ブログblog

服の捨て方のコツとは?断捨離する服の見極め方についても解説


服は気付けば増えてしまいがちです。
でも、その洋服が部屋を汚くする原因となっているケースも珍しくありません。
いつか着るから、大切な思い出があるからなど、服それぞれに様々な思いがあるかもしれません。
でも、思い切って捨ててしまうのはどうでしょうか。
捨て方のコツを様々な形でご紹介しますので、持て余している服を抱えている方は参考にしてください。

服の捨て方のコツとは?断捨離する服の見極め方についても解説

服の捨て方のコツは?

服の捨て方のコツは?

服の捨て方のコツとして大切なのは捨てる条件の設定です。
服にはさまざまな思いが込められているでしょう。
だからこそ、以下のような明確な条件を設定し、該当しているものは大切な服ではあっても思い切って捨ててしまいましょう。

1~2年着ていない服は捨てる

直近の1~2年で着ていない服は、今後も着る機会がないことが予想されます。
服のスタイルやトレンドは季節によって変わるものです。
そのため、シーズンが1周したにも関わらず着ていない服は今後も着る可能性は低いと考えて問題ありません。
使わない服はクローゼットやタンスでかさばっているだけですし、長らく着ていない服なので捨てたところで困ることもないでしょう。

現在サイズの合わない服は捨てる

痩せたり太ったり、体形が変わりやすい人もいます。
そのため、「将来痩せたら着る予定」「年を重ねて太った時のための服」など、体形の変化を予想して服を残しておく人もいるようです。
しかし、現在サイズ違いで着れない服は捨ててしまう方がよいでしょう。
体型の変化は自身の努力でどうとでもなります。
痩せてから着てみたいと思う服に関しては考える余地があるかもしれません。
でも、体型が太ってから着ることを想定する服は、コントロールして太らなければよいだけです。
現在の体型に合わない服は、思い切って捨ててしまうのも服の捨て方のコツです。

痛みや汚れが目立つ服は捨てる

毛玉が多い服、汚れや痛みが目立つなど、劣化が明らかな服は捨ててしまいましょう。
服は自然と摩耗するもので、いつまでも新品と同じ状態ではありません。
また、気に入っている服であれば自然とケアを行うので状態は良いはずです。
つまり、状態が悪い服は、自分自身でもそこまで愛着を持っていないと考えることができます。
これを機会に思い切って捨ててしまいましょう。

似たコンセプトの服は捨てる

自分の持っている服を一度全体的に見直してみましょう。
多少柄や色合いが違うだけ、あるいは形が微妙に異なるだけなど、案外似たスタイルの服もあるのではないでしょうか。
購入した時にはそれなりのこだわりがあったものの、既にこだわりもなくなり、同じに見える服もあるかもしれません。
そのような服は、捨てても困ることはないでしょう。

心理的な面での服の捨て方のコツ

心理的な面での服の捨て方のコツ

最近着ていないとはいえ、大切な服もあることでしょう。
そのため、いざとなるとどうしても捨てることができず、結局そのままにしてしまう場合もあるのではないでしょうか。
気持ちの面でなかなか服を捨てられないと悩んでいる場合の捨て方のコツも次にご紹介しましょう。

服を保管するのもお金がかかっている

着ていないものの捨てられない服があるということは、服としての役割を果たしていないのに保管場所を取ってしまっていると考えることもできます。
そして保管場所にもお金がかかっています。
持ち家であれば、保管場所にお金を支払っている感覚は薄いかもしれませんが、賃貸住宅であれば広さと家賃が比例していることは明白です。
部屋の中に大量の着ていない服がある場合、それらをすべて処分できれば、もう少し賃料が安い部屋でも同じ快適度で生活できるかもしれません。
つまり、着ていない服のおかげで余計な家賃を支払っていると考えれば、捨てることに対してふんぎりをつけやすくなります。

服はいつでも買える

いつか着るのではないかとの思い、あるいは思い出があるから捨てられないといった理由はありますが、服はいつでも買える時代です。
店舗へ足を運ぶだけではなく、WEBでも簡単に服を購入できる時代です。
つまり、必要になったときに買えばよいのです。
「いつか着る」と思っている服の、その「いつか」が訪れた時にまた新しく買いましょう。
新しく買えば、新品なので保管している服より良い状態です。
服は保管にもある程度気を使う必要があります。
ですから思い切って捨ててしまい、必要な時が来たら買う、という考え方も服の捨て方のコツです。

服には流行があると自覚する

服には流行やスタイルがあるので、流行の過ぎた服を着て人前に出た場合流行遅れだと思われます。
もちろん流行に乗らなければならない理由などありません。
でも、ある程度流行を意識しておく方がお洒落に見えるのも事実です。
「いつか着るだろう」と思って残していても、実際に着ようと思った時には時代遅れの服となっている可能性もあります。
既に着ない服を残しておいても、その服が活躍するシチュエーションはそうそう来ないと考えることもできます。

服の捨て方の選択肢は?

服の捨て方の選択肢は?

捨てようと決意したら、服の捨て方の選択肢について考えなければなりません。
いくつか、服の捨て方についてご紹介しましょう。

リサイクルショップに服を買取ってもらう

リサイクルショップに服を買取ってもらうことで現金化が可能です。
しかし、一般的にリサイクルショップでの買取額は、高級ブランド物でない限り安くなります。
ブランド物以外は買取拒否されたり、あるいは無料同然で買取られる可能性もあります。
金額よりも、とにかく処分したいと考えているのであれば良いのですが、1円でも多く得たいと考えているのであればリサイクルショップはおすすめできません。

フリマアプリを活用して服を処分する

フリマアプリであれば、自分自身の設定した額で販売できます。
もちろん売れるかどうかは蓋を開けてみなければ分かりません。
しかも、売れるかどうかという楽しさも待っています。
ただし、実際に売れた場合には発送の手続き、さらには出品してから売れるまでに落札希望者とやりとりをする必要があります。
ですから、出品する服が多ければ多いほど手間と負担も増えてしまいます。

ゴミとして処分する

服は燃えるゴミになりますので、一般ゴミとして処分することもできます。
ただし大量の服の場合、ゴミとして処分するのも少々面倒です。
また、アクセサリーが付いている服などは分別しなければならないものもあります。
量次第ですが、自ら処分できる程度の量であればゴミとして捨ててしまうのもよいでしょう。

友人や知人に譲る

自分では着ないと思った服も、魅力だと感じる友人や知人、親戚がいるかもしれません。
サイズさえ合えば服を着ることができます。
また、捨てるのではなく譲ることでリサイクルにもなります。
ただし、服に興味を持ってくれる相手を見つける必要があります。
すぐに譲る相手を見つけられるのであれば良い方法ですが、譲る相手が見つかるまでは自宅で保管しておかなければなりません。

他にも捨て方の方法はある

自治体によっては古着回収ボックスを用意し資源を回収しています。
また、裁縫ができるのであれば服を裁断して素材にするのもいい方法です。
服以外のゴミでも悩まされているのであれば不用品回収業者に任せるのも良いでしょう。

服の捨て方のコツは決して難しくはない

服の捨て方のコツは決して難しくはない

服はなかなか捨てられないものです。
しかし、捨て方のコツを覚えることで思い切って捨てることができます。
さまざまな思い入れや思い出もあるかと思いますが、まずは服を分類しましょう、そして、捨てる条件に該当するのであれば思い切って捨ててしまいましょう。
捨てる時には悩むかもしれませんが、服を捨てることで得られるメリットも多々あります。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=