ブログblog

片付けのモチベーションをあげる方法について解説!


部屋が汚れていることに気が付いていても、なかなかモチベーションがでないというときは、誰しも経験があるでしょう。

「明日やろう」「次の休みにまとめて片付けよう」と思っていても、結局モチベーションがあがらず、部屋が汚れていく一方という人も少ないはずです。

「いつかやる気がでるだろう」と思っていても、片付けを放置すれば放置するほどゴミが増えてきますので、よりモチベーションが出にくくなってしまいます。

そのため、できるだけ早い段階でモチベーションを取り戻し、部屋を片付けることが重要です。

今回は、片付けのモチベーションを上げる方法についてまとめました。

片付けが自然と進むテクニックもご紹介していますので、この機会に片付けの習慣を身に付けましょう!

片付け モチベーション ブログ01

片付けのモチベーションを上げる6つの方法

 

片付けのモチベーション①理想の部屋を想像する

 

モデルルームや家具売り場、雑誌、ネットなどを見て、「こんな部屋が素敵だな」と思ったことのある人は少なくないでしょう。

散らかった部屋でも、ゴミや不用品をしっかり片付ければ、理想とする空間に近づけることができます。

憧れる部屋の写真を見ているだけでも、「自分も素敵な部屋で暮らしたい」とモチベ―ションがUPしやすいですよ。

 

片付けのモチベーション②片付けた後のご褒美を設ける

 

片付けを頑張った分のご褒美を用意しておくと、モチベーションは上がりやすいです。

「今日は1時間掃除をしたら、コンビニスイーツを食べる」など、小さなことでもご褒美を設けておくと、不思議とモチベーションが沸いてきます。

 

片付けのモチベーション③自宅に友人や恋人を招く予定を立てる

 

「片付けをしなきゃ!」と思ったら、先に自宅へ友人や恋人を招く予定を立てておいてしまうのもモチベーションを上げるのに効果的です。

約束を先にしてしまうことで、片付けをやらざるを得ない状況を作ります。

特に、汚れている部屋を見られたくない恋人や、自宅へ初めて招く友人などを招くことで、「汚部屋は絶対に見せられない!」と、片付けしなければならない状況を作りましょう。

少々強引な方法ではありますが、来客予定日という期限があると、モチベーションがなかなか上がらない人も自然とやる気が沸いてきますよ。

片付け モチベーション ブログ02

片付けのモチベーション④一気に片付けず、数日かけて片付けの予定を組む

 

片付けのモチベーションがなかなか上がらないのは、目の前にある散らかった状態にがっかりするからという方がいると思います。

部屋が散らかれば散らかるほど、頑張って片付けてもなかなか進まないので、片付けをしたくなくなったといったことがある方も少なくないはずです。

「これだけやったのに、まだ足の踏み場もない…」という現実にうちのめされると、モチベーションが継続しないですよね。

片付けは一気にやろうとせず、この日にこの部分を片付けるなどの予定を立てる「片付け予定表」を作成して、数日かけて片付けの予定を組むとスムーズに進みますよ。

たとえば、今日はキッチン、明日はお風呂など、日ごとのノルマを決めることが大切です。

 

片付けのモチベーション⑤好きな音楽をかけながら動いてみる

 

自分が好きなアーティストやアイドルの曲を流しながら片付けに取り掛かると、不思議とモチベーションがUPしやすいです。

歌を歌いながら曲調に合わせて片付けを行うと、自然と片付けが進みやすいので、楽しみながら部屋をキレイにできますよ。

このとき、ライブDVDや音楽番組などをテレビで流してしまうと、作業の手をとめてしまいかねません。

音楽をかけるときは、テレビはつけずに耳だけで楽しみながらモチベーションを上げましょう!

 

片付けのモチベーション⑥大掃除の早回し動画を見る

 

動画配信サービスなどでは、大掃除の作業を早まわしで見られる動画がたくさんあります。

ゴミにあふれた部屋を何時間もかけて片付け、みるみるうちにキレイになっていくのを見ると、気持ちがすっきりすることがありませんか?

片付けられていく様子を見ることで、「自分の部屋もスッキリ片付けよう!」というモチベーションにも繋がるはずです。

何十時間もかかった片付けも、早まわし動画なら5分程度にまとめてあるので、気軽に見られますよ。

片付け モチベーション ブログ03

片付けを習慣化するテクニック

 

片付けをするためにモチベーションを高めることができても、それが継続できなければ、またもとの汚部屋へ戻ってしまいます。

キレイな部屋を維持するには、片付けを習慣化させることが重要です。

日ごろから以下4つのルールを心がけて生活していくと、クセが自然と身につくようになります。

 

・物の置き場所を決めておき、使ったら必ず戻す

・物を増やさない努力をする

・汚したらすぐに掃除をする

・ゴミ箱を設置する

 

片付けのモチベーションが上がる習慣①物の置き場所を決める

 

部屋が散らかり、汚れていくのは、使った物を元の場所に戻さないことが一つの原因です。

「元に戻すのが面倒」という心理はわかりますが、元の場所に戻さず放置すると、必要なときに使えなくなってしまうかもしれません。

探すのも面倒になり、新たに買ってきて物が増えると、より部屋が散らかってしまってモチベーションが下がるという悪循環になってしまいます。

ティッシュの箱1つにしても、きちんと置き場所を決めて置き、使ったら定位置に戻すことを心がけるだけで、部屋が散らかりにくくなりますよ。

片付け モチベーション ブログ04

片付けのモチベーションが上がる習慣②物を増やさない努力をする

 

物が増えても部屋の大きさはそのままです。

収納として確保できるスペースにも限りがあるので、物が必要以上に増えてしまうと、しまいきれずに部屋が散らかってしまいます。

欲しい物があったときは、まず収納場所を確保してから購入しましょう。

入りきらない場合は、別の物を手放すか、本当にいま買うべき物なのか考え直すことも大切です。

 

片付けのモチベーションが上がる習慣③汚したらすぐに掃除をする

 

部屋はもちろん、トイレやキッチンなど、どんな場所でも汚れたことに気づいたら、すぐに掃除をすることも片付け同様に大切です。

汚れは蓄積する前の方が落としやすいですし、「後でやろう」と思っても、結局忘れてしまうことが多いので、すぐに行動へ移しましょう。

 

片付けのモチベーションが上がる習慣④ゴミ箱を設置する

 

部屋が散らかるのは、ゴミの置き場所がないこともひとつの要因です。

キッチン、リビング、寝室、トイレ、洗面所など、場所ごとにゴミ場所を設置することで、自然とゴミを捨てる習慣が身に付きます。

 

まとめ

 

片付けが苦手で部屋が散らかりやすい人ほど、思い立って1日でどうにかしようとしがちなってしまい、結果的に掃除のモチベーションが下がるかもしれません。

しかし、1日で済ませようとせず、数日に分けて無理せず進めることで、着実にキレイな部屋を取り戻すことができます。

モチベーションが上がらない方は、好きな音楽を聴いてみたり、ご褒美をつくったりするなど工夫して実践しましょう!

片付け モチベーション ブログ05

ブログ一覧へ
web限定割引10%OFF