ブログblog

照明器具を処分する手順と4つの方法を紹介!


照明器具を変えれば、それまで住んでいた部屋の印象がガラッと変わることも珍しくないため、照明器具を変えると部屋の模様替えできると言われています。

近年では様々な種類の照明器具がたくさん販売されているので、新しい物に取り替えようと思っている方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、そこで気になるのが、古い照明器具をどうするかという点です。

照明器具には大きいものも多いため、そのままゴミに出してもいいものか、分からないという方も多いでしょう。

 

そこで今回はそんな方のために、照明器具の処分方法について紹介していきます。

照明器具の処分する手順とは

照明器具を処分する前にやること

 

照明器具を自治体のゴミに出す場合、捨てる前にやるべきことがあります。

それは、照明器具に使われている電球や蛍光灯を取り外すことです。

 

電球や蛍光灯は、ガラス製の割れ物がほとんどです。

そのままゴミに出してしまうと、何かの拍子で割れてしまったときに、回収する人が手を切ってしまう危険があります。

また、蛍光灯には微量の水銀が含まれており、「有害ゴミ」などに指定している自治体もあります。

 

そのため、電球や蛍光灯は照明器具から外して、別々にゴミに出しましょう。

では次に、電球や蛍光灯の処分方法について説明していきます。

 

電球や蛍光灯の種類とそれぞれの処分方法

 

電球は大きく分けて、以下2種類に分けられます。

 

  • 白熱電球
  • LED電球

 

「白熱電球」と「LED電球」は、自治体によっては処分方法が異なります。

ここでは、この2つと蛍光灯、それぞれの処分方法について説明していきます。

 

白熱電球の処分方法

 

白熱電球は、ガラス製の電球です。

白熱電球は多くの自治体で、「燃えないゴミ」に分類されています。

 

ゴミに出す際は、新聞紙などにくるんで白熱電球が入っていることを書くか、透明なビニール袋に入れるなどして、ガラスだと分かるように出すのが一般的です。

 

出し方のルールは自治体によって違うため、自治体のホームページをチェックしておきましょう。

「自治体名 ゴミ 照明器具」などのワードで検索すれば、その自治体のゴミの出し方を紹介しているホームページが見つかるでしょう。

 

LED電球の処分方法

 

LED電球はガラス製だけでなく、プラスチック製のものもあります。

自治体によって違いはありますが、プラスチック製は「燃えるゴミ」、ガラス製は「燃えないゴミ」に出すのが一般的です。

 

ガラス製の場合は白熱電球同様、新聞紙でくるむなどして、ゴミに出しましょう。

LED電球の処分方法

蛍光灯の処分方法

 

蛍光灯は、多くの自治体が燃えないゴミに分類しています。

しかし先ほども説明したとおり、一部の自治体では、有害ゴミなどに分類しているところもあります。

 

そのため、蛍光灯を捨てる場合は、事前に自治体のホームページをチェックしておきましょう。

 

蛍光灯は基本的に、ガラス製です。

ゴミに出す際は割れないよう、購入時の箱などに入れて、品名を書いて出すのが一般的です。

 

地域によっては、スーパーや家電量販店などの入り口に蛍光灯の回収ボックスが置かれていることもあります。

回収ボックスが近くにある場合は、積極的に活用するといいでしょう。

 

照明器具の処分方法

 

電球や蛍光灯の処分方法を解説しましたので、続いて照明器具本体の処分方法について説明していきます。

照明器具の処分方法は、以下4つあります。

 

  • 燃えないゴミに出す
  • 粗大ゴミに出す
  • リサイクルショップに買い取ってもらう
  • 不用品回収業者に引き取ってもらう

 

ここでは、それぞれの方法について一つずつ説明していきます。

照明器具の処分方法

照明器具の処分方法①燃えないゴミに出す

 

各自治体が指定する粗大ゴミのサイズを越えない照明器具は、多くの自治体で、燃えないゴミに分類されています。

電球や蛍光灯を外した後は、燃えないゴミのゴミ袋に入れて、燃えないゴミの日に出しましょう。

 

照明器具の処分方法②粗大ゴミに出す

 

各自治体が指定する大きさを超えるものは、粗大ゴミとして出します。

 

東京23区の場合、一辺の長さが30cmを超えれば、粗大ゴミです。

横浜市の場合は、金属製なら一辺の長さが30cm以上、それ以外の材質なら50cm以上の物が粗大ゴミになります。

 

このように、どの大きさから粗大ゴミになるのかは、自治体によって異なります。

大きめの照明器具を処分する場合は、事前に自治体のホームページを確認しておきましょう。

 

粗大ゴミを引き取ってもらうには、各自治体の「粗大ゴミ受付センター」に電話やメールで申し込みをしましょう。

申し込みの際に、回収手数料(数百円~2千円程度)の額と回収日を教えてもらえます。

 

回収日までに、コンビニや郵便局などで手数料と同額の処理券を購入し、照明器具に貼っておきます。

あとは回収日の回収時間までに、指定の粗大ゴミ回収場所に置いておけば回収してもらえる仕組みです。

 

大きな照明器具は、30cm未満など、粗大ゴミに該当しない大きさに分解すれば、一般ゴミに出すことも可能です。

ただし照明器具によっては分解がしづらく、けがをする危険もあるので、無理のない範囲で行いましょう。

粗大ゴミで照明器具を処分

照明器具の処分方法③リサイクルショップに買い取ってもらう

 

購入から5年以内で、壊れていない照明器具なら、リサイクルショップに買い取ってもらえる可能性もあります。

出張買取をしているところなら、スタッフが自宅まで訪問して、その場で査定と買取りをしてくれます。

 

ただしブランド物でもなければ、買い取ってもらえても、高値がつくことは期待できません。

無料で引き取ってもらうくらいの気持ちで、申し込むといいでしょう。

 

照明器具の処分方法④不用品回収業者に引き取ってもらう

 

大きな照明器具を粗大ゴミに出す場合、一軒家なら自宅の前、集合住宅なら敷地の前まで運び出さなければなりません。

そのため、運ぶのが大変な大きな照明器具は、不用品回収業者に引き取ってもらうことも検討しましょう。

 

不用品回収業者に依頼すれば、スタッフが自宅までやって来て、重たい照明器具も回収していってくれます。

ただし自治体の粗大ゴミの回収手数料より、回収料金は高くなっています。

 

まとめ

 

照明器具を処分する手順と、処分する方法は以下のとおりです。

 

【照明器具を処分する手順】

  1. 照明器具から電球や蛍光灯を外す
  2. 電球や蛍光灯と、照明器具本体を別々に処分する

 

【電球や蛍光灯の処分方法】

  • 白熱電球→新聞紙にくるんで品名を書いたうえで、燃えないゴミに出す
  • LED電球→ガラス製は白熱電球と同じ方法、プラスチック製は燃えるゴミに出す
  • 蛍光灯→購入時の箱などに入れ、品名を書いて燃えないゴミに出す

※自治体によって違いがあるため、要確認が必要です。

 

【照明器具本体の処分方法】

  • 小型の照明器具は燃えないゴミに出す
  • 大型の照明器具は粗大ゴミに出す
  • リサイクルショップに買い取ってもらう
  • 不用品回収業者に引き取ってもらう

 

古い照明器具の処分を考えている方は、ぜひこの記事を参考にして、適正な処分を心がけましょう。

照明器具の処分まとめ

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF LINEで気軽に相談