汚部屋を片付けられない人の特徴・共通点|改善のためのステップとは?

汚部屋にしてしまったら片付けなければいけません。
しかし、あまりにも汚い汚部屋の場合、何をすればよいのか分からないと感じる人も多いです。

汚部屋を何とかしたいと思っていても、何もできずに片付けられないという人がいます。
汚すぎる汚部屋を前にして片付けるモチベーションが低下し、片付けられない人もいます。
なぜ片付けられないのか、片付けるための方法について解説します。

汚部屋を片付けられない人の特徴・共通点|改善のためのステップとは?

汚部屋を片付けられない人の特徴

汚部屋を片付けられない人の特徴

なぜ汚部屋を片付けられないのか、その特徴や共通点を見てみましょう。

戦意喪失系

部屋があまりにも汚すぎると、何から手を付ければよいのか、本当に片付けられるのかが分からなくなります。
いわゆる「戦意喪失」状態となり、そのまま汚部屋を放置してしまいます。

このタイプは、軽度の汚部屋であればやる気を出して片付けられます。
ですが、あまりにも汚すぎると自力ではどうすることもできないと諦めてしまうのです。

このようなタイプの人は、本来であれば汚部屋にならないよう努めるべきです。
しかし、汚部屋になってしまった場合の対処法としては、不用品回収業者に依頼するなど、助けを求めることも大切です。

「どうせまた汚くなる」という悟り系

汚部屋とは、生活の結果です。
一晩でいきなり汚部屋になってしまうのではありません。
生活習慣の中で徐々に部屋が汚くなり、やがて汚部屋へと発展するのです。

つまり、綺麗にしたところでどうせまた汚くなると思っています。
片付けたところで無駄な労力になるという、一種の悟りが汚部屋を放置することになってしまうのです。
このタイプの人が汚部屋を改善するためには、ゴミの撤去・清掃だけではなく、生活習慣の見直しが必要です。

自分の生活空間・領域だけは綺麗なタイプ

他人から見れば汚部屋ではあっても、本人はさほど汚れていないと思っているケースもあります。
気にしていないので、片付ける必要に迫られていません。
このタイプの場合、自分の生活空間・領域だけは多少綺麗です。

例えば、床にゴミが散乱していても、普段座る机の前は多少片付いています。
家に寝に帰るだけのタイプであれば、ベッドだけは睡眠が可能な状態です。
このように、汚部屋ではあっても日常生活に困っていません。

そのため、汚部屋掃除の必要性を感じていません。
もちろん綺麗な部屋だと思っている訳ではありませんが、掃除の必要性も感じていません。

完璧を求める系

汚部屋の掃除をするのであれば、完璧にと考えるタイプです。
凝り性に多く見られるタイプです。
掃除をするのであれば中途半端ではなく、とことん綺麗にしようと考えてしまいます。
しかし、現実的には高い理想を叶えることが難しいとも自覚しているので、なかなか手を付けられず、片付けられません。

このタイプは、汚部屋に対しての危機感、掃除をしなければという意識があります。
ですが、「やるからには完璧を目指す」というスタンスがネックとなって、完璧に実践できる状態でなければ掃除を開始しません。

掃除のやる気が出ない系

汚部屋を何とかしようと掃除に取り組むものの、掃除が好きな訳でもなく、次第に飽きて面倒になったりするタイプです。
このタイプは掃除を罰ゲームのようなものだと思っているケースが多いです。

このタイプの人は、掃除のモチベーションそのものがとても低いです。
そのため、以下のように汚部屋を片付けられないのです。

  • 結局は途中でやる気を失くしてしまう
  • 掃除中に他のことを始めてしまう

汚部屋を片付けるためのステップ!

汚部屋を片付けるためのステップ!

汚部屋の片付けは大変です。
しかし、片付けなければそのままです。
そこで、汚部屋解消のためのステップをご紹介します。

汚部屋のデメリットを知る

汚部屋をデメリットだと感じていない人もいます。
汚いものの、以下のように思って汚部屋を放置している人もいます。

  • 誰かに迷惑をかけている訳ではない
  • 自分のテリトリーは無事だ

ですが、汚部屋はデメリットだらけです。
例えば、ゴミの中に虫が繁殖している可能性があります。
火災が起きた場合、ゴミに引火してより大きな被害になることもあります。

自覚していないだけで周囲は迷惑

自分ではデメリットはないと思っているかもしれませんが、異臭等で周囲が迷惑しているケースもあります。
このように、汚部屋にはデメリットが多々あります。
デメリットを知れば、「このままで大丈夫」という気持ちに変化が生じるのではないでしょうか。

汚部屋掃除は長期戦だと知る

汚部屋の掃除は決して誰のためでもありません。
自分のためです。
また、汚部屋掃除は、一日で解決しなければならないわけでもありません。
コツコツと取り組めばよいのです。

「汚部屋の片付け」となれば、どうしても一日で終わらせたいと思うのが人情です。
しかし、これまで時間をかけて作り上げた汚部屋です。
一日程度で片付けられる訳がありません。

できることをコツコツと取り組みましょう。
理屈として、増える物より減らす物が多ければ、やがて汚部屋は解消します。

自治体のゴミ出しルールを確認する

自治体のゴミ出しルールを確認し、片付けたゴミを家に溜めることのないようにしましょう。
例えば、ゴミ収集日が次の日にだと、出てきたゴミをすぐに撤去できます。
しかしゴミ収集日が何日も後の場合、ゴミを処分できない状態が続きます。
汚部屋掃除のモチベーションに関わるので、掃除前に必ず確認しておきましょう。

自力で汚部屋を片付けられないなら

汚部屋は必ずしも自分で片付ける必要はありません。
自力で片付けられないのであれば、依頼して片付けるという選択肢もあります。
誰に汚部屋掃除を依頼できるのでしょうか。
いくつかご紹介します。

便利屋

便利屋は、掃除に限らず依頼者の力になってくれます。
もちろん汚部屋掃除を依頼することもできます。
ただし、あくまでも部屋の掃除のみとなるでしょう。
ゴミの撤去は別の業者だったり、別料金が必要になるケースが一般的です。
また、あくまでも「寄り添う」サービスであって、掃除の専門家ではありません。

不用品回収業者

部屋の掃除からゴミの運搬まで、不用品回収業者に依頼することができます。
不用品回収業者は、排出されたゴミの処分まで行ってくれます。

しかし、不用品回収業者も多々あります。
悪徳・詐欺まがいの不用品回収業者もいますので、以下の点を確認しましょう。

  • 産業廃棄物処分業許可証を保有しているか
  • 公式ホームページの出来栄えは良いものなのか

信頼できる不用品回収業者を選びましょう。

行政

いわゆるゴミ屋敷対策の条例を制定している自治体もあります。
片付けられない汚部屋で悩んでいるのであれば、一度行政に相談してみるのも手です。
ただし、行政は民間業者ではないので、何かを決める際にも手順を踏む必要があります。

汚部屋を片付けられない人の特徴・共通点についてのまとめ

汚部屋を片付けられない人の特徴・共通点についてのまとめ

汚部屋を片付けられない人の特徴は、以下のような人が多いです。

  • 片付ける気が無い
  • 初めから諦めている
  • 自分のテリトリーだけ綺麗

汚部屋であっても誰にも迷惑をかけていないと思うかもしれません。
しかし、近隣住民が異臭で悩んでいたり、いざという時に大きな迷惑をかけてしまう可能性もあります。
ですから、汚部屋を片付けるためのステップに沿って、コツコツと掃除に取り組みましょう。

もし自力では難しいと思ったら、力になってくれる業者に依頼するという選択肢もあります。
いずれにせよ、汚部屋は好ましいものではありません。
汚部屋の解決に向けて一歩踏み出しましょう。

あなたにおすすめの新着記事