ブログblog

オイルヒーターの処分方法・捨て方|オイルは抜く必要がある?


オイルヒーターは静粛性に優れていたりメンテナンスフリーな点、さらには放射熱であることから空気が汚染されず人体や部屋に優しい点など様々なメリットがある暖房機器です。
しかし、処分に悩んでいる人も多いようです。
そこでオイルヒーターの処分方法等についてまとめました。

オイルヒーターの処分方法・捨て方|オイルは抜く必要がある?

オイルヒーターの処分方法について

オイルヒーターの処分方法について

オイルヒーターの処分方法は主に5種類に分類できます。
まずはどのような方法があるのかを把握しておきましょう。

自治体での回収・処分

不要になったオイルヒーターはゴミとして自治体に処分を依頼できます。
但し、ゴミ・不用品回収は自治体によってそれぞれルールが異なります。
お住まいの地域のゴミ収集・不用品回収のルールを調べておきましょう。

電話で直接問い合わせしたり、自治体の公式サイトで処分方法や必要な手続きの流れ等が記載されているのでチェックしてみるとよいでしょう。

オイルヒーターを自治体で処分する場合は有料

自治体で処分する場合、基本的に有料だと考えておきましょう。
特にオイルヒーターのように大きな物は、無料で引き取ってくれる自治体の方が珍しいでしょう。

オイルヒーターを必要としている人に譲る

不用品として処分するのではなく、オイルヒーターに興味のある人に譲ることも可能です。
友人や知人等、身近な人への譲渡することができるでしょう。

フリマアプリやオークションサイト等に出品し、オイルヒーターが欲しい人へ売却処分することも可能です。
フリマアプリやオークションサイトの場合、対価を得られるケースもある一方、買い手が見つからなければいつまでも処分できません。

有効な処分方法ではあってもオイルヒーターの年式や状態次第

年式の新しいオイルヒーター、状態の良いオイルヒーターであれば買い手が見つかる可能性は高いでしょう。
しかし、状態が悪かったり古いオイルヒーターの場合、なかなか買い手が見つからず、処分できないケースも考えられます。

また、買い手が見つかったとしても、出品作業を行う必要があります。
梱包等を行い、運送会社を手配しなければなりませんので、急いでいる時には不向きです。
使わなくなったオイルヒーターの処分であれば良いでしょう。
しかし、引っ越しや転勤等、急を要する時には処分できない可能性もあります。

製造メーカーに依頼して処分する

デロンギのように、依頼することでオイルヒーターの処分に応じてくれる製造メーカーもあります。
送料がかかりますが、メーカーに送付することで無料で処分してもらえます。

メーカー側は、利用者からオイルヒーターを回収することで、まだまだ使用できる資材等の再利用や、近年はゴミ・資源問題が国際的にも大きな問題へと発展していることから、社会的責任感のアピールになる点等がメリットになります。

しかし、全てのメーカーにて対応しているものではありません。
また、他社メーカーには対応していませんので、他のメーカーのオイルヒーターを処分することはできません。

買取業者に依頼して処分する

リサイクル業者等、買取業者にオイルヒーターを売却し、処分することも可能です。
こちらもまた、対価を得ることができます。
買取業者によっては自宅まで訪問・出張買取にも対応しているので、店舗までオイルヒーターを持ち運ぶ必要がありません。

こちらもオイルヒーターの状態次第

但し、買取業者は再販を目的に買取を行います。
買取ったオイルヒーターは他の販売業者に売却するか、リサイクル業者であれば自店にて販売します。
そのため、状態の良い物、新しいものであれば買取にも快く対応してくれますし、価格もそれ相応の物になるでしょう。
しかし、買い手が見つからないであろう状態のオイルヒーターの場合、値がつかないケースも考えられます。

不用品回収業者に依頼して処分する

不用品回収業者への依頼は、対価を得るためではなく、あくまでも処分です。
そのため、新しいオイルヒーターの場合には買取業者に依頼した方がお金になります。
不用品回収業者に依頼するメリットは、古いオイルヒーターにも対応している点です。

買取業者やフリマアプリ、オークションサイトは基本的に買い手の有無次第です。
年式の古さや傷んでいるといった、買い手からの需要がないオイルヒーターの処分は難しいです。

その点、不用品回収業者であれば処分の依頼になりますので、他では買い手が見つからないであろうオイルヒーター、動かないオイルヒーターであっても処分を引き受けてくれます。

オイルヒーターを処分する際のQ&A

オイルヒーターを処分する際のQ&A

オイルヒーターの処分方法の選択肢は主に上記となります。
実際に処分する際、度々寄せられる疑問の声がありますので、それらについてもいくつか解説します。

オイルヒーターを処分時のオイルの取り扱いについて

オイルヒーターは、オイルをオイルヒーターに入れて燃焼させ、暖房効果を期待するものです。
そのため、処分時にオイルヒーターにオイルが入っているケースも珍しくありませんが、オイルに関しては自治体に出す時には自治体のルールを確認する必要があります。

また、買取業者等であればオイルを抜く必要はありませんが、こちらも業者によって異なるので、処分を頼ろうと考えている業者には、一度問い合わせて確認しておくとよいでしょう。

自治体でオイルヒーターを処分する場合の費用

自治体によってオイルヒーターの処分費用は異なります。
例えば一例として以下のようになります。

  • 福岡県福岡市:300円
  • 東京都世田谷区:800円
  • 東京都新宿区:400円~800円(商品電力によって変動)
  • 大阪府大阪市:オイルを抜かなければ回収不可

このように、自治体によって異なる点が分かっていただけたのではないでしょうか。
自治体の不用品回収事業は利益を求めた営利事業ではありません。
あくまでも公共事業になりますので、他の自治体と比較して決めるのではなく、あくまでも自治体内での予算の兼ね合いによって決まります。

動かないオイルヒーターでも処分は可能なのか

故障等で動かないオイルヒーターに関しては、自治体か不用品回収業者の二択になるでしょう。
デロンギであればメーカーに依頼しての処分が可能ですが、他のメーカーの場合、リサイクル業者等での買取は対応不可です。

フリマアプリやオークションサイトでも、動かないオイルヒーターを購入してくれる人は現実的に考えていないでしょう。

オイルヒーターは小型家電リサイクル法該当品目ではない

オイルヒーターは家電品なので、小型家電リサイクル法に基づく処分が必要だと考えている人も多いようです。
しかし、実はオイルヒーターは小型家電リサイクル法には該当しません。
小型家電リサイクル法は小型電子機器の再資源化を促進するためのもので、再資源化できる部品が少ないオイルヒーターは対象外です。

オイルヒーターの処分方法は多々ある

オイルヒーターの処分方法は多々ある

オイルヒーターの処分方法は多々ありますので、状況・環境等に合わせた方法を選びましょう。
しかし現実的に、売却できるオイルヒーターは高年式や状態の良いものです。
古い物、あるいは既に動かないオイルヒーターの処分は自治体か不用品回収業者の二択になるでしょう。

まずはオイルヒーターのスペック等を確認し、どのように処分するのかを考えてみましょう。
但し、自治体によって処分方法・費用が異なりますので、オイルヒーターの状態と共に、自治体のルールもチェックしておきましょう。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=