オイルヒーターの処分方法・捨て方とは?オイルは抜く必要がある?

寒い冬に役立つ暖房器具のひとつに、「オイルヒーター」があります。

暖房器具は、エアコンやファンヒーター、電気ストーブなどさまざまな種類がありますが、静粛性に優れているオイルヒーターは、寝室やリビングの暖房に最適です。

メンテナンスフリーな点、さらには放射熱であることから、空気が汚染されず人体や部屋に優しい点など様々なメリットがあります。

しかし、オイルヒーターは置き場所を取る上に電気代もかさむという欠点もあります。

特に電気代が上がっている昨今では、処分をお考えの方も少なくないかもしれません。

そこでこの記事では、不要になったオイルヒーター処分方法について詳しく解説します。

オイルヒーターの処分方法・捨て方とは?オイルは抜く必要がある?

オイルヒーターは「小型家電リサイクル法」対象外

オイルヒーターは「小型家電リサイクル法」対象外

日本では、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機の4品目を「家電リサイクル法」に基づく処分が定められています。

さらに2013年には、小型電子機器の再資源化や促進を目的とした「小型家電リサイクル法」も制定されました。

オイルヒーターは家電製品なので、小型家電リサイクル法に基づく処分が必要だと考えている人も多いようです。

しかし、結論から言うと、オイルヒーターは小型リサイクル法の対象品目に該当しません。

オイルヒーターは小型家電回収ボックスには到底入らないサイズであるため、対象外としている自治体がほとんどです。

また、30cmを超えるオイルヒーターは、たいていの自治体で家庭ごみとして出すこともできません。

不要になったオイルヒーターは、基本的に無料回収以外の方法で手放す必要があります。

オイルヒーターの処分方法10選

オイルヒーターの処分方法10選

オイルヒーターはファンヒーターや電気ストーブよりもサイズが大きいことから、処分方法に悩むことが多い家電のひとつです。

しかし、そんな処分に悩むオイルヒーターも、手放す方法は幅広くあります。

それぞれの処分方法の詳細を、メリット・デメリットと併せて見ていきましょう。

自治体での回収・処分

一番手軽な処分方法は、自治体が回収する「粗大ごみ」に出すことです。

自治体によって粗大ごみの取り扱い品目や料金などの定義は異なりますが、ほぼすべての地域でオイルヒーターを粗大ごみとして回収してもらえます。

メリットデメリット

処分手数料が安く済む

(1,000円程度)

事前の申し込み受付が必要

すぐに処分できない(早くて1週間後)

指定の回収場所まで自力で運ぶ

粗大ごみとして処分する一番の利点は、高額な処分料がかからないことでしょう。

処分料金の例

エリア処分料金
東京都新宿区 消費電力1,000w以下:400円

消費電力1,000w超え:800円

東京都世田谷区 10kg以下:400円

10kg超20kg以下:800円

20kg超30kg以下:1,200円

宮城県仙台市 高さ、幅、奥行きの合計1.5m未満:400円

高さ、幅、奥行きの合計1.5m以上:800円

福岡県福岡市

300円

事前の受付は電話やWebで申し込むだけなのでそれほど手間ではありませんが、デメリットもあります。

  • 申し込みから回収までに時間がかかること
  • 指定場所まで自分で運ばなければならない

エレベーターのない集合住宅にお住まいの方や、自力で運ぶのが困難な方は、粗大ごみ回収が難しい場合もがあります。

ゴミ処理場へ持ち込む

不要なオイルヒーターが複数台ある場合や、他にも処分したい物がある方は、ゴミ処理場へ直接持ち込む方法がおすすめです。

メリットデメリット
1回分の持ち込み費用で、まとめて処分できる 自分で運搬する必要がある

処理場が自宅から遠い可能性がある

自治体の粗大ごみ回収は1品ごとに処分料金がかかりますが、ゴミ処理場へ自己搬入すれば、持ち込み1回分の料金で済みます。

まとめて処分したい方にとっては、処分費用を抑えられることが利点です。

しかし当然ながら、自分で運搬する手間がかかります。

また、処分場は郊外などあまりアクセスの良くない場所にあることが多く、自宅から距離があるケースもあるでしょう。

車ならガソリン代も掛かりますので、時間・費用トータルで検討してみましょう。

メーカーに依頼して処分する

メーカーに依頼して処分する

オイルヒーターを製造しているメーカーによっては、不要になったオイルヒーターの回収に対応しているところもあります。

オイルヒーターの回収に積極的なメーカーのひとつが、「デロンギ」です。

テロンギでは、地方自治体での回収が難しい場合、「デロンギ再資源化システム」という回収サービスを利用できます。

回収方法例(デロンギ)

製品が入っていた箱またはお手持ちの箱にオイルヒーターを入れて、「元払い」で発送。

※着払いは不可

※箱の用意が難しい場合は、1,800円(代引き手数料込み)で手配も可能

※デロンギ再資源化システムの回収対象製品は、弊社製品に限ります。

〈参照元〉【オイルヒーター】製品のリサイクルについて(デロンギ)

メリットデメリット
処分方法に悩まない

自己負担は送料だけで回収してもらえる

すべてのメーカーで実施しているサービスではない

メーカーに回収を依頼すると送料が掛かりますが、処分料は無料です。

また、、まだまだ使用できる資材等の再利用に繋がります。

まずはお手持ちのオイルヒーターのメーカーが回収サービスを実施しているか確認しましょう。

販売店に引き取ってもらう

オイルヒーターを購入した販売店で引き取ってもらえる場合や、新しいオイルヒーターに買い替えれば引き取り可能な場合があるようです。

メリットデメリット
処分方法に悩まない回収に対応している販売店は限られる

買い替えが前提

メーカーの回収サービスと同じく、販売店も引き取りサービスの有無は異なります。

費用や引き取りを行っているかなどは店によって異なりますので、まずは事前に問い合わせてみましょう。

不用品回収業者へ依頼する

ここまで紹介したオイルヒーターの処分方法は、運び出したり発送したり、何かしらの手間や時間がかかります。

引っ越し等で急いでいる、できるだけ手間をかけずに処分したい、という方は「不用品回収業者」への依頼も一つの方法です。

メリットデメリット
最短で即日回収が可能

運び出す必要も手間もかからない

他の処分方法より費用がかかる

不用品回収業者は、家からの運び出しから回収まで、一連の作業をスタッフが行います。

また、スケジュールが空いていれば、即日対応してもらえる場合もあります。

業者によっては早朝・夜間でも対応してもらえるなど、融通が利きます。

ただし、便利な分、費用は決して安いとは言えません。

人件費などがかかる分、オイルヒーターの処分だけで利用するのは割高となります。

不用品回収業者は幅広い品目の不用品の回収に対応しているため、他にも不要なものがある場合、まとめて処分を依頼することをおすすめします。

買取サービスのある不用品回収業者も

不用品回収業者の中には、まだ使える不要品の買取に対応しているところあります。

状態の良いオイルヒーターがあれば、作業料金から値引いてくれるため、費用が抑えられる可能性があります。

オイルヒーターを必要としている人に譲る

不用品として処分するのではなく、人に譲ることもひとつの方法です。 

オイルヒーターの寿命は10年程度と長く、しっかりメンテナンスを行っていれば15~20年使い続けることも可能です。

身近な人で使ってくれそうな方がいれば、引き取ってもらいましょう。

メリットデメリット
ゴミとして処分するよりもエコ

処分費用が浮く

特になし

人に譲るという処分方法は、特にデメリットはありません。

譲る側は処分料が浮いて、引き取る側は欲しい物が手に入り、お互い様です。

もし、友人や知人で引き取り手が見つからない場合でも、地域密着型の掲示板やアプリ、SNSを利用して、譲渡先を見つけることもできます。

リサイクルショップへ持ち込む

状態の良いオイルヒーターなら、売って現金化できる可能性もあります。

売却してお金に換えられれば、処分料が浮くだけでなく臨時収入も入ります。

不要になったオイルヒーターを売る方法のひとつとして挙げられるのが、リサイクルショップです。

メリットデメリット
売れれば即現金化できる

お店へ持ち込む手間がかかる

必ず売れるとは限らず、売れても雀の涙

直接持ち込み査定するため、買取可能であればその場でお金を受け取ることができます。

混み具合によって異なりますが、30分~2時間程度で手続きが終わるでしょう。

店によっては、自宅まで出張査定・買取にも対応しているため、自力で持ち込めない方も利用できます。

ただし、買取金額は雀の涙ほどで、高額買取は望めません。

状態や型式によっては、引き取ってもらえず持ち戻りになる可能性もあります。

不要になったオイルヒーターをリサイクルショップの買取に出す際は、あまり期待せず、処分費が浮けば程度の気持ちで持ち込みましょう。

フリマアプリ・ネットオークションに出品する

少しでも高値で売りたい方は、フリマアプリやネットオークションがおすすめです。

メリットデメリット
高値で売れる可能性がある(自分で値段を設定できる) 出品や発送、梱包などの手間がかかる

売れるとは限らない

フリマアプリやネットオークションは、「売りたい人」と「買いたい人」を直接マッチングするので、リサイクルショップよりも高値で現金化できる可能性があります。

しかし、品物の撮影や説明文の入力・発送、質問への返答など、すべて自分で行わなくてはならず、手順は簡単とはいえ手間がかかります。

出品後すぐに買い手がつくとも限らないので、急ぎの方は他の処分方法が良いでしょう。

オイルヒーターのオイルは抜く必要がある?

オイルヒーターのオイルは抜く必要がある?

そもそもオイルヒーターは、内部のオイルを燃焼させ、熱伝導によって暖房効果を期待する物です。 

そのため、処分時にオイルヒーターにオイルが入っているケースがほとんどでしょう。

オイルヒーター内部に残ったオイルは、抜く必要があるのでしょうか。

結論から言うと、オイルに関しては自治体によってルールが異なります。

オイルが残ったまま処分可能な地域もあれば、完全にオイルを抜いた物しか回収できない地域もあります。

自治体ルールの例

エリア ルール
東京都世田谷区

オイルはそのままでOK

大阪府大阪市

オイルを抜かなければ回収不可

このように、オイルヒーター処分時のオイルの取り扱いに関しては、自治体ごとに違いがあります。

買取業者等でも業者によって異なるので、依頼を考えている業者には前もって確認しておくとよいでしょう。

オイルを抜く手順

オイルの処理が必要な場合は、必ず抜いてから回収に出しましょう。

正しい手順を踏めば、自力でもオイル抜きができます。

  1. コンセントを抜き、オイルヒーターを放電させておく(1日程度)
  2. ドライバを使ってネジをゆるめて、パネルと配線を外す
  3. 電動ドリルで穴をあけて、内部のオイルを抜く

オイルを抜くときは、流れ出ても良いように大きめの受け皿を用意しておきましょう。

中のオイルが抜けない場合は、オイルヒーターを傾けながらゆっくり出し切りましょう。

オイルの量によっては、完全に抜けきるまで1日かかる場合もあります。

抜いたオイルは揚げ油と同じ要領で、布や紙にしみ込ませて「燃えるゴミ」に出します。

オイルが漏れないよう、ビニール袋を二重にすると安心です。

まとめ

オイルヒーターの処分方法は多々あります。

年式が新しい物や状態の良い物は、リサイクルショップやフリマアプリ、ネットオークションで売却する方法もあります。

年式の古い物や既に動かないオイルヒーターは、ゴミとして処分するか、不用品回収業者などに依頼することも検討してみて下さい。

ゴミとして出す場合は自治体によって処分方法・費用が異なりますので、自治体のルールも合わせて確認しておきましょう。

この記事の監修をしたゴミ屋敷の専門家

氏名:新家 喜夫

年間2,500件以上のゴミ屋敷を片付け実績を持つ「ゴミ屋敷バスター七福神」を全国で展開する株式会社テンシュカクの代表取締役。ゴミ屋敷清掃士認定協会理事長。



\ SNSでシェアする /

関連記事

断捨離で汚部屋から卒業!ポイントとコツをプロが解説
「汚部屋から抜け出したいけど、どこから手を付けたらいいのか分からない」 「一度汚部屋を…
頼んでもいないのに、不用品回収業者がいきなり家に営業しにきたという経験はありませんか?…
「不用品回収を依頼したいけれど、怪しい業者が不安で頼めない」 「悪質な業者と関わって、…
ゴミ屋敷のお風呂解決策と脱出方法
風水では、古いものには悪い運気が溜まりやすく、それらを捨てることで良い運気を呼び寄せる…
除光液の正しい捨て方とは?そのままトイレに流してもいいの?
古い除光液や肌に合わない除光液はすぐに捨てた方がいいのですが、使い切っていない除光液の…
怪しい不用品回収業者の特徴と見分け方
「無料で回収いたします」と拡声器でアナウンスしながら、近所を回っている廃品回収車を安易…
普段生活していて、「自分には運がない」と悩む人は多いはずです。物と運は切っても切れない…
売らずに捨てると運気が上がるもの20選
断捨離は身の回りの不要なものを整理でき、運気を上げる効果に期待できます。 しかし「まだ…
名古屋市で大量の不用品回収を依頼したい時は、どんなプランがお得?持ち込みはできる?専門業者が回答します
「名古屋市で不用品を処分したい」「できれば何か施設のような場所に持ち込みしたい」と悩ん…
川崎市で、自宅に溜まった不用品を専門業者に処分してもらいたい、買取サービスを利用したい…
埼玉県には、様々な掃除業者があります。埼玉県で掃除や不用品回収を依頼したいものの「どの…
引越しで不用品回収もしてくれる引越し業者5選!手早く処分する方法について
引越しする時に困るのが、大量に出てくる不用品。 新居へ移る前に処分しておきたいけれど、…
岡崎市の不用品回収業者のおすすめは?不用品回収や清掃を依頼したい方へ
愛知県岡崎市で、不用品回収業者を探している人もいらっしゃると思います。 しかし、いざ業…
豊田市の不用品回収業者のおすすめは?不用品回収や清掃を依頼したい方へ
愛知県豊田市で不用品を処分したいとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。不用品…
ドライアイスの処分方法とは?正しい捨て方について
アイスクリーム・冷凍ケーキを購入した時や、食品の宅配ボックスに入っていることが多い「ド…
暮らしのマーケットの不用品回収の特徴とは?評判や費用をご紹介します
不用品回収を利用したいとインターネットで検索したところ、暮らしのマーケットというサイト…
ゴミ回収業者のおすすめの選び方!費用相場や分別についても解説
ゴミ回収業者を利用したいけど、どうやって選べばいいか、まったく分からないとお悩みではな…
家具処分はどうする?大型家具や運べない&いらない家具は業者買取?引取り?持ち込み?
自宅にあるいらない大型家具を処分したいけど、どういった処分方法を選べばよいか分からない…
不用品回収業者のおすすめ!危険な業者や評判の優良業者の見分け方とは
不用品回収業者を選ぶ際は「この業者ちゃんとしたところなのかな?」「料金を多く請求された…
引越しの不用品処分方法、どうするべき?費用を抑えるポイントについても解説
近々、引越しを予定しているけれど、不用品を処分する方法が分からないとお悩みではないでし…
不用品回収業者の優良会社の選び方
不用品回収を依頼したいけれど、いろいろな業者があってどこに依頼したらいいんだろう? 安…
危険な不用品回収業者の見分け方
不用品回収を業者に依頼しようかと考えているけど、危険な業者を選びそうで不安だという方も…
トラクターの捨て方とは?農機具は買取でお得に処分できるかも!
農業を引退したり新しいトラクターを購入する場合に、使うことがなくなったトラクターの処分…
ゴミ回収業者、良い業者の選び方・悪徳業者の見分け方
ゴミ回収業者に任せることで、ゴミ・不用品の回収が捗ります。自ら掃除するよりも効率が良い…
大阪府八尾市での粗大ごみの出し方・処分方法
大阪府八尾市は人口およそ26万人、大阪府の中核都市に指定されているエリアです。大阪中心…
本棚の捨て方、おすすめの方法は?本棚の大きさによっては業者も活用
本棚の捨て方で迷っている人もいるようです。本棚は立派な物が多いです。そのため、処分を迷…
東京都葛飾区での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
東京都葛飾区といえば国民的人気漫画・人気映画の舞台となったことでも知られている人口およ…
愛知県豊川市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
豊川市は、愛知県の南東部に位置する都市です。日本三代稲荷の一つ・豊川稲荷の門前町から発…
木材の正しい捨て方とは?処分時の注意点や費用相場について
自宅から出るゴミのなかで、意外と捨て方に困るのが「木材」です。 コロナ禍で増えたおうち…
高額請求の不用品回収に注意!危険な業者の見分け方
不用品回収業者の存在がクローズアップされています。自治体のゴミ収集のルールが複雑化され…
「無料で不用品回収」はなぜ可能?その仕組みと無料を謳う悪徳業者に騙されないための注意点
不用品回収は、自治体でさえ有料です。しかし、日常生活の中で無料で不用品回収を行っている…
ゴミ回収なら、「なんでも」回収・処分してくれる業者がおすすめ!生活ゴミから粗大ゴミまで
ゴミ回収の業者は多々あります。それぞれ特徴が異なりますが、実際に依頼するのであればゴミ…
不用品回収、軽トラにはどのくらい積める?積み放題プランがお得なケースとは
暑い夏。ぐちゃぐちゃな部屋はもう無理! という人もいるのではないでしょうか。また、夏休…
大阪府茨木市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
大阪府茨木市は、大阪市と京都市の府境に位置する都市です。古くは城下町として栄えた茨木市…
不用品回収の詐欺が増加中。被害に遭わない為のポイントとは
「不用品回収業者に依頼したいけれど、詐欺に遭うのが心配……」 「詐欺をする業者が混在し…
不用品回収業者は危険?トラブル事例と正しい業者の選び方
不用品回収業者に関して、危険なイメージや利用しない方が良いといったネガティブな考えをお…
東京都 不用品 回収 ブログ01
東京や関東周辺にお住いの方で、不用品をどこで買い取ってもらえたり、回収してもらえるか知…
分別不要の不用品回収専門業者が便利!こんな時に活用したい
不用品を処分する手間は、年々増えています。ゴミ・環境問題への高まりから、多くの自治体が…
自治体での不用品回収と専門業者のサービスの違いとは
不用品を回収してもらおうと思ったら、現実的な選択肢は不用品回収の専門業者か自治体の二択…
不用品回収のチラシ、「無料」は本当?
不用品を無料で回収するというチラシが自宅に投函されていたという方は多いのではないでしょ…
不用品の訪問買取は安全?トラブルや詐欺に遭わないための注意点とは
不用品は自治体のルールに基づいて処分するだけでなく、業者に任せての処分も可能です。特に…
東京都八王子市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
東京都八王子市は、東京都西部の大きな町です。自然を楽しめる一方、都心のベッドタウンでも…
大阪府高槻市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
大阪市高槻市は、大阪府の北摂三島地域にあり、大阪と京都の中間に位置する都市です。JRと…
大量の不用品回収を依頼したい時は、どんなプランが便利でお得?専門業者が回答
引越しや衣替え、遺品の片付けなどで大量の不用品が出ることがあります。自力でゴミを分別し…
食器棚の処分方法まとめ|運べない場合の対応方法も解説
多くの家庭にある食器棚ですが、人生の中でそう何回も買い替えるものではないでしょう。いざ…
佐賀県嬉野市のゴミ屋敷に関する条例(嬉野市廃棄物の処理及び清掃並びに浄化槽に関する条例)の内容とは
目次嬉野市廃棄物の処理及び清掃並びに浄化槽に関する条例について嬉野市廃棄物の処理及び清…
青森県六戸町のゴミ屋敷に関する条例(六戸町環境美化条例)の内容とは
青森県六戸町は、青森県東部に位置する人口およそ1万人の町です。のどかな町ではありますが…
愛知県春日井市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
大掃除や引っ越しで出る粗大ごみは、普通ゴミと分けて処分する必要があります。ですが、出し…
大阪府吹田市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
大阪府吹田市は、北摂三島地域に位置する中核都市です。神崎川沿いの河港として古くから栄え…
大量のペットボトルの処分方法まとめ|次からため込まない為のポイントも解説
ペットボトルは、アルミ缶のように一度に飲み干す必要がありません。保管もでき、持ち運びも…
学習机・勉強机の処分方法5選|買取はしてもらえる?
学習机・勉強机は子供が成長すると不要になります。 そのため、処分を考えている人も多いの…
不用品の買取と片付けは同時にしてもらえる?後悔しない業者の選び方についても解説
不用品の買取と片付け、両方同時に対応している業者があればいいのに、と思ったことがあるの…
東京都板橋区での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
東京都板橋区では、粗大ごみ処分のためのルールが設けられています。板橋区で粗大ごみを処分…
プリンターの処分方法は?費用や捨てる時の注意点まとめ
最近はプリンターもずいぶん安くなり、良い機種がお手頃な価格で買えるようになりました。そ…
大阪府枚方市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
大阪府枚方市では、粗大ごみは「粗ごみ」と「大型ごみ」に分かれます。これらのごみを出す場…
粗大ゴミ回収の詐欺が多発中!被害に遭わないために気をつけたいこと
粗大ゴミ回収は自治体によってルールが異なります。しかし基本的には事前に受付を行い、手数…
優良な不用品回収業者の選び方、ポイントをプロが解説
不用品回収業者に関してネガティブなイメージをお持ちの方も多いようです。しかし、不用品回…
不用品回収は少量でも申し込める?気になる相場感・コスパについても解説
不用品回収業者に依頼することで、不要な物を処分できます。近年、自治体のごみ出しルールが…
汚れた布団の処分・廃棄方法は?ゴミ袋に入れて捨てられる?
布団は日常生活で欠かせないアイテムの一つです。もし布団が無ければ寒い中での睡眠を強いら…
東京都杉並区での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
東京都杉並区の粗大ごみのルールをご紹介します。粗大ごみのルールはそれぞれの自治体によっ…
愛知県豊橋市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
愛知県豊橋市では粗大ごみに関してどのようなルールを制定しているのかを解説します。これか…
こたつの処分方法【大阪市編】|安くて手軽な方法は?
こたつはテーブルと暖房が一体となった合理的な家電です。かつてはどの家庭にもあったもので…
ゴミ回収業者の料金がサービス内容についてのまとめ
ゴミ回収業者とは、ゴミを回収する業者です。昨今、リサイクル・環境問題を受け、ゴミの減量…
大阪府豊中市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
引っ越しや大掃除の際に出る大量の粗大ごみは、普段ごみを出しているごみ集積所に出しても収…
神棚の6つの処分方法とは?正しい捨て方やタイミングについて
引っ越しなどで「神棚」が不要になった場合、その処分の方法で迷われる方も少なくないでしょ…
不用品買取とは|利用方法や不用品回収業者との違い
気分も改まる春、一念発起して汚部屋を片付けよう! と決心している人もいるかもしれません…
愛知県一宮市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
春は、生活環境が変わる人の多い季節です。入学、入社、転勤、引っ越しなど、大きなごみが出…
東京都足立区での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
東京都足立区はおよそ人口70万人で、23区の中で人口の多い行政区です。足立区にもまた、…
ゴミ処分業者とは|料金相場や良い業者の選び方
ゴミの処分が年々厳しくなっていると感じている方は多いのではないでしょうか。ゴミの削減や…
ゴミの引き取り、無料回収は安全?業者を利用する時の注意点とは
ゴミを無料で引き取り・回収すると宣伝している車両を見かけたことがある人は多いのではない…
粗大ごみ回収業者とは|悪質な業者には注意を
粗大ごみ回収業者とは、粗大ごみの回収を行う業者です。近年、ごみ問題は全国的な関心が高ま…
不用品の売却で確定申告が必要になるケースとは?
不用品はフリマアプリ等で手軽に販売できる時代です。ゴミとして処分するはずの不用品がお金…
不用品を売りたい、お得に処分したい時、どんな方法が良い?
不用品を売りたいと考えている人は多いのではないでしょうか。かつて不用品を売りたいと思っ…
オイルヒーターの処分方法【愛知県一宮市】ゴミとして処分する際の注意点も
立春を過ぎ、暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続いています。家で過ごす時には…
金庫の処分方法【東京都杉並区編】|耐火金庫は自治体で回収不可
金庫は頑丈なものです。施錠していれば中の物を盗まれるリスクは大幅に軽減されます。耐火金…
マッサージチェアの廃棄方法【大阪府豊中市編】|回収や買取はしてもらえる?
大阪府豊中市では、最大辺または径が30cm以上の電気機械器具や、豊中市指定ごみ袋に入ら…
テーブルの処分方法【東京都足立区編】|安くて手間がかからない方法は?
東京都足立区では、一辺の長さが30cm以上のごみを粗大ごみとして定義しています。ですの…
東京都江戸川区は公共交通機関が充実していますが、自転車を楽しむ人も増えています。健康志…
東京都大田区での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
大田区では粗大ごみに関するルールを制定していますので、ルールに基づいた処分が求められて…
こたつを処分する時期やタイミングはいつ?手軽な処分方法についても解説
日本の冬といえば、「こたつでみかん」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょう…
不用品のトラック積み放題の料金システムについて解説!単品回収との違いや選び方
ゴミ屋敷を片付けた時や引っ越しの際、大量に出た不用品やゴミの山。どうやって処分したらい…
大阪府堺市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
堺市は、大阪府の中南部に位置する政令指定都市です。世界最大の墳墓である「仁徳天皇陵古墳…
断捨離がもたらす効果とは?断捨離のコツも紹介します
物を持たないシンプルな暮らし方が数年前から注目を集めています。 物を持たない暮らしのた…
汚部屋から「ミニマリスト」へ変わるための方法やコツは?
「気がつくと床一面、物で散らかっている」 「片付けをしているはずなのにいつも部屋が物で…
ピアノの処分方法や、費用を抑えるためのポイントを解説
「もう使わなくなったピアノを処分したいけど、どこに連絡したら良いか分からない」 「ピア…
箪笥の処分方法6選|手間をかけず簡単に処分できる方法は?
引っ越しで家具を処分する際、特に大きくて重い箪笥は困りますよね。 「たぶん粗大ゴミとし…
東京都世田谷区での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
世田谷区では粗大ごみの出し方を細かく定めています。 粗大ごみの処分を考えているのであれ…
引っ越しで出たいらない家具、おすすめの処分方法は?
引っ越しは何かと大変なものです。 行政への手続き、新しい生活環境への順応だけではなく、…
畳の処分方法【愛知県岡崎市編】|センターへの持ち込みは1日10枚まで
愛知県岡崎市では他の自治体同様、ゴミの処分に関して細かいルールが設けられています。 畳…
ソファーの処分方法【大阪府東大阪市編】|自分で運べない場合のおすすめ方法も解説
東大阪市でソファーを処分する場合、東大阪市が定めるルールに則った処分が求められます。そ…
ベッドの処分方法【東京都大田区編】|安くて手軽な方法は?
大田区でベッドの処分を行う場合、分類としては粗大ごみになります。ですので、粗大ごみの処…
マットレスの処分方法・捨て方6選
古くなった大きくて重たいマットレスを処分したいのに捨て方が分からず困ったことがある人も…
使用済み食器は買取してもらえる?処分方法についても解説
引っ越しや収納スペースなどの都合で、大量にある使用済み食器の処分に悩んでいる方はいませ…
部屋が片付けられない人におすすめの、不用品の処分方法&収納術
部屋が片付けられないことで悩んでいる方は、男女を問わずに多々いるのではないでしょうか。…
ソファーを捨てる・処分する、手軽な方法や費用相場は?それぞれの注意点も解説
「ソファーを捨てたいけどどうやって捨てるのか分からない」という方も少なくないでしょう。…
大型家具の処分方法4選|重い・運べない大きな家具を処分する時におすすめの方法とは
引っ越しや模様替えなどで困るのが大型家具の処分です。 一人暮らしの女性や高齢者世帯にと…
東京都練馬区での粗大ゴミの出し方・処分方法をわかりやすく解説
粗大ごみの出し方は自治体によって異なります。東京都練馬区で粗大ごみを出そうと考えている…
大阪でおもちゃを処分するには?ゴミとして出す時の注意点も解説
大阪でおもちゃの処分を考えた時、選択肢は多々あります。そこで、大阪でおもちゃを処分する…
”売れる”不用品TOP7!捨てる前に確認しよう
不用品の中には売れる物があるのをご存知でしょうか? 不用品の処分方法は様々ですが、ゴミ…
家具の処分を少しでもお得に!おすすめの方法を解説
家具は日常生活の中でなくてはならない大切なものですが、経年劣化・損傷、あるいは生活環境…

もっと見る▼

人気記事ランキング

ゴミ屋敷バスター七福神へ何でもご相談を
ゴミ屋敷バスター七福神へ何でもご相談を

※WEB限定割引はパッケージプランは対象外となります。
※お見積り金額からのお値引きとなります。

見積無料! WEB限定割引!! 最安19,800円〜 女性も安心!!閉じる×