ブログblog

電子レンジの処分方法をご紹介します!


どの家庭には必ずあるといって良いほど、生活に欠かせない「電子レンジ」

急に壊れて買い換えることは少なくありませんし、高性能の新しい機種もどんどん発売されているため、不要になった電子レンジの処分に悩む人も少なくないでしょう。

 

そこで今回は、電子レンジのさまざまな処分方法についてまとめました。

電子レンジ 処分 ブログ01

電子レンジの処分方法は自治体によって異なる

 

ゴミの出し方が自治体によって異なることと同じように、電子レンジの処分方法も自治体によって違いがあります。

 

電子レンジは「家電リサイクル法」の対象外

 

家電リサイクル法は、2001年4月に施行された、不法投棄を防止や資源の再利用の推進を目的とする法律です。

家電リサイクル法の対象とされている家電4品目は、「エアコン」「テレビ」「冷蔵庫・冷凍庫」「洗濯機・衣類乾燥機」の4つとなります。これら4品目は粗大ゴミとして処分ができません。

 

しかし、電子レンジは4品目の中に含まれていないため、家電リサイクル法の対象外となります。

つまり、自治体によって、粗大ゴミ、不燃ゴミとして出せる場合もあるということです。

電子レンジの処分法を、次項で詳しくご紹介いたします。

 

電子レンジ3つの処分方法

 

粗大ゴミとして出す

 

基準は同一ではありませんが、多くの自治体では、電子レンジを粗大ゴミとして処分することができます。

一般的には一辺が30cmを超えるものを粗大ゴミの対象としているため、多くの電子レンジが粗大ゴミの取り扱いとなるのです。

処分料も事態によって異なりますが、500~1,000円が相場となっています。

 

〈捨て方の手順〉

1.  各自治体の粗大ゴミ受付窓口に処分の申し込みをする

2.  コンビニや郵便局などで、処分料分のシール(処理券)を購入する

3.  シール(処理券)に必要事項を書き、電子レンジに貼る

4.  粗大ゴミ収集日の朝、指定の場所に出しておく

 

電子レンジは重量がありますが、自分自身で収集場所まで出しておかなければなりません。

また、費用もそれなりにかかりますので、最終手段として考えましょう。

 

不燃ゴミとして出す

 

自治体によっては、電子レンジを不燃ゴミとして出せるところもあります。

一例として、さいたま市では、最大の辺が90cm以下の電子レンジであれば、不燃ゴミとして出すことが可能です。

 

不燃ゴミで出すことができれば処分費用は別途かかりませんし、事前の申し込みなしで処分できます。

粗大ゴミについて調べる前に、まずはお住まいの自治体が電子レンジを不燃ゴミとして取り扱っているかどうかを確認しておきましょう。

電子レンジ 処分 ブログ02

小型家電リサイクルBOXに出す

 

環境問題の解決や再利用の推進を目的として、2013年4月から「小型家電リサイクル法」が始まりました。

この小型家電リサイクル法の品目として、電子レンジも含まれています。

 

しかし、小型家電リサイクル法も全品目をすべての自治体が取り扱っているわけではありません。

電子レンジの処分ができるかどうも、自治体によって異なります。

小型家電リサイクル法は、自治体によってあやふやな部分があるため事前の確認は必須です。

ただ、粗大ゴミと違い処分料が発生しないため、経済的な負担をゼロで処分することができます。

 

不用品回収業者に依頼する

 

不用品回収業者でも、もちろん電子レンジの引き取りを行っています。

不用品回収業者に依頼すれば、電子レンジを自宅まで取りに来てもらえるので、自力で運び出すことができない人は業者に依頼することを検討してみましょう。

 

ただし、処分料のほかに出張・搬出費などもかかるため、費用は割高になります。

業者によって料金は異なりますが、3,000円程度が相場です。

電子レンジのみ処分でも出張費と搬出日はしっかり発生してしまうので、他の不用品もまとめて処分したい人に合った処分方法と言えるでしょう。

 

まだ使える電子レンジは売却するのも手!

 

たとえ中古であっても、まだまだ使える電子レンジは需要があります。

そのため、あまりに型式が古いものや壊れているものでなければ、まずは買取を検討してみましょう。

電子レンジが無事買い取ってもらえることになれば、新しい電子レンジを購入する資金の足しにできますよ。

電子レンジ 処分 ブログ03

売却の前にはしっかり掃除&安全確認を

 

電子レンジに限ったことではありませんが、中古品として売却する場合は、汚れをしっかり落としできるだけピカピカにすることが大切です。

とくに電子レンジは、食品の調理や温めに使うキッチン家電のため、汚れが蓄積しやすいです。

 

また、電子レンジが安全で問題なく使えるかどうかもしっかり確認してから、売却することを忘れないようにしましょう。

 

電子レンジの売却処分方法

 

フリマアプリ・オークションに出品する

 

スマホ1つで出品できるフリマアプリは、今は多くの人が利用しています。

ユーザーが多いため、人気の機種であればより高値がつきやすく、近所のリサイクルショップへ持っていくよりもより買い手が集まりやすいです。

フリマアプリは自分で売値を付けられますし、値段交渉にも自分の匙加減で応じることができます。

 

また、オークションの場合も、需要があればどんどん価格が上がっていきます。

たとえ中古の電子レンジであっても、思わぬ臨時収入を得られることも少なくないのです。

 

ただし、フリマアプリとオークションは、どちらも送料の負担が必須になります。

着払いで送ることもできますが、送料込みで出品した方が買い手もつきやすいので、送料分もふまえて値段設定をしましょう。

あわせて、もっとも送料を安く済ませられる配送方法を調べておくと安心です。

 

リサイクルショップへ持っていく

 

送料の負担はしたくない、早く売却したいという場合は、リサイクルショップが便利です。

ただし、まだ使える電子レンジであっても、状態や型式によっては買い取ってもらえない場合もあります。

 

また、買い取ってもらえたとしても、受け取れる金額は雀の涙程度にしかならないことがほとんどです。

リサイクルショップへ売却する場合は、「処分料を浮かせられればラッキー」くらいに考えておくと良いでしょう。

 

まとめ

 

電子レンジの処分方法についてご紹介いたしました。

どの自治体でも粗大ゴミとして取り扱いは行っているため、粗大ゴミは最終手段として考えておき、少しでもお金のかからない処分法を探してみましょう。

 

電子レンジがまだ壊れていない場合は、フリマアプリやリサイクルショップで買い手を見つけるのも賢い処分方法です。

自治体によって処分方法や粗大ゴミの料金にも違いがありますので、まずは一度情報を集めてから、どの処分法にするか検討してみてくださいね。

電子レンジ 処分 ブログ04

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF