ゴミ屋敷を1日で片付ける方法とリバウンドしないコツとは

ゴミ屋敷は何もしなければそのままです。
問題を解決するためには片付けなければなりません。
ですが、長い月日によってゴミが堆積されています。

さすがに簡単に片付けはできませんが、片付けるのであればできれば早く片付けたいという人もいるのではないでしょうか。
そこで、1日で片付けが可能なのか、片付けた後にリバウンドしない方法を見てみましょう。

1日で片付けが可能なのか、片付けた後にリバウンドしない方法

ゴミ屋敷は1日で片付け可能なのかを検証する

ゴミ屋敷は1日で片付け可能なのかを検証する

ゴミ屋敷を1日で片付けるのは、基本的に難しいです。
その理由をいくつかご紹介します。

ゴミ捨てのルールが細分化されている

もしゴミ屋敷に堆積されているゴミを、全て同じ方法で処分できるのであれば、1日で片付けが可能かもしれません。
全てゴミ袋に入れてゴミ収集所に出せばよいのです。
体力さえあれば、1人でも1日で片付けが行えるかもしれません。

しかし、年々ゴミ出しのルールは細分化されています。
自治体によっては何種類も分別してゴミ出しルールを制定しています。
つまり「とにかくガンガン、ゴミ袋に入れて捨てる」ができません。

自治体のルール順守が原則

ゴミ屋敷のゴミだからといって、何もかも同じように捨てられるわけではありません。
自治体のルールに従って分別し、処理が求められます。
そのため、分別するだけでも多大な時間がかかります。

「片付け」は様々な作業が含まれている

1日で片付けたいと思っても、「片付け」にも様々な作業が含まれます。
ゴミの分別はもちろん、分別した後、ごみ収集場所まで運搬しなければなりません。
つまり、ゴミ収集日まで保管しておかなければなりません。

さらに、ゴミ収集日に関しては、品目によって異なります。
つまり、仮に部屋を1日で片付けたとしても、ゴミ収集日を待たなければなりません。
ゴミ収集場までの運搬もしなければいけません。
現実的に1日での片付けは不可能です。

環境がさらにハードルを高める

ゴミ屋敷の片付けとは、ゴミ屋敷内のゴミをまとめ、すべて処分することです。
家屋の中からゴミを全て取り除くことが片付けになります。
なので家屋の中のゴミを分別するだけでは、完全な片付けとは言えません。
しかし、環境次第でゴミの処分のハードルが高まります。

収集所までの距離も負担を左右する

例えば、家屋からゴミ収集所までの距離が長ければ、それだけゴミ捨ての労力が増します。
ゴミ屋敷内にあった全てのゴミを片付けようと思ったら、何往復もしなければなりません。
台車を使えば幾分楽になるでしょう。

しかし段差があれば台車も使えません。
収集場所まで坂道であれば、往復の負担もより大きなものになります。

時間がかかるとリバウンドリスクが高まる

時間がかかるとリバウンドリスクが高まる

ゴミ屋敷は、しばしば再発が確認されています。
せっかく片付けてもリバウンドしては意味がありません。
その際、スピーディーに片付けた方がリバウンドリスクは低いです。

時間をかけて片付けると、「劇的な変化」をもたらすことができないので、リバウンドしてしまいやすいのです。
リバウンドリスクを考えると、できれば1日で片付けたいところです。

ゴミ屋敷を1日で片付けるための方法

ゴミ屋敷を1日で片付けるための方法

ゴミ屋敷を1日で片付けるハードルはとてつもなく高いです。
しかし、決して不可能ではありません。
そこで、ゴミ屋敷を1日で片付けるための方法をいくつかご紹介しましょう。

友人・知人に助太刀を依頼する

ゴミ屋敷は必ずしも1人で綺麗にしなければならないものではありません。
1日で片付けたいのであれば、友人や知人に依頼することで人手を増やすことができます。
1人当たりの作業量を軽減し、1日での片付けを可能にします。

ただし、あくまでもゴミ屋敷の片付けを手伝ってくれる友人や知人がいればの話です。
また、友人や知人がいても、ゴミ屋敷を見られるのは恥ずかしい人もいることでしょう。

ゴミ屋敷を見られてもよい友人や知人に依頼することで、ゴミ屋敷を1日で片付けることができるでしょう。

ノウハウもある程度必要

人数が多いに越したことはありませんが、掃除のノウハウも必要です。
特にゴミ屋敷を1日で片付けたいのであればスピード感も求められます。
役割分担を決め、徹底的に片付けに集中することで、1日での片付けが実現します。
裏を返せば、ノウハウがなければ人数が集まっても1日でゴミ屋敷を片付けることは難しいです。

行政の代執行を待つ

ゴミ屋敷条例を制定している自治体に住んでいればという前提ですが、ゴミ屋敷を放置していれば行政による行政代執行が行われます。
基本的にはゴミ屋敷を確認してから指導、勧告、命令と進みます。
それでも改善しなければ行政代執行となります。

行政が片付けを手配してくれるので、早ければ1日で片付けが終わります。
しかしこの場合、片付け作業そのものは1日ですが、行政代執行に至るまでには時間がかかります。
さらに、行政代執行の費用を請求されるなど、決してよい面ばかりではありません。

業者に依頼する

ゴミ屋敷の片付けを行う業者に依頼する選択肢もあります。
業者であれば自分で選んで依頼できます。
費用はかかりますが、行政代執行のような「言い値」ではありません。
しかし、業者も様々です。

例えば、ゴミの分別からまとめるだけしか対応していない業者もあります。
便利屋の場合、運搬には対応していないか、あるいは運搬は別途料金を徴収するタイプが多いです。
不用品回収業者であれば1日で片付けが終わるだけではく、運搬まで行ってくれます。
しかし、不用品回収業者も多々ありますので、健全な業者を選ぶ必要があります。

ゴミ屋敷を1日で片付けることができる業者の特徴

ゴミ屋敷を1日で片付けることができる業者の特徴

ゴミ屋敷を1日で片付けるためには、現実的に不用品回収業者への依頼が一番です。
しかし、不用品回収業者も多々あります。
そこで、ゴミ屋敷を1日で片付けることができる不用品回収業者の特徴を覚えておきましょう。

ゴミ屋敷片付けのノウハウがある

不用品回収業者も様々だとお伝えしました。
幅広い業務がありますので、それまで何をしてきたのかによって、蓄積されているノウハウが異なります。
つまり、いくら不用品回収業者でもこれまでゴミ屋敷片付けを行った経験がなければ、1日での片付けは難しいかもしれません。
しかし、ゴミ屋敷を片付けたノウハウを持つ不用品回収業者であれば、1日で片付けることも可能でしょう。

スタッフの多い業者

不用品回収業者は業態も様々です。
大人数で運営している業者もいれば、1人で「不用品回収業者」と名乗って活動している個人事業主もいます。
ゴミ屋敷の片付けには多大なリソースが必要です。
ですから、1人、あるいは少人数の不用品回収業者では、1日で片付けができない可能性があります。

一方、多くのスタッフを抱えている不用品回収業者であれば、ゴミ屋敷の片付けに見合ったスタッフを動員できます。
1日で片付けてもらいたいといった要望に応えてもらうことも可能です。

女性スタッフの存在

依頼者が女性の場合、女性スタッフがいる不用品回収業者が安心です。
男性スタッフだけの場合、ゴミ屋敷ではあっても自宅に大勢の男性が上がることになりますので、多少緊張したり、不安を感じるかもしれません。
その点、女性スタッフも在籍している不用品回収業者であれば、同性としての安心感があるはずです。

ゴミ屋敷を1日で片付ける方法についてのまとめ

ゴミ屋敷を1日で片付ける方法

ゴミ屋敷を1日で片付けるためには友人や知人に依頼するか、行政、あるいは不用品回収業者といった選択肢があります。
ですが、現実的には不用品回収業者一択だと考えてよいでしょう。
不用品回収業者も様々です。
大人数なのか、ゴミ屋敷片付けのノウハウがあるかなどをチェックし、信頼できる不用品回収業者を選びましょう。

あなたにおすすめの新着記事