マットレスの処分方法・捨て方6選

古くなった大きくて重たいマットレスを処分したいのに捨て方が分からず困ったことがある人も少なくないでしょう。 マットレスは、一般の家庭ゴミとして処分することができません。 どのように処分したら良いのでしょうか。 この記事では、マットレスの様々な処分方法について解説していきます。 マットレスの処分方法・捨て方6選

マットレスの捨て方

マットレスの捨て方 マットレスの処分と言っても、ゴミとして処分する方法から人に譲る、中古品として販売するなど様々な方法があります。 処分するタイミングや、処分にかけられる時間、労力などによって最適な処分方法は変わっていきます。 ぜひ以下を参考にマットレスの最適な処分方法を見つけてください。

マットレスの処分方法①人に譲る

もし周りにマットレスを必要とする友人や知人がいる場合、その人にマットレスを譲ることができます。 ゴミが出ないため環境にもやさしく、友人や知人に喜んでもらうことができます。 しかし多くの場合、そんなにタイミングよくマットレスを必要とする友人や知人がいるとは限りません。 さらに、引き取り手を探すのに時間がかかってしまうことでしょう。 そのような場合には、ジモティーなどのサイトやアプリを利用して引き取り手を探すのも一つの方法です。 ネットやアプリを利用して引き取り手を探す場合、引き取り方法を指定することができます。 自宅や指定の場所まで取りに来てもらいましょう。 配送する必要がある場合は、梱包材の用意や実際の梱包作業、配送手配が必要となります。 費用負担については事前に話をつけておきましょう。

マットレスの処分方法②買取サービスを利用する

以下のような場合には買取サービスを利用してみるのもおすすめです。
  • まだ新しいけれど不要になったマットレスを処分したい
  • メーカー品で使用年数も短く状態もいい
  • 人気の電動リクライニングベッド専用マットレスを処分したい
上記のような好条件なら買取してもらえる場合があります。 お住まいの地域にリサイクルショップがある場合には持ち込んで査定を依頼しても良いかもしれません。 もし持ち込みが難しい場合は、無料で査定訪問を行っている不用品買取業者もいるため、調べて連絡してみるのも良いでしょう。

マットレスの処分方法③新品と引き換えに引き取ってもらう

マットレスの処分方法③新品と引き換えに引き取ってもらう マットレスを処分するタイミングで、新品のマットレスの購入を検討されている方も少なくないでしょう。 そのような場合には、新品を購入する際に、使用しているマットレスの引き取りや下取りを依頼できないか聞いてみると良いでしょう。 引き取り可能な場合は、新品のマットレスを搬入する際に古いマットレスを引き取ってもらえるため手間がかかりません。 販売する店によっては無料で引き取りを行っているところもありますが、多くの場合は有料で引き取りを行っています。 粗大ゴミとして出すよりも若干高く費用はかかってしまいますが、自分で運び出す必要がないことが最大のメリットです。

マットレスの処分方法④中古としてネットやアプリで販売する

ネットオークションやフリマアプリなどが普及するにつれ、マットレスを必要とする人と直接交渉し、売買するケースも増えてきました。 ただし、すぐに買い手がつくのは、以下のように好条件のものがほとんどです。
  • シミや汚れがない
  • 使用年数が短い
  • 状態が良い
  • メーカー品
また、ネットオークションやフリマアプリなどを活用する場合は、写真撮影から顧客とのやりとり、必要があれば発送手配や梱包などを行わなければなりません。 それなりに労力や時間がかかるので注意が必要です。

マットレスの処分方法⑤粗大ゴミとして捨てる

多くの自治体でマットレスは粗大ゴミとして処分することができます。 粗大ゴミとして処分する際の費用は1,000〜2,000円が相場です。 マットレスのスプリングが悪くなっていたり、汚れやシミが目立つ場合や引き取り手が見つからない場合は粗大ゴミとしての処分を検討するのが良いでしょう。 マットレスの粗大ゴミの出し方は、まず自治体の粗大ゴミ回収センターに電話やオンラインで予約します。 処分にかかる費用分の粗大ゴミシールをコンビニやスーパーなどで購入します。 そのシールに受付番号や名前など必要事項を記入し、古いマットレスに貼り付けます。 あとは、処分当日に指定の場所にマットレスを出せば回収車が来て回収してくれます。 低反発や高反発の薄いマットを折り畳んで捨てる必要がある場合には、広がらないように紐でしっかりと縛って出すようにしましょう。 マットレスはサイズも大きく重たいため、一人暮らしの女性や高齢者の方では指定の場所まで運び出すことが難しいこともあるでしょう。 そのような場合は、全ての自治体が対応しているわけではありませんが、粗大ゴミの運び出しに相談に乗ってくれる自治体もあるので、まずは相談してみるのがおすすめです。

マットレスの処分方法⑥不用品回収業者に依頼する

マットレスの処分方法⑥不用品回収業者に依頼する 次のような場合には不用品回収業者に引き取りを依頼するのが良いでしょう。
  • 引っ越しのためにすぐにマットレスを処分しなければいけない
  • 仕事が忙しく処分に手間や時間がかけられない、
費用はかかりますが、家から一歩も出ることなく自分のスケジュールに合わせて確実に処分することができます。 不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところもあるので、状態がよければ引き取りを依頼してみるのも良いかもしれません。 気をつけなければならないのが悪徳業者の存在です。 業者の中には悪徳業者も存在するため事前に見極めることが大切です。 ポイントは、3社を目安に相見積もりをとることです。 3社にコンタクトを取り比較することで、価格の相場感を掴めるようになります。 他にも以下の点から会社としてのある程度の信頼性やサービスの質を確認することができます。
  • レスポンスの速さ
  • 対応のよさ
  • 見積もりの書き方が明瞭であるか

まとめ

マットレスの処分方法・捨て方6選 この記事では、マットレスの処分方法や効率的な捨て方について解説しました。 マットレスの処分には様々な方法があるため、生活スタイルや処分にかかる費用、時間、手間などを総合的に考えた上で自分に合った処分方法を選ぶようにしましょう。

あなたにおすすめの新着記事

前へ
次へ

人気タグ

ゴミ屋敷バスター 七福神 何でもご相談ください!
ゴミ屋敷バスター 七福神 何でもご相談ください!
見積無料! WEB限定割引!! 最安19,800円〜 女性も安心!!閉じる×