ブログblog

灯油の処分方法は!?やってはいけない捨て方と正しい捨て方を紹介


冬に降雪が多い地域では、ヒーターやストーブなどの暖房器具が欠かせません。

これらの暖房器具を使うのに必要なのが、燃料となる灯油です。

 

しかし、寒い時期が過ぎて、暖房器具を使わなくなったとき、余ってしまった灯油は、どのように処分すればいいのでしょうか?

灯油は引火する危険があるため、下手な捨て方は事故のもとです。

 

今回は、灯油の間違った処分方法と、正しい処分方法、それぞれについて説明していきます。

灯油 処分 ブログ01

灯油は次のシーズンに持ち越せない

 

「余った灯油は処分しなくても、次のシーズンに持ち越せばいいのでは?」

 

このように思っている方もいるかもしれませんが、これはやめておいたほうが懸命です。

なぜなら、灯油は1年も放置しておけば、劣化してしまうからです。

 

灯油は、気温や湿度によって酸化して、成分が変質してしまいます。

変質した灯油を使うと、燃料不良になったり、きつい臭いがしたりするほか、暖房器具が壊れてしまう危険もあります。

 

さらに、タールなどの有害物質が発生し、最悪の場合、一酸化炭素中毒になってしまう危険もあるのです。

そのため、灯油は1シーズンだけで使い切るか、余った分は処分するようにしましょう。

 

やっちゃダメ!灯油のNG処分方法

 

灯油を使用する人のなかには、間違った方法で灯油を処分してしまう人もいます。

重要なことなので、正しい処分方法について紹介する前に、やってはいけない、間違った処分方法について説明していきましょう。

 

主なNG処分方法は、以下のとおりです。

 

  • ポリタンクごとゴミに出す
  • 新聞紙などに染み込ませて燃えるゴミに出す
  • 下水道に流す

 

これらの方法で灯油を処分してしまうと、最悪の場合、事故が起きて、賠償責任が発生することもあります。

ここでは、それぞれの処分方法が、なぜ間違っているのかについて説明していきます。

 

灯油のNG処分方法①ポリタンクごとゴミに出す

灯油 処分 ブログ02

灯油は「特別管理産業廃棄物」に分類されています。

これは、爆発性や毒性、感染性など、人の健康や生活環境に害を及ぼす恐れのある廃棄物を指します。

 

特別管理産業廃棄物は、その危険性から、一般廃棄物より厳しい処理基準が設けられているため、一般ゴミには出せません。

ポリタンクに入れて、ゴミ収集所に出しても、回収してもらえないので注意しましょう。

 

灯油のNG処分方法②新聞紙などに染み込ませて燃えるゴミに出す

灯油 処分 ブログ03

少量の灯油であれば、新聞紙や布などに染み込ませ、燃えるゴミとして処分する方法もあります。

しかし、基本的に、この処分方法は使うべきではありません。

 

なぜなら、この方法を使うと、ゴミ袋の中身が発火してしまう危険があるからです。

灯油の、火気を近づけたときに着火する最低温度である「引火点」は、40度から60度と低くなっています。

 

実際には、この温度で灯油が発火する心配はほとんどありませんが、密閉された空間の中で、灯油が気化(液体が気体に変わること)すると、液体の状態よりも火が付きやすくなってしまいます。

光が当たるなどして、ゴミ袋の中の温度が高くなれば、気化した灯油が発火してしまう危険があるのです。

 

ただし、自治体によっては、灯油がごく少量であれば、この処分方法が認められているケースもあります。

少量の灯油を新聞紙などに染み込ませて処分したい場合は、自分の住んでいる地区の自治体のホームページを事前に確認しておきましょう。

 

灯油のNG処分方法③下水道に流す

灯油 処分 ブログ04

灯油を下水道などに流すのは、最もやってはいけない処分方法です。

 

灯油が下水道の中で気化すると、引火して爆発する危険があります。

爆発事故が起きた場合、被害の程度に応じて、高額な損害賠償をしなければならない可能性があります。

 

また、灯油を下水道に流すことには、爆発事故のほかにも、河川の汚染や悪臭の発生、下水道の機能停止など、様々なリスクがあります。

この場合も損害賠償責任が発生するので、絶対にやらないようにしましょう。

 

少量の灯油の処分方法

灯油 処分 ブログ05

灯油の間違った処分方法が分かったところで、ここからは正しい処分方法について説明していきましょう。

余った灯油が少量であれば、下手に処分するよりも、使い切ってしまうようにしましょう。

 

余った灯油を使い切るのに最適な方法が、灯油を入れたヒーターを空焚き(つけっぱなし)することです。

 

灯油の量が少なくなると、給油サインが出ますが、ここで電源を止めずに運転し続けましょう。

灯油がなくなれば、運転が自動でストップします。

 

ただし、一度運転が自動で止まっても、わずかに灯油が残っているケースもあります。

そのため、完全に火が着かなくなるまで、運転と自動停止を繰り返しましょう。

 

大量の灯油の処分方法

 

灯油が大量に余ってしまった場合、空焚きで使い切るのは無理があります。

そのため、この場合は、以下のうちのどちらかの方法で、灯油を処分しましょう。

 

  • 購入店やガソリンスタンドに引き取ってもらう
  • 不用品回収業者に依頼する

 

ここでは、それぞれの方法について説明していきます。

 

大量の灯油の処分方法①購入店やガソリンスタンドに引き取ってもらう

灯油 処分 ブログ06

余った灯油は、灯油を購入した店か、ガソリンスタンドで引き取ってもらえます。

 

ただし、店によって、引き取りが有料のところと無料のところ、そもそも引き取りをしていないところもあります。

特にガソリンスタンドの場合、同じ会社でも店舗によって、灯油の引き取りの可否が異なるので注意しましょう。

 

店に持っていった後で困らないように、引き取りが可能か、料金がかかるかどうかを、事前に電話で確認しておきましょう。

 

大量の灯油の処分方法②不用品回収業者に依頼する

灯油 処分 ブログ07

車がなくて灯油を店まで運べない場合や、灯油のほかにも処分してもらいたい物がある場合は、不用品回収業者に依頼するのも一つの方法です。

不用品回収業者では、電話1本でスタッフが自宅に訪れ、灯油も含めた不用品をすべて回収していってくれます。

 

運搬もスタッフがしてくれるので、店に引き取ってもらう方法に比べて、手間がかかりません。

 

まとめ

灯油 処分 ブログ08

灯油は、危険性の高い廃棄物なので、安易な考えで処分してはいけません。

特に、下水道などに流した場合は、大きな事故が起こって、高額な損害賠償金を請求される可能性もあります。

 

そうならないためにも、この記事で紹介した、正しいやり方で処分するようにしましょう。

余ったのが少量なら、空焚きで使い切り、大量の灯油は販売店やガソリンスタンドに持ち込むか、不用品回収業者に依頼するだけで、簡単に処分できます。

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF ゴミ屋敷の清掃をLINEで気軽に相談 width=