ブログblog

ゴミ屋敷化を防ぐための高齢者への支援制度とは?既にゴミ屋敷になってしまった場合はどうする?


自力でゴミ出しが難しい高齢者や要介護者、障害のある方を支援するため、政府が支援を進めているのが「高齢者ごみ出し支援制度」という取り組みです。

ゴミ出しを自力で行えない一人暮らしの高齢者が増え、家がゴミ屋敷となるケースがあとを経ちません。

この記事では、ゴミ屋敷化を防ぐ「高齢者ごみ出し支援制度」を紹介します。
また、すでにゴミ屋敷となってしまった場合の対処方法も解説していきます。

ゴミ屋敷化を防ぐための高齢者への支援制度とは?既にゴミ屋敷になってしまった場合はどうする?

なぜ「「高齢者ごみ出し支援制度」は必要なの?

なぜ「「高齢者ごみ出し支援制度」は必要なの?

高齢化社会が進む中、特に「独居老人」と呼ばれる一人暮らしの高齢者世帯が急増しています。
2040年には、65歳以上の単身者は男性20.8%、 女性24.5%と、男女ともに人口の2割を超えると予想されています。
出典:環境省「高齢者ごみ出し支援制度導入の手引き」

ゴミ出しができなくなると家がゴミ屋敷となる可能性があります。
衛生的に良くない上に、社会的孤立を深める要因となります。
また、無理にゴミ出しを続けると転倒やケガのリスクも高まるため注意が必要です。

ゴミ屋敷化を防ぐ!「高齢者ごみ出し支援制度」とは?

高齢者のゴミ出し問題を解決するために作られたのが「高齢者ごみ出し支援制度」です。
2019年に政府が出した方針の一つで、障害や要介護状態にあるなどの理由から自力でゴミ出しを行うのが困難な人へ向けた国の支援制度です。

実際は各地方の自治体や地方公共団体、地方コミュニティなどによって運営されている取り組みです。
国は対象となる自治体に対し特別交付税という形で予算を交付し、実際にかかった費用の半分を負担します。

これまでも各自治体ごとに独自で高齢者へのゴミ出し支援を行っていました。
しかし、財源や人員不足などで2019年3月時点では全自治体の23.5%しか取り組まれていませんでした。
国の方針として各自治体を支援をすることで、この取り組みが全国へ広まっていくことが期待されています。

「高齢者ごみ出し支援制度」の仕組み①対象者

この支援制度を利用する人の範囲について、国は明確なルールを定めていません。
以下のような状況を鑑みた上で各自治体が判断しています。

  • 年齢
  • 介護認定
  • 世帯構成
  • 障がい認定

気になる人はお住まいの役所へまずは相談してみると良いでしょう。

「高齢者ごみ出し支援制度」の仕組み②どんな事をしてもらえるの?

自治体の職員やNPO支援団体、自治会などが自力でのゴミ出し困難な家庭を回り、ゴミを代わりに出してくれます。
基本的には既に分別された玄関先にあるゴミを収集していく形です。

しかし、ゴミの分別が難しい、ゴミを集めることが困難、ということがあります。
その場合、ホームヘルパーや訪問介護員などの協力を得ながらゴミ出しを行う必要があるでしょう。

「高齢者ごみ出し支援制度」を利用するメリットは?

「高齢者ごみ出し支援制度」を利用するメリットは?

この支援の目的は、自力でゴミ出しが困難な人のための支援です。
しかし、その他にも以下のようなメリットがあります。

  • ゴミの回収を通して安否確認を行える
  • ご近所さんとの繋がりを持てる

また、確実にゴミを捨てることができるため、ゴミ屋敷の防止につながります。

「高齢者ごみ出し支援制度」デメリットは?

この支援制度を利用することでの利用者側のデメリットは特にありません。
ただし、入院など長期不在となる場合やゴミ出しが不要な場合に連絡する必要があります。
外部とのコミュニケーションが必要となるため、他人と関わることが苦手という方にとってストレスになるかもしれません。

すでにゴミ屋敷と化した家を片付けるには?

すでにゴミ屋敷と化した家を片付けるには?

以下のように、すでに家がゴミ屋敷となってしまっている場合にはどうしたら良いのでしょうか。

  • ゴミを溜め込み家がゴミ屋敷化してしまった
  • ゴミ屋敷となった状態を誰にも知られたくないから支援を頼めずにいる

まず、ゴミ屋敷となるリスクからご説明します。

ゴミ屋敷となった場合のリスク

ゴミ屋敷となった場合、以下のような健康被害を被る可能性が考えられます。

  • ゴミにつまずいて転倒する
  • チリ・埃によるアレルギーの発症
  • 害虫などによる虫刺され

また、ゴミが家の外にまで出ている場合、放火のリスクが高まります。
住んでいる本人だけではなく、近隣住民への安全のリスクも考慮する必要があります。

ゴミ屋敷と化した家の片付け方法

一度ゴミ屋敷となってしまうと一人の力で状況を改善していくことは難しいでしょう。
その場合、福祉サービスや片付け専門業者などの力を借りるのが良いでしょう。

特に高齢者の場合、加齢による体力の低下や判断力の低下などの影響から、ゴミを集める、分別するといった作業に時間がかかります。
せっかく片付けようと思っても途中で挫折してしまう可能性もあります。
以下にゴミ屋敷となってしまった場合の対処手段についてまとめました。

すでにゴミ屋敷と化した家の片付け方法①地域コミュニティや福祉サービスを活用しながら自力で片付ける

家族への協力依頼が難しい場合には、以下に片付けを手伝ってもらえないか相談してみるのがおすすめです。

  • 自治体
  • 地域の福祉コミュニティ
  • NPO団体
  • 介護ヘルパーさん

一度ゴミ屋敷となってしまった場合、一人で状況を改善するのは難しいです。
地域やコミュニティの力を借りて、確実に片付けていきましょう。

すでにゴミ屋敷と化した家の片付け方法②片付け業者へ依頼する

ゴミ屋敷を片付ける場合には、片付け専門業者に依頼すると最も早く確実に作業を終わらせることができます。

ゴミが多い場合には複数の作業員がチームとなり片付けを行うため、圧倒的に早く終わらすことができます。
また、片付け以外にも清掃や除菌まで依頼できるため衛生面においての改善も期待できます。

業者によっては買取サービスも行っており、状態の良い家電や家具、ブランド品などは高価買取してもらえるチャンスもあるため作業費用を安く抑えられる可能性もあります。

ゴミ屋敷化を防ぐ高齢者への支援制度を利用しよう

ゴミ屋敷化を防ぐ高齢者への支援制度を利用しよう

「高齢者ごみ出し支援制度」や、すでにゴミ屋敷となってしまった場合の対処方法についてご紹介しました。

この支援制度を活用することで、ゴミ出しを自力ですることが難しい高齢者や要介護者、障がいのある方の家がゴミ屋敷となるリスクを減らすことができます。
さらに、地域との繋がりを持てたり、孤立化を防ぐ効果もあります。

ゴミ屋敷となってしまった場合には、地域の力を頼る、専門業者に依頼するなど、他者に協力を求め片付けを進めていくと良いでしょう。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=