ブログblog

「ゴミ屋敷」の定義とは? リスクについても解説


近年、メディアなどにも何度も取り上げられ、知られるようになった「ゴミ屋敷」。
テレビ番組などで、ものだらけ、ゴミだらけになっている家を見たことがある人も多いのではないでしょうか。
ゴミ屋敷は、住んでいる本人の生活環境が悪化や健康被害だけでなく、周辺環境にも深刻な影響を及ぼします。
ゴミ屋敷とは何なのか、また、どんな問題があるのでしょうか。

ゴミ屋敷の定義を考える女性

ゴミ屋敷の定義とは?

ゴミ屋敷の定義とは?

よく耳にする「ゴミ屋敷」ですが、一体どんな家を「ゴミ屋敷」と呼ぶのでしょうか。

国土交通省では、「ゴミ屋敷」は「病害虫の発生や悪臭など、既に社会的な問題となっていたり、周辺住民からなんらかの苦情等が寄せられているものなどを対象とする」としていますが、現在、「ゴミ屋敷」と呼ばれているものに対する明確な定義はありません。

「ゴミ屋敷」というワードからイメージされるのは、家中にゴミが積まれて生活できる空間がほとんどなく、家として管理されていない状態の住居を指すことが多いようです。
よくテレビで見かけるような、ゴミ集積所ではないのに、ゴミが山積みの状態で放置された、本来は居住用である建物や土地のことですね。
このような家や土地が、一般的に「ゴミ屋敷」と呼ばれています。
居住者は、自ら出すゴミを放置するだけでなく、近隣のゴミ集積所に捨ててあるゴミを運び込んだり、リサイクル業を営んでいると称してゴミを集め、溜め込んでいたりすることもあるようです。

このため、ゴミ屋敷は人間が生活するには適さない状態になっています。
ゴミが天井まで積み上がり、ドアも開けられないほど空間が埋もれていることも少なくありません。
ゴミ屋敷では、建物の外にもゴミが堆積していることが多く、放火などの不審火や害虫・悪臭の発生など多くのトラブルを引き起こしており、深刻な社会問題となっています。
「ゴミなんだから、誰でもいいから捨ててしまえばいいだけでしょう」と思う人もいるのではないでしょうか。
しかし、実際には他人が介入するのは難しいのが現状です。
たとえゴミであっても、法律上は「所有権」が存在するからです。
そのため、第三者から見て明らかにゴミや不要物であっても、持ち主本人が「これはゴミではありません」と主張すれば、他人や行政が介入したり、強制的に排除することは難しいのです。
しかも、そこが私有地であれば、正当な理由なく立ち入ることはできません。
もし住人の許可なく立ち入れば、住居侵入罪となってしまうのです。
このようなゴミ屋敷問題は、2015年ごろから自治体が条例を設けることにより、法整備を進めるようになってきました。
とはいえ、条例があるのは12市区でまだ16%ほど。根本的な解決にはまだまだ程遠いようです。

ゴミ屋敷の特徴とは?

ゴミ屋敷を定義付ける

「自分の部屋、けっこう散らかってるんだけど、これってもしかしてゴミ屋敷?」
と、自分の住まいに不安を感じる人は多いようです。
一般に「ゴミ屋敷」と呼ばれるのはどんな住まいなのか、具体的に見ていきましょう。

足の踏み場がない

室内外に、ゴミ集積所のようにゴミが山積みになっている住まいはゴミ屋敷と言えるでしょう。
また、ゴミがまとまって置いてあるのではなく、秩序なく散乱しているのもゴミ屋敷の特徴です。
このため、ものにつまずき転倒して怪我をしたり、コンセントに溜まったほこりで火事を起こす危険もあります。
中には、風呂桶の中にもトイレにもゴミやものが詰め込まれて使えない状態になっていたり、ドアから出入りすることにも苦労するような家もあるのです。

飲食物のゴミが溜まっている

最初はゴミ袋に入ったゴミを置いていただけだったのに、だんだん溜まるうちに捨てるのが面倒になり、そのまま置いておくようになるケースも。
特に、弁当がらやペットボトル、お菓子の袋など、食べ物や飲み物が残っていても、そのまま放置している人も多いようです。

悪臭や害虫が発生している

ゴミが溜まりすぎている住まいでは、悪臭や害虫が発生します。
食べ物の残りだけでなく、ペットの排泄物などが片付けられず、溜まりに溜まってひどい悪臭が発生するケースも少なくありません。
このような住まいでは、ホコリやカビによって健康に深刻な悪影響が及びます。
空気もなかなか入れ替わらないため、常に汚れた空気を吸うことになってしまいます。

ゴミ屋敷になる過程とは?

ゴミ屋敷の定義を考える

どのお家も、最初は普通のお家だったはず。
どのようにして、ゴミが溜まり、ゴミ屋敷になっていくのでしょうか。
順を追って見ていきましょう。

部屋全体が薄汚れ始める

床は見えるけれどゴミ袋が複数個置いてある・・・という状態は、まだゴミ屋敷とまでは言えないものの、ゴミ屋敷への第一歩です。
なんとなく部屋全体が汚れ、清潔感が感じられない状況になっています。
しかし、この段階なら、時間をかければ自力で片付けることができます。

床がほぼ見えなくなっていく

床がゴミで埋まり、ほとんど見えないような状態になると、ゴミ屋敷に足を踏み入れたと言えるでしょう。
ものが乱雑に置かれているため、使いたいものが見つからず、いつもものを探しているような状態です。
季節によっては悪臭やコバエが発生していることもあります。
なんとか自力で片付けることもできる状態ですが、仕事などで時間がない人は業者に依頼するとすぐに片付きます。

足の踏み場がなくなる

床がゴミやもので埋まり、見えなくなっている状態です。
ゴミで足の踏み場がなくなり、生活自体が困難になります。
ゴミ袋が10個以上溜まり、生ゴミや弁当がらなどが散乱、ゴミやものを踏まないと歩けない状態です。
この状態になると、もう立派な「ゴミ屋敷」と言えるでしょう。
こうなると、ゴミを片付けるだけでなく、ハウスクリーニングが必要なケースも出てきます。

悪臭や害虫が発生する

さらに症状が進むと、生活空間をゴミが侵食し、強い悪臭や害虫が発生して健康に被害を及ぼすようになります。
数ヶ月ゴミ出しをせず、ゴミを踏まなくては歩けない状態で、悪臭は耐えられないほどになり、害虫に刺されたり、感染症にかかったり、食中毒を起こしたりする危険もあります。
周辺の家にまで悪臭や害虫の被害が及ぶケースもあり、近隣住民とトラブルになることも。もちろん、健康的な生活は不可能です。
このレベルになってしまったら、自力で片付けることは難しくなります。
そのため、片付けを諦めて、さらにゴミ屋敷化が進むことも。
専門的なハウスクリーニングや害虫の除去などが必要になる場合も多く、業者に片付けを依頼するべき状態でしょう。

室外にもゴミが積まれる

ゴミが、室内だけでなく室外にも積まれ、家全体がゴミに囲まれるような状態です。
害虫や悪臭もさらにひどくなり、ゴミ屋敷に住んでいることが原因での健康被害や怪我なども増えてきます。
また、害虫や悪臭が近隣にも及び、近所の人から苦情が入り始め、行政から指導が入ることもあります。
もう自力でどうにかできる範囲ではなくなり、自治体によって強制的にゴミが強制撤去されるようなケースもあります。
今すぐ業者に依頼し、一刻も早く片付けなくてはならない状態です。

ゴミ屋敷のリスクとは?

ゴミ屋敷の定義は?

どう考えても良いことのなさそうなゴミ屋敷ですが、具体的にはどのようなリスクがあるのでしょうか。

健康を損ねる

ゴミで埋もれた家は、日当たりが悪く湿気がこもりやすく病原菌やウイルスが繁殖しやすい環境のため、感染症やアレルギーを引き起こしやすくなります。
放置された生ゴミや腐敗した食品から害虫が発生し、ここから病気にかかるケースもあります。
さらに、部屋がものであふれているため、ものにつまずいたり踏んだりすることが多くなります。
足の裏にものが刺さったり転倒したりなど、大ケガにつながりリスクも高くなります。

家が傷む

窓を開けることができない、換気扇が回せないといった状況になると、湿気が家の中にこもってしまいます。
そのため、カビが繁殖しやすくなり、家を傷めてしまいます。
ゴミの重さで床が破損したり、木材が腐ったりして倒壊したケースもあります。

火災の可能性

掃除が行き届いていないために、コンセント周りがゴミやほこりで埋まったり、タップの上に乗ったゴミが加熱したりなどし、火災の原因となります。
住居にはゴミが散乱しているため、いったん火災が起こると大火災になりやすく、室内はゴミで埋もれて避難経路が確保できず、死亡事故につながり兼ねません。

近隣への迷惑

悪臭や害虫の発生、放火などのいたずら、家屋の倒壊など、ゴミ屋敷は近隣住民を巻き込み、危険にさらすことになります。

まとめ

「まだいいかな」とゴミ捨てや掃除を怠っていると、いつの間にかゴミ屋敷に・・・。
健康や生活を守ってくれるはずの家が、命を脅かす存在になりかねません。
ゴミ屋敷には、なるべく早い対処が必要です。
自分の部屋の状態をしっかり把握して、悪化させないよう対処しましょう。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=