汚部屋脱出のための手順・片付け方法とは?汚部屋片付けのプロが解説

汚部屋は解決に向けて動かなければいつまで経っても汚部屋です。
ある日いつの間にか汚部屋が解消されているということは有り得ません。
汚部屋脱出のためには、自らで動かなければなりません。
そこで、汚部屋脱出のための手順や片付け方法を解説していきましょう。

汚部屋脱出のための手順や片付け方法を解説

汚部屋脱出のための手順

汚部屋脱出のための手順

汚部屋脱出のためには片付けが大切です。
しかし片付けにも手順があります。
手順通りに片付けないと、効率的に汚部屋の掃除が進まず、汚部屋脱出も遠のいてしまいます。
そこで汚部屋脱出のための効率的な片付けの手順を把握しておきましょう。

汚部屋脱出の手順①:収納されていないものを片付ける

汚部屋脱出のための一歩目は、収納されずに部屋にそのまま散乱しているものを片付けましょう。
不要なものであれば処分、必要な物であれば収納場所の確保です。
ただし処分する際にはお住まいの自治体のごみ処分ルールに基いて分別する必要があります。
汚部屋の度合次第ではありますが、収納されていないものを処分、あるいは収納するだけでもある程度汚部屋は改善されます。

汚部屋脱出の手順②:収納の再設定

汚部屋となる理由は多々ありますが、基本的に「収納場所がない」「収納が面倒」で部屋が散らかってしまうことが端緒となるケースが多いです。
つまり、物をどこにしまうのか、収納ルールをしっかりと設定し、実践していれば理論上は汚部屋にはなりません。

そこで、どこに何を収納するのかの設定、そして収納が足りないようであれば用意するなど、今一度収納を見直してみましょう。
汚部屋で悩んでいる人と綺麗な部屋の人の差は、収納にあると言ってもよいのです。

汚部屋脱出の手順③:ゴミを捨てやすい環境

汚部屋になってしまう理由の一つに、「ゴミを捨てない」が挙げられます。
面倒という人もいれば、ゴミ出しルールが複雑化していることから捨て方が分からない人、あるいは自分の生活スペースのゴミ箱がないのでそのままにしているなど、ゴミを捨てない理由は多々あります。

理屈として、でてきたゴミをその都度捨てていれば汚部屋にはなりません。
そのため、ゴミを捨てやすい環境を作りましょう。
例えば自分の部屋のよくいる場所の近くにゴミ箱を置くだけでも、ゴミの散乱防止となります。
また、住まいの地域のゴミ出しルールを把握し、分別が必要な数だけゴミ箱を用意すれば、ゴミ捨ても楽なので汚部屋の防止となります。

汚部屋脱出の手順④:再発防止策

汚部屋脱出はゴールではありません。
むしろスタートです。
汚部屋脱出の後、二度と汚部屋にしないための対策を考えましょう。
せっかく綺麗にしても、再度汚部屋になってしまっては意味がありません。

汚部屋脱出のための心得

汚部屋脱出のための心得

汚部屋脱出のための手順はお伝えした通りです。
しかし、実際に実践するとなれば面倒、あるいは大変だと感じる人も多いです。
そこで汚部屋脱出の手順を進めるために必要な心得をいくつかお伝えしましょう。

汚部屋脱出の心得①:長期戦を覚悟する

汚部屋脱出は長期戦を覚悟しましょう。
短時間掃除しただけでは解決できません。
そもそも、汚部屋は時間をかけて作り上げたものなはずです。

短時間で解決できるほど甘いものではありません。
しかし汚部屋脱出は他ならない自分自身のためのものです。
決して誰かのためではありませんので、コツコツと取り組むことが大切です。
1日だけで問題の全てを解決しようと考えるのではなく、コツコツと取り組みましょう。

汚部屋脱出の心得②:成功体験を感じる

汚部屋脱出のためには長期戦を覚悟する必要があります。
しかし、やりがいがなければ長期戦に臨むことが難しいです。
そこで、いわゆる「成功体験」を感じられるよう、達成しやすいゴールを設定しましょう。

例えば「今日は床が見えるまで頑張る」「今日はゴミ袋10袋分ゴミを集める」など、達成できる目的を設定し、実現する。
この繰り返しで作業のモチベーションを維持できますので汚部屋脱出を目指しましょう。

汚部屋脱出の心得③:ライフスタイルの見直し

汚部屋になってしまうということは、ただ部屋が汚くなるだけではなく、ライフスタイルに原因があると考えることができます。
そのため、ライフスタイルを見直すことも大切です。

先に収納の見直しが大切だとお伝えしましたが、いつゴミを捨てるのかや、浪費癖はないのかなど、ライフスタイルそのものを見直しましょう。
部屋を綺麗にしても本当の意味で汚部屋脱出ではありません。
汚部屋脱出は、部屋を綺麗にし、かつ二度と汚部屋にしないことです。

汚部屋脱出の心得④:力み過ぎない

「?」と思うかもしれませんが、汚部屋脱出は決して自力のみでしか解決できないものではありません。
確かに動き出さなければ汚部屋脱出はできませんが、決して自力での解決だけが解決方法ではありません。

例えば不用品回収業者に片付けを任せることも可能です。
その場合、自分で頑張る必要はありません。
つまり、自力で片付けると力むのではなく、依頼するという選択肢もあるので、あまり力まずに、「無理なら依頼する」でも良いですし、そもそも初めから業者に任せるのもありです。

汚部屋脱出を依頼できる業者の種類

汚部屋脱出を依頼できる業者の種類

汚部屋脱出は自力だけではなく、業者に依頼するという選択肢もあります。
そこで実際に汚部屋の片づけ・清掃等を行っている業者をいくつかご紹介しましょう。

ハウスクリーニング業者

いわゆる清掃業者です。
清掃業者であれば家の片付けを依頼できますので、汚部屋脱出も依頼できます。
ハウスクリーニング業者といえばクーラーや台所等、汚れを落とすことを得意としている業者ですが、掃除にも対応しています。

ただし、あくまでも室内の掃除のみを担当する業者が多いので、まとめたゴミは自らで捨てなければならないケースもあります。

便利屋

便利屋は、特定のサービスを提供しているのではなく、依頼を受けたことをなんでもこなす存在です。
つまり、汚部屋脱出のための清掃・片付けを依頼すれば、業務として行ってくれます。
ただし便利屋は清掃・片付けの専門家ではありません。

そのため、汚部屋の状態次第では対応できないケースも考えられます。

不用品回収業者

不用品回収業者は、不用品を回収する業者です。
家の不用品の回収にも対応していますので、汚部屋脱出のための掃除・片付けにも対応しています。
また、不用品の回収に依頼するメリットとして排出される不用品(ゴミ)まで片付けてくれる点です。

車両を保有している業者ばかりになりますので、排出された不用品も回収します。
つまり、自らで行うことがありませんので手間がかかりません。
依頼し、不用品回収業者の作業が終われば汚部屋を脱出しています。

汚部屋脱出のための手順と片付け方法についてのまとめ

汚部屋脱出のためには収納されていいない散乱しているものを片付け、収納を再設定

汚部屋脱出のためには収納されていいない散乱しているものを片付け、収納を再設定しつつ、ごみを捨てやすい環境、さらには再発防止策を策定することが鍵です。
そのためにも、長期戦を覚悟したうえで成功体験を設定したりライフスタイルを見直すことが大切です。
しかし、汚部屋の片付けに対応している業者もありますので、依頼するのも手です。

特に不用品回収業者であれば排出されるゴミの片付けにも対応していますので手間がかかりません。
汚部屋脱出は決して自力にこだわる必要はありませんので、自力で難しいと感じているのであれば業者への依頼も検討してみるとよいでしょう。

あなたにおすすめの新着記事