女性のゴミ屋敷住人が急増中!その背景や解決方法とは

ゴミ屋敷の住人は、身の回りを整えることができなくなった高齢者の方も多いですが、近年では若い女性も多くなっています。

一体なぜ女性がゴミ屋敷を作り出してしまうのか、女性とゴミ屋敷と聞いても余り結びつかないかもしれません。

今回は、

  • 女性がゴミ屋敷を作り出してしまう理由
  • ゴミ屋敷にならないために女性が気を付けるべきこと
  • ゴミ屋敷になった場合どうするべきか

をお伝えしていきます。

もし、ご自身の家がゴミ屋敷化していると感じたら、片付けるきっかけになれば幸いです。

既に身内にゴミ屋敷状態の女性がいる場合も、是非解決に向けて当記事を参考にしてみてください。

ゴミ屋敷に住む女性が増えている?!

ゴミ屋敷に住む女性が増えている?!

なぜ女性のゴミ屋敷が増えてきているのでしょうか。

ゴミ屋敷を作り出してしまう女性には下記のような共通点があることが分かっています。

  • 仕事が忙しい
  • ストレスを溜めやすい
  • 人に頼るのが苦手
  • 幼い頃から片付け下手
  • 物を捨てることに罪悪感がある
  • カーテンを開けないなど周りに生活を見せないようにしている

意外に感じるかもしれませんが、キャリアウーマンがゴミ屋敷の住人というケースもあります。

仕事に疲れて、家を整える余裕がなく、どんどんと家の中が乱れていってしまうのです。

「仕事ができるしっかりとした人」というイメージを周りにもたれているので、自分がいっぱいいっぱいの状態でも、片付けを手伝ってほしいなどと周りに助けを求めにくいといった背景もあります。

また、近隣へのストーカー対策も影響してきます。

若い1人暮らしの女性だと、家の中を覗かれないように昼間でもカーテンを閉めていたり、洗濯物を外に干せないという方もいます。

ゴミを出す回数も極力減らして、ゴミの中身を見られないように警戒する方もいます。

そういった方は、家の中が気付けばどんどん物で溢れていたという結果になることもあります。

女性がゴミ屋敷を作ってしまう理由

女性がゴミ屋敷を作ってしまう理由

ゴミ屋敷を作りやすい女性の特徴をお話ししましたが、まだまだ他にも女性ならではのゴミ屋敷化しやすい理由があります。

物をよく購入する

美容やグルメ等、一般的に女性の方が男性よりも消費意欲が高いとされています。

つまり、女性の方が男性よりも物を購入する機会が多いということになります。

メイク用品やファッションアイテムを毎シーズンごとに買い替える女性は珍しくありません。

新しいアイテムを購入時に古くなったものを捨てれば物は増えていきませんが、「また使う機会があるかも」と古いものも残している人の方が多いのではないでしょうか。

こういった行為を繰り返すうちに、自分では管理しきれないぐらいの物が増えていき、収納スペースが足りずに部屋の中に適当に置いていくといった事態になってしまうのです。

ネットショッピングをよく利用する

コロナ禍という事もあり、ネットショッピングを利用する方も増えました。

お店に買いに行く手間が不要で、自宅に荷物が届くのは非常に便利ですが、その分段ボールなどの梱包材が溜まっていってしまいます。

資源回収日は、他のゴミの回収と比べて頻度が少ない自治体が多いので、出しそびれた段ボールが大量に溜まってしまっているというケースも多いです。

物を買ったらその分部屋の物量が増えてしまうのに、それだけでなく梱包材まで増えていってしまうので、部屋が物で溢れている人がネットショッピングを多用するのは注意が必要です。

オンとオフの区別がハッキリとしている

外ではしっかりとメイクやファッションに気を配っている女性ほど、家ではゆったりとリラックスして過ごしている傾向があります。

オンとオフの区別がハッキリとしていることはストレスを溜め込まないことに繋がるので、心の健康にとってはいいことなのですが、ついつい家ではダラダラとし過ぎてしまう人もいます。

食べたものをすぐに片付けなかったり、出したDVDや本などを元の場所に戻さないまま、また仕事の日々に戻っていくと、少しずつ家を汚していってしまうことになります。

仕事に追われる人が増えている

近年、社会で活躍する女性も増えましたが、外で働く時間が増えるほど家事に割く時間は少なくなります。

忙しい女性の中には、帰宅したら寝るだけといった生活を送っている方もいます。

家を整える時間がないまま生活を送っていくとゴミ屋敷を作ってしまうことに繋がります。

ゴミ屋敷にならないために女性が気を付けるべきこと

ゴミ屋敷にならないために女性が気を付けるべきこと

女性ならではのゴミ屋敷化させてしまう特徴が見えてきたところで、ゴミ屋敷になってしまわないよう気を付けるべきポイントをご紹介していきます。

日頃から意識することで、手が付けられない程の状態になるのを防ぎましょう。

不要なものはすぐに処分する

ゴミ屋敷になる理由は、物を溜め込んでしまうからです。

いくら収納力がある家でも、クローゼットよりも物が多ければ、部屋に物が溢れてしまいます。

それでも何とか整理整頓を続ければ大きく乱れることはありませんが、少しでも怠ればゴミ屋敷へと近づいてしまいます。

ゴミ屋敷を作り出してしまう人の多くが、整頓下手です。

「いつか使うかもしれない」と何でも捨てずに取っておき、更に新しいものを買い足して物量が収納スペースを大幅に超えてしまうのです。

特に流行りで使うものが変わっていく女性の場合、今使わないものは二度と使わない可能性が高いので、1年以上使っていないものは処分するようにしていきましょう。

掃除をする習慣をつける

フルタイムで働いている女性の場合、平日は帰宅しても疲れていたり、次の日の準備などで掃除に割く時間や労力がなく、週末などの空いた時間にまとめて掃除をしようと考えがちです。

しかし掃除はまとめてするよりも、コツコツした方がゴミ屋敷化するリスクは減少します。

1日数分だけでも大丈夫です。

おすすめは15分以内の時間でアラームを設定して、掃除時間を1日のどこかに設けることです。

掃除だけをする時間を作ることで、部屋も片付き、キレイにしようという意識が生まれます。

掃除に没頭することで脳のリフレッシュも期待でき、達成感も得られ、いいことだらけです。

複数回に分けて片付ける計画を立てる

ゴミ屋敷と呼ばれるレベルであれば、素人では1日で片付けられないことが想定されます。

せっかく意を決して片付け始めても、綺麗になったという達成感が得られなければ、途中で気持ちが折れてしまいがちです。

このような場合は1日で片付けようとせず、数回に分けて計画的に片付けを行っていきましょう。

少しずつでも綺麗になってきた達成感が得られれば、やる気も続く可能性が高まります。

買い物以外のストレス発散方法を見つける

買い物が趣味という方も多いと思います。

しかし1日の終わりに、疲れた頭でよく検討せずに購入してしまったということも有り得ます。

一旦次の日まで待つなど、時間を置くことで冷静になれることもあるので試してみてください。

仕事に追われていると、趣味を楽しむ時間も余裕も余りないかもしれません。

しかし可能であれば買い物以外のストレス発散方法を見つけると、いいでしょう。

ゴミ屋敷になった場合どうするべきか

ゴミ屋敷になった場合どうするべきか

もう既に家がゴミ屋敷化している場合は、どうしたらいいのでしょうか。

重い荷物を1人で運ぶのは困難だったりします。

ゴミ屋敷の女性ならではの片付け方法を見ていきましょう。

他者の力を借りる

自分だけでは片付けられないと思ったら、家族や友人など他者の力も頼ってみましょう。

汚い部屋の中を見られるのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、放置するとゴミ屋敷化が進んでしまいます。

身内に見られるのが恥ずかしければ、ゴミ屋敷清掃業者等に依頼するのも一つの方法です。

費用はかかりますが、身内や友人・知人に依頼するよりは羞恥心が軽減されることでしょう。

フリマアプリなどで売却する

女性のゴミ屋敷によくあることですが、女性は新しいものをどんどんと買っていくケースが多いため、まだ利用価値のあるものが部屋に溢れていたりします。

不要品を一気に捨てるのもいいのですが、まだ使えるものであればフリマアプリやリサイクルショップでお金に変える事が出来るかもしれません。

不用品がお金に変われば、部屋を片付ける意欲も生まれるのではないでしょうか。

行政に相談してみる

もうどうにもならない状況まで汚れていると感じたら行政に相談してみましょう。

ゴミ屋敷解消のための支援策を用意している自治体もあります。

自治体の場合、利益ではなく社会公益性に基いた対策を行いますので、公平かつ客観的な視点でサポートしてくれることでしょう。

解決に向けたアドバイスがもらえることもあるので、ゴミ屋敷解消への一歩となるはずです。

まとめ

女性のゴミ屋敷住人が急増中!その背景や解決方法とは

女性にとってゴミ屋敷が決して他人事ではないことが当記事で伝わったでしょうか。

ゴミ屋敷と女性は疎遠な関係どころか、むしろ生活様式や価値観を考えると、ゴミ屋敷化してしまう要素が多いということがお分かり頂けたと思います。

もし自力で片付けるのが難しい場合は、プロの業者などに依頼することも一つの方法です。

本来なら数日かかってしまうようなゴミ屋敷でも、素早くゴミの撤去をしてもらえます。

手が付けられないぐらいのゴミ屋敷化してしまう前に、常日頃からなるべく整理整頓を心掛け、不要なものは早めに処分するよう心がけましょう。

あなたにおすすめの新着記事

実家 ゴミ屋敷 片付け ブログ01