ブログblog

高圧洗浄機で洗車する手順


大切な愛車に長く乗り続けるには、こまめなメンテンスが必要です。

とくに洗車は、定期的に行うことで車をキレイに保つことができます。

自分で洗車をするのなら、「高圧洗浄機」が便利で、高圧洗浄機を使えば、強力な水流で頑固な汚れも簡単に落とせます。

今回は、高圧洗浄機で洗車する方法やガソリンスタンド洗車の違いを詳しくご紹介いたします。

 

ガソリンスタンド洗車との違い

高圧洗浄機 洗車 ブログ01

洗車というと、自分で行うセルフ洗車のほかガソリンスタンド洗車も一般的です。

ガソリンスタンドは全国どこでもあるうえに、洗車費用も手ごろ。

自分で車を洗うより手間や時間がかからないことから、普段から利用している方も少なくないでしょう。

このガソリンスタンド洗車と高圧洗浄機でのセルフ洗車には、どんな違いがあるのでしょうか。

それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

 

ガソリンスタンド洗車のメリット・デメリット

 

ガソリンスタンド洗車には、「洗車機での洗車」「店員さんの手洗い洗車」の2通りです。

それぞれ洗車の内容や所要時間はもちろん、料金にも違いがあります。

 

洗車方法

メリット

デメリット

洗車機

短時間(15分程度)で終わる

洗車料金が安い(300円~)

いろいろなメニューを選択できる

隅々まで洗車できない

洗車機を通す前の前洗いが必要

洗車後の拭き取りは自分で行う

車に傷がつく場合もある

手洗い洗車

洗車料金がやや安い(2000円~)

隅々まで汚れを落としてもらえる

人の手で洗うので車に傷がつかない

何もしなくてもピカピカに仕上がる

洗車機比べると料金が少し割高

コーティング代を入れると1万円以上になることもある

洗車機よりも時間がかかる

 

洗車機を利用する最大のメリットは、時間とお金がかからないという点です。

オプションを何もつけず一番安いコースを選択すれば、400円程度で洗車できます。

時間も早ければ5分で終わるので、時間がないときでも急いで洗車できて便利です。

コースも多く、下部洗浄やワックス塗装、シャンプーの種類など、ボタン1つで好みの洗車ができます。

しかし、機械で行っているため、洗車機によっては車に傷がつく場合も。

最近の洗車機は車に傷がつきにくいものが増えていますが、絶対とは言えません。

また、洗車後は自分で水を拭き取る必要があるため、少し手間もかかります。

 

一方、ガソリンスタンドの手洗い洗車は、人の手で洗う分、丁寧できめ細やかです。

洗車機では洗いにくい部分の汚れもキレイに落としてもらえます。

最後の仕上げまでスタッフが一貫して行うため、一切手間がかからないのも手洗い洗車のメリットです。

もちろん、車に傷がつく心配もありません。

しかし洗車料金は、洗車機よりもやや割高になりがちで、車種やコースにもよりますが、安くても2000円以上かかります。

 

ガソリンスタンド洗車は、洗車機と手洗い洗車でそれぞれ違いがあります。

手軽さ・コスパ・料金、どれを重視するかで好きな洗車方法を選べるという点は、ガソリンスタンド洗車ならではの魅力です。

 

高圧洗浄機で洗車するメリット・デメリット

 

高圧洗浄機を使ってセルフ洗車する場合、ガソリンスタンド洗車とは異なるメリット・デメリットがあります。

 

メリット

デメリット

水道代、洗剤代しかかからない

自宅で好きなときに洗車できる

高圧洗浄機は洗車以外にも使える

水道のホースで洗うよりもキレイになる

高圧洗浄機の購入費用がかかる

洗車グッズを買いそろえる必要がある

自分で洗車する手間と時間がかかる

 

高圧洗浄機での洗車は、基本的に自宅で行います。

そのため、天気さえよければいつでも好きなときに洗車できることが最大のメリットです。

また、高圧洗浄機は強力な水圧で噴射した水の力で汚れを落とすので、水道ホースの水で洗うよりもキレイになります。

頑固な汚れも簡単に落とせるため、手間も労力もそれほど必要としません。

高圧洗浄のため、洗車に使う水が少ないことから、水道代を節約にもつながります。

セルフ洗車に便利な高圧洗浄機ですが、家庭用でも価格は決して安くはありません。

一番安いものでも1万円前後、高価なものは4~5万円します。

高圧洗浄機のほかに、洗剤やブラシといった洗車グッズを用意する費用もかかります。

ただし高圧洗浄機は用途が豊富で、ベランダや玄関の掃除など家中の掃除に使えるので、1台あると便利です。

 

定期的に洗車するなら「高圧洗浄機」が高コスパ

 

こまめな洗車は、車の寿命そのものを伸ばすことに繋がります。

ガソリンスタンド洗車の場合、洗車するたびに料金の支払いが必要です。

たとえ割安な洗車機を利用したとしても、毎週洗車していたら結構な出費に。

ワンコイン以下でできる洗車は、隅々まで洗えないため洗車のクオリティも決して高いとは言えません。

その点、高圧洗浄機を使ってセルフ洗車なら、いつでも好きな時に行えます。

高圧洗浄機や洗車グッズを購入する初期費用はかかりますが、長い目で見れば高コスパです。

高圧洗浄機は他の掃除でも使えることを考えれば、ガソリン洗車に通い続けるよりもお得になります。

 

ちなみに高圧洗浄機はレンタルで使うことも可能です。

まずはレンタルしてみて、いろいろなメーカー・機種の高圧洗浄機を試すのも良いでしょう。

ただしレンタルにも費用がかかります。

レンタル費用は数千円とそこまで安い金額ではないので、長い目で見れば購入してしまった方がお得になることも。

 

高圧洗浄機で洗車する手順

高圧洗浄機 洗車 ブログ02

高圧洗浄機を洗車に使用する際は、いくつか注意点もあります。

大切な車に傷をつけてしまわないよう、正しい方法で行いましょう。

 

高圧洗浄機で洗車する手順1タイヤやホイールの「足まわり」を洗浄していく

高圧洗浄機 洗車 ブログ03

ボディにとりかかる前に、まずは足まわりをキレイに洗いましょう。

足まわりを最後に洗うと、水や汚れが飛び散って汚れる場合があります。

タイヤとホイールは汚れが蓄積しやすいので、高圧洗浄機で丁寧に洗い流します。

汚れが落ちない部分はブラシでこすり落としましょう。

 

高圧洗浄機で洗車する手順2高圧洗浄機で車全体の汚れを洗い流す

高圧洗浄機 洗車 ブログ04

車を洗うときは、“上から下”の順番が基本です。

天井からドア、ボンネットまで、車全体の汚れを丁寧に落としていきましょう。

 

高圧洗浄機で洗車する手順3洗浄剤を塗布していく

高圧洗浄機 洗車 ブログ05

高圧洗浄機には、洗浄剤を吹きかけられるアクセサリーがあります。

機種によって形状や使い方は異なりますが、自分で手洗いする必要がないので便利です。

もし塗布するアクセサリーがない場合は、スポンジを使って手で洗ってもOKです。

 

高圧洗浄機で洗車する手順4高圧洗浄機で洗剤を落としていく

高圧洗浄機 洗車 ブログ06

洗剤が残らないよう、徹底的に洗い流しましょう。

しっかり洗えていないと、車に残った洗剤が乾燥して固まってしまいます。

 

高圧洗浄機で洗車する手順5仕上げに水吹きをして終了

高圧洗浄機 洗車 ブログ07

車に残った水滴を残さず拭き取ります。

水滴が残ると跡が残ってしまうので、最後まで丁寧に仕上げましょう。

 

まとめ

高圧洗浄機 洗車 ブログ08

高圧洗浄機で洗車をする際は、水圧を強くしすぎないことが重要なポイントです。

強い水圧で洗浄すると、車に傷がついたりへこんだりする恐れがあります。

使い方に気を付ければ、ガソリンスタンド洗車よりも割安に洗車することが可能です。

家庭用の高圧洗浄機は洗車以外にもいろいろと使えて便利です。

高圧洗車機の特徴や使い方を理解して、セルフ洗車に活用してみてはいかがでしょうか。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=