ブログblog

ゴミ屋敷は売却できる?流れや費用、注意点について解説します


ゴミ屋敷を売却できないものかと模索している人もいるようです。
ゴミ屋敷は行政代執行など、条例によって行政による強制的な撤去も可能ではありますが、売却による解決はできないのかについて、様々な角度から見てみましょう。

ゴミ屋敷は売却できる?流れや費用、注意点について解説します

ゴミ屋敷の売却の方法について

ゴミ屋敷の売却の方法について

ゴミ屋敷を売却する場合、いくつか考えられる方法があります。
実行できるかは別として、考えられる状況・選択肢をいくつかご紹介しましょう。

ゴミ屋敷をそのまま売却する

ゴミ屋敷を掃除することなく、そのままゴミ屋敷として売却した方がゴミ屋敷の持ち主としては手間がかかりません。
しかし現実的には難しいです。
ゴミ屋敷をそのまま買取る不動産屋もいますが、全体的にみれば少数です。
また、その場合不動産価値からゴミの撤去処分を差し引かれますし、業者がゴミを撤去するので買取価格も下げられてしまいます。
いわば、「誰も購入したがらないゴミ屋敷を買ってあげるんだから安くする」という姿勢です。
ゴミ屋敷の買取を行っている業者そのものが少ないこともあり、どうしても殿様商売になりがちです。
綺麗な状態と比較すると、6割から7割、場合によっては半額程度の価格になってしまう可能性もあります。

ゴミ屋敷を自ら綺麗にしてから売却する

不用品回収業者等に依頼し、ゴミ屋敷を綺麗にしてから売却する場合、不動産価値の低下を回避できます。
不用品回収業者に依頼する費用・手間がかかりますが、不動産の価値は下がりません。
ただしゴミ屋敷の状態によっては不用品回収業者への依頼費用も高くなります。

ゴミ屋敷を売却するなら掃除してから?する前?

ゴミ屋敷を売却するタイミングは、ゴミ屋敷の状態次第です。
不用品回収業者への依頼費用が、本来の資産価値を有している時の価格からゴミ屋敷を買取る不動産屋が提示した金額を差し引いた価格よりも安いのであれば不用品回収業者に依頼した方が得になります。
この点に関しては状況次第になりますので、事前に不用品回収業者だけではなく、買取をする不動産業者にそれぞれ見積もりを出してもらいましょう。
その際、もしもゴミ屋敷でなければいくらで売れるのかも聞いておきましょう。

ゴミ屋敷のタイプによって売却のお得度は異なる

ゴミ屋敷のタイプによって売却のお得度は異なる

ゴミ屋敷は様々で、一軒家がゴミ屋敷になってしまうケースもあれば、マンション等の集合住宅がゴミ屋敷になってしまうケースもあります。
一軒家かマンションかによって、どのような形で売却すれば良いかが変わります。

一軒家のゴミ屋敷の場合

一軒家がゴミ屋敷になってしまった場合、ゴミを掃除してからの売却、あるいはゴミ屋敷のままの売却だけではなく、掃除のついでに更地にして売却したり、そのまま売却するなど選択肢は豊富です。
しかし、一軒家の解体は解体業者に依頼しなければなりません。
つまり、解体業者、さらに不用品回収業者それぞれに依頼するので費用は高くなってしまいがちです。

地価の影響力が強い

更地にして売却する場合、地価次第になります。
地価の高いエリアであれば更地にしても高く売れることでしょう。
むしろ建物を残しておくよりも、更地にした方が売れる可能性が高まります。
しかし、地価の安い地域の場合、更地にすると、建物がなくなるので、建物の資産価値が計上されません。
そのため思いの外、買取費用が安くなってしまう可能性があります。

マンションのゴミ屋敷の場合

マンションの場合、あくまでも一室のみ、所有権を持っている状態になりますので、一室のみゴミ屋敷になってしまったからといって、マンション全体を取り壊すことは難しいものです。
そのため、ゴミ屋敷となってしまっているマンションを売却したいのであれば、ゴミ処理だけではなく、ハウスクリーニングやリフォームを行うことで、資産価値を高めることが可能です。

ゴミ屋敷化の影響が出やすいのがマンション

マンションの一室の場合、ゴミを掃除しても匂い等が残ってしまい、資産価値が減少する可能性が高いです。
特にキッチンやトイレ、お風呂などの設備が古い場合、古さと汚さの二重苦となるので、資産価値が低下しやすく、買い手が見つかりにくいです。
そのため、リフォームを行い最新の設備にすることで、資産価値も高まり、売却しやすくなります。

ゴミ屋敷の売却はそのまま?掃除してから?それぞれのメリットとデメリット

ゴミ屋敷の売却はそのまま?掃除してから?それぞれのメリットとデメリット

ゴミ屋敷の売却はゴミ屋敷のままの方が良いのか、掃除してからの方が良いのかは一概には言えません。
立地の違いによる地価・資産価値の違いもあれば、それぞれにメリット・デメリットがあるからです。
それぞれのメリット・デメリットについて見てみましょう。

ゴミ屋敷をそのまま売却するメリットとデメリット

ゴミ屋敷をそのまま売却するメリットとデメリットを紹介します。

ゴミ屋敷をそのまま売却するメリット

ゴミ屋敷をそのまま売却するメリットはスピード感です。
不用品回収業者等に掃除を依頼してからの場合、掃除後に売却するので、時間がかかってしまいます。
不用品回収業者にゴミを撤去してもらい、ハウスクリーニング業者に綺麗にしてもらうことで、ゴミ屋敷の状態は綺麗になりますが時間がかかります。
特にそれらの業者が忙しい時期の場合、すぐに対応してもらえず、思いのほか時間がかかってしまう可能性もありますが、そのままの売却であれば時間がかかりません。

ゴミ屋敷をそのまま売却するデメリット

デメリットとしてはゴミがそのままなので、資産価値は落ちます。
従来の資産価値よりも低い額での売却になるでしょう。
場合によっては買いたたかれてしまうこともありますが、ゴミ屋敷を買い取る不動産屋にとっては、是が非でも欲しい物件ではありませんので、足元を見られた価格提示となってしまいます。

ゴミ屋敷を掃除してから売却するメリットとデメリット

ゴミ屋敷を掃除してから売却するメリットとデメリットを紹介します。

ゴミ屋敷を掃除してから売却するメリット

ゴミ屋敷を綺麗にしてから売却すれば、資産価値を回復できるので、買取価格は、ゴミ屋敷の状態よりも高くなります。
ゴミ屋敷だったことを思わせないほど、綺麗にすれば資産価値も回復しますので、適正価格での売却が可能になる点がメリットです。

ゴミ屋敷を掃除してから売却するデメリット

デメリットとしては、掃除の手間・費用がかかる点です。
不用品回収業者、ハウスクリーニング業者など、業者を頼れば費用がかかりますし、自分で掃除するとなれば労力もかかります。
また、掃除をしたとしても売却できる保障はありません。
ゴミ屋敷だったからではなく、不動産全般に言えるのですが、売りに出したところで買い取る人間がいなければ取引は成立しません。

結局は売却先が見つかるか

いくら綺麗にしたからといって、必ずしも買い手が現れる保証はありません。
もしも買い手が見つからなかった場合、手間をかけた労力・費用は無駄になってしまいます。
どうしても売りたいからと売却価格を安くした場合、清掃やクリーニングの出費もありますので、予定していた金額よりもはるかに低い金額しか手にできない可能性があります。

ゴミ屋敷の売却はケースバイケース

ゴミ屋敷の売却はケースバイケース

ゴミ屋敷の売却の方法は様々ですが、理想の売却はケースバイケースです。
そのため、ゴミ屋敷の売却を考えている場合、不用品回収業者、ハウスクリーニング業者、不動産業者など、様々な業者に相談してみましょう。
その際、状況に応じた見積もり書を出してもらうようにしましょう。
特に不動産業者に相談する場合には、ゴミ屋敷をそのまま売却する場合と、綺麗にした場合の費用の双方を訪ねておきましょう。
両者を把握することで、そのまま売却すべきなのか、掃除した方が良いのかが見えてくることでしょう。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=