畳の処分方法・捨て方8選とは?費用相場や注意点について

近年では、住居もフローリングの洋室が多くなり、畳が敷かれた和室に住んだことのない方も増えています。 

畳のイグサの香りや触り心地はとても良いものですが、畳を上げてフローリングの部屋にリフォームする人も多いようです。 

また、畳は消耗品のため、日々メンテナンスを行っていても傷みは発生します。

様々な理由で不要になった畳は、どのような方法で処分するのが適切なのでしょうか。

この記事では、意外と知られていない「畳の処分方法・費用相場」と併せて、捨てる際の注意点についても詳しく解説します。

畳の処分方法・捨て方8選とは?費用相場や注意点について

まずは「畳の種類」を把握しよう

まずは「畳の種類」を把握しよう

畳の処分方法を説明する前に、まずは畳の種類についてお話しましょう。

一口に言っても、「畳」は種類や素材・大きさによって処分方法が異なります。

畳は、日本で伝統的に使われてきた床材で、日本固有の文化です。

しかしその素材は様々で、二層構造のものもあれば、三層構造で異なる素材が混合しているタイプもあります。

そのため、畳を処分する際は「どんな素材が使われているのか」の事前確認は必須です。

畳の素材は?

畳はどのような素材で作られているのか、具体的に見ていきましょう。

畳の表側(畳表)=イグサ

畳表は表面のゴザのような部分のことで、イグサで織られています。 

イグサは、保温効果や除湿効果、空気の清浄作用などがあるとされています。

近年になると、化学繊維やパルプを使用したものも作られるようになりました。

畳の裏側(畳床)=藁/木製チップボード/発泡スチロール等

畳床は畳の芯で、弾力性、保温性、断熱性、吸湿性などをつかさどる部分です。 

昔は乾燥藁を糸で束ねたものを何層にも重ね、圧縮したもので作られていました。 

この部分は、畳の踏み心地に関わってくる部分で、藁の使用量が多く密度が高いほど高価とされています。

しかし現在では、リーズナブルな畳も増えており、安価な素材のポリスチレンフォーム、発泡スチロール、木製チップボードを使用した畳も多く流通しています。

畳の側面(畳縁)=綿・麻の糸

畳縁は、畳の側面にある布地の部分です。この布によって、畳を保護しています。

使われる生地には様々な色・柄があり、部屋の雰囲気づくりにも一役買っています。

このように、基本的には「畳表」「畳裏」「畳縁」の3構造に分かれており、基本的には畳1枚が同じ素材で作られていることはほぼありません。

とくに「畳裏」はものによって素材が異なるため、処分時に分別が必要になるケースもあります。

最近は樹脂加工畳など、機能性が高い畳も登場しており、畳に使われる素材については複雑になりつつあります。

畳の素材については、糸を切って畳縁をめくると分かります。

自力で処分する際は、事前に確認の上、適切な方法で処分しましょう。

畳のサイズもバラつきがある

実は、畳のサイズは地方によって異なり、主に4種類のサイズがあります。

処分方法によっては、サイズが原因で回収できなかったり、処分費用が変わったりする場合もあります。

京間

京都や関西地方、中国地方、九州地方などで使われるサイズ。 

縦191cm×横95.5cmと、4種類の中でもっとも大きい畳。

中京間

愛知・岐阜などの中京地区、福島・山形の東北地方、北陸地方の一部や奄美大島など日本各地で使われているサイズ。

縦182cm×横91cm程度。

江戸間

全国的な標準規格として関東地方、東北地方、北海道で使われるサイズ。

縦176cm×横88cmと小さく、地方から上京した人が部屋を狭いと感じることも。

団地間

公団住宅やアパート・マンションなどで使われるサイズ。

170cm×85cmと、4種類の中では最小。

畳の替え時はいつ?

畳の替え時はいつ?

リフォームではなく、新しい畳を買い替える場合、替え時はいつ頃なのでしょうか。

結論から言うと、畳の寿命は10~15年程度が目安です。

もちろん使い方や部屋での過ごし方、畳の設置場所によって寿命は異なりますが、だいたい10年程度で畳表の傷みが目立ってきます。

一般的には4〜5年ごとに表替えと裏返しを行い、両面を使い古した頃が取り替えのタイミングです。

10年経っていないものでも、畳の表面が色褪せていたり、擦れたりしてしまっていたら、取り替え時でしょう。

メンテナンスで寿命が延びる場合も

畳の寿命は、敷いている場所やこまめなメンテナンスによって延ばすことができます。

丁寧にメンテナンスを行えば、20年前後持つことも。

畳は買い替えても高額で、捨てるにも費用と労力がかかりますので、できるだけ長持ちさせることはメリットしかありません。

畳の処分方法は8つある

畳の処分方法は8つある

それでは本題、畳の捨て方について紹介します。

主な処分方法は、次の8つです。

畳の処分方法①小さく解体して「可燃ゴミ」「不燃ゴミ」へ

大きな畳でも、30cm程度に切って細かくすることで、家庭ゴミとして処分できます。

自治体のゴミ収集に出せば、処分費用がかからないため経済的な負担もゼロです。

ただし、厚く固い畳を自力で解体するのは、そう簡単ではありません。

電動のこぎりなど特殊な道具も必要ですし、素人の場合は扱いも不慣れなため危険が伴います。

畳1枚を細かくするには、時間と体力を消費しますので、一気に解体するのは現実的ではありません。

畳の素材によっては、切ること自体難しいケースもあります。

細かく切って家庭ゴミに出す捨て方は、畳が小さい場合や、数日かけて進められる場合のみ検討しましょう。

また、複数の畳を処分したい場合は、大量のゴミの山ができるので、あらかじめ広めのスペースが必要です。 

あまりに量が多いと、回収してもらえないケースがありますので、カットした畳は複数回に分け、少量ずつ出すようにしましょう。

畳の処分方法②自治体の粗大ゴミとして捨てる

多くの自治体では、一辺が30cm以上のものを粗大ゴミとしています。

そのため、不要な畳を処分するのなら、自治体が回収する「粗大ゴミ」として捨てるのが一般的です。

処分費用は自治体によって異なりますが、相場で1,000円前後と比較的安価な料金で処分できます。

粗大ゴミに出す場合は、ほとんどの地域で事前受付が必要です。

居住自治体の粗大ゴミ受付センターへ、電話かインターネットで回収を申し込みます。

手順は以下の通りです。

粗大ゴミ受付の手順

  • 粗大ゴミ受付センターへ申し込む
  • 回収場所/料金/日時を聞き、メモを取る
  • 料金分のリサイクル券を購入し、必要事項を記入
  • 処分する畳の目立つ場所にリサイクル券を貼り、回収当日の朝に指定場所へ運び出す

粗大ゴミは、高額な費用がかからず手続きも簡単なメリットがありますが、いくつかの壁もあります。

ひとつは、指定場所まで自力で運び出さなければならないことです。

1枚30kgほどある畳、回収場所まで1人で運ぶのは困難な場合もあるでしょう。

エレベーターのない集合住宅の場合、自宅から搬出するだけでも大変です。

また、申し込んでから回収までは最短でも2週間ほどかかる場合がほとんど。

申し込んでも即回収とはいかないため、引っ越しなどで早く処分したい人には向きません。

畳の処分方法③クリーンセンターへ自己搬入する

粗大ゴミよりも費用をかけずに畳を処分したい人は、クリーンセンターへの持ち込む方法があります。

清掃事務所へ自力で運ぶ時間と手間はかかりますが、地域によっては処分料の減額措置があり、自治体によっては回収料金の半額や無料になる場合もあり、処分費用は大幅に抑えられます。

このような経済的メリットがある一方、大きく重量のある畳を運ぶ車両や、積み下ろしの人手が必要です。

回収と同じく、事前の予約が必要な場合もあるので、事前に問い合わせしましょう。

畳の処分方法④畳屋に処分を依頼する

畳のことは、プロである畳屋さんにお願いするのも良いでしょう。

畳を新しく張り替える際、古い畳を処分してもらえば、張り替えと処分が一度に終わって一石二鳥です。

ただし、畳屋の畳回収サービスは、基本的に新しい畳を購入・張り替えを行う時のみです。

張り替えではなく、古いものの処分だけをしたい場合は、対応してもらえるか問い合わせる必要があります。

また、昔は無料回収を行う畳屋さんが多かったようですが、現在は有料回収が主流です。

古い畳の回収費用は店によって異なりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

畳の処分方法⑤不用品回収業者に依頼する

畳の処分方法⑤不用品回収業者に依頼する

費用はかかりますが、処分を急いでいる人には不用品回収業者がオススメです。

自治体の回収や粗大ゴミと違い、自分の都合に合わせて回収してもらえます。

業者によっては、早ければ即日や翌日に回収してくれるケースもあります。

また、自宅からの搬出作業もスタッフが行うため、自力で運び出す必要がありません。

集合住宅にお住まいの人や、処分したい畳が複数枚ある人は、手間をかけずに処分できます。

ただし、手間なく処分できる分、粗大ゴミや畳屋に依頼するよりもお金がかかるのは明確で、費用は万単位かかります。

さらに、不用品回収業者の中には、悪質な業者も混じっています。

トラブルに巻き込まれることのないよう、複数の業者から相見積もりを取り、実績や所在地、サービスなど比較をして、納得のいく不用品回収業者に依頼しましょう。

畳の処分方法⑥・リサイクルショップに売却する

最近は、畳を使用する家や部屋が少なくなっているため、需要は多くありませんが、古い畳の買い取りを行っているリサイクルショップも存在します。

状態が良く、まだ使える畳を手放す場合は、捨てる前に売却することも検討しましょう。

まずは、畳の買取りを取り扱っているかリサイクルショップへ問い合わせてみましょう。

畳は重量があるため、買い取り・査定可能な場合は、持ち込みのみか、出張引き取りをしてもらえるかも聞いておくと安心です。

ただし、リサイクルショップは買い取り額が安価なため、高値での買い取りは望めず、正直なところ、金額が付けば良い方です。

また、状態によっては買取り不可や無料の引き取りさえ断られる場合もあります。

査定を受けても持ち戻りとなる可能性もありますので、必ず売れると思い込まず、「ものは試し」くらいの気持ちで臨みましょう。

畳の処分方法⑦・畳の買い取り専門店に売却する

近年、さまざまな買い取り専門店がありますが、畳の買い取りを専門店もあるようです。

持ち込みだけでなく、宅配便買取りや出張買取りを行っているショップもあります。

まずはインターネットなどで畳の買い取り専門店を調べて、どのような形で運搬をするのか、確認しましょう。

畳の処分方法⑧リサイクル業者に依頼する

少ないですが、畳をリサイクルしている業者もあります。

可燃ごみとして畳を焼却処分するほか、肥料や代替燃料として再資源化することも選択できる、エコな方法です。

古畳をリサイクルしている業者は少ないため、居住地域によっては対応できる業者が見つからない場合や、畳の種類によっては受け付けてもらえない場合もあります。

まずはインターネットで業者を検索し、業者に問い合わせましょう。 

業者の工場へ直接持ち込めれば、リサイクルのみの料金で済みます。

畳を処分する際の注意点

畳を処分する際の注意点

どの方法で畳を処分する場合でも、捨てる前の注意点がいくつかあります。

素材や捨て方ルールの確認を

繰り返しになりますが、畳はものによって素材に違いがあります。

最近は、樹脂加工畳やダニやカビが発生しづらいプラスチック畳など、使われている素材もさまざまです。

自治体が回収する粗大ゴミや可燃ゴミについては、出し方のルールも自治体によって異なります。

とくに可燃ゴミとして捨てる場合、畳1枚の素材をすべて分別しなければなりません。

畳を処分する際は、素材や自治体ごとのゴミ出しルールを確認の上、適切な方法で廃棄しましょう。

水で濡れている畳は乾かしておく

イグサなどで作られている畳は、水分を含むと重くなります。

ただでさえ重量のある畳がさらに重くなれば、回収作業や処分も大変です。

そのため、濡れている畳は、回収できなかったり処分費用が上乗せされたりする場合もあります。

水濡れに限らず、カビの繁殖や腐敗が進んだ状態の悪い畳、糞尿などで汚れがひどい畳も、高額な処分費用がかかる場合もありため注意が必要です。

畳は捨てる時もお金がかかるもの。手放す際に余計な費用がかからないよう、日ごろからメンテナンスを行い、いらなくなったら早めの処分を心がけましょう。

無理のない処分方法を選ぶ

どんなに小さい畳でも、ある程度のサイズ・重量があります。

そのため、1人で処分するのは困難な場合もあるでしょう。

粗大ゴミであれば安価、可燃ゴミなら費用をかけずに処分できますが、畳の大きさによっては限界があります。

大判の畳は、回収場所まで自力で運び出すのが難しい場合もありますし、大きくて厚い畳を自分で解体するのも危険です。

畳を安全に処分するためにも、無理をするのは禁物です。

いらない畳がたくさんある場合や、サイズ・重量的に自分で運び出すのが難しい場合は、友人・知人の手を借りるほか、思い切って業者に頼ることも検討しましょう。

まとめ

日本の文化は中国から伝わったものが多い中、畳は日本の風土に合った固有の文化です。

ソファに座り、ベッドに寝る西洋風の生活スタイルが広まっても、畳はなかなかなくなりません。

それは、畳が日本の気候風土に合い、日本人にとって心地良いからでしょう。

古い畳に感謝して、上手に捨てられるといいですね。

この記事の監修をしたゴミ屋敷の専門家

氏名:新家 喜夫

年間2,500件以上のゴミ屋敷を片付け実績を持つ「ゴミ屋敷バスター七福神」を全国で展開する株式会社テンシュカクの代表取締役。ゴミ屋敷清掃士認定協会理事長。



\ SNSでシェアする /

関連記事

普段生活していて、「自分には運がない」と悩む人は多いはずです。物と運は切っても切れない…
物が少ない人の運気が上がる5つの理由
断捨離は身の回りの不要なものを整理でき、運気を上げる効果に期待できます。 しかし「まだ…
名古屋市で大量の不用品回収を依頼したい時は、どんなプランがお得?持ち込みはできる?専門業者が回答します
「名古屋市で不用品を処分したい」「できれば何か施設のような場所に持ち込みしたい」と悩ん…
川崎市で、自宅に溜まった不用品を専門業者に処分してもらいたい、買取サービスを利用したい…
埼玉県には、様々な掃除業者があります。埼玉県で掃除や不用品回収を依頼したいものの「どの…
引越しで不用品回収もしてくれる引越し業者5選!手早く処分する方法について
引越しする時に困るのが、大量に出てくる不用品。 新居へ移る前に処分しておきたいけれど、…
岡崎市の不用品回収業者のおすすめは?不用品回収や清掃を依頼したい方へ
愛知県岡崎市で、不用品回収業者を探している人もいらっしゃると思います。 しかし、いざ業…
豊田市の不用品回収業者のおすすめは?不用品回収や清掃を依頼したい方へ
愛知県豊田市で不用品を処分したいとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。不用品…
ドライアイスの処分方法とは?正しい捨て方について
アイスクリーム・冷凍ケーキを購入した時や、食品の宅配ボックスに入っていることが多い「ド…
暮らしのマーケットの不用品回収の特徴とは?評判や費用をご紹介します
不用品回収を利用したいとインターネットで検索したところ、暮らしのマーケットというサイト…
ゴミ回収業者のおすすめの選び方!費用相場や分別についても解説
ゴミ回収業者を利用したいけど、どうやって選べばいいか、まったく分からないとお悩みではな…
家具処分はどうする?大型家具や運べない&いらない家具は業者買取?引取り?持ち込み?
自宅にあるいらない大型家具を処分したいけど、どういった処分方法を選べばよいか分からない…
不用品回収業者のおすすめ!危険な業者や評判の優良業者の見分け方とは
不用品回収業者を選ぶ際は「この業者ちゃんとしたところなのかな?」「料金を多く請求された…
引越しの不用品処分方法、どうするべき?費用を抑えるポイントについても解説
近々、引越しを予定しているけれど、不用品を処分する方法が分からないとお悩みではないでし…
不用品回収業者の優良会社の選び方
不用品回収を依頼したいけれど、いろいろな業者があってどこに依頼したらいいんだろう? 安…
危険な不用品回収業者の見分け方
不用品回収を業者に依頼しようかと考えているけど、危険な業者を選びそうで不安だという方も…
トラクターの捨て方とは?農機具は買取でお得に処分できるかも!
農業を引退したり新しいトラクターを購入する場合に、使うことがなくなったトラクターの処分…
ゴミ回収業者、良い業者の選び方・悪徳業者の見分け方
ゴミ回収業者に任せることで、ゴミ・不用品の回収が捗ります。自ら掃除するよりも効率が良い…
大阪府八尾市での粗大ごみの出し方・処分方法
大阪府八尾市は人口およそ26万人、大阪府の中核都市に指定されているエリアです。大阪中心…
本棚の捨て方、おすすめの方法は?本棚の大きさによっては業者も活用
本棚の捨て方で迷っている人もいるようです。本棚は立派な物が多いです。そのため、処分を迷…
東京都葛飾区での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
東京都葛飾区といえば国民的人気漫画・人気映画の舞台となったことでも知られている人口およ…
愛知県豊川市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
豊川市は、愛知県の南東部に位置する都市です。日本三代稲荷の一つ・豊川稲荷の門前町から発…
木材の正しい捨て方とは?処分時の注意点や費用相場について
自宅から出るゴミのなかで、意外と捨て方に困るのが「木材」です。 コロナ禍で増えたおうち…
高額請求の不用品回収に注意!危険な業者の見分け方
不用品回収業者の存在がクローズアップされています。自治体のゴミ収集のルールが複雑化され…
「無料で不用品回収」はなぜ可能?その仕組みと無料を謳う悪徳業者に騙されないための注意点
不用品回収は、自治体でさえ有料です。しかし、日常生活の中で無料で不用品回収を行っている…
ゴミ回収なら、「なんでも」回収・処分してくれる業者がおすすめ!生活ゴミから粗大ゴミまで
ゴミ回収の業者は多々あります。それぞれ特徴が異なりますが、実際に依頼するのであればゴミ…
不用品回収、軽トラにはどのくらい積める?積み放題プランがお得なケースとは
暑い夏。ぐちゃぐちゃな部屋はもう無理! という人もいるのではないでしょうか。また、夏休…
大阪府茨木市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
大阪府茨木市は、大阪市と京都市の府境に位置する都市です。古くは城下町として栄えた茨木市…
不用品回収の詐欺が増加中。被害に遭わない為のポイントとは
引越しや衣替え、移転に伴い不用品が大量に出ます。 不用品回収業者は、自宅まで来て不用品…
不用品回収業者は危険?トラブル事例と正しい業者の選び方
不用品回収業者に関して、危険なイメージや利用しない方が良いといったネガティブな考えをお…
東京都 不用品 回収 ブログ01
東京や関東周辺にお住いの方で、不用品をどこで買い取ってもらえたり、回収してもらえるか知…
分別不要の不用品回収専門業者が便利!こんな時に活用したい
不用品を処分する手間は、年々増えています。ゴミ・環境問題への高まりから、多くの自治体が…
自治体での不用品回収と専門業者のサービスの違いとは
不用品を回収してもらおうと思ったら、現実的な選択肢は不用品回収の専門業者か自治体の二択…
不用品回収のチラシ、「無料」は本当?
不用品を無料で回収するというチラシが自宅に投函されていたという方は多いのではないでしょ…
不用品の訪問買取は安全?トラブルや詐欺に遭わないための注意点とは
不用品は自治体のルールに基づいて処分するだけでなく、業者に任せての処分も可能です。特に…
東京都八王子市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
東京都八王子市は、東京都西部の大きな町です。自然を楽しめる一方、都心のベッドタウンでも…
大阪府高槻市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
大阪市高槻市は、大阪府の北摂三島地域にあり、大阪と京都の中間に位置する都市です。JRと…
大量の不用品回収を依頼したい時は、どんなプランが便利でお得?専門業者が回答
引越しや衣替え、遺品の片付けなどで大量の不用品が出ることがあります。自力でゴミを分別し…
食器棚の処分方法まとめ|運べない場合の対応方法も解説
多くの家庭にある食器棚ですが、人生の中でそう何回も買い替えるものではないでしょう。いざ…
佐賀県嬉野市のゴミ屋敷に関する条例(嬉野市廃棄物の処理及び清掃並びに浄化槽に関する条例)の内容とは
目次嬉野市廃棄物の処理及び清掃並びに浄化槽に関する条例について嬉野市廃棄物の処理及び清…
青森県六戸町のゴミ屋敷に関する条例(六戸町環境美化条例)の内容とは
青森県六戸町は、青森県東部に位置する人口およそ1万人の町です。のどかな町ではありますが…
愛知県春日井市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
大掃除や引っ越しで出る粗大ごみは、普通ゴミと分けて処分する必要があります。ですが、出し…
大阪府吹田市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
大阪府吹田市は、北摂三島地域に位置する中核都市です。神崎川沿いの河港として古くから栄え…
大量のペットボトルの処分方法まとめ|次からため込まない為のポイントも解説
ペットボトルは、アルミ缶のように一度に飲み干す必要がありません。保管もでき、持ち運びも…
学習机・勉強机の処分方法5選|買取はしてもらえる?
学習机・勉強机は子供が成長すると不要になります。 そのため、処分を考えている人も多いの…
不用品の買取と片付けは同時にしてもらえる?後悔しない業者の選び方についても解説
不用品の買取と片付け、両方同時に対応している業者があればいいのに、と思ったことがあるの…
東京都板橋区での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
東京都板橋区では、粗大ごみ処分のためのルールが設けられています。板橋区で粗大ごみを処分…
プリンターの処分方法は?費用や捨てる時の注意点まとめ
最近はプリンターもずいぶん安くなり、良い機種がお手頃な価格で買えるようになりました。そ…
大阪府枚方市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
大阪府枚方市では、粗大ごみは「粗ごみ」と「大型ごみ」に分かれます。これらのごみを出す場…
粗大ゴミ回収の詐欺が多発中!被害に遭わないために気をつけたいこと
粗大ゴミ回収は自治体によってルールが異なります。しかし基本的には事前に受付を行い、手数…
優良な不用品回収業者の選び方、ポイントをプロが解説
不用品回収業者に関してネガティブなイメージをお持ちの方も多いようです。しかし、不用品回…
不用品回収は少量でも申し込める?気になる相場感・コスパについても解説
不用品回収業者に依頼することで、不要な物を処分できます。近年、自治体のごみ出しルールが…
汚れた布団の処分・廃棄方法は?ゴミ袋に入れて捨てられる?
布団は日常生活で欠かせないアイテムの一つです。もし布団が無ければ寒い中での睡眠を強いら…
東京都杉並区での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
東京都杉並区の粗大ごみのルールをご紹介します。粗大ごみのルールはそれぞれの自治体によっ…
愛知県豊橋市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
愛知県豊橋市では粗大ごみに関してどのようなルールを制定しているのかを解説します。これか…
こたつの処分方法【大阪市編】|安くて手軽な方法は?
こたつはテーブルと暖房が一体となった合理的な家電です。かつてはどの家庭にもあったもので…
ゴミ回収業者の料金がサービス内容についてのまとめ
ゴミ回収業者とは、ゴミを回収する業者です。昨今、リサイクル・環境問題を受け、ゴミの減量…
大阪府豊中市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
引っ越しや大掃除の際に出る大量の粗大ごみは、普段ごみを出しているごみ集積所に出しても収…
神棚の6つの処分方法とは?正しい捨て方やタイミングについて
引っ越しなどで「神棚」が不要になった場合、その処分の方法で迷われる方も少なくないでしょ…
不用品買取とは|利用方法や不用品回収業者との違い
気分も改まる春、一念発起して汚部屋を片付けよう! と決心している人もいるかもしれません…
愛知県一宮市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
春は、生活環境が変わる人の多い季節です。入学、入社、転勤、引っ越しなど、大きなごみが出…
東京都足立区での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
東京都足立区はおよそ人口70万人で、23区の中で人口の多い行政区です。足立区にもまた、…
ゴミ処分業者とは|料金相場や良い業者の選び方
ゴミの処分が年々厳しくなっていると感じている方は多いのではないでしょうか。ゴミの削減や…
ゴミの引き取り、無料回収は安全?業者を利用する時の注意点とは
ゴミを無料で引き取り・回収すると宣伝している車両を見かけたことがある人は多いのではない…
粗大ごみ回収業者とは|悪質な業者には注意を
粗大ごみ回収業者とは、粗大ごみの回収を行う業者です。近年、ごみ問題は全国的な関心が高ま…
不用品の売却で確定申告が必要になるケースとは?
不用品はフリマアプリ等で手軽に販売できる時代です。ゴミとして処分するはずの不用品がお金…
不用品を売りたい、お得に処分したい時、どんな方法が良い?
不用品を売りたいと考えている人は多いのではないでしょうか。かつて不用品を売りたいと思っ…
オイルヒーターの処分方法【愛知県一宮市】ゴミとして処分する際の注意点も
立春を過ぎ、暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続いています。家で過ごす時には…
金庫の処分方法【東京都杉並区編】|耐火金庫は自治体で回収不可
金庫は頑丈なものです。施錠していれば中の物を盗まれるリスクは大幅に軽減されます。耐火金…
マッサージチェアの廃棄方法【大阪府豊中市編】|回収や買取はしてもらえる?
大阪府豊中市では、最大辺または径が30cm以上の電気機械器具や、豊中市指定ごみ袋に入ら…
テーブルの処分方法【東京都足立区編】|安くて手間がかからない方法は?
東京都足立区では、一辺の長さが30cm以上のごみを粗大ごみとして定義しています。ですの…
東京都江戸川区は公共交通機関が充実していますが、自転車を楽しむ人も増えています。健康志…
東京都大田区での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
大田区では粗大ごみに関するルールを制定していますので、ルールに基づいた処分が求められて…
こたつを処分する時期やタイミングはいつ?手軽な処分方法についても解説
日本の冬といえば、「こたつでみかん」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょう…
不用品のトラック積み放題の料金システムについて解説!単品回収との違いや選び方
ゴミ屋敷を片付けた時や引っ越しの際、大量に出た不用品やゴミの山。どうやって処分したらい…
大阪府堺市での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
堺市は、大阪府の中南部に位置する政令指定都市です。世界最大の墳墓である「仁徳天皇陵古墳…
断捨離がもたらす効果とは?断捨離のコツも紹介します
物を持たないシンプルな暮らし方が数年前から注目を集めています。 物を持たない暮らしのた…
汚部屋から「ミニマリスト」へ変わるための方法やコツは?
「気がつくと床一面、物で散らかっている」 「片付けをしているはずなのにいつも部屋が物で…
ピアノの処分方法や、費用を抑えるためのポイントを解説
「もう使わなくなったピアノを処分したいけど、どこに連絡したら良いか分からない」 「ピア…
箪笥の処分方法6選|手間をかけず簡単に処分できる方法は?
引っ越しで家具を処分する際、特に大きくて重い箪笥は困りますよね。 「たぶん粗大ゴミとし…
東京都世田谷区での粗大ごみの出し方・処分方法をわかりやすく解説
世田谷区では粗大ごみの出し方を細かく定めています。 粗大ごみの処分を考えているのであれ…
引っ越しで出たいらない家具、おすすめの処分方法は?
引っ越しは何かと大変なものです。 行政への手続き、新しい生活環境への順応だけではなく、…
畳の処分方法【愛知県岡崎市編】|センターへの持ち込みは1日10枚まで
愛知県岡崎市では他の自治体同様、ゴミの処分に関して細かいルールが設けられています。 畳…
ソファーの処分方法【大阪府東大阪市編】|自分で運べない場合のおすすめ方法も解説
東大阪市でソファーを処分する場合、東大阪市が定めるルールに則った処分が求められます。そ…
ベッドの処分方法【東京都大田区編】|安くて手軽な方法は?
大田区でベッドの処分を行う場合、分類としては粗大ごみになります。ですので、粗大ごみの処…
マットレスの処分方法・捨て方6選
古くなった大きくて重たいマットレスを処分したいのに捨て方が分からず困ったことがある人も…
使用済み食器は買取してもらえる?処分方法についても解説
季節ごとに食器を変えて、旬の味をいただくのは楽しいですね。 でも、食器って意外と場所を…
部屋が片付けられない人におすすめの、不用品の処分方法&収納術
部屋が片付けられないことで悩んでいる方は、男女を問わずに多々いるのではないでしょうか。…
ソファーを捨てる・処分する、手軽な方法や費用相場は?それぞれの注意点も解説
「ソファーを捨てたいけどどうやって捨てるのか分からない」という方も少なくないでしょう。…
大型家具の処分方法4選|重い・運べない大きな家具を処分する時におすすめの方法とは
引っ越しや模様替えなどで困るのが大型家具の処分です。 一人暮らしの女性や高齢者世帯にと…
東京都練馬区での粗大ゴミの出し方・処分方法をわかりやすく解説
粗大ごみの出し方は自治体によって異なります。東京都練馬区で粗大ごみを出そうと考えている…
大阪でおもちゃを処分するには?ゴミとして出す時の注意点も解説
大阪でおもちゃの処分を考えた時、選択肢は多々あります。そこで、大阪でおもちゃを処分する…
”売れる”不用品TOP7!捨てる前に確認しよう
不用品の中には売れる物があるのをご存知でしょうか? 不用品の処分方法は様々ですが、ゴミ…
家具の処分を少しでもお得に!おすすめの方法を解説
家具は日常生活の中でなくてはならない大切なものですが、経年劣化・損傷、あるいは生活環境…
不用品の処分料はどうやって決まる?費用の抑え方のポイントや注意点
「引っ越しの際に出る家電製品や家具を不用品の回収業者へ引き取りを依頼したい」 「だけど…
テーブルの6つの捨て方とは?ダイニングテーブルやガラステーブルなどタイプ別に処分方法を解説
「不要になったテーブルがあるけれど、どうしたらいいんだろう…」 テーブルは家庭ゴミで処…
オイルヒーターの処分方法・捨て方とは?オイルは抜く必要がある?
寒い冬に役立つ暖房器具のひとつに、「オイルヒーター」があります。 暖房器具は、エアコン…
自転車の処分、正しい方法を解説|防犯登録の変更や抹消は必要?
自転車は健康志向の高まりや環境問題から、注目を集めるアイテムとなっています。 自転車シ…
金庫の処分方法を金庫の種類別に解説|捨て方・売却方法まで
防犯対策や自然災害から貴重品を守るために多くの人が利用している家庭やオフィス用などの金…
観葉植物の処分方法【東京都世田谷区編】|土は自治体の収集に出せないので注意を
観葉植物は癒しをもたらしてくれる一方で、処分に困るのも事実です。特に土がある場合、処分…

もっと見る▼

人気記事ランキング

ゴミ屋敷バスター 七福神 何でもご相談ください!
ゴミ屋敷バスター 七福神 何でもご相談ください!

※WEB限定割引はパッケージプランは対象外となります。
※お見積り金額からのお値引きとなります。

見積無料! WEB限定割引!! 最安19,800円〜 女性も安心!!閉じる×