引っ越し時の家具処分方法7選|それぞれのメリット・デメリットについても解説

引っ越しは何かと大変です。
中でも面倒な作業となるのが家具の処分です。新居でも使用する家具であれば引っ越し業者に依頼して運んでもらえば良いのですが、使用しない家具は処分しなければなりません。
そこで引っ越しの際、家具を処分する方法について、メリット・デメリットを交えてご紹介しましょう。

引っ越しの際、家具を処分する方法について、メリット・デメリット

引っ越し時の家具の処分方法のメリットとデメリット

引っ越し時の家具の処分方法のメリットとデメリット

引っ越し時、家具を処分する方法はいくつかあります。
それらについて、メリット・デメリットと共にご紹介しましょう。

引っ越し業者に処分してもらう

引っ越し業者に処分してもらう場合のメリットとして、引っ越し作業と同時に処分を行える点にあります。
これからいくつかの方法をご紹介しますが、いずれも引っ越し作業とは別で手配したり、自らで行わなければならないものです。
しかし引っ越し業者に依頼すれば手間がかかりません。依頼のタイミングに気を使う必要もありません。

引っ越し業者に処分してもらう際のデメリット

引越し業者の全てが家具の処分に対応している訳ではありません。
家具の処分も引き受けてくれる引っ越し業者であれば良いのですが、家具の処分を行っていない引っ越し業者に依頼した場合には、自らで家具を処分しなければなりません。

自治体の指定方法にて家具を処分する

家具を自治体のルールに則って処分する場合、基本的には粗大ごみとして処分することになります。
どの自治体も粗大ごみ処分のルールを整えていますので、ルールに則り、処分します。
粗大ごみの処分ルールを制定していない自治体はありませんので、「方法がない」は有り得ません。

また、自治体は営利を追求している団体ではありませんので、比較的安価な価格設定で処分を行います。
つまり、誰もが安価に処分できる点が自治体での処分のメリットとなります。

自治体で家具を処分する際のデメリット

自治体のルールに基いた家具の処分のデメリットとして、時間が挙げられます。
基本的に、自治体で粗大ごみを処分する際には申し込みが必要です。
つまり、「明日捨てたい」「明後日までに何とかしたい」といった要望に応えてもらえる可能性は低いです。

家具を含め、粗大ごみ処分は先着順になります。
忙しい時には受付・申し込みから実際に処分できる日まで間が空いてしまいます。
そのため、場合によっては自治体での処分と引っ越しのタイミングを合わせることができず、家具の処分方法に迷うケースもでてくることでしょう。

リサイクルショップを活用する

リサイクルショップ等に家具を買取ってもらうことで処分する方法もあります。
かつてはリサイクルショップまで持ち運ばなければなりませんでしたが、近年は訪問買取を行っているリサイクルショップも増えています。
わざわざ持ち運ばなくとも、自宅まで来てもらい、家具を引き取ってもらうことも可能です。

リサイクルショップで家具を処分するメリットとして挙げられるのが、リサイクルショップの多さです。
大手だけではなく町の小さなリサイクルショップを含めるとリサイクルショップを含めると、その数は多々あります。
訪問買取も行われていますので、「リサイクルショップが見つからない」とはなりません。

リサイクルショップで家具を処分するデメリット

リサイクルショップは多々ありますが、高値での買取は期待できません。
お金に期待せず、あくまでも処分する目的であれば良いのですが買取価格に期待すると提示される価格にショックを覚える可能性が高いです。

フリマアプリやネットオークションを活用する

フリマアプリやネットオークション等、ネット環境上でのサービスを活用することで家具を処分することも可能です。
フリマアプリやネットオークションは手軽に利用できると共に、利用者も多いので譲渡先が見つかるだけではなく、リサイクルショップよりも高値での処分が期待できる点がメリットです。

フリマアプリやネットオークションのデメリット

とても便利なフリマアプリやネットオークションですが、引っ越し時となると少々事情が変わります。
なぜなら、引っ越し前までに取引相手を見つけなければならないからです。
普段であればそこまで時間を気にする必要はないでしょう。

しかし引っ越し時の処分となれば、引っ越し前までに相手を見つけ、相手先まで移送する必要があります。

友人や知人に譲る

家具を友人や知人に譲るという選択肢もあります。
お金をもらって譲るのか、あるいは無料で譲るかは交渉次第ですが、友人や知人がその後も使用するので有効活用という点でメリットです。
また、友人や知人相手なのである程度融通を利かせられます。

例えば「引っ越し作業後に届ける」「作業終わって少し片付いてから取りに来て」等、ある程度条件に柔軟性を出せます。

友人や知人に家具を譲るデメリット

大前提として、家具を欲している友人や知人を見つける必要があります。
先にメリットをお伝えしましたが、あくまでも「家具を希望する友人・知人がいれば」の話です。

また、譲った家具がその後壊れてしまった場合、責任問題、ひいては人間関係にも悪影響を及ぼすリスクがあります。

不用品回収業者を活用する

不用品回収業者であればある程度融通を利かせることができます。
例えば家具の処分だけではなく、引っ越し作業で出た他のゴミの処分も任せることができます。
また、「タイミングに関しても引っ越し作業の後に」等、融通を利かせてくれることでしょう。

不用品回収業者に処分を依頼するデメリット

不用品回収業者に家具の処分を依頼するデメリットとして、業者の選定にあります。
不用品回収業者の中には認可を得ずに活動している悪徳業者もいます。

そのような業者に依頼してしまった場合、不当に高額な費用を請求されたり、任せるつもりのないものまで強引に持っていかれてしまう等のリスクが懸念されます。
そのため、安心できる不用品回収業者を選ぶ必要があります。

買取店に家具の下取りを依頼する

引っ越し先新居に新しい家具を入れる場合、購入した家具店にこれまで使用していた家具の下取りを任せることもできます。
下取りになりますので、多少ではありますが新しい家具の購入価格が下がります。

家具店の下取りを任せるデメリット

家具店の下取りは悪くはない選択肢ですが、そもそも家具の下取りは家具を購入した時に行うものです。
引っ越しではあっても新たに家具を購入しないというケースも多いことでしょう。

その場合、残念ながら下取りは選択肢に入りません。
あくまでも家具を新調するときのみになりますので、シチュエーションを選ぶ点がデメリットです。

引っ越し時に家具を処分する際に大切なのはタイミング

引っ越し時に家具を処分する際に大切なのはタイミング

引っ越しの際、家具を処分する際に大切なのはタイミングです。
遅くともそれまでの住居を引き払うまでには処分しなければなりません。

引っ越し作業から引き払うまでのタイミングか、あるいはある程度自分で荷物をまとめた後です。
引っ越し作業当日とタイミングが被ってしまうと、引っ越し作業そのものにも支障を来すことになりますので気を付けましょう。

引っ越し時の家具処分方法7選についてのまとめ

引っ越し時の家具処分方法7選

引っ越し時の家具の処分方法としては引っ越し業者、自治体、リサイクルショップ、不用品回収業者、フリマアプリやネットオークション、友人や知人への譲渡、そして下取りの7つの方法があります。
いずれもメリットもあればデメリットもあります。

また、いつ依頼するのかタイミングも大切になりますので、それらを踏まえて最適な方法にて家具を処分し、スムーズな引っ越しを実現させましょう。

あなたにおすすめの新着記事

前へ
次へ
ゴミ屋敷バスター 七福神 何でもご相談ください!
ゴミ屋敷バスター 七福神 何でもご相談ください!
見積無料! WEB限定割引!! 最安19,800円〜 女性も安心!!閉じる×