ゴミ屋敷問題の原因は?背景に潜む要因とは

ゴミ屋敷問題の原因は?と考えている人は増えているのではないでしょうか。
それもそのはず、多くの自治体がいわゆるゴミ屋敷条例を制定するなど、ゴミ屋敷問題解決に向けて本腰を入れ始めています。
かつてゴミ屋敷は、あくまでも住居者の自己責任であり、解決のためには住居者が自力で解決するものとされていましたが、徐々に社会問題との認識が広まりつつあります。

しかし、解決するにせよやはりゴミ屋敷問題の原因は?との素朴な疑問を抱いている人も多いことでしょう。
そこで、なぜゴミ屋敷問題が起きるのか、その原因についてを解説していきましょう。

なぜゴミ屋敷問題が起きるのか、その原因についてを解説

ゴミ屋敷問題の原因は?

ゴミ屋敷問題の原因は?という素朴な疑問はもっともです。
ゴミ屋敷と無縁の生活を送っている人にとっては、生活を送っている場所が、なぜあそこまでひどい状態になってしまうのか不思議なことでしょう。
そこで、ゴミ屋敷問題の原因は?という疑問の答えを、まずは大きく3種類に分類してみました。

ゴミ屋敷問題の原因は?という疑問の答えを、まずは大きく3種類に分類

性格的な問題

ゴミ屋敷問題の原因は?との答えの一つに性格が挙げられます。
掃除が苦手でかつ苦手なことを後回しにするといった人、衝動買いが多い人、物を捨てることができない人などです。

生活習慣

生活習慣もゴミ屋敷問題の原因は?という疑問の答えの一つです。
夜勤なのでゴミ出しの時間にゴミを出すことができない人など、生活のリズムとゴミ出しのタイミングが合わずにゴミを捨てることができなかったりで、自分自身の想いとは裏腹にゴミを溜め込み、ゴミ屋敷にしてしまうのです。

病気

病気もゴミ屋敷問題の原因は?という疑問の答えの一つです。
特に高齢者の場合、病弱になってゴミ収集所までゴミを運ぶことが困難になって住居にゴミを溜めてしまったり、痴ほう症となって他人のゴミを持って帰ってきてしまったりなど、病気が原因となってゴミ屋敷を生み出してしまう高齢者は多々確認されています。

ゴミ屋敷症候群

近年、ゴミ屋敷問題の原因は?の答えである病気の一つにゴミ屋敷症候群が挙げられることが増えています。
ゴミ屋敷症候群とは、掃除や片付けをせず自宅に物を溜め込む行動心理です。
まるでゴミ屋敷にしたいかのような行動原理で、ディオゲネス症候群と呼称されることもあります。

ゴミ屋敷問題を起こしてしまう人の特徴

ゴミ屋敷問題を起こしてしまう人の特徴

ゴミ屋敷問題の原因は?といえば多々挙げさせていただきましたが、性格に関しては多々あるとお伝えしました。
そこでゴミ屋敷になる人の特徴を覚えておくこともまた、ゴミ屋敷の自衛・抑止力となりますのでご紹介しましょう。

ゴミ屋敷問題の原因は?「買い物が好き」

買い物が好きな人は物が溜まりやすいのでゴミ屋敷問題の原因は?の答えに挙げられます。
買い物が好きなことは決して悪いことではありません。
しかし、物が増えやすい性格だと考えることもできますので、買い物の頻度が低い人と比較するとゴミ屋敷リスクは高くなります。

ゴミ屋敷問題の原因は?「掃除をしない」

掃除が苦手だったり、あるいは仕事で忙しく掃除ができない場合もゴミ屋敷問題の原因は?の答えです。
常日頃から掃除を行い、清潔な部屋を維持していればゴミ屋敷になることはありません。
しかし、掃除が苦手・嫌いな人、あるいは好きではあっても仕事やライフスタイル的にできない場合など、理由は多々考えられますが掃除をしなければゴミは溜まる一方で、ゴミ屋敷化を加速させます。

ゴミ屋敷問題の原因は?「物事を後回しにする」

物事を後回しにしがちな人もゴミ屋敷問題の原因は?の答えの一つです。
先にもお伝えしましたが、掃除はとても大切です。
しかし、物事を後回しにしがちな人は、掃除を後回しにしてしまいます。
「後でやる」「週末やる」など、後回しにしていると、結局「その時」に想像以上のゴミが多くて萎えてしまったり、あるいは予定が入って掃除ができなくなり、ゴミ屋敷化を加速させてしまいます。

ゴミ屋敷問題の原因は?「物を捨てられない」

物を捨てられない人は、よく言えばものを大切にする人ですがこちらもゴミ屋敷問題の原因は?の答えです。
思い出があったり、いつか使うのではとの思いから使っていない物も大切に保管している人はゴミ屋敷リスクが高いです。

なぜなら、物が多いのでゴミ屋敷のリスクが潜んでいるからです。
忙しいので掃除ができなかったり、少し大きな買い物をしたりといったことがきっかけでゴミ屋敷化が進んでしまう可能性を秘めています。

ゴミ屋敷問題の原因は?「ゴミの出し方を知らない」

ゴミを捨てればゴミ屋敷になりませんが、ゴミの出し方を知らなければゴミを捨てることができませんのでゴミ屋敷問題の原因は?の答えとなります。
環境問題から、ゴミ出しルールを細かく設定している自治体が増えています。
結果、ゴミ出しルールを把握しきれず、捨てられないことからゴミ屋敷となってしまうのです。

ゴミ屋敷問題の原因は?「家に人がこない」

「家に人がこない」も実はゴミ屋敷問題の原因は?の答えです。
家に人が来る人は、その機会が多ければ多いほど、掃除をします。
やはり汚い状態の家に人をあげたくない点や、自分自身をよく見せたい思いもあるでしょう。
しかし誰も家に来ないのであれば、いわば「半ば強制的に掃除を行う機会」がありませんので、次第に部屋が汚くなってしまい、ゴミ屋敷化を加速させてしまうのです。

ゴミ屋敷問題の原因は?「マンションの管理人がうるさい」

こちらはマンションに住んでいる人のゴミ屋敷問題の原因は?の答えです。
管理人がいるマンションの場合、ゴミ出しルールに関して細かくチェックされます。
ルール違反が見られる場合、管理人に指摘されることでしょう。
何度も指摘されると、次第にゴミ出しそのものが億劫に感じてしまい、家に溜め込んでしまうことでゴミ屋敷化を招いてしまうのです。

ゴミ屋敷問題の原因は?「体力の衰え」

高齢者に多く該当するゴミ屋敷問題の原因は?の答えです。
体力が低下すると、ゴミ出しが大きな負担となります。
ゴミ収集場所までゴミを持っていくだけの体力がなくなれば、ゴミを捨てることができません。
かといって頼る相手もいなければ、ゴミは部屋に蓄積されていくので、ゴミ屋敷になってしまうのです。

意外なタイプの人がゴミ屋敷問題を引き起こしてしまう

意外なタイプの人がゴミ屋敷問題を引き起こしてしまう

ゴミ屋敷問題の原因は?について、意外な原因もあります。
実はゴミ屋敷にしないだろうと思われているタイプがゴミ屋敷にしてしまうこともあるのですが、その原因と併せてご紹介しましょう。

清潔な人

清潔な人であればゴミ屋敷にすることはないのでゴミ屋敷問題の原因は?ないのではと思うかもしれません。
しかし、清潔感が強ければ強いほど、理想が高いです。
「部屋は綺麗でなければならない」との思いが強すぎるあまり、汚れが許せなくなり、ストレスとなって掃除意欲が減退し、それまでの清潔感から急に掃除を怠り、ゴミ屋敷にしてしまうケースがあります。

社交的な人

明るくて社交的な人はゴミ屋敷問題の原因は?を考える必要のない、つまりはゴミ屋敷とは無縁のように思うことでしょう。
しかし、いわゆる「八方美人」的な人にはゴミ屋敷リスクが潜んでいます。
このタイプの人は外では良い面を見せますが、家の中では無頓着で、部屋を汚くしている人もいます。
外で無理をして明るくふるまっているストレスが大きなものであればあるほど、その反動が「家の中」に出てしまうので、掃除をしなくなったり、あるいは外でエネルギーを使うので家の中では気力が湧かないなどの理由でゴミ屋敷にしてしまうのです。

物欲が低い人

先に、ゴミ屋敷問題の原因は?の理由の一つに買い物が好きな点を挙げました。
つまり、その反対である物欲が低い人はゴミ屋敷リスクが低いと考えられるのですが、物欲を含め、物事に関心が薄い人はゴミ屋敷リスクがあります。
物欲「だけ」が低く、他の物事への関心が高い人であればゴミ屋敷リスクは低いのですが、物欲を含めて物事に関心を寄せないタイプの人は、部屋の状態が汚くなっても何も思いません。
言うなれば「掃除をして綺麗にしたい欲」も低いので、部屋が汚くなってしまっても関心を示さず、気付けばゴミ屋敷にしてしまったケースもあります。

どうしてゴミ屋敷問題をおこしてしまうのか?そのメカニズムを解説

意外なタイプの人がゴミ屋敷問題を引き起こしてしまう

ゴミ屋敷問題の原因は?の答えは大まかには先に挙げたものになります。
しかし、原因が分かったとしても、一体どうしてゴミ屋敷になるのか不思議だと思っている人もいることでしょう。
そこでどうしてゴミ屋敷になるのかやについてメカニズムを解説します。

捨てる物より新しい物が多ければゴミ屋敷になる

ゴミ屋敷問題の原因は?との疑問の前に大原則として、捨てる物よりも家に入ってくる物が多ければやがてはゴミ屋敷になります。
「入ってくる物」とは、具体的にはショッピングで購入した物、もらった物、日常生活の中で出るゴミなどです。

掃除を行っているとしても、掃除のペースよりも早く物が増える状態であれば、徐々にゴミ屋敷に近づいていると考えられます。
つまり、入ってくる物よりも捨てる物が多ければゴミ屋敷になることはありません。

物が増え収納に入りきらない物が出てくる

ゴミ屋敷問題の原因は?といろいろと考えるかもしれませんが、一晩明けたら家が急にゴミ屋敷になるということは有り得ません。
徐々にゴミが蓄積され、ゴミ屋敷となります。
その兆候として、部屋の物が増えていく状態が挙げられます。
整理整頓できているのであれば良いでしょう。

しかし、床にそのまま置きっぱなしにするものが出てくると危険信号です。
物が多いと言っても収納できていれば問題ありません。
そのため、ゴミ屋敷リスクは部屋・住居の広さに比例します。

ゴミの多さに掃除の意欲が萎える

掃除をしない点もゴミ屋敷問題の原因は?の答えですが、ゴミが増えてくると、掃除のモチベーションは低下しやすいです。
掃除にて綺麗にできるレベルであれば掃除を行う人は多いですが、軽い掃除では綺麗にならないレベルまでゴミが溜まってしまうと、掃除のモチベーションが急激に低下します。

掃除をせずにゴミが一方的に蓄積する

掃除の意欲が萎えると掃除機会が減り、ゴミ屋敷問題の原因は?の答えとなります。
掃除をしなければ結局はゴミが増えます。
さらに、既に汚い状態であればゴミが増えることへの抵抗感も薄れます。

綺麗な部屋であれば、少しゴミが出ただけでも軽く掃除すれば綺麗に戻ります。
しかし、汚くなればなるほど綺麗な部屋に戻す労力がかかる点、さらには「どうでもよい」といった悪い意味での開き直りから、ゴミ屋敷化をさらに加速させてしまうのです。

ゴミ屋敷となる

これまでご紹介したゴミ屋敷問題の原因は?の答え・流れを経てゴミ屋敷となります。
ゴミ屋敷となってしまうと自力での解決は難しいです。
また、自宅内だけではなく外にまでゴミが溢れたり、堆積されているゴミからの異臭等で近隣に迷惑をかけてしまいます。

ゴミ屋敷でどうやって生活を送っているのか

ゴミ屋敷問題の原因は?との疑問もあれば、そもそもゴミ屋敷でどうやって生活を送っているのかも疑問の一つでしょう。
ゴミ屋敷の住居者はゴミ屋敷だとの自覚を持っているケースが多いです。

「良いことではない」とは思っていても、どうすることもできない点、さらには自分自身の最低限の生活スペースだけは確保しているケースが多いです。
そのため解決意識はさほど高くはなく、抜本的な解決策を講じることがありません。

ゴミ屋敷問題の原因と背景に潜む要因についてのまとめ

ゴミ屋敷問題の原因と背景に潜む要因についてのまとめ

ゴミ屋敷問題の原因は?との疑問の答えは、性格、生活習慣、病気に大きく分類できます。
後回しにする人、買い物が好きな人、物を捨てられない人はゴミ屋敷になりやすい一方、清潔感がある人や社交的な人も、何らかのきっかけでゴミ屋敷化を招く可能性があります。

ゴミ屋敷になってしまうと自力での解決が難しいです。
さらには周囲への影響も懸念されますので、専門業者に依頼するなどしてゴミ屋敷の解決を目指しましょう。

あなたにおすすめの新着記事