ブログblog

学習机と事務机の処分方法は違う!?机の種類ごとの処分方法


新しい机を購入するときや、引っ越しをするときなどに、困ってしまうのが、古い机の処分です。

処分しようにも、大きくて重たい机は、動かすだけでも一苦労。

 

さらに、机には種類があり、種類によって処分方法が異なります。

そのため、この記事で、手間のかからない処分方法や、正しい処分方法について、確認しておきましょう。

机 処分 ブログ01

机の種類とゴミの種類

 

机には、主に以下の種類があります。

 

  • 学習机
  • PCデスク
  • 事務机(オフィスデスク)

 

これらの机は処分する際、以下の2種類に分類されます。

 

机の種類

ゴミの種類

学習机

家庭系ゴミ

パソコンデスク

事務机

事業系ゴミ

 

学習机とパソコンデスクは、自宅で使用するものなので、「家庭系ゴミ」になります。

事務机は、事業用に使うものなので、「事業系ゴミ」です。

 

(ただし、学習机やパソコンデスクをオフィスで使う場合は事業系ゴミ、事務机を家庭で使う場合は家庭系ゴミになります)

 

同じ机でも、家庭系ゴミか事業系ゴミかによって、処分方法は異なります。

では次から、それぞれの処分方法について説明していきましょう。

 

学習机・パソコンデスクの処分方法

 

学習机とパソコンデスクは、どちらも家庭系ゴミなので、基本的な処分方法は同じです。

学習机とパソコンデスクの処分方法には、主に以下のものがあります。

 

  • 粗大ゴミに出す
  • 解体して一般ゴミに出す
  • リサイクルショップに買い取ってもらう
  • 買い替え時に引き取ってもらう
  • 不用品回収業者に回収してもらう

 

ここでは、それぞれの方法について説明していきましょう。

机 処分 ブログ02

学習机・パソコンデスクの処分方法①粗大ゴミに出す

 

学習机やパソコンデスクの処分方法として、最も一般的なのが、自治体の粗大ゴミに出すことです。

粗大ゴミに出すには、自治体の「粗大ゴミ受付センター」に申し込みをします。

 

この際、処分にかかる手数料と、回収日を教えてもらえます。

あとは、回収日の朝までに、コンビニエンスストアなどで手数料分の処理券を購入し、処分する机に貼って、自宅前に出しておくだけでOKです。

 

学習机を自宅前に運ぶ際には、全ての引き出しを抜き出しておくと、机本体が軽くなって、運びやすくなります。

 

学習机・パソコンデスクの処分方法②解体して一般ゴミに出す

 

家庭用の机を処分する際、お金を払いたくないのなら、机を分解して一般ゴミに出す方法もあります。

パソコンデスクの場合、組み立て式がほとんどですから、ネジを外せば、元の複数のパーツに分解できます。

 

ただし、パーツの大きさが自治体の粗大ゴミの規定サイズを超える場合、解体しても粗大ゴミに出すことになるため、意味がありません。

この場合は、最初から机を解体せず、そのまま粗大ゴミに出した方が賢明です。

 

学習机・パソコンデスクの処分方法③リサイクルショップに買い取ってもらう

 

家庭用の机は、リサイクルショップに買い取ってもらうことも可能です。

出張買取なら、スタッフが自宅まで来て、机を回収してくれるため、運び出す手間がかかりません。

 

ただし、買い取ってもらえるのは、傷や汚れのない机だけです。

学習机の場合、子どもが長年使うこともあって、落書きや落ちない汚れが付いているケースが多くなっています。

 

この場合、リサイクルショップでは買い取ってもらえないため、他の方法で処分しましょう。

机 処分 ブログ03

学習机・パソコンデスクの処分方法④買い替え時に引き取ってもらう

 

家具屋のなかには、家具を購入した際、同じ種類の古い家具を引き取ってくれる「引取サービス」をしているところもあります。

例えばニトリでは、配送員が家具を設置するタイプの商品を購入したお客さんに対して、商品と同等の家具を1回3,000円で引き取ってくれます。

 

買い替えにあたって、古い机を処分する場合は、引取サービスをしている家具屋で机を購入するといいでしょう。

 

学習机・パソコンデスクの処分方法⑤不用品回収業者に回収してもらう

 

大きくて重たい机は、粗大ゴミに出すにあたって、自宅の外に運び出すのも大変です。

運び出すことが難しい方は、不用品回収業者に依頼した方が良いでしょう。

 

不用品回収業者に依頼すれば、重たい机もスタッフがトラックまで運搬し、回収していってくれます。

机を自分で運び出す手間がかからないため、非常に便利です。

 

ただし、不用品回収業者に依頼した場合の料金は、粗大ゴミの処分手数料より高額になっています。

業者によっても料金が違うので、いくらくらいかかるのか、問い合わせてみるといいでしょう。

 

事務机の処分方法

 

先ほども説明したとおり、学習机とパソコンデスクは家庭系ゴミですが、事務机は事業系ゴミです。

そのため、事務机は、ここまで説明してきた方法と、処分方法が異なります。

 

ここでは、事務机の処分方法について説明していきます。

机 処分 ブログ04

 

オフィス家具買取業者に買い取ってもらう

 

事業用の事務机は、オフィス家具の買取業者に買い取ってもらうことも可能です。

出張買取なので、事務机を運び出す手間はかかりません。

 

ただし、多くのオフィス家具買取業者では、買取りの際に運搬費用がかかります。

運搬費用が買取額を上回り、かえってお金がかかるケースもあるので注意しましょう。

 

まとめ

 

机の処分方法は、種類によって異なります。

家庭で使う学習机やパソコンデスクの処分方法には、以下のものがあります。

 

  • 粗大ゴミに出す
  • 解体して一般ゴミに出す
  • リサイクルショップに買い取ってもらう
  • 買い替え時に引き取ってもらう
  • 不用品回収業者に回収してもらう

 

オフィスで使う事務机の主な処分方法は、以下のとおりです。

 

  • オフィス家具買取業者に買い取ってもらう

 

このように、同じ机でも、家庭系ゴミか事業系ゴミかによって、処分方法が異なります。

机の処分を検討している方は、ぜひこの記事を参考にして、自分に合ったやり方で処分するようにしましょう。

 

 

机 処分 ブログ05

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=