ブログblog

猫のトイレの捨て方は?本体や猫砂などトイレ用品ごとに解説


猫との暮らしの中で必要不可欠となる猫用トイレ。
最近猫を飼い始めた方や故人の遺品として大量にストックしてあった猫砂を処分する必要があるかもしれません。猫のトイレである猫砂やトイレ本体をどのように捨てたらいいのか分からず困っている方も少なくないでしょう。

この記事では、猫のトイレの捨て方について、猫砂の種類ごとの捨て方から本体の捨て方、捨てる際の注意点まで詳しく解説します。

猫のトイレの捨て方は?本体や猫砂などトイレ用品ごとに解説

猫のトイレの捨て方は?

猫のトイレの捨て方は?

一般的に普及している猫のトイレには以下の2種類があります。

  • シーツタイプのペットシーツ
  • 猫砂と呼ばれる砂に似せた粒状の人口砂

ペットシーツは基本的に一般ゴミとして捨てることが可能です。
しかし、猫砂については紙製や木製、鉱物系など原材料が数種類あるため、原材料によって捨て方は異なります。また、お住まいの自治体によっても捨て方が変わってくるため注意が必要です。
猫のトイレの捨て方について以下の8つの注意点を説明します。

まずは猫砂の原材料を知ろう

猫砂に使用される主な原材料は紙系、木材系、おからなどの植物由来のものと、鉱物系、シリカゲル系など無機質なものに分けられます。
それぞれの原材料には特徴があり、吸収性や消臭性、耐久性に違いを生み出しています。

また、猫砂の中には以下のような種類があります。

  • トイレに直接流せるタイプのものや流せないもの
  • 固まるタイプや固まらないもの
  • 燃やせるものや燃やせないもの

基本的にはパッケージに記載されているメーカーが推奨する捨て方の指示に従い廃棄します。

自治体のゴミ出しルールに従って捨てる

猫砂の捨て方はパッケージ裏に記載されたメーカー推奨の廃棄方法に従うのが基本です。
例えば水に流すタイプのものは水に流したり、燃やせるタイプのものは可燃ゴミとして廃棄する形です。

しかし、自治体のホームページによっては詳しく原材料ごとの廃棄方法が記載されていない場合もあります。
不明の場合は各自治体窓口に問い合わせ確認するようにしましょう。

猫砂を燃えるゴミとして捨てる場合の注意点

猫砂を燃えるゴミとして捨てる場合の注意点

猫砂の原材料が木製や紙製、おからなどの自然由来のものの場合、自治体の多くは可燃ゴミとして取扱う傾向にあります。
可燃ゴミとして捨てる際には、猫砂が飛び散らないように袋を二重にするなど周囲に配慮して出すようにしましょう。

猫砂を燃えないゴミとして捨てる場合の注意点

シリカゲルやベントナイトなどの鉱物系の猫砂は一般的に不燃ごみとして取り扱われることが多いようです。
しかし自治体によっては可燃物として取り扱われる場合もあります。
特にゼオライト系の猫砂は自治体によって可燃か不燃か判断が分かれるため、確認してから捨てましょう。

猫砂をトイレに流す場合の注意点

猫砂をトイレに流す場合の注意点

主に植物を原料とした木製や紙製おからの猫砂の中には直接トイレに流せるタイプのものがあります。
その場合は必ずパッケージに記載があるため、注意事項をよく確認してから流すようにしましょう。

また、水に流すタイプの猫砂であっても、排水管を詰まらせる原因となりえます。
ですから、一度に少量ずつしかトイレに流すことはできません。
メーカーによって規定は異なりますが、一般的に一度に流すことができるのは一塊(直径4cm程度)のみです。
そして、ふん尿で固まった部分だけを流します。

一度に多くの量を流したい場合は、必ず数回に分けましょう。
一度流すごとに水だけを流したり、立て続けに捨てず時間を置いて流したりなどの注意が必要です。
もしそれが面倒な場合や時間がない場合には、可燃ゴミとして捨てた方が効率的かもしれません。

また、浄化槽式というバクテリアが排水に含まれる有機物を分解して水を綺麗にするタイプのトイレもあります。
浄化槽では、時間が経って硬くなってしまった塊を流すとバクテリアに影響が出る可能性があるため、トイレに流すことはできません。

本体の容器の捨て方は各自治体に確認

猫のトイレの本体については素材や大きさによって捨て方が異なるため、お住まいの自治体に確認するのが良いでしょう。
ほとんどの場合、猫のトイレはプラスチック製ですが、金属製のものや全自動のクリーニング機能がついている電化製品タイプもあります。

プラスチック製のものは基本的に燃えるゴミとして廃棄が可能です。
ただし、サイズが自治体の規制から外れる場合は粗大ゴミとして出す必要があります。
金属製のものについては不燃ゴミですが、こちらもサイズが大きい場合は粗大ゴミとなる可能性があります。

また、全自動式の電化製品タイプのものは買ったお店やメーカーで処分してもらえるかもしれません。
または、自治体に回収してもらう、廃品回収業者に廃棄を依頼するなどの対応が必要です。

本体の容器を一般ゴミとして出す方法

プラスチック製などの本体容器をゴミとして出す場合には、一般のゴミを捨てる時と同様に袋に入れて捨てることができる自治体が多いです。

本体のトイレ容器を粗大ゴミとして出す方法

トイレ容器が粗大ゴミになるかのボーダーラインとして、一辺が30cm以上の場合は粗大ゴミ扱いとなる自治体がほとんどです。
粗大ゴミとして出す際には、お住まいの自治体の粗大ゴミ受付センターへ電話し予約を取る必要があります。
インターネットからの受付を行っている自治体も多いです。

予約が完了次第、自治体の定める粗大ゴミ処理券(粗大ゴミシール)を購入し、シールを貼った物を当日定められた場所と時間に出すようにしましょう。

猫のトイレを捨てる時に気をつけたいマナーは?

猫砂を捨てる際に気をつけたいのは臭いと飛散です。
袋が一重の場合、臭いが外にまで漏れてしまうのと、袋に穴が空いてしまって猫砂が外に飛び散る危険があります。
危険を防ぐためにも、新聞紙に包んでから捨てる、袋を二重にするなどして捨てると良いでしょう。

<まとめ>

猫のトイレの捨て方は?本体や猫砂などトイレ用品ごとに解説まとめ

この記事では、猫のトイレの捨て方について、猫砂や本体、捨てる際に気をつけるべきマナーなどをご紹介してきました。

猫のトイレはその原材料の種類や流せる・流せない、燃える・燃えないなどの種類によっても捨て方が異なります。
基本的にはパッケージの裏面に記載のあるメーカー推奨の捨て方通りに廃棄する形になります。
しかし、各自治体によって可燃や不燃の判断などは異なるため、一度お住まいの自治体のホームページなどで捨て方を確認してから廃棄するのが良いでしょう。

また、猫砂を廃棄する際に近所の方やゴミ収集業者の方のためにも臭いや猫砂の飛散には極力注意を払いましょう。
どうしても臭いが気になる場合には、防臭袋と呼ばれる消臭性の高い素材を使用したゴミ袋を使用するのもおすすめです。
しっかりとマナーを守り、快適な猫との暮らしを楽しみましょう。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=