ブログblog

部屋の片付けや掃除を相談するときのチェック項目14選!


散らかしているつもりはなくても、気が付くと部屋がゴチャついてしまうことはありませんか?

また、片付けだけでなく、部屋の掃除も十分に行き届いていないと、不衛生な空間となってしまい、心身共によくありません。

「自分でどうにかしなければ」という気持ちがあると、自力でどうにかするべきか、プロに相談すべきか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、部屋の片付けや掃除を相談するときのチェック項目をご紹介いたします。

部屋 掃除 相談 ブログ02

部屋の片付けを相談するときのチェック項目7選

 

部屋の片付けが苦手で、物が溢れてしまうと、部屋がくつろげる空間になりません。

リラックスできる部屋を確保するためにも、しっかり現状を打破しましょう。

チェック項目に当てはまる数が多いほど、プロへ相談することをおすすめしています。

 

・長年着用していない服が大量にある

・漫画やゲームなど、趣味のものが多い

・収納場所を有効活用しきれていない

・収納場所が少なく、物が溜まっている

・物が捨てられない

・物を使ったらしまう作業が苦手

・散らかっている部屋がストレスに感じる

 

長年着用していない服が大量にある

 

「ここ1年1度も来ていない服」が大量にあるのなら、思い切って処分した方が収納場所を確保できます。

着る服と着ない服の仕分けができない時も、プロに相談した方がスムーズに仕分けが進みます。

 

漫画やゲームなど、趣味のものが多い

 

趣味のものは、定期的に使うものであることが多いため、物の“定位置”が決まらず、散らかってしまうことが多いです。

漫画などは読んだら読みっぱなし、またコレクション物や、場所を取ってしまうスポーツグッズなどは、部屋が占拠される原因にもなるため、プロの手を借りて上手に収納する必要があります。

 

収納場所を有効活用しきれていない

 

部屋が片付けられない人に共通しているのが、「収納場所を上手く使い切れていないこと」です。

収納場所を最大限活用することで、部屋にものが埋もれてしまうことを避けられるので、プロの収納術を駆使することによって、部屋がすっきりします。

部屋 掃除 相談 ブログ05

収納場所が少なく、物が溜まっている

 

そもそも部屋に備え付けられている収納が少ない場合は、物が溢れしまいがちです。

新たに収納を作ろうと、棚などを購入するうちに、物だけでなく収納アイテムまで部屋に溢れてしまうケースも少なくありません。

 

物が捨てられない

 

「物が捨てられない」のは、部屋が散らかってしまう大きな原因です。

物は確実に増えていっても、減らすことが苦手な人は、部屋がどんどん物で溢れて行ってしまいます。

残すものと処分する物をプロに相談しながら一緒に仕分けていけば、確実に断捨離ができ、必要なものだけを選択することができます。

 

物を使ったらしまう作業が苦手

 

出したものをもとの場所に戻す、という単純な作業ですが、その流れが手間に感じるという人もいるでしょう。

これも物が増え、部屋が片付けられなくなる要因の1つです。

たとえば、ハサミを使ったときに物と場所に戻さないと、また必要になった時ハサミが行方不明になり、結果新しいものを買いなおすことになります。

そうなると、1つあれば十分のハサミがどんどん増えていき、結果片付けられない物だらけの部屋となってしまうのです。

部屋 掃除 相談 ブログ03

散らかっている部屋がストレスに感じる

 

片付けそのものは苦手だけれど、物に溢れ散らかった部屋の現状にストレスを感じている方もいるでしょう。

片付けたいという気持ちはあっても、どう片付ければ良いかがわからず、部屋がゴチャついてしまう葛藤を抱えることで、心に大きな負担がかかってしまいます。

本来なら、心身ともに休まる場所であるはずの部屋で、ストレスの現況となるのは良くありません。

プロに相談すれば、片付けが苦手な人でも整理整頓できる収納方法を教えてくれるので、手を借りた方が早く解決できます。

 

部屋の掃除を相談するときのチェック項目7選

 

部屋を掃除せずに汚れが蓄積していくことは、健康にも害を及ぼす可能性があります。

健康的で豊かな生活をためにも、しっかり掃除をして清潔を保つことは重要なことです。

チェック項目に当てはまる数が多いほど、プロへ相談することをおすすめしています。

 

・水回りの掃除が苦手

・エアコンにホコリがたまっている、黒い斑点が見える

・キッチンの油汚れがとれない

・浴室のカビや水アカがなかなか落ちない、繁殖が酷い

・ごみの分別方法や処分法がわからない

・ゴミ箱を部屋に置いていない

・掃除に必要なものが何かわからない

 

水回りの掃除が苦手

 

洗面台やトイレなど、水回りの掃除が苦手で、ここ最近やっていないという方は、汚れがかなり蓄積していると考えられます。

見た目は汚れがそこまで目立たなくても、実際には水アカや尿ハネなどにより雑菌が繁殖し、不衛生な環境になっている可能性も少なくません。

 

エアコンにホコリがたまっている、黒い斑点が見える

 

エアコンを購入してから掃除をほとんどしていない場合は、カビが繁殖し、ホコリが溜まっていると考えられます。

これらの汚れを放置していると、カビとホコリが部屋中にまき散らされ、アレルギーの原因となってしまいます。

自動お掃除機能が付いていても、フィルター掃除や内部清掃は定期的に行う必要です。

 

キッチンの油汚れがとれない

 

油汚れは蓄積すればするほど、ホコリも付着し、自力では取れにくくなります。

そういった頑固な汚れは、プロの手にかかればキレイさっぱり取り除いてもらうことが可能です。

 

浴室のカビや水アカがなかなか落ちない、繁殖が酷い

 

水回りの中でも、浴室はとくに汚れが蓄積しやすい部分です。

カビの繁殖はもちろん、長期間蓄積された頑固な水アカ汚れは、素人の掃除ではなかなか落ちません。

 

ごみの分別方法や処分法がわからない

 

自治体ごとに、ごみの分別方法や出し方は異なりますが、品目によって正しい処分をしなければなりません。

ごみの分別方法がわからない、仕分けが苦手となると、ごみがどんどん蓄積してしまいます。

部屋 掃除 相談 ブログ04

ゴミ箱を部屋に置いていない

 

そもそも、ゴミ箱を置かずに、袋へそのままごみを入れて行っているという方は、

どんなゴミ箱を選ぶべきか、家のどの部分にゴミ箱を配置すべきかなどをプロに相談することで、自然とごみが溜まりづらくなり、掃除がしやすい部屋へと変わります。

 

掃除に必要なものが何かわからない

 

掃除用具や薬剤は種類が多く、何を常備しておけばよいか分からない人も少なくないでしょう。

掃除をする用具がなければ、掃除をすることができませんから、おのずと部屋が汚れていきます。

何を用意すれば良いか、この部分にはどんなものを用意すべきか相談することで、解決の糸口が見えてきます。

 

まとめ

 

部屋の片付けや掃除を相談するときのチェック項目についてご紹介いたしましたが、いかがでしたか?

このチェック項目に少しでも当てはまったら、一度プロに相談に相談することをおすすめします。

プロに相談、依頼することで、部屋をキレイにしてもらえるだけでなく、掃除のノウハウや面倒くさがりでも散らかりにくい収納術などをレクチャーしてもらえることもあるので、片付けや掃除が継続してできるようになるメリットもあります。

部屋 掃除 相談 ブログ01

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF