ゴミ屋敷掃除のコツ、プロが教えます!

「家の中に足の踏み場がないほどゴミが溢れている」 「悪臭や害虫が発生し、周囲に迷惑をかけている」 「家の外にまでゴミが山積みになっている」 もし、自分の部屋や親族の住まい、近隣住宅がこのようなゴミ屋敷と呼ばれる状態の場合、健康被害だけでなく、放火や倒壊の危険性があるため、早急な対応が必要です。 この記事では、このようなゴミ屋敷の掃除を自分で行うためのコツや自分で対処できない場合の方法などを詳しく解説していきます。 ゴミ屋敷掃除のコツは?

目次

ゴミ屋敷とは

ゴミ屋敷掃除のコツ ゴミ屋敷とは、家の中がゴミで溢れ足の踏み場がない、家の中にも外にもゴミが山積みになっているような状態の家のことを言います。 ゴミ屋敷にも5つの段階があり、よくメディアで見かけるような家の敷地内から道路にまでゴミが溢れている家は、5段階中最も程度がひどい状態です。

5段階で表すゴミ屋敷の状態

ゴミ屋敷の状態を5段階で表すと以下のようになります。
  1. 全体的に部屋が汚れている
  2. 床がゴミで埋め尽くされ歩行が難しい
  3. ゴミの上で生活している
  4. 害虫やネズミ、悪臭が発生している
  5. 敷地の外にまでゴミが溢れている
状態が1や2程度でも、転倒や火災、衛生面のリスクがあるのは事実です。 そして、放っておくと悪化し、さらにそのリスクは深刻化していくため早めの処置することが重要です。

ゴミ屋敷の掃除を自分で行える?

ゴミ屋敷の掃除のコツを覚えて自分で片付けたいと思っている人もいるようです。 お金がない、業者とはいえ他人をゴミ屋敷を見られたくない等いろいろな思いがあるようですが、果たしてコツを掴めば自らでゴミ屋敷の掃除を行うことは可能なのでしょうか。

結論としては「可能」

コツを覚えることで、自らの力でゴミ屋敷を掃除することは決して不可能ではありません。 しかし、決して簡単ではありません。 分別処分の知識、実践する体力、さらには長時間作業する集中力が求められます。

かえってゴミ屋敷を悪化させるケースもある

ゴミ屋敷のコツを掴んで自ら掃除をと思っても、挫折してしまうケースもあります。 なかなか捗らずにモチベーションが定価したり、想像以上に時間がかかるからと諦めてしまったり、処分方法が分からないゴミが出てきて作業が止まり、結局そのまま掃除そのものが終わってしまうケースもあります。 この場合、中途半端にゴミを弄ることでかえってゴミ屋敷が汚くなってしまうケースもあります。

女性でもゴミ屋敷を自ら片付けられる?

コツを抑えてゴミ屋敷を自らで片付けたいと思っている女性もいるようですが、女性でも掃除をしてゴミ屋敷を綺麗な状態にすることはできるのでしょうか。 その点を解説していきましょう。

不可能ではないが難しい

男性同様、コツを抑えたとしてもゴミ屋敷の掃除は簡単ではありません。 不可能ではありませんが、簡単にできるものではありません。 特に女性の場合、どうしても男性よりも腕力・体力が劣りますので、重いゴミが出てきた時に作業が進められなくなる可能性が高いです。 また、仮にすべてのゴミを片付けることができたとしても、ゴミを収取場所まで持ち運ばなければなりません。 コツ云々ではなく、体力が求められますので、体力に自信のない女性は、コツを覚えていても自力でのゴミ屋敷掃除はハードルが高いです。

時間をかけての掃除がおすすめ

女性が自力でゴミ屋敷を掃除したいのであれば、コツの把握はもちろんですが長期戦がおすすめです。 短時間、あるいは1日で片付けをと思うかもしれませんが、現実的に難しいです。 コツコツと掃除を行い、徐々にゴミ屋敷を綺麗にしていきましょう。 自力での片付けは引っ越しや強制退去ではない限り、時間制限はありません。 長い月日をかけて作られたゴミ屋敷は、簡単には片付けられません。 コツを覚えることも大切ではありますが、時間がかかることを覚悟し、コツコツと掃除を行うことこそ大切です。 むしろ短時間でと考えると、思い通りに掃除が進まなかった時にモチベーションが低下することが懸念されます。

ゴミ屋敷を自分で掃除するメンタルを作るコツ

ゴミ屋敷が決して良い状態ではないと分かっていても、コツ云々ではなく掃除をする気持ちになれない人も多いのではないでしょうか。 それもそのはず、長い月日をかけて作られたゴミ屋敷には大量のゴミが蓄積されています。 ゴミ屋敷を目の前にすると、ゴミ掃除のモチベーションは自ずと低下してしまうことでしょう。 しかし何もしなければゴミ屋敷は綺麗になりません。そこで掃除をするモチベーションを高めるためのコツをいくつかご紹介しましょう。

ゴミ屋敷を自分で掃除するメンタルを作るコツ①Youtube動画を見る

ゴミ屋敷の掃除、あるいはゴミ屋敷の悲惨さを動画で見ることはモチベーションを高めるコツです。 なぜなら、ひどい光景を目の当たりにすることで「自分は違う」「こうはなっちゃいけない」といった危機感が刺激されるはずです。 また、コメント欄を見てみるのも良いでしょう。 動画閲覧者の、ゴミ屋敷に対する率直な意見があるかもしれません。それらもまた、ゴミ屋敷掃除へのモチベーションを高めるための材料になるはずです。

ゴミ屋敷を自分で掃除するメンタルを作るコツ②娯楽要素を作る

ゴミ屋敷に限らず、掃除は楽しいものではないのでモチベーションが低下しやすいからこそ娯楽要素を入れるのもコツです。 例えば状態の良い不用品はフリマアプリやネットオークションに出品してみましょう。 高額で売却できれば嬉しさ・楽しさを感じることでしょう。 写真の撮り方や値段設定等、売却に関してもコツがありますが「いくらになるのか」「そもそも売れるのか」といった娯楽要素を入れることで、ゴミ屋敷の片付けに楽しさが加わり、掃除のモチベーションが高まるはずです。

ゴミ屋敷を自分で掃除するメンタルを作るコツ③人を招く予定を立てる

自宅に人を招く予定を立てることもゴミ屋敷掃除のモチベーションを高めるコツです。 ゴミ屋敷にしてしまう理由、さらには掃除をせずに放置してしまう理由の一つに「誰も来ない」が挙げられます。 家への来客者がいないので、汚い状態でも問題ないと考えてしまうのです。 そこでです。 人を招く予定を立てましょう。すると、ゴミ屋敷を見られたくないとの意識が芽生えることでしょう。その意識こそ、ゴミ屋敷掃除のモチベーションに直結します。 汚い状態を見せたくないとなれば、掃除するしかありません。 ゴミ屋敷掃除は自分のペースで行えばよいものですが、それではなかなか捗らない人は、来客予定を立て、「それまでに」という、いわば背水の陣を敷いてみるのもコツです。

ゴミ屋敷を自分で掃除するメンタルを作るコツ④綺麗にした部屋を想像する

長らくゴミ屋敷が続いていた人は、掃除で綺麗になった後の部屋をイメージしてみるのもコツです。 綺麗になった部屋は、それまでとは全く違う空間です。心地よさ、快適性、清潔感。いずれもゴミ屋敷とは比べ物にならないものです。 綺麗な部屋のカタログ、動画等を見て綺麗な部屋をイメージし、そのイメージに現実を近づけるよう努めてみましょう。

ゴミ屋敷を自分で掃除するメンタルを作るコツ⑤運動だと捉える

ゴミ屋敷の掃除は、コツも大切ですが体力勝負な面があるのも事実です。 大量のゴミを収集場所まで運ぶだけではなく、長時間の掃除は体力を必要とします。 そこで、「掃除」だと考えず「トレーニング」だと考えるのもコツです。 重い物を持てば筋力トレーニングになりますし、何度もゴミ収集所を往復すれば有酸素運動・全身運動になります。 運動が苦手な人にとっては向いていない方法ですが、運動が好きな人にとっては効果的なコツとなるはずです。

ゴミ屋敷を自分で掃除するためのコツ

ゴミ屋敷を自分で掃除するには、相当な労力と時間がかかるため、掃除をする際の心構えや準備、仲間を集めるなどいくつかコツが必要です。 以下に具体的な掃除のコツをまとめました。

ゴミ屋敷を自分で掃除するコツ①一人で片付けられる範囲か確認する

ゴミ屋敷の掃除を成功させるコツは、そもそもどのくらいの範囲であれば自分一人で掃除が可能なのかその目安を知り、掃除に必要なものや進め方を知った上で準備することです。 ゴミ屋敷を一軒丸ごと一人で掃除することはあまり現実的ではありません。 膨大な時間と労力が必要となるため、途中で挫折したり、中断したまま放置状態になってしまうこともあります。 一人で掃除する場合、その広さの目安はワンルームもしくは1K程度の広さと心得ましょう。 その程度の広さであれば物量を一目で確認することができるため、集中力を切らさず一人でも対処することができます。 また、水道が使える状態にあるかも大事なポイントの一つとなります。 掃除している最中もトイレに行ったり、洗面所で水を流したりと水を使う機会は少なくないため、洗面台やトイレなどの水は使えるか、事前に確認が必要です。

ゴミ屋敷を自分で掃除するコツ②一緒に掃除してくれる人を探す

上記の一人で掃除できる範囲を参考に、もしそれ以上広い範囲を掃除するのであれば、一緒に掃除してくれる友人や知人、家族などに応援を頼みましょう。 掃除の分担や協力することで掃除時間を短縮できる他、一人だとなかなか進まず気が滅入ったり、イライラしたりしがちですが、仲間の存在が心の支えとなります。

ゴミ屋敷を自分で掃除するコツ③計画を立てる

ゴミ屋敷掃除を成功に導くためにも大事なコツは掃除の前に計画を立てておくことです。 仲間の応援を得られるのであれば、誰が何日間手伝いに来てくれるのかなどを考え、近所のゴミ回収日をゴールとしてどのような段取りで掃除を進めるのか計画を立てるのです。 集中力を切らさないためにも、できれば連続して作業を行うことが理想的ですが、他の作業者の都合が合わない、自分が遠方から通うためまとまった時間を取れない、などという場合には、作業できる日程を決め、事前に手伝ってくれる仲間にも連絡をしておきましょう。

ゴミ屋敷を自分で掃除するコツ④掃除に必要な道具を用意しておく

ゴミ屋敷掃除を効率よく進めるためには、事前に掃除に必要な道具を用意しておく必要があります。 ゴミ屋敷掃除には以下のような道具が必要になります。 軍手、マスク、エプロン、大量のゴミ袋、新聞紙、ガムテープ、雑巾、掃除機、ほうき、バケツ、洗剤、殺虫スプレー、蚊取り線香、軽トラック ゴミ屋敷に生ゴミが放置されている場合、ハエやゴキブリなどの害虫が発生している可能性もあるため、殺虫スプレーを用意しましょう。 また、蚊取り線香はゴミの悪臭を和らげたり、コバエを弱らせたりする効果もあるため、掃除を行っている間は焚いておくことをおすすめします。(ゴミへの引火にはご注意ください。) 軽トラックは、ゴミをまとめた後、ゴミ処理センターやゴミ収集所へ運ぶ際に必要となります。 軽トラックと運転できる人の確保を忘れないようにしましょう。

ゴミ屋敷を自分で掃除するコツ⑤処分は大きなものから!

ゴミ屋敷を掃除する際、作業効率を上げるためのコツは動線を確保することです。 小さなゴミに目が行きがちですが、なるべく大きなものから片付けるようにしましょう。 もし、粗大ゴミがある場合などは、「回収日:〇月〇日」と、テープの上に書いて貼っておくと片付けの進捗が明確になり、作業がしやすくなります。

ゴミ屋敷を自分で掃除するコツ⑥迷ったものは捨てよう

ゴミ屋敷掃除のコツを身に着けた女性 掃除をするのに時間がかかる大きな理由の一つはゴミの仕分けに迷うことです。 迷うほど時間は奪われ、体力も消耗していきます。 そんな時には、迷ったものは捨てるというルールを作るのがちょっとした作業のコツです。 もし、どうしても判断に迷う場合は、専用の段ボールを用意し、そこに入れて後でまとめて判断するようにしましょう。 スピードを落とさないためにも作業の手が止まらないことが重要です。

ゴミ屋敷を自分で掃除するコツ⑦掃除は部屋ごとに片付ける

ゴミ屋敷掃除の際に大事なのは集中力を切らさないことです。 集中力を切らさないためにも掃除は部屋ごとに片付けるようにしましょう。 掃除計画を立てる際にも、今日はどの部屋を誰が掃除する、といったように部屋別に担当割りをすると責任感を感じ、掃除への意欲も高まります。

ゴミ屋敷を自分で掃除するコツ⑧価値のあるものはリサイクルショップへ

売却価値のある家電製品や家具はリサイクルショップなどへ販売すると現金化することが可能です。 ブランド品や製造から5年以内の家電製品などは特に高く売れる可能性があるので、一度捨てる前に確認してみましょう。

ゴミ屋敷を1日で片付ける掃除のコツ

できればゴミ屋敷は1日で片付けたいと思っている人もいるようなので、ゴミ屋敷を1日で片付けるための掃除のコツもお伝えしましょう。

ゴミ屋敷を1日で片付ける掃除のコツ①日程を決める

ゴミ屋敷を1日で掃除するコツとして、「いつ掃除を行うのか」が大切です。 なぜなら、ゴミ屋敷には多くのゴミがあります。 掃除によって捨てなければならない多くのゴミが出てくるのですが、地域の収集日の前日であれば、片付けの翌日にすぐに捨てることができます。 しかしゴミ収集日が遠いと、片付けたゴミを結局は自宅に保管しておかなければなりません。 部屋の片付けを1日で終えたとしても、ゴミを撤去するまでに時間がかかってしまいますので、ごみ収集日の前日に一気に掃除・片付けを行うことがコツです。

ゴミ屋敷を1日で片付ける掃除のコツ②スマホの電源を切る

ゴミ屋敷の掃除は、いかに集中力を持続させるのかもコツです。 そこで、スマホの電源は切っておきましょう。 分からないことは下調べしておき、掃除の当日はスマホの電源を切り、集中することもコツです。 大切な連絡があるかもしれませんが、スマホを見ると集中力が途切れます。 ふと気になることを調べたり、あるいは目に入ったニュースを見て時間が経過してしまい、掃除が進まないケースもあります。 余計な誘惑に惑わされないためにもスマホの電源を切ってゴミ屋敷の片付けだけに集中することが1日で掃除・片付けを終えるコツです。

ゴミ屋敷を1日で片付ける掃除のコツ③ゴミ袋を多めに用意する

ゴミ袋を多めに用意しておくこともゴミ屋敷掃除を1日で終えるコツです。 なぜなら、掃除の途中でゴミ袋がなくなると掃除の継続が不可能です。結局、ゴミ袋を購入するために外出しなければなりません。 時間のロスだけではなく、集中力が途切れてしまう可能性があります。 このような事態を防ぐために、ゴミ屋敷片付け当日は作業だけに集中できるようゴミ袋は多めに用意しておくこともコツです。

ゴミ屋敷を1日で片付ける掃除のコツ④自治体のゴミ出しルールを紙にする

自治体のゴミ出しルールをメモなど紙にしておくことも、ゴミ屋敷を1日で片付けるコツです。 ゴミ屋敷片付けの根拠となるのは自治体のゴミ出しルールになりますが、ルールの細かい自治体が増えています。 そのため、とにかくゴミを捨てていくのではなく、分別を行う必要があります。 ゴミ出しルールを把握していないと、結局その都度「どのように捨てるのか」を確認しなければなりません。 そこで自治体のゴミ出しルールを作業中にいつでも確認できるよう紙にしておくことで、掃除が捗ります。

ゴミ屋敷を1日で片付ける掃除のコツ⑤平日に行う

平日にゴミ屋敷の掃除を行うこともコツの一つです。 もちろん先にお蔦したように収集日の前日であることが大前提ですが、休日の場合、近隣の家に人がいる可能性が高いです。 そのため、例えば換気のためにと窓を開けていると臭いが漏れてしまったり、掃除の音が外に漏れて苦情を受ける可能性があります。 その点、平日であれば近隣住人も仕事や学校等外出している可能性が高いので、音や匂いの問題をさほど気にすることなく、自分のペースで掃除を行えます。

ゴミ屋敷を自分で掃除するのが難しい場合

ゴミ屋敷掃除をする業者 何部屋にもわたってゴミが広がっていたり、駐車場や庭にまでゴミが山積みになっていたりする場合には、自分一人で片付けようとせず、専門業者に依頼することをおすすめします。 その際、掃除費用を安く済ませるためのコツは、相見積もりを少なくとも3社は取ることです。 ただ値段が安いという理由で選ぶのでなく、掃除箇所や内容、金額を比較した上でご自分にあったゴミ屋敷清掃業者を選ぶようにしましょう。また、他にもいくつかコツがありますのでそちらをご紹介します。

ゴミ屋敷掃除の業者を選ぶコツ①実績

これまでにどれだけのゴミ屋敷掃除の実績があるのかは業者選びの大切なコツです。 ゴミ屋敷掃除はある程度のノウハウが必要です。 決してただの体力勝負ではなく、ゴミの分別、動線確保、適切なゴミ処理など、ノウハウが求められます。 これらに関しては実績のある業者を選べば間違いありません。 むしろ実績のない業者に依頼してしまうとスムーズな掃除ができずに時間がかかってしまい、場合によっては費用が高くなってしまいます。

ゴミ屋敷掃除の業者を選ぶコツ②柔軟な対応力

ゴミ屋敷掃除は何が起きるか分からないからこそ、「いざ」への対応力で選ぶ点もコツです。 具体的には、見積もりや依頼時の応対です。 「言われたことしかやらない」「決められたこと以外はやらない」姿勢の業者ではなく、依頼者の声に耳を傾け、柔軟な姿勢で接してくれる業者を選ぶことこそ、ゴミ屋敷掃除がスムーズに進むコツです。 ゴミ屋敷は見積もりだけでは分からないことが多いです。 そのため、「見積もり以外はやらない」な業者に依頼すると、結果的に見積もりよりも多額の費用がかかる傾向にあります。 その点、柔軟な業者であればゴミ屋敷の様々な状況にも柔軟に対応してくれることでしょう。

ゴミ屋敷掃除の業者を選ぶコツ③損害補償

損害補償に加入している業者にゴミ屋敷掃除を任せる点もコツです。 なぜなら、ゴミ屋敷の掃除は何が起きるか分からないので、場合によっては家屋に損害が発生する可能性があります。 生ゴミによって腐食していた床が掃除で抜けてしまうこともあります。 大量のゴミによって柱が曲がっていたり、元々強度が弱まっていたので作業時に何らかの衝撃で傷ついたり壊れたりといったケースが珍しくありません。 その際、損害補償に加入している業者であれば保険が適用されます。 しかし、損害保険に加入していない業者の場合、家屋の損傷はすべて自費で修復することになります。 この点は大切なコツとなるので覚えておきましょう。

ゴミ屋敷掃除のコツについてのまとめ

ゴミ屋敷掃除のコツまとめ ゴミ屋敷の掃除のコツは一人でできるかを確認し、計画を立て、掃除に必要な道具を揃えて大きなものから処分することです。 部屋ごとに片付け、価値のありそうなものはリサイクルショップに運ぶのも良いでしょう。 しかし決して楽なものではありません。途中で挫折してしまう人が多いのも事実です。 確実性を考えるのであれば、自力での掃除ではなく、信頼できる業者への依頼も、ゴミ屋敷を掃除するコツといえるでしょう。

あなたにおすすめの新着記事