ブログblog

ゴミ回収業者、良い業者の選び方・悪徳業者の見分け方


ゴミ回収業者に任せることで、ゴミ・不用品の回収が捗ります。
自ら掃除するよりも効率が良いだけではなく、様々な用途で依頼が可能です。
ゴミ屋敷の改善から、部屋の掃除、あるいは持ち運びが難しい粗大ゴミ等の回収等、様々な形で力になってくれることでしょう。

しかし、ゴミ回収業者は多々あります。
親身に力になってくれるゴミ回収業者もいれば、いわゆる悪徳業者もいます。
そこで、良い業者の選び方や悪徳業者の見分け方などを覚えておきましょう。

ゴミ回収業者、良い業者の選び方・悪徳業者の見分け方

悪徳ゴミ回収業者の特徴を把握し、見分け方を覚えよう

悪徳ゴミ回収業者の特徴を把握し、見分け方を覚えよう

まずは悪徳ゴミ回収業者の特徴を覚えておきましょう。
いくつか共通している点がありますので、それらに該当する場合、悪徳業者である可能性が高いです。

見積もりの段取りが悪い、あるいは出さない

ゴミ回収の悪徳業者は、見積もりの段取りが悪いケースが多いです。
また、見積もりそのものを出さなかったり、大雑把な見積もりであるケースも見受けられます。
依頼する側にとっては、見積もりは時間や手間がかかるものですが、費用の目安を知る重要なものです。

しかし悪徳業者は見積もりを出さなかったり、段どりが悪く適当だったりして、見積もりを軽視します。
その理由は、見積もりを細かく提示すると、実際に作業してお金を請求する際、齟齬が出てしまうからです。
いわば、作業当日、見積もりよりも多額の費用を請求するための「余白」を残しています。

事前に必ず確認しましょう

見積もりそのものを出さないゴミ回収業者の場合、作業当日まで費用が不明瞭で、言い値を請求されることになります。
この点からも、以下のポイントを確認しましょう。

  • 見積もりを発行してくれるか
  • 作業内容に対しての費用が細かく記載されているか

ゴミ回収業者の住所や電話番号が正しいか・把握できるか

webからゴミ回収業者を探す場合、公式サイトに住所や電話番号が記載されているのかも確認しておきましょう。
また、記載されている住所を実際に地図アプリで確認してみましょう。
記載されている住所に事業所があれば問題ありませんが、事業所らしき建物が見当たらない場合、記載されている住所が虚偽である可能性があります。

なぜ虚偽住所を記載するのかといえば、何か問題があった際に足取りを掴めなくするためです。
やましいことがなければ、正しい住所を記載します。

住所と固定電話の有無も要チェック

住所を記載した方が閲覧者に信頼感を与えることになります。
それでも正しい住所を記載していないということは、正しい住所を把握されたくない、つまり悪徳ゴミ回収業者である可能性が高いです。

電話番号に関しては固定電話の方が信頼性が高まりますが、昨今は携帯電話で営業しているゴミ回収業者も増えています。
固定電話が記載されている業者であればより信頼できる業者だと考えてよいでしょう。

ゴミ回収処分無料を大々的にアピールしている

ゴミ回収業者の公式サイトにて、「処分無料」と大々的にアピールしている場合も、悪徳業者である可能性があります。
なぜなら、昨今はゴミ問題の社会的な関心の高まりを受け、ゴミ処分は多くが有料となっています。
つまり、ゴミ回収業者が利用者から回収したものを、改めて処分する際には費用がかかります。

ゴミ回収業者によって、回収したゴミ・不用品の用途は様々ですが、再利用できず、結局は処分しなければならない物に関しては、ゴミ回収業者が行政に費用を支払って処分します。
つまり、無料で引き受けたら赤字になります。

無料を餌にしている可能性がある

それでも「無料」を大々的にアピールするのは、本当に無料で引き受けるのではなく、無料という言葉を餌に、まずは利用者を募り、作業を進めて断りにくい段階にて「これはお金がかかる」と告げ、費用を取ろうと考えています。

ゴミ回収業者の選び方

ゴミ回収業者の選び方

悪徳ゴミ回収業者の特徴を把握することで、選択肢から悪徳ゴミ回収業者が消えます。
しかし、良いゴミ回収業者も様々です。
例えば費用が異なったり、対応までのスピード等、それぞれ特徴が異なります。
そこで、良いゴミ回収業者の選び方についても覚えておきましょう。

柔軟な対応が可能なのかを聞いておく

ゴミ回収では、予期せぬ出来事が起きるケースが珍しくありません。
例えば部屋がきれいになったことで、それまで気付かなかったゴミに気付いたり、当初は残そうと思っていた物を捨てようと思ったり、逆に捨てようと思っていたものを残そうと思う等、作業当日になって気持ちが変化するケースが珍しくありません。

その際、当初の見積りにないことは受け付けないのか、あるいは臨機応変に対応してくれる業者なのかを確認しておきましょう。
業者側にも事情があるとはいえ、当日の柔軟な対応力は、ゴミ回収・処分では重要なポイントです。

ゴミ回収業者の公式サイトが充実している

ゴミ回収業者の公式サイトをチェックしてみましょう。
以下のコンテンツが丁寧であればあるほど、信頼できる業者です。

  • 料金体系
  • 住所
  • 電話番号
  • 実際に依頼する際の流れの解説

悪徳ゴミ回収業者の場合、簡素な公式サイトの傾向が強いです。
なぜなら、何らかのトラブルが起きた際、公式サイトを閉鎖します。
そして別のドメインを取得し、同じような簡素な公式サイトでの運営を行います。

使い捨て前提のサイトは控えよう

悪徳ゴミ回収業者の場合、いわば、公式サイトが使い捨てです。
その点、公式サイトが充実しているゴミ回収業者は、公式サイトを使い捨てだとは考えていません。

従業員・スタッフの顔写真やそれまでの実績が掲載されているサイトは、使い捨てなどしません。
いつまでも公式サイトを運用しようと考えている現れですので、信頼できるゴミ回収業者だと考えられます。

依頼したゴミ回収業者が悪徳業者だと分かった場合

依頼したゴミ回収業者が悪徳業者だと分かった場合

悪徳業者には依頼しないことが大切ですが、依頼時には見抜けずに依頼してしまうこともあるでしょう。
しかし受付時や作業時等の対応にて悪徳業者だと感じた場合、どのような対応を取るとよいのかも覚えておきましょう。

毅然とした対応を取る

悪徳ゴミ回収業者は、法的根拠のないことを吹っかけてくる傾向にあります。
例えば「今断ったら違約金が発生する」「キャンセル料をもらう」といったものです。
これらは当然ですが根拠がありません。

対応がおかしいと思ったら、作業前であれば断っても何ら問題ありません。
ましてや見積書等を出していない業者であれば、契約書も締結していない可能性が高いので、キャンセルしたところで何ら責任はありません。

強気な姿勢が大切

また、作業中に別途費用がかかると告げられた場合には、安易に要求を受け入れるのではなく、「出るところに出ても良い」くらいの強きのスタンスで話し合いましょう。
悪徳ゴミ回収業者は、面倒なお客相手ではなく、騙しやすい相手を騙そうとします。

提示された費用に納得いかない場合

作業終了後に提示された費用に納得できない場合、費用の根拠を書面に出してもらいましょう。
そもそも、良い業者は事前に丁寧かつ分かりやすい見積もりを出しますので、見積もりを出してこない、あるいは分かりにくい見積もりの段階で怪しい業者です。

それでも作業を依頼してしまった場合、口頭で要求された費用に対し、内訳、領収書等の発行を要求しましょう。
応えてもらえない場合、費用を支払わない点、警察や弁護士に相談するなどを告げましょう。

ゴミ回収業者は様々なだからこそ信頼できる相手を選ぼう

ゴミ回収業者は様々なだからこそ信頼できる相手を選ぼう

ゴミ回収業者は様々です。
良い業者もいれば、悪徳業者もいます。

悪徳業者に引っかからないためには、良い業者と悪徳業者の特徴を把握することです。
もしも悪徳ゴミ回収業者に引っかかってしまった場合には、毅然とした態度で臨みましょう。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=