ブログblog

ストーブを処分する際に確認しておきたい事とは?


部屋が温まるのが早いストーブは、冬の寒さを乗り切るために役立つ暖房器具です。

しかし、意外にも困るのが処分方法。

新しいストーブの買い替えや故障などで、古くなったり使わなくなったりしたストーブをどう処分すればよいか困っている人も少なくないでしょう。

実は、ストーブを処分する方法はいくつかありますが、種類によって注意点があります。

また、エアコンとは違って、電力だけでなく灯油を使用するファンヒーターなどもあるため、処分方法を誤ると危険を伴う可能性もあるのです。

そこで今回は、ストーブの処分方法を種類別に詳しくご紹介いたします。

ストーブの処分方法

 

ストーブを処分する4つの方法

ストーブを処分する方法は以下の4つです。

 

ストーブの処分法①自治体の粗大ゴミとして出す

ストーブは、ほとんどの地域で、自治体が収集を行っている「粗大ゴミ」として出すことが可能です。

粗大ゴミとして処分する場合は、事前に申し込んだり料金分のシールを購入したりと、少々手間はかかります。

しかし、どの地域にいても確実に処分できるので迷ったときは粗大ゴミとして出すのが手っ取り早いです。

また、地域によりますが、小型のストーブであれば、粗大ゴミではなく「不燃ゴミ」として処分できる場合もあるので、詳細を確認しておきましょう。

粗大ゴミとして出す場合の処分料金は自治体によって異なりますが、300~500円程度の場合が多いです。

 

<粗大ゴミとして処分する手順>

ストーブを粗大ゴミとして処分する手順をまとめました。

  1. 粗大ゴミ受付センターへ申し込む
  2. 処理料金分のシールを購入する
  3. 石油ストーブの場合は、灯油を完全に抜いておく
  4. ストーブにシールを貼る
  5. 収集日の朝8時までに、指定された収集場所へストーブを出しておく

どの地域でも、基本的な流れは一緒です。

 

粗大ゴミとして処分する手順①粗大ゴミ受付センターへ申し込む

粗大ゴミとして出す場合、事前の申し込みが必須になります。

申し込みは、電話またはwebからできますが、webからの申し込みは24時間行えることが多いので便利です。

申し込みの際に、収集日と収集料金がお知らせされます。

 

粗大ゴミとして処分する手順②処理料金分のシールを購入する

受付を済ませたら、処分料金分のシールを購入しましょう。

シールは、各種販売店やコンビニなどで購入可能です。

 

粗大ゴミとして処分する手順③石油ストーブの場合は、灯油を完全に抜いておく

灯油を使用する石油ストーブの場合は、事前に灯油をしっかり抜いておく必要があります。

粗大ゴミの場合、「オイル抜き」までは対応してもらえないので、必ず自分で行いましょう。

オイル抜きの詳細については、別項で詳しくご説明いたします。

石油ストーブの処分

 

粗大ゴミとして処分する手順④ストーブにシールを貼る

シールは「処分料金を支払いました」という証明になるので、ストーブ上部など、収集担当者が確認しやすい場所にシールを貼っておきます。

また、ほとんどの自治体で、「受付番号」や「申し込み者の名前」など、シールに必要事項を記入する必要があります。

案外見落としがちなので、書き忘れのないよう、しっかり記入しておきましょう。

 

粗大ゴミとして処分する手順⑤指定された収集場所へストーブを出しておく

受付の際に伝えられた収集日の朝8時までに、指定の収集場所へストーブを運びます。

ここまでが、ストーブを粗大ゴミとして出す一連の流れです。

 

ストーブの処分法②不用品回収業者に処分を依頼する

自力での運び出しが難しい人や、急ぎで処分したい方は、「不用品回収業者」へ処分を依頼するという方法もあります。

不用品回収業者の場合、処分の手間がかからないだけでなく、石油ストーブを処分する際に必要な「オイル抜き」まで対応してもらえるので便利です。

また、時期にもよりますが、不用品回収業者なら、早くて即日の収集をお願いできる場合もあります。

ただし、不用品回収の場合は、処分料のほかに、運搬料や出張料なども必要になるため、処分費用は割高です。

業者にもよりますが、相場は3,000円程度となります。

ストーブ1つから受付しているところと、まとめての処分のみ対応しているところがありますので、まずはいろいろな業者へ確認してみましょう。

 

ストーブの処分法③買い替えをする際に、家電量販店へ引き取りをお願いする

新しいストーブへの買い替えで処分する場合は、家電量販店に引き取りをお願いできる場合もあります。

多くの家電量販店で引き取りに対応しているので、買い替えの際は相談してみましょう。

また、家電量販店のキャンペーンを利用すれば、ストーブを購入した台数分、引き取りではなく「下取り」してもらえるケースもあります。

下取りなら、処分料がかからないうえに、新しいストーブの購入代金の割引が適応になることもあるので、キャンペーンやセール情報を定期的にチェックしておきましょう。

ストーブを買替えで処分

 

ストーブの処分法④リサイクルショップへ持っていく

まだ使えるストーブを処分する場合は、捨てることを考える前に、リサイクルショップへの買取を検討しましょう。

動作に不具合がなく、そこまで古くないストーブであれば、値段をつけてもらえる可能性が高いです。

 

石油ストーブを処分する際は、事前に「ガス抜き」を

灯油を使用する石油ストーブは、事前にガス抜きを行う必要があります。

不用品回収業者へ依頼する場合は、ガス抜きも行ってもらえる場合が多いですが、粗大ゴミや家電量販店への引き取り・下取り、リサイクルショップへ売却する際は、いずれもガス抜きが必須です。

 

<石油ストーブのガス抜きを行う手順>

  1. タンクに残った灯油をポリタンクへ移す
  2. 空焚きをする

まずは、タンクに残っている灯油をすべてポリタンクへ移します。

その後、タンクに内のわずかに残った灯油を使い切るため、「空焚き」を行いましょう。

空焚きは、灯油がなくなるまでストーブを稼働させるだけでokですが、詳しい方法は取扱説明書に記載されているので、事前に必ず確認しておいてください。

ストーブを処分する前のガス抜き

 

石油ストーブのガス抜き手順①余った灯油の処分方法

結構な量が余っている場合、使い切るのも難しいもの。

余った灯油をどう処分しようか悩む人も少なくないかと思います。

灯油は、以下3つの方法で処分することが可能です。

 

石油ストーブのガス抜き手順②少量の灯油は可燃ゴミとして処分

余った灯油がごく少量であれば、可燃ゴミとして処分できる自治体もあります。

可燃ゴミとして出す際は、新聞紙や不要になった布にしっかり染み込ませて、灯油がしたたり落ちないよう袋に入れるのが基本です。

 

石油ストーブのガス抜き手順③ガソリンスタンドへ持っていき、引き取りをお願いする

ガソリンスタンドでは、灯油の引き取り行っています。

危険物の取扱いを行っているガソリンスタンドであれば、安全に処分を依頼することが可能です。

処分料は無料のところもあれば、有料のところもありますので、事前に確認しておきましょう。

 

まとめ

最近暖かい日も増え、ストーブが使用しなくなる時期がやってきます。

今季でストーブの買い替えや処分を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ストーブを処分方法のまとめ

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=