猫のトイレの捨て方は?本体や猫砂などトイレ用品ごとに解説

猫との暮らしの中で必要不可欠となる猫用トイレ。
最近猫を飼い始めた方や故人の遺品として大量にストックしてあった猫砂を処分する必要があるかもしれません。猫のトイレである猫砂やトイレ本体をどのように捨てたらいいのか分からず困っている方も少なくないでしょう。

この記事では、猫のトイレの捨て方について、猫砂の種類ごとの捨て方から本体の捨て方、捨てる際の注意点まで詳しく解説します。

猫のトイレの捨て方は?本体や猫砂などトイレ用品ごとに解説

猫砂の捨て方

猫のトイレの捨て方は?

一般的に普及している猫のトイレには以下の2種類があります。

  • ・シーツタイプのペットシーツ
  • ・猫砂と呼ばれる砂に似せた粒状の人口砂

ペットシーツは基本的に一般ゴミとして捨てることが可能です。
しかし、猫砂については紙製や木製、鉱物系など原材料が数種類あるため、原材料によって捨て方は異なります。また、お住まいの自治体によっても捨て方が変わってくるため注意が必要です。
猫のトイレの捨て方について以下の8つの注意点を説明します。

まずは猫砂の原材料を知ろう

猫砂に使用される主な原材料は紙系、木材系、おからなどの植物由来のものと、鉱物系、シリカゲル系など無機質なものに分けられます。
それぞれの原材料には特徴があり、吸収性や消臭性、耐久性に違いを生み出しています。

また、猫砂の中には以下のような種類があります。

  • ・トイレに直接流せるタイプのものや流せないもの
  • ・固まるタイプや固まらないもの
  • ・燃やせるものや燃やせないもの

基本的にはパッケージに記載されているメーカーが推奨する捨て方の指示に従い廃棄します。

自治体のゴミ出しルールに従って捨てる

猫砂の捨て方はパッケージ裏に記載されたメーカー推奨の廃棄方法に従うのが基本です。
例えば水に流すタイプのものは水に流したり、燃やせるタイプのものは可燃ゴミとして廃棄したりする形です。

しかし、自治体のホームページによっては詳しく原材料ごとの廃棄方法が記載されていない場合もあります。
不明の場合は各自治体窓口に問い合わせ確認するようにしましょう。

不用品回収業者に引き取ってもらう

不用品回収を行っている業者のなかには、使用済みの猫砂も引取可としているところがあります。

ただし、不用品回収業者に引取してもらう際には、猫砂のみでも回収可能なところもあれば、ほかの不用品と一緒なら引取可能としているところもあるので、注意してください。

一般的に、不用品回収業者ではどのようなものが引取可能なのかを、公式サイトに掲載しています。このなかに猫砂が含まれていれば、それのみでも回収可能でしょう。

明確にわからないまたは不安が残る場合には、直接問い合わせをしてみてください。

猫砂を捨てるときの注意点

猫砂の捨て方にはさまざまな方法がありますが、いずれの場合も同様の捨て方をしてよいわけではありません。

  • ・燃えるゴミ
  • ・燃えないゴミ
  • ・トイレに流す
  • ・土に埋める

上記4つの捨て方をする際の注意点について解説します。いずれかに当てはまる際には、参考にしてください。

猫砂を燃えるゴミとして捨てる場合の注意点

猫砂の原材料が木製や紙製、おからなどの自然由来のものの場合、自治体の多くは可燃ゴミとして取扱う傾向にあります。
可燃ゴミとして捨てる際には、猫砂が飛び散らないように袋を二重にするなど周囲に配慮して出すようにしましょう。

猫砂には、さまざまなバクテリアがついている可能性があります。回収途中でこぼれてしまえば、ゴミ収集する人や処理する人に迷惑をかけることも考えられます。


捨てる際にはさまざまな人たちへの配慮し、可燃ゴミとして出す際には袋は二重にして中身が飛び散らないようにしてください。

猫砂を燃えないゴミとして捨てる場合の注意点

シリカゲルやベントナイトなどの鉱物系の猫砂は一般的に不燃ごみとして取り扱われることが多いようです。
しかし自治体によっては可燃物として取り扱われる場合もあります。
特にゼオライト系の猫砂は自治体によって可燃か不燃か判断が分かれるため、確認してから捨てましょう。

ちなみに東京都の場合、中野区では鉱物系の猫砂については陶器・ガラス・金属ゴミとして出すとルールが決まっています。しかし調布市では可能な限り紙製のものを購入するようにとの注意書きが市役所のホームページに掲載されており、鉱物系の猫砂は推奨していません。

鉱物系の猫砂は燃えないゴミに分類されることは多いようですが、自分の住む自治体ではどのような種類の猫砂使用を推奨しているのかも確認したほうが良いでしょう。

猫砂をトイレに流す場合の注意点

猫砂をトイレに流す場合の注意点

主に植物を原料とした木製や紙製おからの猫砂の中には直接トイレに流せるタイプのものがあります。
その場合は必ずパッケージに記載があるため、注意事項をよく確認してから流すようにしましょう。

また、水に流すタイプの猫砂であっても、排水管を詰まらせる原因となりえます。
ですから、一度に少量ずつしかトイレに流すことはできません。
メーカーによって規定は異なりますが、一般的に一度に流すことができるのは一塊(直径4cm程度)のみです。
そして、ふん尿で固まった部分だけを流します。

一度に多くの量を流したい場合は、必ず数回に分けましょう
一度流すごとに水だけを流したり、立て続けに捨てず時間を置いて流したりなどの注意が必要です。
もしそれが面倒な場合や時間がない場合には、可燃ゴミとして捨てた方が効率的かもしれません。

また、浄化槽式というバクテリアが排水に含まれる有機物を分解して水を綺麗にするタイプのトイレもあります。
浄化槽では、時間が経って硬くなってしまった塊を流すとバクテリアに影響が出る可能性があるため、トイレに流すことはできません。

猫砂を土に埋めて捨てるときの注意点

猫砂を捨てる際には土に埋める方法もありますが、以下のような点に注意してください。

  • ・天然成分の猫砂のみ
  • ・土に埋められると明記されているものに限る
  • ・使用済みのものは洗う
  • ・一カ所にまとめて埋めない

土に埋めても良い猫砂は、取扱説明の部分に明記されています。木系・おからなどの100%天然成分のものは埋めても可能とおもう思う人もいるでしょう。しかし、土に埋めても良いと明記されていない場合は、燃えるゴミとして出してください

また、使用済みのものは必ず洗ってから土に埋めましょう。猫のおしっこには塩分が含まれており、土壌に悪影響を及ぼします。
洗った猫砂は一カ所に埋めないで、少量ずつ離れた場所に埋めてください。

猫砂を捨てるまでのにおい対策

猫砂を捨てるまでのにおい対策

猫砂自体は無臭ですが、猫が使用することでそのにおいが充満します。そのため、においに悩んでいる人もいるでしょう。
そのような悩みを抱えている人の問題を解決するために、最近ではにおいの出にくいトイレや消臭グッズなどが多数出ています。

購入可能な消臭効果のあるグッズや対策方法を紹介するので、参考にしてください。

ゴミ袋を二重にする

使用済みの猫砂はすぐに捨てられれば良いですが、ごみ収集日のタイミングによっては一定期間自宅に置いておかなければならないことがあります。その場合は、ゴミ袋を二重にしておきましょう。

ゴミ袋の入り口の部分はどちらもしっかり口を縛ってください。それぞれの口をしっかり絞って二重にしておくことで、におい漏れを防止します。二重状態で口を縛るとすき間からにおいが漏れる可能性があります。口の部分は、それぞれ別々に縛ってください

消臭グッズを活用する

消臭グッズを活用もにおい対策としてはおすすめの方法です。消臭グッズにはスプレータイプと据置タイプがあり、また消臭タイプと芳香タイプにも分けられます。

スプレータイプは即効性に優れており、強いにおいが気になるなどの場合に使用すると良いでしょう。一方の据置タイプは、一定期間持続して効果が得られるものが多いので、スプレータイプのように何度も消臭グッズを使用することが面倒な場合におすすめします。

また消臭タイプは嫌なにおいを消し去ることに長けており、においのもとを断つ際にも便利です。芳香タイプは強いにおいで嫌なにおいを上書きする効果がありますが、においのもとを断つことはできません。
そのため、消臭タイプのスプレーを撒いてから芳香タイプを使用するなどの工夫が必要です。

消臭効果のある猫砂を利用する

猫砂には消臭効果のあるものがあり、これを使用するとにおいのもとを断つことにも役立ちます。前述で紹介した消臭グッズと併用して使用すると、さらに効果的なにおい対策も可能になるでしょう。

ただし、猫砂は大切なペットが誤って食べてしまう可能性もあります。すべての猫が猫砂を食べたりなめたりするわけではありませんが、そのような癖がある場合は注意してください。口に入れても大丈夫な消臭効果のある猫砂を選ぶようにしましょう

月に1回は猫砂を入れ替える

月に1回は猫砂を入れ替えることも、嫌なにおいを抑えるために重要な方法です。

消臭効果のある猫砂を使用していても、同じものを使い続けているとその効果が落ちてしまいます。消臭効果は永遠に続くものではなく、嫌なにおいが蓄積してしまうからです。
消臭グッズなどを使用しても完全ににおいを断つことは難しく、少しずつ蓄積してしまいます。

カレンダーに猫砂を入れ替えた日にちをつけておき、1カ月をめどに新しいものに替えましょう。におい対策だけではなく、衛生面にも効果が期待できます。

猫用トイレを掃除する

猫用トイレは毎日使用するものであることから、菌の温床になりやすい特徴があります。その結果、嫌なにおいを発生してしまうので、月に1回は丸洗いしてください。

まず猫用トイレの猫砂をすべて出します。猫砂を替えたばかりのタイミングなら、いったんビニール袋に入れておきましょう。
しかし、猫砂にも菌などのにおいの原因がついている可能性があります。そのため、猫用トイレを掃除するタイミングで猫砂も替えたほうが良いでしょう。

猫用トイレついている汚れをふやかすために、お湯につけます。分解できる場合はバラバラにしてお湯を張った入れ物につけておきましょう。分解できない場合は、猫用トイレにお湯を張ってください。

汚れが浮いてきたら、重曹・クエン酸を使用してブラシで磨いて落とします。洗剤を使用する場合はペット用のものを使用してください。

ぬるま湯ですすいだら、しっかり風通しの良い場所で乾燥させます。最後に新しい猫砂を入れて完了です。

においの出にくい猫用トイレを使う

においの出にくい猫用トイレを使用すると、掃除や猫砂の入れ替え回数が減るでしょう。

システムトイレは、においのもとがトイレの下部分にたまる構造になっています。外に漏れにくい工夫がなされているので、部屋に嫌なにおいが広がるリスクは軽減されるでしょう。
また、掃除もにおいのもとがたまる下部分のみ1週間おきに掃除すれば、さらににおい対策が容易になります。トイレ本体を丸洗いする必要ものない点から、手間や時間も削減できるでしょう。

全自動トイレは、猫がトイレをした後に固まった猫砂を自動で掃除してくれます。使えなくなった猫砂は下のコンテナ部分にたまる仕組みになっており、飼い主はコンテナにたまった猫砂を捨てるだけです。

猫のトイレの捨て方は?

猫のトイレの捨て方は?

猫のトイレ関連で捨てる可能性があるのは猫砂だけではありません。老朽化や新しいものを購入したなどの理由から、トイレ本体を捨てることもあるでしょう。

猫のトイレ本体を捨てる場合の方法について解説します。猫砂の捨て方とあわせて参考にしてください。

本体の容器の捨て方は各自治体に確認

猫のトイレの本体については素材や大きさによって捨て方が異なるため、お住まいの自治体に確認するのが良いでしょう。
ほとんどの場合、猫のトイレはプラスチック製ですが、金属製のものや全自動のクリーニング機能がついている電化製品タイプもあります。

プラスチック製のものは基本的に燃えるゴミとして廃棄が可能です。
ただし、サイズが自治体の規制から外れる場合は粗大ゴミとして出す必要があります。
金属製のものについては不燃ゴミですが、こちらもサイズが大きい場合は粗大ゴミとなる可能性があります。

また、全自動式の電化製品タイプのものは買ったお店やメーカーで処分してもらえるかもしれません。
または、自治体に回収してもらう、廃品回収業者に廃棄を依頼するなどの対応が必要です。

本体の容器を一般ゴミとして出す方法

プラスチック製などの本体容器をゴミとして出す場合には、一般のゴミを捨てる時と同様に袋に入れて捨てることができる自治体が多いです。

ただし、プラスチック製の猫用トイレであっても大きさによっては一般ゴミとして出せない場合もあります。
さらにプラスチック製であることから、リサイクルゴミに分類される自治体もあるでしょう。

小型のプラスチック製猫用トイレであっても、一般ゴミとして出せるかどうかは自治体によって異なります。自分の判断で出すことはせず、市役所などで確認してください

本体のトイレ容器を粗大ゴミとして出す方法

トイレ容器が粗大ゴミになるかのボーダーラインとして、一辺が30cm以上の場合は粗大ゴミ扱いとなる自治体がほとんどです。
粗大ゴミとして出す際には、お住まいの自治体の粗大ゴミ受付センターへ電話し予約を取る必要があります。
インターネットからの受付を行っている自治体も多いです。

予約が完了次第、自治体の定める粗大ゴミ処理券(粗大ゴミシール)を購入し、シールを貼った物を当日定められた場所と時間に出すようにしましょう。

猫のトイレを捨てる時に気をつけたいマナーは?

猫のトイレを捨てる時に気をつけたいマナーは?

猫砂を捨てる際に気をつけたいのは臭いと飛散です。
袋が一重の場合、臭いが外にまで漏れてしまうのと、袋に穴が空いてしまって猫砂が外に飛び散る危険があります。
危険を防ぐためにも、新聞紙に包んでから捨てる、袋を二重にするなどして捨てると良いでしょう。

猫砂や猫用トイレの処分は七福神にご相談ください

猫砂や猫用トイレの処分は七福神にご相談ください

七福神では猫砂や猫用トイレの回収を行っています。また、それ以外にもキャットタワーや猫が爪とぎでボロボロにしてしまったソファなどもまとめて回収可能です。

清潔に保たれたお部屋での生活は猫も快適に過ごせるので、健康面でもよい効果が期待できます。ペットへの配慮をしつつ、回収作業に努めますので安心してご利用ください。

猫砂と猫用トイレの捨て方まとめ

猫のトイレの捨て方は?本体や猫砂などトイレ用品ごとに解説まとめ

この記事では、猫のトイレの捨て方について、猫砂や本体、捨てる際に気をつけるべきマナーなどをご紹介してきました。

猫のトイレはその原材料の種類や流せる・流せない、燃える・燃えないなどの種類によっても捨て方が異なります。
基本的にはパッケージの裏面に記載のあるメーカー推奨の捨て方通りに廃棄する形になります。
しかし、各自治体によって可燃や不燃の判断などは異なるため、一度お住まいの自治体のホームページなどで捨て方を確認してから廃棄するのが良いでしょう。

また、猫砂を廃棄する際に近所の方やゴミ収集業者の方のためにも臭いや猫砂の飛散には極力注意を払いましょう。
どうしても臭いが気になる場合には、防臭袋と呼ばれる消臭性の高い素材を使用したゴミ袋を使用するのもおすすめです。
しっかりとマナーを守り、快適な猫との暮らしを楽しみましょう。

この記事の監修をしたゴミ屋敷の専門家

氏名:新家 喜夫

年間2,500件以上のゴミ屋敷を片付け実績を持つ「ゴミ屋敷バスター七福神」を全国で展開する株式会社テンシュカクの代表取締役。ゴミ屋敷清掃士認定協会理事長。



\ SNSでシェアする /

関連記事

名古屋の汚部屋片付け業者|女性に優しい&安い業者の選び方
名古屋で安い汚部屋の片付け業者を探している人も多いのではないでしょうか。しかし、いろい…
愛知で部屋の掃除を業者にお願いできる?方法や相場をご紹介
愛知県にお住まいの方で、お部屋の掃除を、業者にお願いしたいと考えている方もいらっしゃる…
入居前に部屋が汚い際はどうする?ハウスクリーニングが雑だった時の対処法
アパートやマンションなどの賃貸トラブルでよくあるのが、ハウスクリーニング問題です。 契…
ハウスクリーニング業者の選び方とは?悪質業者を避けて満足度の高い業者に依頼しよう
何かを業者に依頼する際「悪徳業者だったらどうしよう」「費用を多く請求されたら嫌だな」と…
部屋全体のハウスクリーニング、費用はどのくらい?コストを抑えるコツも解説
ハウスクリーニングといえばキッチンだけ、あるいは浴室、空調機器等、部分的な掃除だと思っ…
ひどい汚れは、ハウスクリーニング業者でどこまで対応可能?汚れのレベル別業者の選び方
ハウスクリーニングを依頼したいと思った時に気になるのが、「どこまで対応してくれるのか」…
ハウスクリーニングの相場【間取り別】まとめ|費用を抑えるポイントも解説
部屋を綺麗にしたいと思ったらハウスクリーニングも選択肢の一つです。自分で掃除するよりも…
汚部屋のハウスクリーニング、まるごと任せられる業者選びのポイント
汚部屋の解消・解決は自力では難しいものです。そのため、汚部屋を解消するのであれば汚部屋…
汚台所・汚キッチンからの脱出方法|片付け・掃除のポイントをプロが解説
腐った食材や使用済みのお皿、飛び散った油汚れなどでコンロ周りや壁、床はギトギト……。半…
収納がない 部屋 片付け ブログ 01
賃貸の住宅では、収納がない部屋であることは少なくありません。 特に一人暮らし向けの物件…
部屋の掃除業者、安い料金で依頼するコツは?
どこから手をつけたらいいのか分からないほど部屋が散らかってしまったら、あなたはどうしま…
大きいぬいぐるみの処分方法・捨て方5選|後悔しないようにお別れしよう
子供の成長とともに増えていくぬいぐるみの数々。 子供たちと毎日のように遊び一緒に眠って…
食器の捨て方、割れたものは素材ごとに解説
割れた食器の捨て方がよく分からないという方も多いのではないでしょうか。 日常生活におい…
化粧品 収納 ブログ01
突然ですが、あなたのメイクポーチはキレイに整頓されていますか? お部屋にある化粧品は散…
長期休みや引っ越しに合わせて一気に部屋をきれいにしたいと思っても、長く手入れをしていな…
日常生活の中で出てくる生ゴミには、ふと虫の姿を見かけることが珍しくありません。衛生面を…
ミニマリスト ブログ 01
部屋の中がたくさんのもので溢れかえって、いっそのこと全部捨てたいという欲求にかられてし…
壁紙 ハウスクリーニング ブログ01
家のなかでも、とくに見落としがちなのが「壁紙」です。 こまめに掃除をしている方でも、壁…
電気式生ごみ処理機 ブログ01
生活するうえで、どうしても出てきてしまうのが、生ごみです。 生ごみは臭いのもとになるう…
庭 木 抜根 ブログ01
自宅の庭に生えている庭木を切ったのは良いものの、残された切り株や根っこが邪魔になってい…
トイレにこびり付いた尿石は簡単に落とせる!?尿石を落とす3つの方法
トイレ掃除をする時に気になるのが、便器の中にこびり付いた尿石汚れ。 トイレ用洗剤を使っ…
フローリング掃除の方法4選
フローリングの部屋のある住宅は、かなり増えました。 フローリングがきれいに掃除されてい…
食洗器 掃除 ブログ01
ボタンひとつで洗浄してくれる、便利な食洗器。 食器洗いの手間を短縮できるので、一度使っ…
窓ガラス 掃除 ブログ01
家の中でも、なかなか手が回らないことが多い「窓ガラス」の掃除。 内側は皮脂やほこり、外…
キッチン シンク 掃除 ブログ01
使い終わった食器や調理器具を洗ったり、さまざまな食材を扱ったりするシンクは、いろいろな…
換気扇 掃除 ブログ01
食事を作るキッチンは、家のなかでもとくに汚れやすい場所です。 とくに「換気扇」は、油汚…
片付け どこ スタート ブログ01
きれいな部屋で生活したい、汚部屋とはもうお別れしたいなどの悩みを持っていませんか。 「…
木 伐採 ブログ01
高く、太く成長した庭の木は、様々な弊害をもたらします。 例えば、木が大量の葉を落とすこ…
お風呂の排水口は掃除してもなぜすぐに汚れるのか
お風呂の排水溝の掃除、どのくらいの頻度でできていますか。 大手通信販売会社でが実施した…
梅雨 畳 掃除 ブログ01
い草の匂いや和のテイストで落ち着く畳の和室。 そんな和室の大敵になるのが、ジメッとした…
梅雨 エアコン ブログ01
暑い夏を快適に過ごしていくためには、エアコンが必要不可欠です。 しかし、エアコンを稼働…
梅雨 部屋 カビ対策 ブログ01
四季のある日本で暮らす以上、避けては通れないのが「梅雨」の時期。 春から夏へと季節が移…
窓 ドア 掃除方法 ブログ01
一軒家の窓を掃除すると、拭き掃除の範囲が広く窓の数も多いため、ついつい後回しにしてしま…
運気 掃除 ブログ 4
「家を掃除すると運気が上がる」と聞いたことはありませんか? ほこりやゴミは、悪い気を引…
エアコン 掃除方法 ブログ01
私たちの生活に欠かせないものとなりつつあるエアコン。 そんなエアコンですが、最後にいつ…
主婦 汚部屋 片付け ブログ 02
育児や家事に追われていると、つい部屋が汚れてしまいますよね。 とくに、育児と同時進行の…
掃除 清掃 業者 ハウスクリーニング ブログ01
自宅の掃除は自分でやる以外にも、掃除業者や清掃業者に依頼する方法もあります。 業者に依…
子供 部屋 片付け ブログ01
子供部屋は、おもちゃや衣類、学習道具、ランドセルなど、散らかってしまいがちです。 「き…
服 片付け ブログ01
洗濯済みの衣類や、脱ぎっぱなしの服が上手く片付けられず、部屋がゴチャついてしまった経験…
年末 掃除 場所 ブログ01
年末の大掃除と聞いてどこをイメージするでしょうか。 キッチン、お風呂場、窓や障子の張り…
年末 掃除 処分 ブログ01
目次年末の掃除の前に断捨離をする年末に処分するものを選別する年末に処分するものを選別①…
年末 ハウスクリーニング ブログ01
朝晩だけでなく、日中の気温も低くなってきて肌寒さを感じられるようになりました。 冬が迫…
玄関 害虫 ブログ01
家へ入って最初に足を踏み入れる玄関は、「良い運気は、玄関が呼び込む」と言われるほど、キ…
トイレ 片付け ブログ01
毎日使うトイレは、家のなかでも特に汚れやすいところと言えるでしょう。 しかし、トイレ掃…
片付け モチベーション ブログ01
コロナの影響で外出する機会が減った今、在宅時間を使って、断捨離や片付けをする人が増えて…
DIY 収納 片付け 01
キレイに保とうと努力していても、なぜか部屋がスッキリしないということはありませんか? …
家事 掃除代行 ブログ01
掃除代行とは、漢字を読んでそのまま、掃除を代行してくれる業者のことです。 掃除代行の仕…
家の中によく出る害虫8選
気温も高くなる時期は、害虫も活発になり駆除や掃除をどうするか悩まれている方も多いのでは…
虫がわくのはなぜ?臭いを出さない生ゴミの処理方法とは
気温が高い日が増えてきたら気を付けたいのが、虫問題。 キッチンに虫が飛び回っている光景…
梅雨 虫 ブログ01
気温が高く雨の日が多い梅雨の時期は、さまざまな虫が活発に動き出します。 虫の発生、侵入…
梅雨の時期はこまめにお掃除を!その理由とは
梅雨の時期は湿度が高く、洗濯が乾きにくかったり、外出しにくかったり、気持ちが滅入ります…
浴室 掃除 ブログ01
あなたは、浴室の掃除を定期的にしていますか? 浴槽の掃除は毎日していても、浴室の床や壁…
梅雨 片付け ブログ01
雨の日が増える梅雨の時期は、気温が高くなってくることもあって、生温くじめじめした湿気に…
防災 収納 ブログ01
日本は世界各国と比べて、地震や土砂災害など、災害が頻繁に起こる国です。 もしもの事態に…
キッチン 掃除 ブログ01
キッチンは、毎日使う場所なので清潔に使いたいですよね。 しかし、手強い油汚れや焦げ付き…
片付け 相談 プロ ブログ01
「物が散乱した部屋をどうにかしたい」「部屋に物が入りきらず溢れている」など、部屋が自分…
整理整頓 アドバイザー ブログ01
近年、「断捨離」「価値があるものを残す」「価値がないものは捨てる」など、片付けに関する…
掃除代行業者を選ぶ時、3つの注意点
部屋の掃除代行サービスを使ってみたい。 この記事では、そんな時にあらかじめ知って全ての…
部屋 掃除 相談 ブログ02
散らかしているつもりはなくても、気が付くと部屋がゴチャついてしまうことはありませんか?…
名古屋市 ゴミ 処分 ブログ01
名古屋で業者に依頼をして部屋を片付けるときにかかる料金を、数社比較しながら解説します。…
部屋の片付け業者って何をしてくれる?料金相場やおすすめの代行業者5選!
「もうずいぶん前から、部屋の片付けをしないとまずいと感じている」 「このままでは汚部屋…
部屋 掃除 ブログ01
最近では、部屋の掃除を手伝ってくれる便利な業者やサービスがたくさんあります。 こうした…
部屋 片付け 手伝い ブログ01
部屋の片付けは、住み替えや引越しなどの際に必要になるでしょう。 しかし、広い部屋などの…
掃除 リビング 寝室 窓 ブログ01
いよいよ年末も間近に迫ってきて、今年の大掃除のことを考え出す人も増えてきたのではないで…
掃除 キッチン 台所 ブログ01
年末に行う大掃除。 元々は一年の間に溜まった煤(スス)を払って、年内の穢れや厄をお祓い…
掃除 費用 片付け ブログ01
年の瀬も近づいていることで、そろそろ家の大掃除のことを考え出す人も多いのではないでしょ…
部屋 掃除 解決法 ブログ02
部屋が散らかることで、 使いたい物がどこにあるのか分からない 害虫が部屋によく出てくる…
早いもので2016年も11月になり、世間ではイルミネーションなどクリスマスの装飾に包ま…
実家の庭木・雑草が荒れ放題
地方の実家が空き家になって数年。庭木や雑草が生い茂りジャングル状態に!! 皆さんが子供…

もっと見る▼

人気記事ランキング

ゴミ屋敷バスター 七福神 何でもご相談ください!
ゴミ屋敷バスター 七福神 何でもご相談ください!

※WEB限定割引はパッケージプランは対象外となります。
※お見積り金額からのお値引きとなります。

見積無料! WEB限定割引!! 最安19,800円〜 女性も安心!!閉じる×