらに溢れることになり、ますます掃除や整理整頓のモチベーションが低下する悪循環となりかねません。

1日で完結できなくても悪いことではないと考える

ゴミ屋敷とは言わずとも、それなりに部屋が汚くなると掃除や整理整頓のモチベーションは低下します。
掃除をしようと思っても、1日では完全に綺麗にすることは難しいでしょう。
しかし、何もしなければ部屋がきれいになることはありません。

1日だけの掃除や整理整頓で元通りの綺麗な状態にする必要はありません。
週末や休日だけしか掃除や整理整頓の時間を作れないとしても、できるところまで行うというスタンスで何ら問題ありません。
少しでも良いので物を処分するなりして物を少なくすることが大切です。

時間がかかることは恥ずかしいことではない

部屋が汚くなればなるほど、綺麗にするには時間がかかります。
例え1日では難しいとしても恥ずべきことではありません。
できるところまでの掃除を繰り返すだけでも、ゴミ屋敷のリスクを軽減できます。

掃除が苦手な女性が心掛けるべきことは?

掃除が苦手な女性が心掛けるべきことは?

掃除や整理整頓が苦手という女性もいることでしょう。
そのような女性は、いざ掃除をと思っても、何から始めればよいのか分からないのではないでしょうか。
そこで掃除が苦手な女性がゴミ屋敷化を防ぐためのコツをいくつかお伝えします。

掃除に「楽しむ」要素を加えてみる

掃除や整理整頓に娯楽性はありません。
つまらない作業だと感じると、モチベーションも高まらないものです。

そこで掃除に楽しむ要素を加えてみましょう。
例えば不用品はフリマアプリを活用し、売れるか売れないか、どれだけ高く売れるのかなどゲーム要素を加えてみるのも手です。
フリマアプリではなく、リサイクルショップでも良いでしょう。

部屋の中で散乱していた物がお金になるのです。
ただただ掃除をするよりは楽しさが出るのではないでしょうか。

自力以外の手段を考える

自力での掃除が苦手、億劫であれば、他者の力を借りた方が良いでしょう。
親族や友人や知人に掃除を依頼するのも手です。
汚い部屋の中を見られるのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、放置を続けたところで部屋がきれいになることはありません。

身内に見られるのが恥ずかしいのであれば、不用品回収業者等に依頼するのも手です。
費用はかかりますが、人間関係はありませんので、身内や友人・知人に依頼するよりは羞恥心は軽減されることでしょう。
自分だけで掃除できないのであれば自分以外の力を借りることで、部屋の掃除を試みてみるのも手です。

行政に相談してみる

もはやゴミ屋敷となってしまっているのであれば、行政に相談してみましょう。
ゴミ屋敷対策の条例を整え、ゴミ屋敷解消のための支援策を用意している自治体もあります。

自治体の場合、利益ではなく社会公益性に基いた対策を行いますので、公平かつ客観的な視点でサポートしてくれることでしょう。

女性にとってもゴミ屋敷は他人事ではないからこそ

女性にとってもゴミ屋敷は他人事ではないからこそ

女性にとってゴミ屋敷は決して他人事ではありません。
むしろ生活様式や価値観を考えると、ゴミ屋敷化してしまう要素が多々あります。
常日頃から整理整頓を心掛け、不要なものは早めに処分するなど整理整頓を心掛けましょう。
後回しにし続けることこそ、ゴミ屋敷化の一歩目となってしまいます。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=