ブログblog

洋服やブランド品は買い取ってもらえる?不用品回収業者と買取専門業者の違い


年末の大掃除や引越しで出る不用品。

自宅や事務所を片付けたついでに不用品回収業者に回収の依頼をしてもらおうと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

不用品買取というと一般的にはリサイクルショップや買取専門店などの業者に依頼する事が多いですが、実は不用品の回収業者も買取を行ってくれる業者があります。

今回は不用品回収業者と買取業者の違いから、どういった品を買い取ってもらえるのか、また買取の査定基準までお伝えしていきます。

洋服 ブランド品 買取 不用品 ブログ01

不用品回収業者と買取業者の違い

 

不用品の回収業者は資源の回収や清掃、遺品整理などを主に行っており、事業を行う中で出る「不用品の中でリサイクルが出来て、買取対象であるものを査定して買取りする」というサービスです。

メインのサービスはあくまで回収部分となり、回収には費用が発生します。

また依頼しても買取が出来ないものもあります。

 

買取業者はリサイクルショップやブランド品の買取店、古書店などを指します。

こういった買取業者は元々不用品の買い取りを行い、販売する事がメインのサービスとなるため不用品の内容によっては高額な査定を期待する事ができます。

 

不用品の処分方法に関してこちらの記事をご覧ください。

引越しで出る不用品の処分方法4選をご紹介!

 

不用品回収業者と買取業者どちらを選べばいいのか?

 

断捨離をしたい人、少しでも高く買い取ってもらいたい人など、依頼する方の状況は千差万別のため、どちらに依頼した方が最適かはそれぞれ異なります。

 

品目ごとにしっかりと仕分けをし、分野ごとに複数の業者に見積もりをとってから買取依頼をするのが最も高値で買い取りをしてもらう方法ですが、非常に手間がかかってしまいます。

 

そのためあくまで参考ですが、置かれている状況によりどちらが適しているかをご紹介いたします。

業者によって条件は異なりますので参考程度として、依頼を検討する業者のHPをしっかりと確認したり、問い合わせたりして確認することをオススメします。

洋服 ブランド品 買取 不用品 ブログ02

不用品回収業者がオススメの方

 

・選別できないほど大量の不用品がある

・再利用できない廃棄物が多く含まれる

・傷みや汚れなどがある不用品が多い

・面倒なのでまとめて持っていって欲しい

 

買取業者がオススメの方

 

・ブランド品など明らかに価値のある物が含まれる

・芸術品、骨董品、コレクター商品、デザイナーズ家具など資産価値がある物が含まれる

・未使用品や再利用できる品などが多く含まれる

・雑貨類・洋服などリサイクルショップで販売されるような物が多い

・厨房機器・オフィス用品・楽器など専門的に価値がある物が含まれる

洋服 ブランド品 買取 不用品 ブログ03

不用品の回収は基本的に費用が発生し、買取はあくまで価値がある物が含まれていた場合に査定を行ってお得に処分ができるというサービスになっています。

買取金額の方が高い場合は、手元にお金が入ってきますが、業者によって回収費用や査定内容にバラツキがあるため注意が必要です。

 

買取専門店の場合は元々が不用品の回収ではなく、リサイクル品として再販し利益を得る事を目的にして買取を行っています。

特に品目に特化した業者の場合、査定に必要な専門知識を持ったスタッフも多く存在しており、価値のある品物の査定をしっかりと行ってくれる事が多いです。

 

またリサイクルショップなどの場合も、専門店では買取価格をつけにくい一般的に流通している雑貨や洋服などにも価格をつけてくれる可能性があるなどのメリットがあります。

 

廃棄となりそうな品が多かったり、手間をかけたくない場合は不用品回収業者。

価値がある品が含まれていたり、少しでも買取金額を高くしたい場合は買取業者を利用するのがオススメです。

 

不用品回収業者の買取基準

 

買取基準は基本的に各業者、査定担当者によってバラバラです。

そのためあくまで買取を依頼する際の一般的な買取基準と減額基準についてご紹介します。

洋服 ブランド品 買取 不用品 ブログ04

トラブルに合わないための不用品回収業者の選び方についてはこちらをご覧ください。

トラブルを避けるための不用品回収業者の選び方と提供サービス

 

洋服

 

ノーブランド商品やユニクロなどのファストファッションの買取はリサイクルショップ以外はほとんど買取不可となっています。

人気のアパレル商品に関しては買取専門店はもちろんの事、不用品回収業者でも価格をつけてくれる業者があります。

 

ブランド品の衣服はデザインやシーズン、トレンドによって左右されやすいので、最先端の流行を追っている査定担当者がいる業者がオススメです。

 

新古品として扱われる新品や未使用品が最も高い買取金額となり、シミなどの汚れや臭いがある場合は度合いによって買取金額が下がるか買取不可となります。

 

書籍

 

日焼けや変色をしてしまっていたり、水濡れや書き込み、表紙カバーの紛失だったり、付属CDやポスター等の付属品が付いた商品である場合、そういった付属品が欠品しているような完品でない状態の場合は買取不可や減額査定となるケースが多くなっています。

 

また専門店の買取でない場合は、コミックのセットなどでない限り一冊ずつではなく、まとめていくらといった買取になるケースも多くなっております。

また稀覯本などの品も一品一品査定を行うのは難しいため、価値がある品が含まれている可能性がある場合は専門店に依頼するのが良いでしょう。

 

家具・家財

 

カッシーナやカリモク、ドマーニ、シモンズなど高級メーカーの家具・家財の場合、買取の対象になる可能性があります。

製造年数が古かったり、デザインやカラーが時代遅れ、組立式家具の場合やノーブランドであったり、汚れや傷みがある場合は買取不可となるケースが多くなっています。

 

特にイケアやニトリなどでのチェーン店で販売されている組立式家具は解体時や再組立て時に破損してしまう場合が多く、買取不可としている業者がほとんどですので注意しましょう。

 

家具や家財は大型のものが多く、保管時の場所を取ってしまったり、配送などにも費用がかかってしまったりと業者にとっても買取が難しい品となっているため、条件が厳しい事が多くあります。

事前にしっかりと買取が可能かどうか確認するようにしましょう。

 

まとめ

 

今回は混同されがちな不用品回収業者と買取業者の違いから、買取の基準までお伝えいたしました。

もともと不用品回収業者と買取業者は事業の内容が違うため、提供されている買取サービスにも違いがあるので、手間の削減を優先するのか、少しでも買取金額が高い方を取るのか、自分の必要な内容にあわせて依頼をする必要があります。

 

買取金額が気になる場合は、一括査定サイトなども活用して、少しでも良い条件の業者を探してみましょう。

 

また不用品回収業者によっては買取サービスを行っていない業者もあるので、事前にしっかりと確認して依頼するようにしましょう。

洋服 ブランド品 買取 不用品 ブログ05

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF