トラクターの捨て方とは?農機具は買取でお得に処分できるかも!

農業を引退したり新しいトラクターを購入する場合に、使うことがなくなったトラクターの処分方法はどのようにしていますか?

いざ処分を検討するにも「どこに連絡したらよいかわからない」「中古として売れるなら処分するんじゃなかった」などと迷ったり後悔したくはないですよね。

ここでは不要になったトラクターの処分方法をご紹介します。

トラクターの捨て方とは?農機具は買取でお得に処分できるかも!

不要になったトラクター・農機具の処分方法

不要になったトラクター・農機具の処分方法

トラクターや農機具は農家にとっては自家用車同様に無くてはならない必需品ですが、不要になったらその大きさから場所をとって困ってしまうというケースが多いです。

しかし、使わなくなったからといって、使用しないまま長年置いておくと整備不良で使用できなくするのもまたもったいない限りです。

そしてトラクターなどの農耕作業自動車は、公道を走行するかしないかに関わらず、毎年4月1日に軽自動車税種別割が課税されます。

これは車両使用の有無は関係なく、所持しているだけで課税されるので気をつけなくてはいけません。

トラクターや農機具の処分は手間が掛かる

小型の農機具などは、自治体の粗大ゴミを捨てる日に回収してもらえるようなイメージがあるかも知れませんが、実は対応しておりません。

農機具は適正処理困難物に該当し、自己処理が義務付けられています。

小さな農機具でもエンジンやバッテリーなど搭載しているものがあるので、都度分解して素材ごとに分別して処理する必要があります。

大型のトラクターのようなものになると、自身での解体は困難で危険を伴うことがあるのでおすすめはできません。

処分する際は、後悔しないよう以下の方法を検討しましょう。

使わないものや修理不可能なトラクターは廃棄処分する

使わないものや修理不可能なトラクターは廃棄処分する

その大きさ故に、一度不要になると取り扱いや置き場に困ります。

そして故障した農機具は買取りしてもらえないことが多いので頭を抱えてしまうものです。

このような時は、次の方法で処分をしましょう。

スクラップ業者に依頼して廃棄

スクラップ業者とは、工場などで発生した鉄くずや建物解体時に発生した廃棄鉄を回収してリサイクルなどを行う業者です。

スクラップ業者に処分を要請すると、トラクターや農機具などの鉄製品を解体して鉄くずにしてくれます。

この鉄くずは、キロ単位で重量換算して買い取ってくれます。

その時の相場により買取価格は返送しますが、一般的に1キロあたり40円から50円で買取りをしているケースが多いようです。

一般的には直接スクラップ業者に依頼するケースは少なく、主に不用品回収業者などを介して依頼されます。

農機具店に回収依頼をする

使用することがなくなったトラクターの処分に困ったら、購入した農機具店などに回収してもらえるか確認してみましょう。

店舗によって回収サービスをしていない店舗もあるので、過去に購入したことがない店舗でも構いませんので、回収サービス対応の店舗へ問い合わせてみましょう。

地域の農協に引き取ってもらう

農家にとって心強い味方の農協ですが、農協でも農機具の回収を行っている場合があります。

程度によっては買取りしてくれることもあるので、いつもお世話になっている農協に連絡して確認してみましょう。

不用品回収業者に依頼する

引越しの際に、大型の家具や自動車なども回収してくれる不要品回収業者にお願いする方法もあります。

電話一本で訪問してくれて困った時には大変重宝できますが、回収にはもちろん別途費用が発生します。

一般的には出張料として1時間3,000円程度の料金がまず発生し、そこに処分するものにより費用が追加されます。

そして前途ご紹介したスクラップ工場などに持ち込む必要があるトラクターなどは、更に持ち込み代行手数料などが追加されます。

時短で手軽にお願いできますが、のちに発生する費用とよく照らし合わせて依頼する必要があります。

トラクター・農機具を廃棄処分する時の注意事項

スクラップ業者や農機具店などに回収依頼をおこなう場合に、その配送が無料かどうか気を付ける必要があります。

少しでもお金に変えることができればという気持ちで依頼しても、配送コストで赤字になることもよくあります。

特に不用品回収業者に依頼する時は注意が必要です。

無料などをキャッチコピーにして町を巡回している不用品回収業者は要注意です。

回収後に高額な請求を要求されたりすることもあります。

中でも一番悪質なのは、不用品を回収した後に正規の廃棄手続きを行わず山奥などに不法投棄などするケースです。こ

の場合、業者ではなく所持していた依頼主が責任を負うことになる可能性があるのでよく調べて依頼しましょう。

そしてトラクターや農機具の廃棄処分を検討する場合には、古いモデルだからといって自己判断で売れないと決めつけるのはやめましょう。

ヤンマーやクボタのようなメジャーメーカーであれば買取ってくれることがあります。

売れないと諦める前に、まずは複数社の査定だけは行うようにしましょう。

現役で動くトラクターは買取ってもらえる

現役で動くトラクターは買取ってもらえる

中古の車が中古車販売店に売れるように、トラクターも同様に専門店に相談すると買取りの対象になります。

自走可能なトラクターは高く買取ってもらえたり、様々な方法で販売できるので以下の方法を検討しましょう。

専門の買取業者に依頼する

トラクターの買取りを検討している場合は、まず専門の買取り業者に依頼しましょう。

買取り業者の利点は、お手持ちのトラクターの中古買取額相場がわかる点にあります。

人気のトラクターであれば、損をする事なく高く買取ってもらえるケースもあります。

特に日本のトラクターは性能が高く、国内に需要がないモデルでも発展途上国では高い人気があり、古い型落ちのトラクターでも売れる場合があります。

また、壊れたトラクターでも部品取り車として買取りの対象になっている場合があるのでお近くの買取り業者に連絡してみましょう。

農協も買取してくれる

地元のパートナーである農協でも、トラクターや農機具の買取りをしてくれるケースがあります。

連絡をすると農協から査定に来てくれて、買取り可否の確認をしてくれます。

買取り可能であれば適正な価格で買取りをしてくれます。

しかしながら買取価格は、買取り専門業者に買取ってもらったよりも若干低くなる傾向があるようです。

買取り業者の販売網は全国多岐に渡りますが、農協は地元密着型ですので販売地域が限られるためです。

農協とは価格だけではないお付き合いをされていると思いますので、総合的に考えて検討するようにしましょう。

身近な人に販売、譲る

長年使用した愛着のあるトラクターなので、次に使用してもらう人には大切に使ってもらいたいものです。

農家仲間や、顔なじみの人に譲ると安心して次に繋げることができます。

買取り業者に買取りを依頼したりネットでトラクターを個人販売すると手数料を取られますが、個人間では発生しません。

販売する値段はあまり高くは設定できないかもしれませんが、処分代を支払うよりは良いでしょう。

ネットオークションで販売する

ヤフオク!などのネットオークションや、メルカリなどのネット販売を利用して売るという方法もあります。

インターネットを利用するので、不特定多数の人にアピールすることができる利点がある方法です。

販売価格も自身で決めることができるので、買取り専門業者に依頼するよりも高単価で売却できるケースもあります。

トラクター、農機具を買い取ってもらう時の注意事項

トラクターなどの農機具は機械製品ですので、メンテナンスを定期的にしていても思わぬタイミングで故障する可能性があります。

身近な人に販売した場合にすぐ壊れたなど気まずい思いをすることもありますので、日頃のメンテナンスは欠かさないようにしましょう。

また、インターネットを使用した販売ケースでは、相場を考慮した売価設定にしないと販売できないこともあったり、販売できても落札額の10%程度の費用を手数料として支払う必要があります。

そして写真やトラクターの仕様に関する明細を記載しないといけないので、あまり知識のない方には敷居が高い方法かもしれません。

特に重量があるトラクターをインターネットで販売した場合、その輸送方法で揉めることが多いようです。

配送の手間が思ったよりも掛かったり、購入後に配送問題でキャンセルになったりといった問題をよく耳にします。

トラクターの廃棄、譲渡を自分でする場合

トラクターの廃棄、譲渡を自分でする場合

トラクターを使用することがなくなったタイミングで、トラクターの破棄や身近な人にトラクターを販売・譲渡することになりますが、その手続きを自分ですると意外と大変なものです。

自分で廃棄の手続き

車両を自分で処分するには、廃車の手続きである抹消登録が必要です。

トラクターなどの大型特殊車両はナンバープレートがあるので、管轄の陸運局に言って手続きが必要です。

必要書類(例)

  • ナンバープレート
  • 解体証明書(もしくは廃棄物処理法に基づくマニフェストB2票)トラクター解体を依頼した業者から受け取る書面
  • 自動車検査証
  • 車両所有者の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
  • 車両所有者の実印
  • 申請書(第3号様式の2)陸運局の窓口で入手可能
  • 手数料納付書 陸運局の窓口で入手可能

人に譲る場合の手続き

人に譲る場合は、車両の名義変更をします。

名義変更に必要なものは次のようなものを準備します。

同じ市区町村内の方に譲渡する場合は以下が必要です。

  • 旧所有者の標識交付証明書
  • 旧所有者の印鑑または譲渡証明書
  • 新所有者の印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証や保険証他)

他の市区町村の方に譲渡する場合は、以下が必要です。

  • 廃車証明書やナンバープレート
  • 標識交付証明書
  • 旧所有者の印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証や保険証他)

上記のような書類が必要になるので漏れのないように用意する必要があります。

トラクターの名義変更をするのに費用は無料ですが、様々な書類を用意するには手間と労力が掛かります。

買取り業者に売ると手間が省ける

前途のように個人で廃棄や譲渡をおこなうと非常に面倒な手続が沢山あります。

買取り専門の業者に依頼すると、トラクターの売買に必要な諸手続きの多くを代行してもらえるという利点があります。

トラクターの処分に迷った時は、無駄な手間を掛けずに適正単価で買い取ってくれる買取り専門業者にまず連絡をすると良いでしょう。

トラクターを高く買取ってもらうコツ

トラクターを高く買取ってもらうコツ

愛用してきたトラクターなので、買取に出すなら少しでも高く引き取ってもらいたいものです。

ちょっとした気遣いができていればもう少し高くなったなどということもよくあります。

ここでは、少しでも高く買取りしてもらうためのコツをご紹介します。

買取を依頼する時期を考える

基本的にトラクターは年中使用する農機具なので、使用者からすると購入するタイミングは様々なので市場単価も相場の変動があまりありません。

しかし冬場は比較的閑散期なので、中古販売業者はそのタイミングで買取りをして春のピークに向け整備をするケースが多いようです。

この時期は、通常時より高めに買い取ってもらえることもあります。

閑散期に複数社の相見積もりをとると良いかもしれません。

新規のトラクターを購入する場合でも、値段がつかないトラクターを下取り車として低額で買取りしてくれることもあります。

このような場合は農作業販売会社に一度相談してみても良いかもしれません。

車体のメンテナンス記録は明確に!

トラクターのメンテナンスを定期的にしているといっても、その記録がないと信用できません。

整備した記録を帳簿につけて保管しておくと、安全に走行できる客観的証拠になります。

毎年定期点検している場合は見積もりするのに好印象を与えます。

修理できるところは自分で修理する

トラクターは少しの故障くらいでは買取りをしてくれる可能性が高いものです。

しかし簡単に修理できる状態であれば、その箇所だけご自身で修理すると状態は良くなります。

買取り依頼前に修理すると、故障車扱いだったトラクターが中古の自走可能トラクターとなりますので見積もり査定金額も故障車扱いの時に比べて大幅に上がります。

車体を綺麗に清掃する

トラクターはその仕様用途から外装やシートがとても汚れます。

泥だらけなんて状態のトラクターよりも、綺麗に洗車されてシートもピカピカに磨かれているトラクターの方が状態は良く見えます。

見た目の綺麗さで査定金額が上がることもあるので、できるだけ綺麗な状態にしておくと良いでしょう。

トラクター、農機具の保管場所は屋内で

塗装状態や大きなキズなどの外的な劣化が少ないと、買取価格が高くなる場合があります。

雨風に晒されて、塗装が剥げたり、痛んでいる場合は、トラクター本体の劣化を加速させます。

できれば屋内での保管が好ましく、屋外に保管する場合も雨よけシートなどで日陰を作ってあげると状態を保護でき、トラクター本体の劣化スピードを遅らせることができます。

備品、付属品の保管は忘れずに

トラクター購入時に付属していた取り換え可能な備品や付属品は必ず保管しておきましょう。

備品や付属品があるのと無いのでは、買取価格に大きな差がでる可能性があります。

備品や付属品を保管している場合は、査定時に専用パーツがある旨を伝えましょう。

故障していても値段がつく場合が多い

古いトラクターなどは、すでに販売メーカーからのサポートが終わっていたり修理できる部品の製造が終了している場合があります。

そのような時は、廃車したトラクターなどから使用できる部品だけ外して取り付け修理したりします。

自走できるトラクターとしての価値は無くても、部品取り用のトラクターとしては価値がつくことがあります。

まとめ

農業を引退したり親が残してくれたトラクターなどを処分する様々な方法をご紹介しました。

適正な価格で買取ってもらえるおすすめな方法は買取り業者に買取ってもらうことです。

どのように処分するか迷っている場合は、まず見積もりの相談だけでもしてみるとよいかもしれません。

トラクターや農機具の買取なら七福神へ

七福神では、トラクターや農機具の高価買取を実施しております!

処分でお困りのトラクターや農機具がございましたら、お気軽に七福神へご相談ください。

この記事の監修をしたゴミ屋敷の専門家

氏名:新家 喜夫

年間2,500件以上のゴミ屋敷を片付け実績を持つ「ゴミ屋敷バスター七福神」を全国で展開する株式会社テンシュカクの代表取締役。ゴミ屋敷清掃士認定協会理事長。



\ SNSでシェアする /

関連記事

除光液の正しい捨て方とは?そのままトイレに流してもいいの?
古い除光液や肌に合わない除光液はすぐに捨てた方がいいのですが、使い切っていない除光液の…
廃品回収車はなぜ捕まらない?うるさいときの通報先はどこ?
「無料で回収いたします」と拡声器でアナウンスしながら、近所を回っている廃品回収車を安易…
普段生活していて、「自分には運がない」と悩む人は多いはずです。物と運は切っても切れない…
物が少ない人の運気が上がる5つの理由
断捨離は身の回りの不要なものを整理でき、運気を上げる効果に期待できます。 しかし「まだ…
名古屋市で大量の不用品回収を依頼したい時は、どんなプランがお得?持ち込みはできる?専門業者が回答します
「名古屋市で不用品を処分したい」「できれば何か施設のような場所に持ち込みしたい」と悩ん…
川崎市で、自宅に溜まった不用品を専門業者に処分してもらいたい、買取サービスを利用したい…
埼玉県には、様々な掃除業者があります。埼玉県で掃除や不用品回収を依頼したいものの「どの…
引越しで不用品回収もしてくれる引越し業者5選!手早く処分する方法について
引越しする時に困るのが、大量に出てくる不用品。 新居へ移る前に処分しておきたいけれど、…
岡崎市の不用品回収業者のおすすめは?不用品回収や清掃を依頼したい方へ
愛知県岡崎市で、不用品回収業者を探している人もいらっしゃると思います。 しかし、いざ業…
豊田市の不用品回収業者のおすすめは?不用品回収や清掃を依頼したい方へ
愛知県豊田市で不用品を処分したいとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。不用品…
ドライアイスの処分方法とは?正しい捨て方について
アイスクリーム・冷凍ケーキを購入した時や、食品の宅配ボックスに入っていることが多い「ド…
暮らしのマーケットの不用品回収の特徴とは?評判や費用をご紹介します
不用品回収を利用したいとインターネットで検索したところ、暮らしのマーケットというサイト…
ゴミ回収業者のおすすめの選び方!費用相場や分別についても解説
ゴミ回収業者を利用したいけど、どうやって選べばいいか、まったく分からないとお悩みではな…
家具処分はどうする?大型家具や運べない&いらない家具は業者買取?引取り?持ち込み?
自宅にあるいらない大型家具を処分したいけど、どういった処分方法を選べばよいか分からない…
不用品回収業者のおすすめ!危険な業者や評判の優良業者の見分け方とは
不用品回収業者を選ぶ際は「この業者ちゃんとしたところなのかな?」「料金を多く請求された…
引越しの不用品処分方法、どうするべき?費用を抑えるポイントについても解説
近々、引越しを予定しているけれど、不用品を処分する方法が分からないとお悩みではないでし…
不用品回収業者の優良会社の選び方
不用品回収を依頼したいけれど、いろいろな業者があってどこに依頼したらいいんだろう? 安…
危険な不用品回収業者の見分け方
不用品回収を業者に依頼しようかと考えているけど、危険な業者を選びそうで不安だという方も…
ゴミ回収業者、良い業者の選び方・悪徳業者の見分け方
ゴミ回収業者に任せることで、ゴミ・不用品の回収が捗ります。自ら掃除するよりも効率が良い…
大阪府八尾市での粗大ごみの出し方・処分方法
大阪府八尾市は人口およそ26万人、大阪府の中核都市に指定されているエリアです。大阪中心…
本棚の捨て方、おすすめの方法は?本棚の大きさによっては業者も活用
本棚の捨て方で迷っている人もいるようです。本棚は立派な物が多いです。そのため、処分を迷…
東京都葛飾区での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
東京都葛飾区といえば国民的人気漫画・人気映画の舞台となったことでも知られている人口およ…
愛知県豊川市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
豊川市は、愛知県の南東部に位置する都市です。日本三代稲荷の一つ・豊川稲荷の門前町から発…
木材の正しい捨て方とは?処分時の注意点や費用相場について
自宅から出るゴミのなかで、意外と捨て方に困るのが「木材」です。 コロナ禍で増えたおうち…
高額請求の不用品回収に注意!危険な業者の見分け方
不用品回収業者の存在がクローズアップされています。自治体のゴミ収集のルールが複雑化され…
「無料で不用品回収」はなぜ可能?その仕組みと無料を謳う悪徳業者に騙されないための注意点
不用品回収は、自治体でさえ有料です。しかし、日常生活の中で無料で不用品回収を行っている…
ゴミ回収なら、「なんでも」回収・処分してくれる業者がおすすめ!生活ゴミから粗大ゴミまで
ゴミ回収の業者は多々あります。それぞれ特徴が異なりますが、実際に依頼するのであればゴミ…
不用品回収、軽トラにはどのくらい積める?積み放題プランがお得なケースとは
暑い夏。ぐちゃぐちゃな部屋はもう無理! という人もいるのではないでしょうか。また、夏休…
大阪府茨木市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
大阪府茨木市は、大阪市と京都市の府境に位置する都市です。古くは城下町として栄えた茨木市…
不用品回収の詐欺が増加中。被害に遭わない為のポイントとは
「不用品回収業者に依頼したいけれど、詐欺に遭うのが心配……」 「詐欺をする業者が混在し…
不用品回収業者は危険?トラブル事例と正しい業者の選び方
不用品回収業者に関して、危険なイメージや利用しない方が良いといったネガティブな考えをお…
東京都 不用品 回収 ブログ01
東京や関東周辺にお住いの方で、不用品をどこで買い取ってもらえたり、回収してもらえるか知…
分別不要の不用品回収専門業者が便利!こんな時に活用したい
不用品を処分する手間は、年々増えています。ゴミ・環境問題への高まりから、多くの自治体が…
自治体での不用品回収と専門業者のサービスの違いとは
不用品を回収してもらおうと思ったら、現実的な選択肢は不用品回収の専門業者か自治体の二択…
不用品回収のチラシ、「無料」は本当?
不用品を無料で回収するというチラシが自宅に投函されていたという方は多いのではないでしょ…
不用品の訪問買取は安全?トラブルや詐欺に遭わないための注意点とは
不用品は自治体のルールに基づいて処分するだけでなく、業者に任せての処分も可能です。特に…
東京都八王子市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
東京都八王子市は、東京都西部の大きな町です。自然を楽しめる一方、都心のベッドタウンでも…
大阪府高槻市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
大阪市高槻市は、大阪府の北摂三島地域にあり、大阪と京都の中間に位置する都市です。JRと…
大量の不用品回収を依頼したい時は、どんなプランが便利でお得?専門業者が回答
引越しや衣替え、遺品の片付けなどで大量の不用品が出ることがあります。自力でゴミを分別し…
食器棚の処分方法まとめ|運べない場合の対応方法も解説
多くの家庭にある食器棚ですが、人生の中でそう何回も買い替えるものではないでしょう。いざ…
佐賀県嬉野市のゴミ屋敷に関する条例(嬉野市廃棄物の処理及び清掃並びに浄化槽に関する条例)の内容とは
目次嬉野市廃棄物の処理及び清掃並びに浄化槽に関する条例について嬉野市廃棄物の処理及び清…
青森県六戸町のゴミ屋敷に関する条例(六戸町環境美化条例)の内容とは
青森県六戸町は、青森県東部に位置する人口およそ1万人の町です。のどかな町ではありますが…
愛知県春日井市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
大掃除や引っ越しで出る粗大ごみは、普通ゴミと分けて処分する必要があります。ですが、出し…
大阪府吹田市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
大阪府吹田市は、北摂三島地域に位置する中核都市です。神崎川沿いの河港として古くから栄え…
大量のペットボトルの処分方法まとめ|次からため込まない為のポイントも解説
ペットボトルは、アルミ缶のように一度に飲み干す必要がありません。保管もでき、持ち運びも…
学習机・勉強机の処分方法5選|買取はしてもらえる?
学習机・勉強机は子供が成長すると不要になります。 そのため、処分を考えている人も多いの…
不用品の買取と片付けは同時にしてもらえる?後悔しない業者の選び方についても解説
不用品の買取と片付け、両方同時に対応している業者があればいいのに、と思ったことがあるの…
東京都板橋区での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
東京都板橋区では、粗大ごみ処分のためのルールが設けられています。板橋区で粗大ごみを処分…
プリンターの処分方法は?費用や捨てる時の注意点まとめ
最近はプリンターもずいぶん安くなり、良い機種がお手頃な価格で買えるようになりました。そ…
大阪府枚方市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
大阪府枚方市では、粗大ごみは「粗ごみ」と「大型ごみ」に分かれます。これらのごみを出す場…
粗大ゴミ回収の詐欺が多発中!被害に遭わないために気をつけたいこと
粗大ゴミ回収は自治体によってルールが異なります。しかし基本的には事前に受付を行い、手数…
優良な不用品回収業者の選び方、ポイントをプロが解説
不用品回収業者に関してネガティブなイメージをお持ちの方も多いようです。しかし、不用品回…
不用品回収は少量でも申し込める?気になる相場感・コスパについても解説
不用品回収業者に依頼することで、不要な物を処分できます。近年、自治体のごみ出しルールが…
汚れた布団の処分・廃棄方法は?ゴミ袋に入れて捨てられる?
布団は日常生活で欠かせないアイテムの一つです。もし布団が無ければ寒い中での睡眠を強いら…
東京都杉並区での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
東京都杉並区の粗大ごみのルールをご紹介します。粗大ごみのルールはそれぞれの自治体によっ…
愛知県豊橋市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
愛知県豊橋市では粗大ごみに関してどのようなルールを制定しているのかを解説します。これか…
こたつの処分方法【大阪市編】|安くて手軽な方法は?
こたつはテーブルと暖房が一体となった合理的な家電です。かつてはどの家庭にもあったもので…
ゴミ回収業者の料金がサービス内容についてのまとめ
ゴミ回収業者とは、ゴミを回収する業者です。昨今、リサイクル・環境問題を受け、ゴミの減量…
大阪府豊中市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
引っ越しや大掃除の際に出る大量の粗大ごみは、普段ごみを出しているごみ集積所に出しても収…
神棚の6つの処分方法とは?正しい捨て方やタイミングについて
引っ越しなどで「神棚」が不要になった場合、その処分の方法で迷われる方も少なくないでしょ…
不用品買取とは|利用方法や不用品回収業者との違い
気分も改まる春、一念発起して汚部屋を片付けよう! と決心している人もいるかもしれません…
愛知県一宮市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
春は、生活環境が変わる人の多い季節です。入学、入社、転勤、引っ越しなど、大きなごみが出…
東京都足立区での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
東京都足立区はおよそ人口70万人で、23区の中で人口の多い行政区です。足立区にもまた、…
ゴミ処分業者とは|料金相場や良い業者の選び方
ゴミの処分が年々厳しくなっていると感じている方は多いのではないでしょうか。ゴミの削減や…
ゴミの引き取り、無料回収は安全?業者を利用する時の注意点とは
ゴミを無料で引き取り・回収すると宣伝している車両を見かけたことがある人は多いのではない…
粗大ごみ回収業者とは|悪質な業者には注意を
粗大ごみ回収業者とは、粗大ごみの回収を行う業者です。近年、ごみ問題は全国的な関心が高ま…
不用品の売却で確定申告が必要になるケースとは?
不用品はフリマアプリ等で手軽に販売できる時代です。ゴミとして処分するはずの不用品がお金…
不用品を売りたい、お得に処分したい時、どんな方法が良い?
不用品を売りたいと考えている人は多いのではないでしょうか。かつて不用品を売りたいと思っ…
オイルヒーターの処分方法【愛知県一宮市】ゴミとして処分する際の注意点も
立春を過ぎ、暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続いています。家で過ごす時には…
金庫の処分方法【東京都杉並区編】|耐火金庫は自治体で回収不可
金庫は頑丈なものです。施錠していれば中の物を盗まれるリスクは大幅に軽減されます。耐火金…
マッサージチェアの廃棄方法【大阪府豊中市編】|回収や買取はしてもらえる?
大阪府豊中市では、最大辺または径が30cm以上の電気機械器具や、豊中市指定ごみ袋に入ら…
テーブルの処分方法【東京都足立区編】|安くて手間がかからない方法は?
東京都足立区では、一辺の長さが30cm以上のごみを粗大ごみとして定義しています。ですの…
東京都江戸川区は公共交通機関が充実していますが、自転車を楽しむ人も増えています。健康志…
東京都大田区での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
大田区では粗大ごみに関するルールを制定していますので、ルールに基づいた処分が求められて…
こたつを処分する時期やタイミングはいつ?手軽な処分方法についても解説
日本の冬といえば、「こたつでみかん」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょう…
不用品のトラック積み放題の料金システムについて解説!単品回収との違いや選び方
ゴミ屋敷を片付けた時や引っ越しの際、大量に出た不用品やゴミの山。どうやって処分したらい…
大阪府堺市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
堺市は、大阪府の中南部に位置する政令指定都市です。世界最大の墳墓である「仁徳天皇陵古墳…
断捨離がもたらす効果とは?断捨離のコツも紹介します
物を持たないシンプルな暮らし方が数年前から注目を集めています。 物を持たない暮らしのた…
汚部屋から「ミニマリスト」へ変わるための方法やコツは?
「気がつくと床一面、物で散らかっている」 「片付けをしているはずなのにいつも部屋が物で…
ピアノの処分方法や、費用を抑えるためのポイントを解説
「もう使わなくなったピアノを処分したいけど、どこに連絡したら良いか分からない」 「ピア…
箪笥の処分方法6選|手間をかけず簡単に処分できる方法は?
引っ越しで家具を処分する際、特に大きくて重い箪笥は困りますよね。 「たぶん粗大ゴミとし…
東京都世田谷区での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
世田谷区では粗大ごみの出し方を細かく定めています。 粗大ごみの処分を考えているのであれ…
引っ越しで出たいらない家具、おすすめの処分方法は?
引っ越しは何かと大変なものです。 行政への手続き、新しい生活環境への順応だけではなく、…
畳の処分方法【愛知県岡崎市編】|センターへの持ち込みは1日10枚まで
愛知県岡崎市では他の自治体同様、ゴミの処分に関して細かいルールが設けられています。 畳…
ソファーの処分方法【大阪府東大阪市編】|自分で運べない場合のおすすめ方法も解説
東大阪市でソファーを処分する場合、東大阪市が定めるルールに則った処分が求められます。そ…
ベッドの処分方法【東京都大田区編】|安くて手軽な方法は?
大田区でベッドの処分を行う場合、分類としては粗大ごみになります。ですので、粗大ごみの処…
マットレスの処分方法・捨て方6選
古くなった大きくて重たいマットレスを処分したいのに捨て方が分からず困ったことがある人も…
使用済み食器は買取してもらえる?処分方法についても解説
季節ごとに食器を変えて、旬の味をいただくのは楽しいですね。 でも、食器って意外と場所を…
部屋が片付けられない人におすすめの、不用品の処分方法&収納術
部屋が片付けられないことで悩んでいる方は、男女を問わずに多々いるのではないでしょうか。…
ソファーを捨てる・処分する、手軽な方法や費用相場は?それぞれの注意点も解説
「ソファーを捨てたいけどどうやって捨てるのか分からない」という方も少なくないでしょう。…
大型家具の処分方法4選|重い・運べない大きな家具を処分する時におすすめの方法とは
引っ越しや模様替えなどで困るのが大型家具の処分です。 一人暮らしの女性や高齢者世帯にと…
東京都練馬区での粗大ゴミの出し方・処分方法をわかりやすく解説
粗大ごみの出し方は自治体によって異なります。東京都練馬区で粗大ごみを出そうと考えている…
大阪でおもちゃを処分するには?ゴミとして出す時の注意点も解説
大阪でおもちゃの処分を考えた時、選択肢は多々あります。そこで、大阪でおもちゃを処分する…
”売れる”不用品TOP7!捨てる前に確認しよう
不用品の中には売れる物があるのをご存知でしょうか? 不用品の処分方法は様々ですが、ゴミ…
家具の処分を少しでもお得に!おすすめの方法を解説
家具は日常生活の中でなくてはならない大切なものですが、経年劣化・損傷、あるいは生活環境…
不用品の処分料はどうやって決まる?費用の抑え方のポイントや注意点
「引っ越しの際に出る家電製品や家具を不用品の回収業者へ引き取りを依頼したい」 「だけど…
テーブルの6つの捨て方とは?ダイニングテーブルやガラステーブルなどタイプ別に処分方法を解説
「不要になったテーブルがあるけれど、どうしたらいいんだろう…」 テーブルは家庭ゴミで処…
オイルヒーターの処分方法・捨て方とは?オイルは抜く必要がある?
寒い冬に役立つ暖房器具のひとつに、「オイルヒーター」があります。 暖房器具は、エアコン…
自転車の処分、正しい方法を解説|防犯登録の変更や抹消は必要?
自転車は健康志向の高まりや環境問題から、注目を集めるアイテムとなっています。 自転車シ…
金庫の処分方法を金庫の種類別に解説|捨て方・売却方法まで
防犯対策や自然災害から貴重品を守るために多くの人が利用している家庭やオフィス用などの金…

もっと見る▼

人気記事ランキング

ゴミ屋敷バスター七福神へ何でもご相談を
ゴミ屋敷バスター七福神へ何でもご相談を

※WEB限定割引はパッケージプランは対象外となります。
※お見積り金額からのお値引きとなります。

見積無料! WEB限定割引!! 最安19,800円〜 女性も安心!!閉じる×