ゴミ屋敷の片付け費用はどうやって決まる?費用を抑えるコツも教えます

よくテレビの特集でもテーマとなっているゴミ屋敷ですが、実はそれほどめずらしいことではなく、誰しもが部屋をゴミ屋敷に変えてしまう可能性を秘めているのです。
本記事では、ゴミ屋敷清掃の片付け費用相場や費用を抑えるためのポイント、業者の選び方などを解説していきます。是非、ゴミ屋敷片付け清掃を依頼する際の参考にしてみてください。

ゴミ屋敷清掃の片付け費用相場や費用を抑えるためのポイント、業者の選び方などを解説

ゴミ屋敷片付け費用の依頼相場

ゴミ屋敷片付け費用の依頼相場

ゴミ屋敷片付けの依頼相場は、業者ごとの項目や、部屋の間取り、ゴミの量によって大きく異なります。ここではゴミ屋敷片付け費用の項目や間取り別のゴミ屋敷片付け費用の参考相場などについて解説していきます。

ゴミ屋敷片付け費用の項目

ゴミ屋敷を片付けるための費用の項目には、車両費、人件費、ゴミの処分費用、その他オプションの料金などに大別されます。
車両費に関しては、ゴミの量に対する車の積載量によって決められることがほとんどです。

処分をする費用に関しては家電などの粗大ごみやその場ですぐに処分できないものがあったりすると料金が高額になる可能性があります。
オプションの料金は業者によって対応できる範囲が変わってくることから、相場でいくらと示すことができません。

間取り別に見るゴミ屋敷片付け費用の参考相場

間取り別に見るゴミ屋敷の片付け費用に関しては以下を参考にしてみてください。

間取り作業人数目安料金・費用
1R/1K2名33,000円〜
1DK3名55,000円〜
1LDK3名88,000円〜
2DK4名121,000円〜
2LDK4名154,000円〜
3DK5名187,000円〜
3LDK5名209,000円〜
4DK6名242,000円〜
4LDK6名264,000円〜

ゴミ屋敷片付け費用には追加費用が発生する可能性も

ゴミ屋敷の片付け費用には、基本料金以外にも請求される場合がありますので、公開している費用以外にお金がかからないか、確認すべきです。

たとえば、一般的なゴミ屋敷片付け会社と、ゴミ屋敷バスター七福神の費用体系は以下のようになっています(1Rの場合の費用)。

A社B社七福神
基本料金4,400円2,750円公開している費用(33,000円)
出張費3,300円4,400円無料
車両費3,300円4,400円無料
特急料金未対応5,500円無料
深夜料金9,625円未対応無料
リサイクル未対応一部対応対応
作業料27,500円24,200円無料
通常合計金額38,500円35,750円33,000円
深夜合計金額48,125円未対応33,000円
特急合計金額未対応41,250円33,000円

また、エアコンの取り外しや仏壇供養、庭の清掃なども依頼する場合は、別途費用になることが多いので、依頼の際に相談してみましょう。

ゴミ屋敷の片付け費用をケースごとの具体例でみてみよう

ゴミ屋敷の片付け費用をケースごとの具体例

ゴミ屋敷の片付け費用は、部屋のゴミの量などによって料金や作業時間が変わってくる場合があります。ここからは部屋の広さやゴミの状態などからどれくらい片付け費用が必要なのかを解説していきます。

ケース1 ワンルーム・膝ぐらいまでゴミが溜まっている

ワンルームで膝くらいまでゴミが溜まっている場合は、片付け費用は3万円〜となります。部屋にはゴミがいっぱいあるものの、ゴミを移動すれば床が見えるレベルとなっています。

ゴミ屋敷の年数としては1年未満が目安です。このぐらいの規模であれば作業人数も1名程度で済みますが、クリーニングなどのオプションをつけることで料金が高くなります。

ケース2 ワンルーム・天井近くまでゴミが積み重なっている

ワンルームで天井に届きそうなくらいゴミが積み重なっている場合は、費用は5万円~となっています。
このケースはゴミなのか必要なものなのかを一つひとつ確認していきながら片付けを行っていくことから、ゴミが少ない部屋よりも時間や料金が大きくかかります。

必要か不必要か関係なく全部を処分したい場合は片付け費用が浮いたり、基本料金も安くなる可能性があります。

ケース3 一軒家・全ての部屋の床がゴミで埋まっている

一軒家で全ての部屋の床がゴミで埋まっているレベルの場合は、片付け費用は20万円以上、作業時間もかなりかかることが多いです。
このレベルでは基本的に一軒家の部屋のすべてがゴミで埋まっているような状態となります。ゴミの量に関しても2トントラック数台の規模感となります。

すべての部屋がゴミで埋まっている場合、予算は20万円以上になることも頭に入れておきましょう。

片付け費用を抑えるには?

片付け費用を抑えるには

片付け費用を抑えるためのポイントは以下の3点です。

  • 土日や繁忙期を避ける
  • 相見積もりを取る
  • 対応は一つの業者へ一本化する

プロの業者にお願いするからにはどうしても費用がかかってしまいますが、それでも少しでも安くしたいと考える方は非常に多いのではないでしょうか。ここでは「片付け費用を少しでも安くしたい」という人のために片付け費用を抑えるポイントを紹介します。

土日や繁忙期を避ける

お休みの人が多い土日や、年末や引っ越しシーズンなどの繁忙期は業者も大忙しでいっぱいいっぱいなことから、通常時よりも料金が高めに設定されている可能性があります。この時期を避けるだけでも片付け費用を安く済ませることに繋がることから、依頼者側が業者側に日程を合わせることをおすすめします。

相見積もりを取る

ゴミ屋敷の清掃を依頼する業者は1社のみに決めずに、可能な限り複数の会社に相見積もりを取るようにしましょう。中には「あまりゴミ屋敷の現状を知られたくない」ということで複数の業者に相談することを避ける人も少なくないですが、相見積もりをとることで他の業者の料金を見た上で安くしてくれる場合があります。

可能な限り依頼料金を安くするためにも是非複数の会社に相見積もりを取ってみてください。

対応は一つの業者へ一本化する

片付け清掃業者を選ぶ際には、掃除はこの会社、買取はこの会社,,,といったように複数の会社を使い分けるよりも、可能な限り一つの会社にお願いするほうが全体で必要になってくる片付け費用が安くなる可能性があります。
業者を選ぶ際には、自分の依頼内容をしっかりと行ってくれるかどうかをチェックした上で、清掃をはじめ不用品回収や買取などを総合的に行っている業者に依頼するのがおすすめです。

ゴミ屋敷を作ってしまうリスクは誰にでもある

ゴミ屋敷を作ってしまうリスクは誰にでもある

近年、ゴミ屋敷のご相談を受けるケースは増えてきています。ゴミ屋敷を作ってしまうリスクは誰にでもあるといえるでしょう。
ここではなぜゴミ屋敷になってしまうのか、なりやすい人の特徴などを解説していきます。

年々増えつつあるゴミ屋敷。女性からの依頼も多い

年々増えつつあるゴミ屋敷ですが、その理由としては、人との関わりが少なくなってしまい、人の目を気にする機会が少なくなってしまうことが挙げられます。
また、ゴミ屋敷に住んでいる人の半分以上は女性であるといわれており、その中でも仕事が忙しく家に帰っても寝るだけの人や仕事の時間が日中や深夜などバラバラな人に関してもゴミ屋敷になりやすいといいます。

ゴミ屋敷になってしまう背景とは

前述したようにゴミ屋敷になる人の半分以上は女性と言いましたが、その他にも片付け自体が苦手な人や、体に何かしらの不自由があって、簡単にゴミを捨てに行けないという人も存在します。また、人に会うことに不安を感じて外に出ることが難しいという人も少なくありません。

ゴミ屋敷になってしまったことで後ろめたさを感じている人は、家族や周囲の人も含めて、自分を責めることなくまずは「部屋をキレイにする」というところを念頭に考えるようにしましょう。

ゴミ屋敷を業者に片付けてもらうときの費用の注意点

ゴミ屋敷を業者に片付けてもらうときの費用の注意点

ゴミ屋敷を業者に片付けてもらう際の費用の注意点として以下のようなものがあります。

  • 部屋の広さよりもゴミの量と質
  • ゴミ屋敷のレベル次第では断られる可能性も
  • 相見積持ちは必須

当たり前ですが、ゴミ屋敷は一人や家族で行なうよりも、プロの業者に頼んだほうが早く終わらせることが可能です。しかしそうはいっても片付け費用の面などに関しては気になるという人も多いのではないでしょうか。
ここでは費用に関して気になる人のために業者に片付けてもらう際の片付け費用の注意点について解説していきます。

部屋の広さよりもゴミの量と質

清掃業者の料金は家の大きさやゴミの量などによって金額が大きく変化します。部屋の広さなどで基本料金を設定していても、ゴミの状態が悪かったり、量が大幅にオーバーすることで必要以上の出費になることだって考えられます。

ゴミ屋敷の中でも特に片付け費用が高く付くのが、ゴミで体が埋まってしまうような家になります。自身の家のゴミの状態と相談しながら片付け費用を設定していきましょう。

ゴミ屋敷のレベル次第では断られる可能性も

ゴミ屋敷であることに加えて、犬や猫といったペットの多頭飼いや該当する部屋で人が亡くなったなどのレベルだと、依頼費用が非常に高くなるか、最悪の場合断られてしまう可能性があります。
また、トイレなどに物が残っていたり、ゴミが腐乱している状態での特殊清掃となる場合でも同じような状況になることが考えられます。

相見積持ちは必須

ゴミ屋敷の清掃の場合は、通常の清掃とは違い専門業者によって範囲が違うことから大きな差が生じてしまう可能性があります。このことから、幅広い条件に対応できる業者を見つけるためにも複数の会社を選んだ上で相見積もりを取るようにしましょう。

ゴミ屋敷を片付けてくれる業者の選び方

ゴミ屋敷を片付けてくれる業者の選び方

ゴミ屋敷を片付けてくれる業者の選び方には以下のようなものがあります。

  • 料金体系がわかりやすく明示されている
  • 買取や特殊清掃へ対応しているか
  • 適度に訓練されたスタッフで構成されているか

ゴミ屋敷の業者を選ぶ場合は、費用面やサービス面などの幅広い部分から選択する必要があります。ここではゴミ屋敷を片付けてくれる業者の選び方について解説していきます。

料金体系がわかりやすく明示されている

ゴム屋敷の掃除依頼は料金がわかりやすく明示されている業者を選ぶことをおすすめします。料金はホームページを見れば記載されている所が多いので、必ず確認するようにしましょう。

反対に、料金体系が記載されていなかったり、他の業者よりも料金体系が全く違うような場合は注意する必要があります。この場合だと、見積もりの段階で料金が大きく変更されたり、基本料金以外の請求が行われることも考えられるので、理解しておきましょう。

買取や特殊清掃へ対応しているか

清掃以外の対応をしているかも業者を選ぶ際の大きなポイントとなります。清掃以外の対応で注目したいサービスとしては、不用品の買取や回収、特殊清掃などに対応しているかどうかです。これらに関しては事前に調べておきましょう。

また、細かい部分の掃除などかゆいところに手の届くサービスは非常にありがたいですよね。このことからは幅広い範囲に対応している業者を選ぶことをおすすめします。

適度に訓練されたスタッフで構成されているか

清掃業者の規模によっては研修を受けたスタッフは一人だけで、他は派遣の単発スタッフなんてことも考えられます。ですが、しっかりと教育を受けたスタッフの方が掃除のレベルも高い上に作業スピードも早くテキパキと動いてもらうことができるでしょう。

このことからも可能な限り、ゴミ屋敷清掃士などの専門のスタッフが揃っている業者を選んだほうが満足のいくサービスを受けることができるでしょう。

ゴミ屋敷の片付けをプロに対応してもらうメリット

ゴミ屋敷の片付けをプロに対応してもらうメリット

ゴミ屋敷の片付けをプロに対応してもらうメリットには以下の3点が挙げられます。

  • 手際の良い作業で隅々まできれいにしてもらえる
  • 短時間で終わらせてくれる
  • 徹底的に掃除されるとゴミ屋敷に戻りにくい

プロの専門業者にお願いすることで、スピード面や掃除の質など、様々な面において大きなメリットがあるので、ここからはゴミ屋敷の片付けをプロに対応してもらうメリットについて一つひとつ解説していきます。

手際の良い作業で隅々まできれいにしてもらえる

プロのゴミ屋敷清掃業者にお願いすることで、素人では中々終わりの見えないゴミ屋敷の掃除もすぐに終わらせることができます。大半の業者が1日もあれば終わらせることができる上に、手際の良い作業でキレイにしてくれるため、一人や家族で頑張るよりもプロの業者におまかせすることをおすすめします。

短時間で終わらせてくれる

ゴミ屋敷で片付けなければいけないゴミの量は一般の人が全て片付けられるような量ではありません。無理に片付けようとすると体を痛めてしまったり、ぎっくり腰になってしまったりとあまりいいことがありません。

もし、ゴミ屋敷の片付けに自信のない人は是非、プロの業者に掃除を依頼してみましょう。分別の必要のあるゴミやリサイクルしなければならないゴミなど、プロであればスピーディーに短時間で終わらせてくれるでしょう。

徹底的に掃除されるとゴミ屋敷に戻りにくい

ゴミ屋敷を少しずつ片付けようとすると、知らず知らずのうちにゴミが再び溜まってしまうということも考えられます。そうすると再びゴミ屋敷に逆戻りなんてことにも逆戻りしてしまうでしょう。
ゴミ屋敷に戻らないためにも専門業者にお願いして一度に片付けてもらったほうがすぐにキレイにすることができ、ゴミ屋敷に戻る可能性も少ないといえるでしょう。

まとめ

ゴミ屋敷の清掃は未経験の人が行うと非常に重労働

ゴミ屋敷の清掃は未経験の人が行うと非常に重労働なほか、場合によっては体を痛めるリスクもあります。このことからゴミ屋敷をキレイにしてもらうのはプロの業者にお任せすることをおすすめします。

ゴミ屋敷専門業者は買取やハウスクリーニングなど幅広いサービスに対応している業者を選ぶことがポイントです。ゴミ屋敷の清掃に悩んでいる人は是非、対象の部屋の広さやゴミの量に合った清掃業者を選んでみてくださいね。

あなたにおすすめの新着記事

神奈川県横浜市のゴミ屋敷問題|市での行政代執行後、再び