ゴミ屋敷とは?いま話題のゴミ屋敷を改めて解説します

ゴミ屋敷問題がテレビや新聞で取り上げられる機会が増えています。

「ゴミ屋敷」という言葉がすっかり一般的になってきました。

「ゴミ屋敷」が何を意味する言葉か、ある程度イメージできる方が多いかと思いますが、改めて何を意味するのか解説していきましょう。

ゴミ屋敷とは?いま話題のゴミ屋敷を改めて解説します

ゴミ屋敷とは?

ゴミ屋敷とは?

ゴミ屋敷とは、その文言が示す通り、「ゴミに覆われた家」です。

ゴミを捨てない、あるいは拾ってくるなどして家がゴミに埋もれてしまうような状況です。

しかし、明確な定義はありません。そのためゴミ屋敷も様々です。比較的軽度のゴミ屋敷もあれば、どのようにしてここまでゴミを集めたか不思議に思えるようなゴミ屋敷もあります。

ゴミ屋敷に公式な定義はない

ゴミ屋敷とはゴミに覆われた、あるいは埋め尽くされた家を指すのですが、公式の定義はありません。いわば「通称」になりますので、一口にゴミ屋敷と称される家屋も、状態は様々です。

ゴミ屋敷対策や予防のための条例を制定している自治体でも「ゴミ屋敷」という文言はほとんど使用されていません。

条例の対象となるような状態を定義し、違反している場合には条例に基づいた対処をするとの記載が一般的です。

ゴミ屋敷は国の法律では対処できない

多くの自治体が条例でゴミ屋敷の対策を行っているのは、国の「法律」では対処できないからです。

我々の生活は、国、つまり国会で制定される法律で支配されます。

法律に違反すると「違法」となり、警察や司法も動くことができるのです。

しかし、法律ではゴミ屋敷が規定されていないので、ゴミ屋敷を「違法」とは判断できません。

そのため、多くの自治体では、独自に条例を設けることでゴミ屋敷問題に対処しています。

条例の内容に関しては自治体ごとに様々です。

罰則に伴う過料を設定している自治体もあれば、あくまでも努力義務程度に留めている自治体もあります。

ゴミ屋敷の原因とは?

ゴミ屋敷の原因とは?

ゴミ屋敷とはどのようにしてできてしまうのか、その理由もご紹介しましょう。

掃除をしなかった

掃除をしなければゴミは蓄積されていく一方です。

単に掃除が面倒という人もいます。

または、問題意識は持っているものの、仕事が忙しいから後回しになってしまい、次第にゴミが堆積することでゴミ屋敷になってしまうケースもあります。

理由は様々ですが、ゴミを捨てなければゴミは溜まる一方です。

最初は微々たるものでも、長期間ゴミを放置すれば、やがてはゴミ屋敷となってしまいます。

痴ほう症の高齢者

痴ほう症の高齢者によるゴミ屋敷が近年増えています。

高齢者が多い我が国ですが、痴ほう症の高齢者は、ゴミをゴミと認識できないこともあります。

また、ゴミ収集場からゴミを自宅に持ち帰る等、家にゴミを蓄積させてしまうことでゴミ屋敷になるケースが増えています。

当事者である痴ほう症の高齢者としては、自分がゴミ屋敷の原因になっているとの自覚がありません。

しかし、社会的孤立と相まって「ゴミを持ち帰る」ことに依存してしまい、気付けばゴミ屋敷にしてしまうのです。

ゴミ屋敷が引き起こす問題とは

ゴミ屋敷が引き起こす問題とは

ゴミ屋敷は法律違反ではありません。つまり、ゴミ屋敷を作っても「誰にも迷惑をかけていない」と考える人がいるかもしれません。

では具体的に、ゴミ屋敷でどんな問題が生じるかも解説していきましょう。

近隣トラブルになりやすい

ゴミの中に生ゴミが含まれていたり、犬や猫の住みかになっているケースもあります。すると、周囲に異臭を放ってしまいます。毎日異臭を感じながらの生活は、近隣住民にとっては大問題です。

結果的に住民から反感を抱かれることになり、地域トラブルの温床となります。

二次災害リスクをもたらす

ゴミ屋敷は二次災害リスクがあります。

例えば近隣で火災が起きた際、ゴミ屋敷に火が燃え移ると、可燃性のゴミのせいで火があっという間に延焼しかねません。

火が燃え移る危険だけではありません。ゴミ屋敷の中で電源コード等がゴミの下敷きになっていて、何らかの形で発火することもあります。

実際、ゴミ屋敷で発生した以下のような火災事案がありました。

  • 2015年 愛知県豊田市
  • 2020年10月 青森県平川市
  • 2020年12月 神奈川県平塚市

地域の景観を損ねる

屋外にゴミがあふれ出て散乱しているゴミ屋敷の場合は、近隣地域の景観を損ねることになります。ともすれば「不衛生なコミュニティ」とのイメージを持たれてしまうかもしれません。

国内ほとんどの自治体は人口減少で悩んでいます。不衛生な都市というネガティブなイメージがついてしまったら、人口増加どころか、ますますの人口流出危機に直面します。

違法ではないので何もできない

ゴミ屋敷は違法行為とは断言できません。

そのため、ゴミ屋敷からの異臭が迷惑だったり、あるいは見た目が汚いと思っても、基本的に警察を頼ることは不可能です。

近年でこそゴミ屋敷対策のための条例を制定する自治体が増えています。

それでも、まだすべての自治体にゴミ屋敷対策の条例が制定されている訳ではありません。

もしもミ屋敷対策の全くない自治体でゴミ屋敷が出現した場合、ゴミ屋敷の住人や所有者が自発的に綺麗にするのを待つしかできないのです。

ゴミ屋敷対策に自治体・地域住民の連携が不可欠な理由

ゴミ屋敷対策に自治体・地域住民の連携が不可欠な理由

ゴミ屋敷は当事者だけの問題ではありません。

確かに原因は住居人ですが、問題を解決するためには自治体、さらには地域住民の連携も不可欠になります。

ゴミ屋敷は再発が見受けられる

ゴミ屋敷の問題解決とは、決して家屋からゴミを撤去するだけではありません。

ゴミ屋敷となってしまった問題を把握したうえでの再発防止策が重要です。実際、行政の手による代執行にて家屋を綺麗にしたものの、その後再びゴミ屋敷となってしまった事例もあります。

特に高齢者の痴ほう症に起因するゴミ屋敷化は、地域の連携が不可欠です。

見回りを行うなどして、ゴミを堆積していないかを日ごろから確認することが重要です。

行政に連絡するのは地域の人間

ゴミ屋敷の住居者本人が行政に連絡を入れるケースは稀です。

当事者が「ゴミ屋敷で困っているので助けてください」とは、なかなか言えないものです。

つまり、行政が対応するにせよ、行政に最初に連絡するのはほとんどの場合周辺の住民です。ゴミ屋敷とは自力では解決が難しいものだと理解し、住居人に代わって行政に連絡を入れることこそ、地域のゴミ屋敷問題解決の一歩目です。

ゴミ屋敷についてのまとめ

ゴミ屋敷についてのまとめ

ゴミ屋敷とはゴミで埋め尽くされている、あるいは多くのゴミに囲まれた家を指しますが明確な定義がありません。

また、違法行為でもないので警察が動くこともできません。

そのため、多くの自治体にて独自に条例を制定し、ゴミ屋敷対策に本腰を入れています。しかし、ゴミ屋敷問題は個人の問題ではなく、地域の問題と捉え、行政を含めた地域全体で取り組むことが求められます。

何もしなければ解決することもありません。「個人の問題」と突き放すのではなく、地域の問題との意識を持つことが大切です。

あなたにおすすめの新着記事

前へ
次へ

人気タグ

ゴミ屋敷バスター 七福神 何でもご相談ください!
ゴミ屋敷バスター 七福神 何でもご相談ください!
見積無料! WEB限定割引!! 最安19,800円〜 女性も安心!!閉じる×