ブログblog

カラーボックスの捨て方、処分方法|可燃ごみとして出す方法は?


カラーボックスはとても便利なものですが、使わなくなった不要なカラーボックスの捨て方に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
そこでカラーボックスの捨て方について、どのような方法があるのかをお話していきましょう。

カラーボックスの捨て方

カラーボックスは可燃ゴミ

カラーボックスの捨て方を調べる女性

カラーボックスは原則可燃ゴミになりますが、捨て方に関しては自治体によってルールが異なりますので、まずは可燃ゴミの捨て方をチェックしておきましょう。
但し、処分する際には解体が必要なカラーボックスもあります。
特に大きなカラーボックスの場合、そのままでは捨てることができない自治体も多いです。
小さく分解、裁断し、可燃ゴミとして出すケースが一般的です。
一つの目安として、30cm以上のサイズのものは一般ゴミではなく、粗大ゴミとして扱われます。
つまり、30cm以上のカラーボックスは、そのままの状態で処分する場合、粗大ゴミとなります。
但しこの場合、自治体に回収を依頼するので有料となります。
30cm以下のサイズまで裁断・分解することで一般ゴミとして、無料で捨てることができます。

リサイクルは?

カラーボックスはリサイクルできないかと考える人もいるかもしれません。
捨て方よりも、誰かに有効活用してもらいたい。
このような考え方は決して悪いものではありません。
しかし、現実的にカラーボックスは多々ありますので、リサイクル需要はほとんどありません。
リサイクルショップに持って行ったとしても、買値がつかないケースもあれば、フリマアプリ、オークションサイトに出品したとしても、無料同然であれば相手が見つかるかもしれません。
しかし決して希少性の高いものではなく、どこででも安価で入手できるのがカラーボックスの良い点でもあるので、わざわざ送料を支払って購入するくらいであれば、お店で新品でも安いカラーボックスを買った方が安いと考える人の方が多いです。
つまり、リサイクル需要は低いです。

譲れる相手を見つける

不要になったカラーボックスは、捨て方を模索するよりも必要としている身近な人間に譲るのも良いでしょう。
必要としている人に届けることこそリサイクルです。
フリマアプリやネットオークションの場合、場所の問題があるので遠方の場合、「わざわざ送料を支払ってまで」という思いから、敬遠されてしまいがちです。
しかし、友人や知人など、身近な知り合いに譲るのであれば送料もかかりません。
お金にはなりませんが、必要としている人に届けるので、カラーボックスの有効活用に繋がります。
但しこの場合、カラーボックスを探している友人や知人の存在が不可欠です。
身の回りにカラーボックスを欲しがっている友人・知人がいない場合、譲ることは諦め、捨て方を考えた方が良いでしょう。

カラーボックスを寄付する

必要としている所を見つけて、カラーボックスを寄付することで捨て方を考える必要が亡くなります。
しかし、先にもお伝えしたように、カラーボックスは決して高価なものでも、希少性の高いものでもありません。そのため、カラーボックスを必要としているものの、カラーボックスを手に入れることができない人は少ないです。
ましてやカラーボックスも様々です。
カラーボックスの寄付を受け付けている自治体やサービスはそうそうありません。
仮にですが、寄付を受け付けている所があれば渡りに船とばかりにカラーボックスのを寄付するのも良いのですが、寄付先を見つけられなければ、やはりこちらも捨て方を考えなければなりません。

自分自身で活用できないか考える

カラーボックスの良い捨て方がなかなか見つからないので、自分で活用できないかを考えるのも一つの選択肢です。
しかし、捨て方を考えていたということは、活用する気持ちがないことの表れと考えることもできます。
活用できるものであれば活用した方が良いでしょう。
しかし、カラーボックスはサイズ等の違いで使い方も異なります。
例えば30cmの幅の棚には30cm未満のカラーボックスしか置けません。
工夫ではどうすることもできない問題なので解決は難しいでしょう。

数が多い場合は業者を頼った方が効率がよい

カラーボックスの捨て方を考える女性

このように、カラーボックスの捨て方は自治体によって異なる点に加え、欲しい人にあげることも難しいアイテムとなっている以上、数が多い場合は業者を頼った方が効率的です。
欲しい人を探してなかなか見つけられなければ徒労になってしまいますし、安価でもよいのでフリマアプリやネットオークションに出品したとしても、他のアイテムに埋もれてしまうだけです。
それらを踏まえると、数が多い場合は不用品回収業者に依頼した方が良いでしょう。

不用品回収業者に依頼するメリット

不用品回収業者に依頼するメリットとして、スピード感が挙げられます。
捨て方を考えているカラーボックスを不用品回収業者に委ねることで、いわば保有権を放棄できます。
不用品回収業者は様々な伝手がありますので、必要な人に渡したり、あるいは処分したりなど、独自に様々な施策を打てますので、個人であれこれ悩むくらいであれば、不用品回収業者に任せた方が効率的です。

不用品回収業者に依頼するデメリット

カラーボックスの捨て方を不用品回収業者に依頼するデメリットとしては、業者の状況次第な点が挙げられます。
例えば業者が忙しい時には日程調整が難しいです。
また、家の近くまで来てくれる業者がすぐに見つけられれば良いのですが、業者を見つけることが難しいエリアの場合、業者探しの段階で苦労させられます。

不用品回収業者の選び方

カラーボックスの捨て方は?

カラーボックスの捨て方として不用品回収業者への依頼を行うとしても、不用品回収業者も多数存在しています。
そのため、どの不用品回収業者に依頼するかも考慮する必要があります。
特に重視すべきは費用とスピード感です。
費用はできる限り安い方が良いのは言うまでもありませんが、安さもさることながら、明朗会計なのかも大切です。
例えばしっかりと見積もりを出してくれる業者であれば、いわば見積もりという「証拠」が残りますので、後でトラブルに発展する可能性は低いです。
言った・言わないになると、証拠がなければそれらを証明できませんので、見積もりを出してくれるのか、記録として残してくれるのかなどを考慮しておきましょう。
また、スピード感も大切です。
不用品回収業者も様々な事業を行っていますので、先にお伝えしたように、依頼しようと思ったときに忙しい可能性もあります。
しかし、この点は考え方次第です。
忙しい業者ということは、それだけ他の人からも依頼を受けている、信頼できる業者だと考えることもできます。
この点に関しては、スケジューリングに於いてどれだけ利用者側に寄り添ってくれるのかを考えるとよいでしょう。
「その日は忙しいので無理です」ではなく、代替案を提示してくれる業者であれば、安心です。

カラーボックスの捨て方を考えよう

カラーボックスの捨て方を考える

カラーボックスの捨て方はいくつかの方法がありますが、残念ながらリサイクル需要は皆無です。
そのため、不要になったカラーボックスは処分を考えることになるでしょう。
処分に関しても選択肢は様々ですが、スピード感や利便性を考えると数が多い場合には専門業者に依頼した方が良いでしょう。
専門業者であればカラーボックスの処分に慣れています。
特に利用者に寄り添ってくれる専門業者であれば、安心して任せることができますので、カラーボックスの捨て方で悩んでいる方は、まずは専門業者を探してみてはいかがでしょうか。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=