ブログblog

エアコンの取り外しは素人でもできる?取り外しの手順を解説


 

引っ越しや買い替えなどで、エアコンの取り外しが必要になったとき、自分でも取り外しができないものか、気になる方も多いのではないでしょうか。

結論から言えば、素人でも、エアコンの取り外しは可能です。

 

ただし、故障や感電、事故やけがのリスクもあるので、エアコンの取り外しは、十分注意したうえで、正しいやり方で行うようにしましょう。

今回は、エアコンの取り外し方法について、説明していきます。

 

エアコンの取り外しに使用する道具

エアコン 取り外し ブログ 01

エアコンの取り外しに使用する道具は、以下のとおりです。

 

プラスドライバー

ビニールテープ

モンキースパナ

軍手

六角レンチ

養生シート

ニッパ

脚立

カッターナイフ

パテorエアコンキャップ

 

いずれも、ホームセンターなどで購入できます。

 

エアコンの取り外し方法

エアコン 取り外し ブログ 02

エアコンの取り外しの手順は、以下のとおりです。

 

手順

内容

手順

内容

エアコン下の床を養生する

バルブキャップを取り付ける

室外機のカバーを外す

室外機から銅管を取り外す

バルブキャップを外す

室外機の電源コードを取り外す

エアコンの強制冷房運転をする

室外機側の銅管とドレンホースを切断する

送り側のバルブを閉める

エアコンを取り外す

受け側のバルブを閉める

エアコンの取付金具を取り外す

エアコンの運転を停止してコンセントを抜く

エアコンの壁を埋める

 

ここでは、各手順について、説明していきます。

 

エアコンの取り外し方法①エアコン下の床を養生する

エアコン 取り外し ブログ 03

まずは、エアコンの下に養生シートを敷きます。

これは、エアコンを取り外す際、床を排水で汚したり、工具を落として傷つけたりすることを防ぐためです。

 

エアコンの取り外し方法②室外機のカバーを外す

エアコン 取り外し ブログ 04

次に、室外機側に出て、室外機の側面にあるカバーを外します。

ネジで留められているので、プラスドライバーを使います。

 

エアコンの取り外し方法③バルブキャップを外す

エアコン 取り外し ブログ 05

カバーを外すと、六角形の「バルブキャップ」が2つ見えます。

モンキースパナを使って、それぞれ外しましょう。

キャップを外すと、「バルブ」が出てきます。

 

エアコンの取り外し方法④エアコンの強制冷房運転をする

エアコン 取り外し ブログ 06

次に行うのが、エアコンの取り外しで、特に重要な「ポンプダウン」です。

 

これは、エアコンや配管パイプの内部に残っているフロンガスを室外機に送って、閉じ込める作業です。

ポンプダウンをすることで、フロンガスが外に放出するのを防げます。

 

ポンプダウンにあたっては、まずエアコンで「強制冷房運転」を行いましょう。

強制冷房運転のスイッチは、エアコンのカバーを開けて右端にあることが多くなっています。

 

ない場合は、取扱説明書に、強制冷房運転のやり方が書いてあるので、確認しましょう。

 

エアコンの取り外し方法⑤送り側のバルブを閉める

エアコン 取り外し ブログ 07

強制冷房運転を始めたら、室外機側に出て、バルブを閉めます。

エアコンのバルブは、以下2種類あります。

 

  • 送り側:細い銅管が付いているほう
  • 受け側:太い銅管が付いているほう

 

このうち、細い銅管が付いているほうの「送り側」のバルブを、六角レンチで閉めます。

こうすることで、室外機内のガスを、室内機に送るのを停止させられます。

 

エアコンの取り外し方法⑥受け側のバルブを閉める

エアコン 取り外し ブログ 08

送り側のバルブを閉めたまま2~3分ほど運転を続けたら、今度は太い銅管が付いているほうの「受け側」のバルブも閉めます。

以上で、ポンプダウンは完了です。

 

エアコンの取り外し方法⑦エアコンの運転を停止してコンセントを抜く

エアコン 取り外し ブログ 09

ポンプダウンが済んだら、エアコンの運転を停止します。

感電の危険もあるため、運転停止後は、必ずエアコンのコンセントを抜いてから、続きの作業を行いましょう。

 

エアコンの取り外し方法⑧バルブキャップを取り付ける

エアコン 取り外し ブログ 10

3つ目のステップで取り外したバルブキャップを、元通りにバルブに取り付けます。

 

エアコンの取り外し方法⑨室外機から銅管を取り外す

エアコン 取り外し ブログ 11

室外機のバルブの上にナットがあるので、モンキースパナを使って、これを回しましょう。

こうすることで、2本の銅管を取り外せます。

 

このとき、一瞬だけ「ぷしゅっ」と音がしたら、ポンプダウンは成功です。

 

「ぷしゅー」のように、音が長く続いたら、ポンプダウンが不十分な証拠です。

この場合は、4つ目のステップに戻って、ポンプダウンをやり直しましょう。

 

エアコンの取り外し方法⑩室外機の電源コードを取り外す

エアコン 取り外し ブログ 12

室外機の内部に、「黒」「白」「赤」と、3本の電源コードがあるので、取り外します。

コードの接続部に白いスイッチがあるので、押しながらコードを引き抜くことで、電源コードの取り外しが可能です。

 

コードがネジで留められている場合は、ドライバーを使って外しましょう。

 

電源コードの取り外しが終わったら、2つ目のステップで外した室外機のカバーを、元通りに取り付けます。

 

エアコンの取り外し方法⑪室外機側の銅管とドレンホースを切断する

エアコン 取り外し ブログ 13

次に、室外機側の銅管と「ドレンホース」を切断します。

ドレンホースは、室内機の中の水を、外に排出するためのホースです。

 

銅管やドレンホースは、化粧テープで巻かれていたり、ダクトカバーの中に収められていたりします。

ダクトカバーがある場合は、カバーを外し、化粧テープをカッターナイフでカットしましょう。

 

銅管もドレンホースも、室内機側のものと室外機側のものが接続された状態になっているので、室外機側のほうをニッパなどで切断します。

室内機側の銅管やドレンホースを切断すると、エアコンやドレンホースが使用できなくなってしまうため、注意しましょう。

 

切断した銅管やドレンホースは、ビニールテープを巻いて、まとめておきます。

 

エアコンの取り外し方法⑫エアコンを取り外す

エアコン 取り外し ブログ 14

ここでいよいよ、室内機側のエアコンを取り外します。

両手の手のひらを使って、エアコンの左右下側を支え、上に持ち上げるようにすることで、取り外しができます。

 

エアコンの取り外し方法⑬エアコンの取付金具を取り外す

エアコン 取り外し ブログ 15

エアコンを外すと、エアコンを壁に取り付ける用の金具が出てくるので、ドライバーを使って壁から外します。

これで、エアコンの取り外しは完了です。

 

エアコンの取り外し方法⑭エアコンの壁を埋める

エアコン 取り外し ブログ 16

エアコンの取り外しが終わったら、配管を通す用の穴を埋めて、作業は完了です。

壁埋めには、パテかエアコンキャップを使いましょう。

 

エアコンの取り外しを業者に依頼する方法

エアコン 取り外し ブログ 17

ここまで説明してきた方法なら、素人でもエアコンの取り外しが可能です。

ただし、エアコンの取り外しは、1つやり方を間違えただけで、感電やけがの危険もあります。

 

そのため、自信がない方は無理をせず、エアコンの取り外しを業者に依頼するようにしましょう。

エアコンの取り外しは、大手の家電量販店や、エアコンの関連業者に依頼できます。

 

お店や業者、エアコンの取付状況によっても違いますが、エアコンの取り外しにかかる費用は、5,000~6,000円前後が相場です。

 

まとめ

エアコン 取り外し ブログ 18

素人でも、エアコンの取り外しはできますが、これには危険も伴います。

自分で行うか、業者に依頼するかは、この記事で紹介したやり方をよく読んで、自分にできそうかどうか判断して、決めるようにしましょう。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=